本文へ移動

ちょい話【親鸞編】

仰せを蒙りて【文字データ編】

浄土真宗の教え

2022-08-29

宗祖親鸞聖人しんらんしょうにんは、師である法然上人ほうねんしょうにんとの出遇いをとおして、阿弥陀仏に帰依きえして「南無阿弥陀仏なむあみだぶつ」と称えることが、すべての人に開かれた平等な救いの道であるといただかれました。

聖人は、生涯にわたる聞思もんしのなかで『顕浄土真実教行証文類けんじょうどしんじつきょうぎょうしょうもんるい教行信証きょうぎょうしんしょう)』を撰述し、その教えを「浄土真宗」とあきらかにされました。浄土がまこと(真)のむね(宗)である、浄土こそがほんとうの依りどころであるということです。

浄土は、日ごろのわたしたちの欲望に左右されることなく、どんな状況でも変わらず、失われることのない依りどころです。また「南無阿弥陀仏」のお念仏は、いつでも、どこでも、だれでもできる、普遍の仏道です。

苦しみ、悲しみ、悩むわたしたちは、浄土を願いお念仏を申すことで、人として生まれ生きていく意味、すべての人々とともに今生きているということを知らされるのではないでしょうか。

顕浄土真実教行証文類(けんじょうどしんじつきょうぎょうしょうもんるい)

2022-01-17
教行信証(きょうぎょうしんしょう)【国宝(坂東本)】

親鸞聖人の主著であり、浄土真宗の根本聖典こんぽんせいてんで、『教行信証』と略称されています。「教巻」・「行巻」・「信巻」・「証巻」・「真仏土巻」・「化身土巻」の6巻からなっており、冒頭に総序そうじょ、信巻の前に別序べつじょ、巻末には後序ごじょが置かれています。
真宗大谷派には、親鸞聖人自筆の「坂東本ばんどうぼん」が伝わっており、国宝に指定されています。

総序之文

「固執」が悪いのです。

2022-12-28
facebook Yasuda Rizinさん曰く
1572

だから
分別そのものが悪いという意味ではないのです。
分別そのものは、別に悪いものではないでしょう。
ただその「固執」が悪いのです。
分別が悪い、
無分別のほうがいいと言ったって、
そうはならないのではないかね。

本願が働く場所

2022-12-24
facebook Yasuda Rizinさん曰く
1568
そうして妄想が取れれば、
そこにある現実は
何かというと
宿業の身が残っているだけです。
実は
その宿業の身が
本願が働く場所なのです。
自心は働くのを拒むのです。
そうでしょう。
現実の大地、宿業の身が大地です。
足が地に着いたのです。
これを離れたら全部観念論です。
喜んで死ぬる
1567
たすからない身であると言ったなら、
その時たすかろうとしていた自身が死ぬるのです。
ただ押し込まれて死ぬるのではない。
喜んで死ぬるのです。
自心が妄想であったということが知らされるのです。

「曇鸞大師の生涯とその教え」

2022-12-09
2022年12月8日 2022年度 仏教講座⑯「曇鸞大師の生涯とその教え」
2022年度光明寺仏教講座『正信偈を読む』の16回目「曇鸞大師の生涯とその教え」の動画です(2022年12月8日開催)。 
『正信偈』の曇鸞章をお話するに当たって、曇鸞大師に関して全体的にお話した内容になります。
 受講できなかった方や、復習用として活用していただければと思います。
 下記の時間表記をクリックすると、そのセクションに飛びます。 ご興味のところだけでもご覧ください。 また、この欄の下のURLから、レジメのPDFもダウンロードできますので、ぜひご活用ください。 また、講師である三浦真証の書籍については、仏教教育出版HP(https://buddhism879.wixsite.com/websi... 
~ 目次 ~ 
① 曇鸞大師の生涯について  ア、曇鸞大師の生きた時代「南北朝時代」〈0:02:42〉  イ、北魏という国〈0:15:07〉  ウ、帰浄までの曇鸞大師〈0:25:54〉  エ、菩提流支との出会い〈0:42:16〉  オ、帰浄後の曇鸞大師〈0:51:25〉 
② 曇鸞大師の著作〈0:58:12〉  ア、『往生論註』について〈0:58:18〉  イ、『讃阿弥陀仏偈』について〈1:00:43〉  ウ、『略論安楽浄土義』について〈1:03:23〉 
③ 曇鸞大師に関する研究の現状〈1:04:21〉  ア、様々な背景についての指摘〈1:04:21〉  イ、地論宗との関係〈1:09:11
 ④ 曇鸞大師にとっての龍樹・天親菩薩〈1:16:25〉  ア、龍樹菩薩について〈1:17:41〉  イ、天親菩薩について〈1:24:45
 ⑤ 曇鸞大師の他力の教え〈1:32:44〉  
ア、龍樹菩薩の難易二道の引用意図〈1:33:26〉  イ、本願を根底とした浄土〈1:41:53〉  
ウ、他力と言える根拠「他利利他の深義」〈1:48:05〉 レジメ①「レジメ」 https://drive.google.com/file/d/1Mvg4... レジメ②「パワーポイント抜き刷りレジメ」 https://drive.google.com/file/d/1HmCQ... ※レジメの転用はご遠慮くださいませ。 
【講師】 三浦 真証(みうら しんしょう)  一九八一年生まれ。一九九九年に龍谷大学に入学、二〇一一年に同博士課程(真宗学)を修了し、博士(文学)を取得。同年、浄土真宗本願寺派宗学院を卒業、本願寺派総合研究所研究員として『浄土真宗聖典全書』の編纂に従事。現在は退職して自坊へ戻り、法務のかたわら龍谷大学・広島仏教学院オンライン講座講師として出講。また、自坊でも毎月「光明寺仏教講座」を開催し、YouTube(龍王山光明寺チャンネル)にて配信中。専門は真宗学・真宗史。本願寺派布教使、本願寺派輔教。 《著書》  『親鸞教義の諸問題』(共著、永田文昌堂[二〇一七年])  『真宗教学の歴史を貫くもの―江戸時代の三大法論入門―』(2018年、響流書房[電子書籍]/仏教教育出版[紙媒体])  『阿弥陀経を読む―生きる道をたづねて―』(2022年、響流書房[電子書籍]/仏教教育出版[紙媒体]) 《主要論文》  「西吟教学の研究―近世初期教学の課題―」(学位請求論文〈龍谷大学リポジトリにて公開〉[二〇一三年])  「『教行信証』伝授の一試論―寂如上人御講義を通して―」(『真宗学』一四〇号[二〇一九年])  「大瀛『横超直道金剛錍』の翻刻とその意訳(その一)」(『龍谷大学世界仏教文化研究論叢』五九号[二〇二〇年]共著)   など多数
TOPへ戻る