本文へ移動

ちょい話【釈尊編】

お釈迦様の話

田畑正久先生のはなし

2022-08-14
大分合同新聞医療欄「今を生きる」第422回
(令和4年 6月06日掲載)医療文化と仏教文化(248)
    肥満に悩む人がいるとします。体重の増加は、食べる量と消費カロリーに大きく関係します。力士やアメフトの選手たちは、ぶつかる力を強くするためにたくさん食べて体重を増やします。当然、体重は食べる量に比例して増加します。
    肥満を改善しようとすれば食べる量を減らすか、消費カロリーを増やすのが合理的な方法です。この道理に逆らうと改善の方向には進みません。
    お釈迦様の目覚めに「縁起の法」というのがあります。これは、大きな原因(因)があって、それが小さな原因(縁)と和合して働き(業)をすると結果(果)がもたらされる。そして、それが次に影響(報)して「因縁業果報」というように展開するという法則です。
    内臓の調子もよく、元々食べるのが好きだという因と、たまたまおいしそうなお菓子が食卓にあった(縁)のでついつい食べてしまって体重が増えた(果)。これは「縁起の法」に沿った自然な流れです。
    仏教では不自然なことを推し進めると、いつかは否応なしに自然に戻されると教えています。
     いろいろな事象を考えるとき、因や縁次第では何でも起こります。固定した「我」というものはなく、私の身体も代謝によって常に変化し続けています。心も状況次第で常に変化していて、それを「無常」と言います。喜怒哀楽も縁次第で目まぐるしく変化します。いくら怒りっぽい人でも、二日も三日も怒り続けるということはないと思います。
    世間の出来事でも、縁次第では何でも起こると教えています。私自身の人生でも「まさか」と思うことが実際に起きました。大学での学園紛争、米軍のベトナム撤退、地震、津波、火山噴火、ニューヨークの世界貿易センタービルの惨事、原発事故、新型コロナウイルスのパンデミック、ウクライナ危機など枚挙にいとまがありません。
    心の変化を表わす指標として国の統計をみると、その年に提出された婚姻届件数に対する離婚届件数は、最近の10年間は離婚率は約33%で推移しています。婚姻届けを出すときに離婚は考えなくても、私たちの心は常に変化するのです。
    仏教は人間の思いや感情の変化を見透かして、自分の思いに執われている私たちに「感情の奴隷になるな」と言います。そのために智慧の光に照らされて「自分の相(すがた)を知ること」の大切さを教えているのです。

修多羅について

2022-08-14

Facebook 江場 琳觀さん曰く


《 修多羅 》

修多羅(しゅたら)は、サンスクリット語の【スートラ】の音写であり、経文、経典、これらを束ねて背負う為の紐のことを指すという。

画像では袈裟の装飾として背面に垂らす華麗な組紐のことで、以前、肖像を制作した折に仔細に研究する機会をいただいた。

実際に経典を背負うわけではないが、お坊様の正装に経典を運ぶ為の紐が残されている事に、目に見えない経典伝播の道のりを僧正の背中に感じたものである。

——— 背中から下へ向かった先は緩やかにカーブし、ばさり。と房が着地する ———

実に複雑な形の修多羅を、彫り進めたら後戻りできない木彫で表現するには実際に組むことができるほど構造を理解せねばならない。
  
工房で若い門弟と技術的な話をするうち、手先の技術より「彫刻する為の眼差し」「彫刻する為の思考」そんな話題へと展開したのでした。

お盆というお坊様の後ろ姿を目にする機会の多い時期に、ご縁を感じた次第です。
 
 
《 智積院 第68世 宮坂宥勝僧正像 》
 
長野県 照光寺蔵
江場琳觀 制作2018年 
総高さ975mm 像高590mm 仏寸(髪際高)一尺八寸
彩色仕上げ
材=檜 顔料 金 漆 (念珠=水晶 絹)

「苦悩多きものよ教えを聞け」【住岡夜晃法語】

2022-08-03
生きることは苦悩である。苦悩すること以外に人生はない
しかし、苦悩あるがゆえに人生の意義が生まれる
苦悩の無いところに人生の意義は生まれない
宗教の意義もまたしかりである 
念仏によって苦悩を無くするものではない
苦悩の中に念仏して 苦悩を受け取れば 
苦悩こそ 如来本願大悲真実の功徳大荘厳を発せしめたる現実の根拠であるがゆえに 
苦悩こそ 誠こそ如来の真実大悲の大荘厳を 現実に具体的ならしめる契機(けいき)である
であるがゆえに 苦しみこそ幸(こう)なるかな 悩みこそ福なるかな
苦悩無きものに大悲なく 煩悩深きものに功徳多し
されば 罪悪深重にさめて念仏申す者は 永遠なる功徳荘厳を人生に顕現(けんげん)し
如来の大悲を生活の上に具現立証して世の光となるであろう
汝 苦悩多しとて悲しむなかれ
直ちに 苦悩を抱いて教えを聞け 苦悩のみが汝が汝となる汝のための契機であり
真実教のみが汝が汝となる汝のための生命である
「苦悩多きものよ教えを聞け」【住岡夜晃法語】

田畑正久先生のことば

2022-07-29
「自分のことは自分が一番よく知っている」
大分合同新聞医療欄「今を生きる」第421回
(令和4年 5月23日掲載)医療文化と仏教文化(247)
 よく耳にする言葉に「自分のことは自分が一番よく知っている」というのがあります。確かに、現在の心の在り様を実感しているのは自分だと思います。しかし、それは言葉や論理だけで自分の思いを自分流に理解しているだけなのです。
 庭で枯葉や焚き木を燃やすとき、よく燃えるように火箸でたき木をつかもうとすると、思ったより熱くて、後ずさりすることがあります。頭で考えていたのより、実際に身体で感じたものが本当の熱さです。それは見た目で考えた想定とは違っています。
 「自分のことは自分が一番よく知っている」というのは、自分に起きたことを理屈で受け止めても事実との間には差があることを知らない発言です。
 私たちの日常的な思考では仏教でいう「空(くう)」は理解できません。それで「空というものはどんなものか」という研究をしているうちに、「では、それを受け取める意識とはどんなものか」という考究から唯識(ゆいしき)という学問が始まったようです。無意識や深層心理について深く広く考えて、心の在り様を末那(まな)識、阿頼耶(あらや)識などと表現しました。
 末那識は人間に意識されない煩悩の領域を想定せずには心の動きが理解できないとされて命名されていったのです。私たちが眠って翌朝に目覚める時、眠る前と同じ意識で目覚め、その自我意識は毎日続いています。その継続する無意識の領域を阿頼耶識と命名したのです。これらの考察が、日本では弥生時代の紀元2世紀ごろのインドや中国でなされていたのは驚きです。
 仏教の深層心理の思索では、人間の「自分のことは自分が一番よく知っている」という思い込みは自分を表面的に、局所的にしか把握していないと見破るのです。
 釈尊の教えの真髄は虚妄(実のない偽り)分別からの脱却です。理性的な科学思考を間違いと言っているのではなく、煩悩を秘めた人間の思考では真実を知るには限界があるので、分際を自覚しながら謙虚に人生の課題を考えようというのです。私たちの思考では人生の全体が見えてないので生死の迷いを繰り返している。その自覚がない傲慢さに気づいて、人生をあるがままに自然に受け止め、生きる姿勢を正していくことを勧めているのです。

井上尚実「一切の有情は、みなもって世々生々の父母兄弟なり」(1時間9分)

2022-07-29
南御堂オンライン法話配信2
南御堂オンライン(https://www.minamimido.online/ )法話配信企画2 講題:「一切の有情は、みなもって世々生々の父母兄弟なり」 講師:井上尚実先生(大谷大学教授) 収録日:2018年4月10日・難波別院暁天講座にて

お釈迦様の話

公益財団法人 中村元東方研究所 東方学院

2021-09-08

理念

1〈人間〉の回復をめざし
公益財団法人中村元東方研究所を母胎としてここに『東方学院』を開設しました。
『東方学院』は本学院の理想に賛同する学者個人とそのもとで学ぼうとする学徒とによって構成される共同体としてのグループの連合です。
〈個人指導の場の共同体〉とでもいうべきものをめざしています。

 

The Toho Gakuin (The Eastern Academy) was established with the hope of contributing to the restoration of human integrity.
This Academy is a cooperative body of various academic communities of scholars and students wishing to learn, in which scholars provide personal guidance to the students.
Above all, our aim is to have this Academy be the rallying point for students and scholars.


創立者 中村 元
(1912-1999)

東京大学名誉教授
日本学士院会員
文化勲章受章
勲一等瑞宝章受勲

東方学院は1973 年、インド哲学・仏教学者の中村元によって、真理追究を目的とする学問本来の姿に立ち帰り、「人間の回復」をめざして設立されました。
それから40 年余。この理念に賛同する諸方面からの支援者、協力者、また多数の優れた講師陣を迎え、多くの方々の善意と学問への熱意により支えられ発展して参りました。

東方学院設立の経緯と意義

 東方学院は、創立者中村元の東京大学退官とともに、昭和45年11月に文部省より財団設立の認可を受けた財団法人東方研究会(現、公益財団法人中村元東方研究所)を母胎として、昭和48年に設立されました。

 その大きな動機は、当時、大学に吹き荒れた学園紛争にともない、学術的には減退傾向にあり、また精神的な砂漠化のさなかにあって、学術的精神的な拠点となりうる、小さくともしっかりした学院をつくることにありました。そして学問の自由を制約することになる縄張り意識の強いセクショナリズムを廃して、真理探究を目的とする学問本来の姿を回復するためでありました。

大学の外につくることでセクショナリズムを脱し、またカルチャー・センターとも異なる一種の私塾、つまり現代の「寺子屋」として出発しました。真に教えたい一人と真に学びたい一人が集まれば学院は成り立つ―これが創立者・中村元の信念であり、まさに東方学院の原点といえます。
 幸いにも、このような考えに同調し、協力を申し出る人々が集まり、学院は開講されました。狭いビルの一角を間借りし手弁当を持ち寄って、文字どおりの「寺子屋」が始まったのです。

 しかし、財団の基盤を強固にし、学院を発展させていくためには、しっかりとした学問研究の場所を確保する必要がありました。そこで、創立者の私財をもとに、財団設立に協力して下さった篤志家の方々が、昭和57年「財団法人東方研究会強化募金運動」を開始されました。一高時代の同窓生(「昭8文乙クラス会」のメンバー)である中村敏夫弁護士をはじめとして、同じく星埜保雄、宇佐見鉄雄、倉知善一、新井正明氏らが発起人となり、その資金集めから場所の確保にいたるまで実に並々ならぬご尽力を下さいました。そのおかげで、諸方面から多数の賛同者・協力者を得ることができ、現在のこの場所を入手するにいたりました。東方学院は、これらの人々によって築かれた土台の上に、今日成り立っております。

 以来、当学院は、優れた数多くの講師を迎え、多くの方々の善意と学問への熱意によって支えられ発展して参りました。

 今後も創立者の遺志を継承し、初心を忘れることなく、ますます発展していきますことを心より念願しております。

 

公益財団法人中村元東方研究所
故名誉理事長 中村洛子
(1919 ~ 2010)

公益財団法人 中村元東方研究所

2021-09-08
© 2021 公益財団法人 中村元東方研究所 東方学院 • Powered by GeneratePress

ごあいさつ

慈しみの心を受け継いで

東方学院長 前田專學

  科学技術の発展を追い求めるあまり、人間の心の問題を軽視する風潮が顕著です。
科学では決して答えの出ない「如何に生きるべきか」を考えるため、東方学院は存在しています。
創立者の中村元先生はインド哲学や仏教学のみならず西洋の思想、哲学にも精通した世界的巨匠でしたが、東西の思想の蘊奥を究め尽くして最後に到達したのが慈しみの心(慈悲)でした。
「真に教えたい一人と、真に学びたい一人が集まれば学院は成り立つ」という中村先生の信念から、東方学院はいわば現代の寺子屋として出発しました。
現在は、報酬の有無を度外視して指導に当たる65名の先生方と、年齢、性別、学歴に関係なく集まった約350名の研究会員(現役大学生から90歳の方まで)が、先生の理想を継承すべく、日夜、研鑚しています。
一人でも多くの方にこの集いに加わっていただけますよう、心からお待ちいたしております。


東方学院長 前田專學

東京大学名誉教授
史跡足利学校庠主
日本学士院賞受賞
勲三等旭日中綬章受勲
パドマ・シュリー勲章受章

 http://www.toho.or.jp/

公益財団法人中村元東方研究所・東方学院
◇ 設立 1973年
◇ 創立者 中村 元
◇ 理事長・学院長 前田 專學
◇ 講師約 65名
◇ 研究会員 延べ約350名
◇ 教室 東京、関西、中部


中村前庠主は、インド哲学仏教学・比較思想の領域における国際的に著名な巨匠でした。 昭和48(1973)年東大名誉教授、文化勲章受章、海外からも数々の栄誉を得られました。2011/12/06
TOPへ戻る