本文へ移動

政局について

日本の政局について

【深層NEWS】キーマン・下村元文科相が政倫審出席 還流再開“食い違い”のまま “安倍派会長経験者”森元首相(86)

2024-03-19

「自民生き延びる」と麻生節

2024-03-17
昨年9月、自民党本部に入る麻生太郎氏=東京・永田町 © 共同通信
党危機でも「守り続ける」 (msn.com)

自民党の麻生太郎副総裁は16日の全国幹事長会議で、派閥裏金事件による党の危機に際し忍耐を地方幹部に呼びかけた。1955年の結党以来「数々の問題をわれわれの先輩は乗り越え、党は生き延びてきた。変えるべきは変え、守るべきは守り続ける」と強調した。

 歌手小林旭さんのヒット曲に引っかけ「『昔の名前で出ています』は共産党と自民だけ。しょっちゅう名前が変わる政党と一緒にしないでもらいたい」と立憲民主党などの野党を当てこすった。

 さらに「党本部があり、職員がいて、定期刊行物を出し、食堂がある。これだけきちんとした政党はそんなにない」と麻生節も披露した。

「上川陽子首相」を待望する理由

2024-03-16
参院予算委員会で答弁する上川陽子外相=3月4日、国会(春名中撮影) © 産経新聞
元勲・大久保利通への憧れ モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら(172) (msn.com)

折々にみせた胆力と包容力

平成30年7月20日付の本欄にこんなことを書いた。

「ひさしぶりに胆力のある政治家を目にした気がした。執行後の記者会見でも冷静に必要最小限のことのみを端的に答えた。政策通を気取る政治家や揚げ足取りの得意な政治屋は掃いて捨てるほどいる。しかし、胆力を感じさせる政治家はほとんどいないのがわが国の政界である。上川氏のホームページには『腰のすわった政治をめざす』『難問から、逃げない』とあった。この言葉にウソはない。私の中では、ポスト安倍の第一候補に上川氏が急浮上した」

オウム真理教の元教祖、麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑を当時、法相だった上川陽子さん(現外相)が粛々と執行したことを受けて書いたものだ。そこで引用したのが、モンテーニュの次の言葉だ。

7日で在職886日 戦後9位の田中角栄氏に並ぶ

2024-03-06
岸田文雄首相 © 毎日新聞 提供

 岸田文雄首相は7日、在職日数が2021年10月の就任から886日となり、戦後9位の田中角栄元首相に並ぶ。岸田首相はこれに先立ち6日、首相官邸で記者団に「毎日毎日の積み重ねなので、在任日数の長さについて特段申し上げることはない。積み重ねを大事にこれからも一つ一つ課題に臨みたい」と述べた。

 首相は災害対応や政治とカネの問題など「先送りできない課題に取り組む毎日が続いている」と強調。「その都度、課題に思いを巡らせ、決断する。こうした積み重ねが続くと思う」とも語った。

 田中元首相は1972年に首相に就任。在職中に日中国交正常化を実現したが、「田中金脈問題」と呼ばれる政治とカネの問題が表面化し、74年に辞任した。【池田直】

972年 日本の総理・田中角栄 "Tanaka Kakuei - Prime Minister of Japan"
インタナシヨナル映画(株)が所蔵する1960年代〜1990年代の 貴重なフィルム・コレクションです。 田中角栄 元総理 内閣総理大臣に就任した1972年の映像です。
【岸田文雄ヒストリー】次の総理大臣候補ってどんな人?
【秘蔵】田中角栄元首相の“最後”の演説(1985年2月25日)【永田町365~今日は何の日】
第80代総理大臣 羽田孜【歴代総理列伝】

アメリカ大統領の決め方

2024-03-06
アメリカ大統領の決め方 選挙の仕組みをビジュアル解説:朝日新聞デジタル (asahi.com)

アメリカでは2024年11月の大統領選に向けて、1年近くにわたる選挙戦が本格的に始まっています。長いプロセスを通じて、大統領はどのようにして決まるのか。少し複雑な大統領選のしくみを、イラスト形式で解説していきます。

2024/01/15
公開
「全勝」は阻む (msn.com)

 11月の米大統領選に向けた共和党の候補者指名争いで、「スーパーチューズデー」の5日、ヘイリー元国連大使(52)が北東部バーモント州では勝利を確実にした。AP通信が報じた。5日は15州で一斉に投票が行われ、大半の州ではトランプ前大統領(77)が勝利を確実にしているが、トランプ氏の「全勝」は阻まれた。
トランプ氏、マスク氏と面会
2023年6月、パリで開かれたイベントに参加したイーロン・マスク氏=ロイター © 朝日新聞社
大統領選で資金面の支援依頼か

 11月の米大統領選で返り咲きを目指している共和党のドナルド・トランプ前大統領がフロリダ州パームビーチで、米実業家のイーロン・マスク氏ら数人と面会していたと、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が5日報じた。資金面での支援を求めて会っていた可能性がある。世界有数の富豪のマスク氏がトランプ氏を支持した場合、巨額な費用がかかる選挙戦でトランプ氏を大きく助ける存在になり得るだけに、注目が集まる。

大統領候補にミシェル・オバマ?
©The Daily Digest 提供
アメリカ大統領選が迫っている。
そんななか、民主党の候補としてオバマ元大統領の妻、ミシェル・オバマの名前が囁かれ始めている。

TOPへ戻る