本文へ移動

兵戈無用(ひょがむよう)

「兵戈無用」(武器を用いない闘いの歴史の中で、人は如何に生きたか・・・。)

脚本家の山田太一さん(89)死去 残された鉛筆の直筆原稿「今の子だって激しくぶつかり合って心が溶け合うような人間関係を求めている」

2024-05-28
2024-05-28
【パレスチナとイスラエル】国谷裕子さん出演!30年前の”和平交渉”はなぜ失敗した?ハマス最高幹部やアラファト議長らへの貴重インタビューで追う【クロ現】 | NHK

映画『一枚のハガキ』

2024-05-25
「最後の作品」に取り組む98歳 映画監督の新藤兼人さん
映画『一枚のハガキ』予告編

昭和のノーベル賞 

2024-05-24
昭和のノーベル賞 非核三原則・沖縄返還などで日本人初の平和賞 佐藤栄作氏(1974年)【映像記録 news archive】
1967年 吉田茂元総理の国葬 自宅出発から佐藤総理の弔辞も 一般参列者3万5000人(2022年9月9日)【映像記録 news archive】
昭和のノーベル賞 川端康成氏の受賞直後の肉声 日本初の文学賞 決定後に三島由紀夫に電話(1968年10月)【映像記録 news archive

【ヴィクトール・フランクル】

2024-05-24
第2回『夜と霧』著者フランクル 強制収容所での苛酷な日々 何を心の支えに生き抜いたのか?絶望しそうになっても“それでも”生きる意味
【シリーズ ヴィクトール・フランクル】もうだめだと絶望しそうになっても “それでも” 生きる意味はある
『夜と霧』著者・精神科医の人生と思想 | こころの時代 | NHK
TOPへ戻る