本文へ移動

ファイトの系譜 

facebook ファイトの足跡

facebook ファイトの足跡

2023-03-10
いろいろなジャンルでがんばるアスリート達が・・・。

「自分でもびっくり…鳥肌が立ちました」

2024-05-23
ベイスターズ復帰戦で3ランホームランを放った筒香嘉智がNumberWebインタビューでその真相を明かした © Number Web 提供
筒香嘉智がいま明かすDeNA復帰戦ホームランの真相

メジャーへの挑戦の長い旅に終止符を打ち、5年ぶりに古巣・横浜DeNAベイスターズに帰還した筒香嘉智外野手が、復帰後初のインタビューに答えてくれた。一時は巨人説も流れた中で古巣復帰を決めた背景、あのドラマチックな復帰戦での逆転3ランとバッティングの現状、そして5年ぶりに戻ってきたベイスターズのチームメイト、横浜スタジアムを埋めるファンへの思い――。筒香の「いま」を2回にわたりお届けする。<NumberWebインタビュー全2回の前編/後編へ>

「最高ですね」

2024-05-22
高安(左)が上手投げで琴桜を破る=東京・両国国技館で2024年5月21日、新宮巳美撮影 © 毎日新聞 提供
結びで連日の大関撃破

休場から再出場の高安 結びで連日の大関撃破 「最高ですね」 (msn.com)

大相撲夏場所10日目(21日、東京・両国国技館)

○高安(上手投げ)琴桜●

 再出場した高安が満員御礼の館内で2日続けて結びで大関を撃破した。3日目から8日目まで休場していただけに、大関経験者の34歳は「やっぱり最高ですね」と、相撲の取れる喜びをしみじみと語った。

 激しい差し手争いから右四つになると、高安が上手を取って十分だった。琴桜は上手を取れず右下手だけ。上手を切れず苦しくなって寄って出た琴桜に対して、高安が回り込みながら上手投げを決めた。本人も「左のまわしが生命線だった」と振り返った。

 2日目に新小結・大の里に土をつけたものの、翌日の朝稽古(げいこ)中に腰を痛めて休場した。「あの手この手で回復したので良かった」。再出場した9日目はいきなり結びで登場し、豊昇龍をすくい投げで破った。優勝争いの先頭に並んでいたこの日の琴桜との対戦を「好成績の人とやる方が面白いし、やりがいがある」と歓迎していた。

 「力士である以上、相撲が取れる状態になれば土俵に上がりますから。正直どうなるか分からないですけど、ここ2日間は体がよく動いている」と高安。たたき上げのベテランの必死さが伝わってくる土俵が、今場所の優勝争いを面白くしている。【武藤佳正】

『ライバルと出会うことは自分を強くする』

2023-03-11
facebook北原照久さん曰く
1950年代の相撲のオモチャです。
今日の言葉は『ライバルと出会うことは自分を強くする』
1950年代の相撲のオモチャです。
大好きな力士に寺尾がいます。23年間の土俵を務め、通算の黒星は938 歴代1位、通算の出場93場所 歴代3位。ライバル貴乃花が引退したことで引退を決意しました。当時、負けるはずのない相手に負けたことが寺尾の執念に火をつけてここまで戦わせたのでしょうね。最後の土俵に国技館に家族を呼びました。奥様は相撲をテレビ以外で見たことがなかったそうです。まさに男の花道ですね。

麻生太郎会長、流ちょうな英語で今年のスポーツ名シーンを振り返る 

2024-01-06
『第53回 日本プロスポーツ大賞受賞式典』
2023/12/21
プロスポーツ界全般を通じ、国籍を問わず、あらゆる意味で最も貢献度の大きい業績を残したと認められる選手及び団体(チーム)に与えられる『2023年 第53回内閣総理大臣杯 日本プロスポーツ大賞』が21日に発表。『日本プロスポーツ大賞』大賞 内閣総理大臣杯は、プロ野球(WBC優勝チーム)の侍ジャパンが受賞し、監督を務めた栗山英樹氏が出席した。  授与に先立ち、岸田文雄首相が祝辞を述べた。岸田首相は「今年1年振り返りますと日本の国もコロナ禍を乗り越え、この1年を通じてだんだんと元気になってきた1年でした。コロナを乗り越えて、国民の皆さんも元気になっていった。そして子どもたちが再び生き生きと活動をし始めた」と1年を総括。「そういった中でプロスポーツで活躍された皆さんは国民の皆さんに、子どもたちに勇気や元気を与え続けてくれた。この勇気や元気を与えてくださったプロスポーツの選手の皆さんに心から感謝を申し上げたい」と伝えた。  続けて「大賞に輝いたWBC優勝チームの皆さん、栗山監督を中心に素晴らしい夢や希望を私たちに与えてくれました」と岸田首相は感謝。ただ「WBCの準決勝、決勝の時に私はウクライナに行く10時間の列車の中でありました。ちょうど、その時と重なって優勝がより強く印象に残っています。残念ながらリアルタイムで優勝する瞬間は見ることができなかったんですが、帰ってから大谷選手を中心に弾ける皆さんの姿を何度もビデオで見させていただいた」としみじみと口にした。「国民の皆さんも、それぞれの場所で、それぞれの立場で今回の優勝を見つめて素晴らしい元気や勇気を与えられたのではなかったかと思います。栗山監督はWBC優勝チームの彼らは野球の伝道師である、という言葉を残しておられます。まさに国民に、子どもたちに夢を与えていただいた伝道師だと思います」と称えていた。  同賞は、スポーツ報道をする在京のテレビ、ラジオ19社および新聞、通信社35社のスポーツ記者の責任者で構成される選考委員の投票に基づき、選考委員代表者立会いのもとでの選考後、理事会の承認を得て決定。『日本プロスポーツ大賞』大賞 内閣総理大臣杯は、プロ野球(WBC優勝チーム)の侍ジャパンが受賞した。  殊勲賞ならびにNHK賞はやり投げの北口榛花、殊勲賞は野球の大谷翔平、プロボクシングの井上尚弥、特別賞はプロ野球の阪神タイガース、プロサッカー(Jリーグ)のヴィッセル神戸、最高新人賞はプロ車いすテニスの小田凱人、功労者賞は女子卓球の石川佳純、女子プロゴルフのイ・ボミ、敢闘賞はモータースポーツの宮田莉朋、女子プロゴルフの山下美夢有、サッカー女子日本代表の宮澤ひなた、新人賞はプロ野球(阪神タイガース)の村上頌樹、大相撲(伊勢ヶ濱部屋)の熱海富士朔太郎が受賞した。
TOPへ戻る