本文へ移動

家族のページ

思い出のページ【当代と家族が歩んだ時代】

当代は、昭和30年の早生まれです。

2022-05-27
昭和30年生まれの豪華な面々
他にもこんな面々が

パンチ・プレイボーイ・VAN・an-an・non-noの時代

2022-05-22

Facebook 佐々木 信雄さん曰く


【20th Century Chronicle 1964(s39)年】-3
◎週刊「平凡パンチ」創刊
*1964.4.28/ 若者男性ターゲットに、週刊「平凡パンチ」創刊される。
 若者男性をターゲットにした週刊「平凡パンチ」は、またたくまに、ファッションから遊びなど、若者のライフスタイルを網羅したリーディング・マガジンとなった。 当時、美大の学生であった大槁歩は、7年間余りの390号まで表紙絵を担当し、その描くイラストに登場するアイビーファッションを真似する若者が多く登場した。
 「平凡パンチ」は平凡出版(現マガジンハウス)の発刊だったが、永遠のライバル集英社によって、1966年に「週刊プレイボーイ」が創刊された。当時のわたしは高校生だったが、もっぱらパンチのファンで、若者の新しい生き方をリードするそのスタイルを支持していた。後発のプレイボーイは、露骨に女・車・ギャンブルなどの欲望を露骨に刺激する路線で、ほとんど読むことはなかった。
 1945年、平凡出版が芸能月刊誌「平凡」を発刊すると、1952年、集英社は対抗する月刊芸能誌「明星」を発行、その後週刊誌時代になると「週刊平凡」と「週刊明星」に移行する。その後も1970年に、平凡出版が若い女性のファッション誌「an・an」を創刊すると、集英社は1971年に「non-no」で追随する。
 当時の国鉄(JR)が、個人旅行の需要を喚起するための「ディスカバー・ジャパンキャンペーン」を始めると、「an・an」や「non-no」も若い女性の旅行特集を展開し、これらの雑誌を片手に持った「アンノン族」と呼ばれる若い女性たちが、特集された観光地に押しかけるという現象が登場した。
 その後も両社は、特定の層をターゲットにした雑誌の創刊を競ったが、バブル崩壊とその後のデジタル文化隆盛の流れの中で、雑誌文化そのものの世界が消えて行きつつある。
(この年の出来事)
*1964.8.2/ 北ベトナム軍がトンキン湾で米軍艦を攻撃、米空軍が報復爆撃に出動、ベトナム戦争が急拡大する。(トンキン湾事件)
*1964.1014/ ソ連最高会議とソ連共産党中央委員会が、フルシチョフ首相兼党第1書記を解任する。
*1964.1016/ 中国が、初の原爆実験に成功する。
*1964.11.12/ 米原子力潜水艦の佐世保入港し、13日反対デモが警官隊
と衝突。
佐々木 信雄さん曰く
パンチとプレイボーイの創刊号表紙を比べれば、両者の編集方針の違いがあきらか。
パンチの大橋歩えがくアイビー若者群像に対して、プレイボーイの女のヌードをコラージュした動物写真。
新しい若者の生活スタイルをリードしようというパンチに対して、ガキの性意識を刺激してひたすら商業主義まるだしのプレイボーイ(笑)

当代、30代の10年間、九州大谷短大で講師を勤めました。

2022-05-16
同時期に山国町の渋谷圓先生もお勤めで、復路、先生は、この車で当代をよく送ってくださいました。 
Facebook 及川 栄二さん曰く、三菱ギャランΣです。1600、1850、2000と排気量も様々あり、ホットモデルには2000GSRがありました。三菱のサイレントシャフト付きエンジンもスムーズで滑らかでした。

中学時代、手提げカバンから雑のうへ変えたのは、当代ひとりでした!!

2022-05-15
九州では、小倉高校にこの伝統があったような・・・。
Facebook 武田 成弥  さん曰く

<通学カバン>
自分は中学生のときこれを使って通学していたが、今はほどんど観ない。
これも昨日の机と同じように無くなってしまったのだろうか。
自分はこのバッグがあれば今でも使ってみたいと思う。

W大時代、よく通った鎌倉への足は、スカ線(横須賀線)この電車でした。

2022-04-19
クハ111-1111を先頭に横須賀線表示でやって来た。

Facebook 山梨賀之さん曰く


クハ111-1111を先頭に横須賀線表示でやって来たサヨナラ運転(だったかな?)。
団体専用として走った臨時列車だった気がする。
保土ケ谷で待っていたらだんだん薄暗くなってきたため少し不安になっていた所にやって来た。

保土ケ谷駅戸塚寄りの踏切から撮影

思い出のページ【学校編 宗門校 】

当代(住職・副住職・衆徒)の母校は、こちらです。

2022-01-10
大谷大学講堂
報恩講
卒業式
入学式

学長が交代いたしました。

2022-04-06
学長メッセージ

坊守の母校です。

2022-02-23
京都女子大初の女性学長 竹安栄子さん 社会変革、経験生かす 

竹安栄子さん(69)

2020年に100周年の節目を迎えた京都女子大(京都市東山区)の学長に、女性として初めて就任した。「京都女子大の教育理念を再構築したい。日本社会において女子大が果たす教育的役割を確認し、次の100年へ歩みを進める」と意気込む。関西学院大大学院博士後期課程を単位取得満期退学。追手門学院大教授を経て、京都女子大に新設されたばかりの現代社会学部に00年、教授として赴任し、学部長などを歴任した。地域社会学や家族社会学を専門とし、女性の地方議員の研究などをしてきた。

当代の妹の母校は、こちらです。
K.G.S 校章 さがり藤をモチーフにした校章。 中学生が銀色、高校生が金色の校章をつけています。
この方の胸元にも、KGSの金バッジが・・・

K.G.S.の永遠のマドンナ(憧れの君)です。

2022-02-23
緋牡丹前夜です。
Facebook 岡田 律さん曰く さん曰くFacebook

『緋牡丹博徒』の女ヒロインで人気を博した藤 純子
銀幕デビュー前後かな、あどけない表情にキュンとします。
63年 俳優 名和宏の勧めで松竹、
父の勤める東映京都のカメラテスト受け、
その時東映でマキノ雅弘にスカウトされる。
当時18歳

当代の妹の母校は、こちらです。 当時の学校名は、武蔵野女子短期大学でした。

2022-03-04
Facebook 山本 建太郎さん曰く、 浄土真宗本願寺派、築地本願寺系の学園の掲示板です — 場所: 武蔵野大学
概観大学全体学校法人武蔵野大学が経営。仏教学者である高楠順次郎博士が1924年に、築地本願寺内に武蔵野女子学院を創設。
その後、千代田女学園運営による千代田女子専門学校を引き受け、1950年に武蔵野女子短期大学を開校。
1965年に前身の武蔵野女子大学が創設された。
2003年には校名を武蔵野大学に変更。
翌2004年に共学となった。
浄土真宗本願寺派により設立された「仏教精神による人間教育」を目指した学校であり、近年は少人数教育とキャリア開発に力を入れ学部学科の増設が多い。
名前が類似している武蔵大学(東京都)や武蔵野学院大学(埼玉県)や武蔵野短期大学(埼玉県)とは別法人である。
また武蔵野中学校・高等学校(東京都・武蔵野学院大学の附属校)とは関係がない。龍谷総合学園加盟校。西本願寺大谷光瑞は益田鈍翁の勧めで、料紙の美しさで知られる平安時代の和歌冊子「西本願寺本三十六人家集」の伊勢集と貫之集下を1929年(昭和4)に売却し、大学設立資金に充てた。
冊子はページ毎に裁断、1組10枚の32組で売りだされ、1組2万円の値がついたという。
これら断簡は「石山切」と名付けられている。
2015年度から4学期制を導入している。
Facebook 山本 建太郎さん曰く, 東京都西東京市 武蔵野大学 (龍谷総合学園・浄土真宗本願寺派教育機関の学校グループ) — 場所: 武蔵野大学
Facebook武蔵野大学 校友支援室 さん

思い出のページ【学校編 東京 】

当代の大学母校は、こちらです。

2022-01-10
早稲田大学 (waseda.jp)
新入生は、入学式で、校歌『都の西北』を聞き謳い、早大生となります。
早稲田大学第17代総長 田中愛治 世界でかがやくWASEDAを目指して

何と・・・、あの牧舎が、イタ飯に変身していました。 

2022-05-16
ビックリいたしました。

創業1905年。
皆様と共に歩み続けて1世紀以上。

高田牧舎」の歴史は、1905年(明治38年)にまで遡る。
日露戦争の最中に、当時流行のミルクホールとして創業。
屋号の「高田牧舎」は初代店主藤田源太郎が高田町(現在の穴八幡神社周辺)にあった
牧舎の息子であったことに由来している。


ミルクホールとは、明治政府が当時国民の体質改善を目的にミルクを飲むことを推奨していたことから、主にミルクや軽食を提供する飲食店としてブームとなっていたお店であり、「高田牧舎」は大隈邸に毎朝新鮮なミルクを届けていたというエピソードが伝えられている。

いつしかミルクホールは有名ホテルのシェフを招き、看板メニューのカレーライスやハヤシライス、ミックスグリル、オムライスなど本格的な西洋料理を提供する洋食レストランとなっていく。

戦前戦後の昭和の激動期や学生運動などの歴史を見つめ、早稲田の街と大学とともに歩んできた「高田牧舎」は、昭和62年に現在のビルに改装される。その後も老舗洋食屋として営業し続け、その看板メニューは多くの人にとって思い出深い味となっている。


2016年、高田牧舎4代目オーナーにより、予てより好評を得ていた「薪窯焼きピッツァ」を看板メニューにすべく、「Pizzeria TAKATA BOKUSYA」としてリニューアルオープン。
さらに地域の方に親しまれる店として進化した。

今も演劇博物館を望む早大南門の前でその歴史を刻み続けている。


よい話題ですが、過るのは、福原さんの事・・・。

2022-04-11
デイリースポーツ - 昨日 19:28
© (C)デイリースポーツ 日本代表の会見に出席した張本智和
早大進学の張本智和「自分の殻を破りたい」所属も変更で心機一転「数年足踏み続いてる」

 日本卓球協会は10日、都内で日本代表の会見を行った。今年のアジア大会(9月、中国・杭州)と世界選手権団体戦(9~10月、中国・成都)代表に決まっている男子の張本智和(18)=IMG=も出席し、「2022年は国際大会で勝てるように頑張ります」と意気込みを語った。

 張本は今春高校を卒業し、早大に進学。

また、4月からは木下グループとの所属契約を終了し、新たな所属先で再出発した。環境を変えてから初めての公の場とあって、「IMG所属の張本智和です」と新鮮そうに自己紹介をした。

 昨夏の東京五輪を終え、新たな門出を迎えた若きエース。

「4月から環境を大きく変えて、また新しい自分としてスタートする。ここ数年は(大会成績で)少し足踏みが続いているが、自分の殻を破れるように。大学進学とともに、もっと強くなれるように頑張っていきたい」と決意を表明した。

ああ、早慶戦

2022-03-28
2021年10月31日 東京六大学野球 早慶戦第2戦 試合前 早慶讃歌〜華の早慶戦〜
一塁側に、早稲田が布陣します。

大迫力!早稲田大学「コンバットマーチ」

三塁側に、慶応義塾が布陣いたします。

慶應大学慶援指導部・初の女性でエール交換の指揮を務める大役 2020早慶戦応援団ドキュメント・選手も団員も涙・最後のフレーフレー!この思いエールよ届け!

3月20日は「早稲田大学歴史館」が開館した #早稲田の記念日 です。

2022-03-20

Facebook Waseda Universityさん曰く


3月20日は演劇博物館、會津八一博物館に続く3つ目のキャンパスミュージアムとして
2018年に「早稲田大学歴史館」が開館した #早稲田の記念日 です。
大学の過去/現在/未来を様々な視点で紹介、早稲田検定クイズもあります。
現在 #大隈重信 没後100年記念企画展を開催中です。

思い出のページ 【東京、今昔物語】

坊守は結婚前、損保(安田瀬火災海上)勤務でした。その本社が、絵の右端ビルです。

2022-03-15
因みに、当代の学生時代、この麓の某所が溜り場でした。

Facebook 安田 稔さん曰く


新宿駅西口の超高層ビル街を散歩。
右から3番目奥の50階建ての新宿野村ビルに1980年から2000年まで勤務していました。
ここは一区画が大きいので、圧迫感がないようにゆったり建ててあります。
人も駅とビル間やビルとビルの間も地下通路が充実しているので、地下を歩いている人が多いです。
地上のこのエリアを歩いていると、人もまばらで公園でも歩いているように広々として快適です。
新宿「ボルガ」、二男の修了式前夜、二男と坊守と三人で、こちらで一献酌みました。
"ぼるが"といえば、"とんぶり"です。
新宿「ぼるが」 文化の街の面影を今に残す象徴、みんなここで熱くなった | Syupo [シュポ]

とんぶりは人気の一品。筆者がはじめてとんぶりを食べたのは、そういえば「ぼるが」でした。山芋の千切りと一緒に量もたっぷりでてきて、軽く醤油を落としてささっとかき混ぜていただきます。ビール、酎ハイはもちろん、日本酒が欲しくなります。
品書きには銘柄が書かれていませんが、山形・小嶋総本店の「東光」など、かなり渋いチョイスが用意されています。

二男の大学と大学院の母校は、こちらです。

2022-01-10
今の仕事場は、こちらです。

昨日82歳の峠を越えました。

2022-03-15
写真左は先頃亡くなった詩人、清水哲男。 大学入学時の友人享年84。

Facebook 鳥越 俊太郎さん曰く


昨日82歳の峠を越えました。
これからはなだらかな下り坂、
いえいえ。毎週コラム書いてます。
「週刊 鳥越俊太郎イチオシ 速報」是非是非ご購読ください。
月額550円今週は新・米露中冷戦の始まり
写真左は先頃亡くなった詩人、清水哲男。
大学入学時の友人享年84。

箱根登山鉄道、全線復旧いたしました。

2020-08-05
社長を務めた府川光夫君は、当代と大学時代に共に活動した同志です。
卒業後、小田急のホテル部門等で勤務し、大分市のセンチュリーHでも勤務しました。
果たして、箱根登山鉄道社長就任の知らせを受けた矢先の災害でした。
爾来の苦労は、察して余りあるものがあります。
全線復旧、本当によかったと思います。
とはいえ、時勢は、コロナで大混乱、さらなる試練は続きます。
ご自愛と、更なる健闘を念じ、府川君にエールを送ります。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=34&v=8voBjsM_maU&feature=emb_title
https://www.youtube.com/watch?time_continue=34&v=8voBjsM_maU&feature=emb_title

これは便利だ、楽しみだ・・・。

2021-02-27
横浜ブルーライン
ブルーラインは、神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅までを結ぶ横浜市営地下鉄の鉄道路線である。 
ブルーラインの正式名称は「横浜市高速鉄道1号線」「横浜市高速鉄道3号線」である。
全国の地下鉄

思い出のページ 【京都、今昔物語】

『高野悦子「二十歳の原点」案内』

2022-05-21

Facebook 佐々木 信雄さん曰く


京都雑記【01.高野悦子『二十歳の原点』】 (2017年記)
 NHK「かんさい熱視線」(2/10)で、高野悦子『二十歳の原点』が取り上げられた。50年近くたった今でも、読まれているというのが驚きだ。
 半世紀近く前、学園紛争や反体制活動の狭間で、社会活動と個人の恋愛などの葛藤に悩み自殺した女子大生の日記。というと、いまや大時代的な過去の遺物になりつつある。番組では、それから現代の若者との接点を見出そうという編集方針でドキュメントされていたようだ。
 私自身、この『二十歳の原点』を読んでいないし、出版そのものをかなり後日になって知った。ただ、同年代で同じような学生生活を送り、そして同時期に京都の街中を徘徊していたという縁から、多少当時の状況を探ってみたことがある。
 高野悦子が『二十歳の原点』の基になる日記を記し、その6月に鉄道自殺した1969年(S44)という年は、激しい学園紛争の後遺症で、あの東京大学の入試が出来なかった年だというだけでも、その様子がうかがえる。いまや風化しつつあるこの当時の状況を、高野の最後の半年の動向を中心に振り返ってみる。
 この年の1月東大キャンパスに機動隊が導入され、全共闘系学生がバリケード封鎖中の安田講堂が解放された。以後、関東の各大学では次々と機動隊導入による封鎖解除が行われ、関東での大学紛争は沈静の動きを見せる。
 一方、関西では、関東より一年ほど遅れて大学紛争の時期がやってくる。高野が文学部史学科2年生として在学した立命館大学では、他の関西の大学よりいち早く、2月に早々と機動隊の導入が行われた。これは立命館が置かれていた、活動家学生の勢力関係の影響も大きかった。
 立命館では民主青年同盟(民青・日本共産党の青年組織・代々木系)が学友会(大学自治会)を支配しており、他大学に比べてその勢力が圧倒的に強かったし、教職員にも共産党支持者が多かった。それに対抗して反民青系全共闘が結成され、立命館広小路キャンパスを占拠して封鎖した。入試を目前にした大学側は、右翼系学生などを動員して、封鎖解除を目指し、学友会を支配する民青系学生も、自力でバリケードを撤去しようとして衝突した。
 結果的に、大学側は機動隊導入を要請し、まもなく封鎖は解除された。関西の著名大学の中では、いち早く機動隊を導入したのが立命館で、このような力関係が、機動隊の導入を安易にしたと思われる。今では信じられないだろうが、当時は「大学の自治」が金科玉条であり、官憲がキャンパスに入ることなど考えられなかった。それが、東大安田講堂攻防で導入されてからは、もはや聖域でなくなったと言うわけであった。
 この時期、高野悦子は反代々木系全共闘のシンパ(同調支援する一般学生)として集会などに参加していたもようである。やがて、機動隊による封鎖解除などを見るにつけて、活動にのめり込んで行き、中核派など過激派セクト(全共闘に集っているが、それぞれ主張が異なる各派)のデモなどにも参加するようになる。
 私は一年浪人して1968年4月、神戸の大学に入学したが、夏休みに実家に戻ってぶらぶらしているうちに、二度目になる鬱病を発症した。神戸の下宿も引き払い、秋の学期は始まってからも実家で過ごしながら、やっと鬱を脱して登校し出したころ、12月に全学封鎖となった。以来、1969年を通じて、京都の街で、高校時代の友達と交友しながら過ごす。
 高野悦子とは同じ年齢であるが、一浪した分、大学生としては一年下級であった。高野が京都の街での出来事を記した日記の、1969年の最後の半年は、同じように京都の街を徘徊していたわけである。以下の記述は、『二十歳の日記』の足跡をたどり、関係者にもインタビューして詳細に記述された、下記のWEBに基づくことになる。
*『高野悦子「二十歳の原点」案内』 http://www.takanoetsuko.com/
 1969年2月1日の日記に、ジャズ喫茶「しぁんくれーる」で過ごしたという記述がある。ここは広小路キャンパスに近い河原町荒神口角にあり、私も何度か通ったことがある。一階がクラシック、二階がジャズのレコードを鳴らしていた。「明るい田舎」という意味のフランス語と「思案に暮れる」という語呂合わせの店名が、微妙な若者の心理に受け入れられたのかもしれない。
 3月になると「京都国際ホテルにウエイトレスとしてアルバイトに行き一つの働く世界を知った。」と書かれた。親の仕送りから自立をしようとアルバイトを始めたようだが、このホテルのバイト経験が、のちに高野悦子に恋愛問題の波紋を引き起こす。高野は栃木県の田舎町で、栃木県庁勤務の地方官僚の娘として生まれ育った。
 大学で京都に出て、都会生活を満喫する生活を始めたのだろう。芯はしっかりしているが、地味でおとなしい性格で、いささかウブな彼女にとって、東京ではなくて京都というこじんまりした都会は、むしろ向いていたかもしれない。酒を一杯飲んで真っ赤になり、タバコを一本吸ってくらくらするなど、いかにも背伸びして大人経験をしようとする、初心な記述が散見される。同い年ながら、すでにヘビースモーカーでハードドランカーだった私とは、かなり違う初々しさが感じられる。田舎育ちの良家の娘さん、といった感じか。
 以下、彼女が大学生活を満喫し、せっせと通った喫茶店・洋酒喫茶などを羅列してみる。まず洋酒喫茶「ニューコンパ」に「白夜」、若い学生カップルがちょいと洋酒カクテルを呑む、そういった健全な風俗を演出したのがコンパ・チェーンで、各地で展開された。とりあえずボラれる心配もなく行ってみるというのが洋酒喫茶であった。
 喫茶店では、「六曜社」に「リンデン」、さらには「フランセ」というのもあった。六曜社は、狭い店内に長椅子の席を中心に、押し詰めて客が同席するというのが売りであった。どの店も、みんな学生にとっては有名店で、口コミで聞いて行ってみるというパターンだった。おかしく思えてくるぐらいだが、これらのすべて、私もよく知っている。私自身、神戸で同じように有名各店を渡り歩いたもので、彼女の学生生活が手に取るように分かる。
 このように楽しげな学生生活を始めながら、やがて学生運動に関わるとともに、一方でバイト先での淡い恋愛経験と失恋。このような挫折が、彼女を自殺へと追いやったと考えても間違いはないだろう。6月24日午前2時ころ、高野悦子は下宿を「チョット外出します」と声をかけて出た。下宿のすぐ近くを国鉄山陰線(当時非電化単線)が走っており、高野は踏切から線路内に入り、西に向けて歩いた。そして嵯峨野から京都駅方面に向かう貨物列車に轢かれて亡くなったとされる。
 当時の国鉄(現JR)山陰線は本線とはいえ、きわめてローカルな路線で、京都駅を発して嵯峨野を経由、山陰地方に向う。実は、私事ではあるが、この10年余りのちに、私の一歳年長の義兄が、この近くの線路上で鉄道事故死している。クリスマスイブの夜、仕事仲間と酒を飲んで別れた後、線路上に入り込んで轢かれたという。酔っぱらったせいか自殺なのかは、不明であった。
 数日後、現場に花を手向けに行った。現在は複線電化され高架上を走っているが、その時はまだ高野の事故現場と同じく単線線路だった。事故跡は係員によってきれいに整備され新しい砂利がまかれていたが、枕木の端に小さな肉片が残ってこびりついているのを見つけた。同行した実の姉妹には見せないように、そっと足で肉片を砂利の下に隠した。鉄道自殺などするもんではない、と思った。
立命館大学
ジャズ喫茶「しぁんくれーる」

京都近代策

2022-05-15

Facebook 佐々木 信雄さん曰く


京都近代化を遡る【02.京都近代策と槇村正直知事】
 京都における第1期勧業政策の中心人物は、2代目京都府知事槇村正直に、京都顧問であった山本覚馬、そして実際の事業を担当した明石博高である。槇村正直は旧長州藩士として、同じく長州出身で明治の三傑とされる木戸孝允に重用され、行政経験に乏しい初代京都府知事 長谷信篤の補佐として、実質的に京都府の政治を仕切ったとされる。
 1875(明8)年、槇村正直が京都府知事に就任すると、会津藩出身の山本覚馬と京都出身の明石博高ら有識者を起用して、果断な実行力で文明開化政策を推進した。山本覚馬は、NHK大河ドラマ「八重の桜」のヒロイン山本(新島)八重の兄で、眼病で失明したうえ薩摩藩に捕われて幽閉されていたが、その蘭学の素養と見識は周囲を感服させ、槇村府知事のもとで参与として京都振興に慧眼を発揮する。
 明石博高は、京都の医薬商の家に生まれ、化学・薬学などを研究していたが、槇村や山本のすすめで京都府に出仕、彼らと共に京都振興の諸政策を打ち出し、その科学的知見にもとづいて舎密局(洋学応用の拠点)などを拠点に西洋技術導入に大きな寄与をした。
 槇村・山本・明石の3名には、科学技術の導入による勧業政策が不可欠であるという共通認識の下、各種の殖産興業政策を展開した。その資金としては、国の殖産興業資金が「勧業基立金」として府に移管されたことや、遷都にともなって下賜された「産業基立金」10万両などが、京都府における資金的基礎を提供した。
 槇村が行った主な京都近代化政策は、実施順に「小学校の開設」「舎蜜局(せいみきょく)の創設」「京都博覧会の開催」「都をどりの開催」「新京極の造営」「女紅場(にょこうば)の創建」などが挙げられる。
 「舎密局」(蘭語”chemie-化学”に相当する当て字)は、理化学教育と化学工業技術の指導機関として、ドイツ人科学者ワグネルら外人学者を招き、多くの人材を育て京都の近代産業の発達に大きく貢献した。「京都博覧会」は日本で最初の産業博覧会として、京都の有力商人らが中心となって、西本願寺を会場に1ヵ月間開催され、その余興として「都をどり」が催された。「女紅場」は、女子に裁縫・料理・読み書きなどを教えるため設立された日本で最初の女学校で、山本(新島)八重も兄覚馬の推薦により、京都女紅場(後の府立第一高女)に関わっている。
 「新京極」は、かつて広大な寺域を誇った金蓮寺が、困窮して寺域の切り売りをはじめ、明治以前には、その売却地に料亭・飲食店・商店・見世物小屋が散在していた。さらに寺町通近隣の寺院の境内には、縁日がたって人が多く集まっていた。そこで寺町通のすぐ東側に新しく道路を造って、その「新京極通」を中心に各寺院の境内を整理し、やがて見世物小屋や芝居小屋が建ち並び、現在の繁華街の原型ができた。この地域は、かつての平安京の「東京極(ひがしきょうごく)大路」があった場所で、文字通り「京の東の端」だったが、やがて京都の中心の繁華街となった。

東京奠都と京都衰退危機

2022-05-14
1864年の禁門の変(蛤御門の変)では、落ち延びる長州勢が放った火などで、
「どんどん焼け」という大火災で、北は一条通から南は七条の東本願寺に至る広い範囲の街区や社寺が焼失した。

Facebook 佐々木 信雄さん曰く


京都近代化を遡る【01.東京奠都と京都衰退危機】
 千年の都をほこった京都も、幕末から維新にかけての急激な体制変換に決定的なダメージをうけた。1864年の禁門の変(蛤御門の変)では、落ち延びる長州勢が放った火などで、「どんどん焼け」という大火災で、北は一条通から南は七条の東本願寺に至る広い範囲の街区や社寺が焼失した。
 その前後にも、京都の街中では攘夷と称するテロルが相次ぎ、これを取り締まるという京都見廻組や新撰組による粛清暗殺事件が頻発した。そして大政奉還と討幕運動の流れのもとで、各地で戊辰戦争が勃発。京都郊外の鳥羽伏見でも、薩長中心の新政府と幕府軍の戦闘が繰り広げられた。
 慶応4年7月17日(1868年9月3日)、江戸が東京と改称され、元号が明治に改められると、京都との東西両京としたうえで、明治2年(1869年)3月28日、2度目の東京行幸として、明治天皇が東京に入り、これ以降、天皇は東京を拠点とし、政府機構も順次、京都から東京に移され、明治4(1871)年にはほぼ東京への首都機能の移転が終わった。
 京都の公卿・政府役人・京都市民などからは東京遷都への反対の声が大きく、東京を首都と定め事実上の首都機能の移転がすすめられたが、京都の廃都の令は出されていないため、遷都ではなく「東京奠都(てんと)」と呼ばれることが多い。
 かくして首都機能の東京移転がすすむと、京都は平安京成立以来の危機に見舞われる。現在の京都御苑と呼ばれる地域には、京都御所(禁裏)を取り巻くように公家の屋敷が建ち並んで一街区を形成していたが、明治になると天皇に従って多くの公家が東京へ移り、公家屋敷はもぬけの殻となり、京都御所周辺は急速に荒廃していった。
 明治10(1877)年、明治天皇が京都を訪れ、周辺の環境の荒廃が進んでいた京都御所の様子を嘆き、京都御所を保存せよとと宮内省に命じた。同様にこの状況を憂慮した岩倉具視は、御所の保存を建議した。これを受けて、京都府は旧公家屋敷の空家の撤去と跡地の整備を始め、御所を囲む火除け地を確保する区画を画定した。これが現在の京都御苑の始まりであった。
 このような京都衰退の危機に、幾つもの京都振興策を打ち出したのが、第2代京都府知事 槇村正直であった。槇村は長州出身で毀誉褒貶が激しい人物であるが、彼が京都復興第1期の推進者であったことは間違いないであろう。
京都御所(禁裏)を取り巻くように公家の屋敷が建ち並んで一街区を形成していた
明治になると天皇に従って多くの公家が東京へ移り、公家屋敷はもぬけの殻となり、京都御所周辺は急速に荒廃していった。
明治10(1877)年、明治天皇が京都を訪れ、周辺の環境の荒廃が進んでいた京都御所の様子を嘆き、京都御所を保存せよとと宮内省に命じた。
同様にこの状況を憂慮した岩倉具視は、御所の保存を建議した。

西本願寺

2022-05-15

Facebook 佐々木 信雄さん曰く


京都世界遺産を深掘り【14.龍谷山 本願寺(西本願寺)】
 通称「西本願寺」は、京都市下京区七条上ルの堀川通りに面した地にあり、浄土真宗本願寺派の本山であり、山号は龍谷山、正式名称は「龍谷山 本願寺」である。真宗大谷派の本山「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」)と区別するため、両派の本山は通称で呼ばれることが多い。
 弘長2(1262)年、浄土真宗開祖「親鸞」が入滅する、享年90。文永7(1272)年、親鸞の末娘 覚信尼は、親鸞の廟堂として京都東山に「大谷廟堂」を建立する。そして、元亨元(1321)年、第3世 覚如が大谷廟堂を寺格化し「本願寺」と号すると、親鸞を開祖と定め、以後「御真影」を安置している寺を「本願寺」と呼称するようになった。
 覚如は、親鸞の門弟門徒を「本願寺」のもとに統合しようと企図するが、強大な経済力・軍事力を有する延暦寺以下の既存寺院によって弾圧を受けて、低迷を余儀なくされた。また、東国などでは親鸞の門弟たちによる教団が展開され、浄土真宗は決して本願寺に一本化されたわけではなかった。
 長禄元(1457)年、第8世「蓮如」が本願寺を継承したころには、本願寺は衰亡の極みで青蓮院の一末寺としてかろうじて継承されていた。寛正6(1465)年、本願寺は延暦寺衆徒によって破却され、蓮如は京都から近江に難をさけ、そして越前(福井県)吉崎に移り布教する。
 中興の祖とされる蓮如の布教により、門徒(真宗教徒)は東国に拡がりをみせ、北陸では加賀国守護富樫氏の内紛に関わり、やがて百年にわたる「加賀国一向一揆」にまで展開する。蓮如は一揆の鎮静をはかるが収められず吉崎を退去する。明応6(1497)年、蓮如は大坂石山に「大坂御坊」(大坂本願寺)を建立し隠棲、明応8(1499)年、山科本願寺で入滅する。
 戦国の100年間に、本願寺は日本有数の大教団として、また強力な社会的勢力としての地位を得た。これは、教団の自衛としての意味もあるが、力を付けた民衆の解放運動のささえとなり、社会変革の思想的原動力ともなった。それは一方で、戦国大名など世俗権力との軋轢もまねき、その最大のものが、約10年にわたる「石山合戦」である。
 天下統一をすすめ京都に入った信長が、元亀元(1570)年、浄土真宗門徒の本拠地、大坂石山の「大坂本願寺(石山御坊)」からの退去を命じたが、石山本願寺勢力は信長に徹底抗戦する。10年にわたる交戦のあと講和が成立するが、徹底抗戦勢力が籠城したため、「大坂(石山)本願寺」には火が放たれ灰燼と化した。
 まもなく「本能寺の変」が起こり、信長が自害すると、あとを継いだ豊臣秀吉により石山本願寺跡地を含む一帯に「大坂城」が築かれた。本願寺は、秀吉の寺地寄進をうけて大坂の天満(てんま)に移るが、さらに天正19(1591)年、豊臣秀吉から京都に寺地の寄進を受け、現在地に移転した。
 「石山合戦」で和議を受け入れた第11世門跡 顕如は、徹底抗戦を唱える長男 教如との間にしこりが残り、教団の内部も穏健派と強硬派に分裂し、これが東西本願寺分立の伏線となった。顕如入滅にともない、教如が本願寺を継承するが、穏健派は三男の准如に継職させるよう秀吉に願い出て、弟の准如が第12世本願寺宗主となる。
 関ヶ原の戦い後、天下人となった家康に接近した教如は、家康から「本願寺」のすぐ東の烏丸六条の寺領を寄進され、教如はここを本拠とする。かくして本願寺教団は、「准如を12世宗主とする本願寺教団(真宗本願寺派/西本願寺)」と、「教如を12代宗主とする本願寺教団(真宗大谷派/東本願寺)とに分裂することになる。正式には、慶長8(1603)年、上野厩橋(群馬県前橋市)の妙安寺より「親鸞上人木像」を迎え、「本願寺(東本願寺)」が開かれた。
 西本願寺境内には桃山文化を代表する建造物や庭園が数多く残されており、国の史跡に指定され、ユネスコ世界文化遺産に「古都京都の文化財」として登録されているが、観光寺院ではなく信仰を旨とする寺であるため拝観料は無料で、境内および国宝の御影堂や阿弥陀堂に自由に入ることができ、国宝の唐門もすぐ横まで行ける。
 東西の本願寺は、五条通りから七条通りの京都の中心地に広大な土地を所有する。その所有地に多くの民家が建ち、借家も多く、それらの借家には高齢者夫婦などが住まっている。古くからの借家は家賃が安いので、高齢者は移転が難しく、下京区の高齢化が進んでいるという。
 この地区はJR京都駅の北面にあたり京都の玄関口であるが、商業集積は比較的遅れており、京都の商業中心地は四条河原町周辺に奪われている。これは、五条通りから京都駅前の塩小路通りに挟まれた広大な中心地域が、商業に積極的でなかった東西本願寺と旧国鉄の所有地であったためと言われている。

京都近代化を遡る【05.京都策第Ⅱ期・京電/京都市電】

2021-09-23
Facebook 佐々木信雄さん曰く
京都近代化を遡る【05.京都策第Ⅱ期・京電/京都市電】
 1895(明28)年、民間企業である「京都電気鉄道」により第1期区間が開業し、日本最初の営業用電気鉄道となった。背景には、国内に先駆けて琵琶湖疏水を利用して蹴上水力発電所が建設されたことがあり、その電力の活用に電車が挙げられたのだった。当時は電灯や産業用電力利用もほとんどなく、結果的に京電の路面電車が電力の唯一の使い道となった。
 1895(明28)年2月、京都市南部の伏見から京都駅前付近まで最初の路線が開通し、同年4月、京都駅前から高瀬川沿いを北上、二条で鴨川を渡り東方の岡崎まで延長された。これは京都岡崎公園を会場として第4回内国勧業博覧会が開かれ、その開催にあわせての開業であった。京電は琵琶湖疏水の発電によって電力が供給されたため、発電所の機械故障や琵琶湖の増水などによる停電で、たびたび電車の走行が止まった。
 さらに開業当初は運転技術や設備が未熟で、衝突事故や電圧変動による立往生などもよく発生した。当時は停留所の概念がなく、電車は任意の場所で乗降扱いを行っていたので混乱をまねいた。また、事故を防止するため、先導役の少年が電車の前を走りながら告知していたが、不安定な電圧が突発的に上がって電車が急加速、先導役の少年自身が轢かれるという事故もあったという。
 その後、京都市による路線建設も進められ、競合する京都電気鉄道は、均一運賃制への移行のためもあって、1918(大7)年に市に買収され「京都市電」に統合された。京都市の路面電車は、琵琶湖疎水の水力発電によって供給される潤沢な電力を基にして始められたが、それに重ね、京都の計画的に建設された碁盤の目状の主要道路が電車の運行に都合が良かったことや、人口が多く観光客も多く見込めることなどがあった。さらには、首都東京移転による危機感と市民の進取の風潮が大きく働いたうえに、1895(明28)年の平安遷都1100周年を記念して、内国勧業博覧会が催される事になったことも、追い風となった。
 京都市が京電を買収し競合区間の路線が統一され、大正中期から昭和初期までは市電の第一期黄金時代となった。路線は戦後に至るまで延長され乗客も増大、1963(昭38)年)には一日平均50万人を超える利用となった。しかし昭和30年代の後半からモータリゼーションが進み、さらに市電と競合する市バスや会社バスが増加すると、市電はむしろ主要道路を占有する邪魔者とされるようになってきた。
 1969(昭44)年)、当時の革新系市長により京都市の新たな交通計画が策定され、「十文字の地下鉄路線とそれを補完するバス路線網」が決定され、財政再建の名目で市電路線の撤廃が始められた。1976(昭51)年に全面撤去へと計画が変更され、1978(昭53)年には全面廃止された。なお、地下鉄路線網は当初計画から40年以上が経過した現在も未完部分を残したままで、京都市財政は破綻の危機に面している。その主要原因は、地下鉄建設の膨大な費用負担だといわれている。
 京電時代に「伏見ー京都駅間」(伏見線)や「京都駅ー北野間」(堀川線)など幾つもの路線が敷設されたが、走る電車はいわゆる狭軌(Narrow gauge)用であり、のちに京都市電と統合されたとき、京都市電の広い軌道を走る
最大文字数 : 10000車体と区別するため「N電」と呼ばれたという。一般に路面電車をチンチン電車の愛称で呼ぶことが多いようだが、京都ではもっぱら狭軌を走るマッチ箱のようなN電のことを、「チンチン電車」と呼んでいた。
 市営化後、堀川線は1961(昭36)年8月1日に廃止され、その他のN電も順次廃止されたが、私はこのころ中学生になったばかりで、東堀川通りを走るチンチン電車を、堀川通りを並走する市バスの窓から眺めた記憶があるが、結局、一度も乗ることがなかった。チンチン電車が廃止になる当日には、記念して造花で飾られた「花電車」が走ったという。
TOPへ戻る