本文へ移動

ちょい話【釈尊編】

お釈迦様の話

犀の角ごとく・・・。

2022-07-27

Facebook 速水 馨さん曰く



求道者たれ、ともに求道者たらん
——道場に守られていた前後期14日間の教師修練を終え、それぞれの現実に帰って行かれました。
一人でいかなければならない道を二人で行ってはならない。
犀の角のごとく、ただ独り歩め

犀の角のようにただ独り歩め。 「犀の角のようにただ独り歩め。」 『スッタニパータ』(『ブッダのことば スッタニパータ』岩波文庫 17頁)

 標題のことばは「サイの頭部にそそり立つ太い一本角のように、独りで自らの歩みを進めなさい」という意味です。インドサイは群れではなく単独で行動することが知られていますので、「犀の(一本)角」という比喩表現は「孤独」を意味します。このように仏教が孤独を勧める背景には「私たちの悩みは人間関係から起こる」との分析があります。つまり、悩みを生み出す原因が「人のつながり」にあるのなら、そこから一時的に離れてみることが心の成長に必要ということです。

 現在のようにつながりが強化された社会では、つながりからこぼれ落ちた存在が際立って見えます。人々は他者とのつながりを求め、それが断たれた状態を不安や不快として感受します。ですが、実際のところ私たちが孤独を感じるのは、周りの人に囲まれながらも「誰も私のことを見ていない」「誰も私に関心を持っていない」と実感するときです。一人でいることが孤独感の原因なのではなく、周囲とのつながりを実感できないからこそ孤独を痛みとして感じます。にもかかわらず、私たちは一人になることを怖れ、なるべく他者とつながろうとする結果、毎回同じ痛みを感受することになります。そのような私たちに、標題のことばは、孤独を怖れる必要はないと教えます。

 さらに、同じ『スッタニパータ』の58番目の韻文では次のようにうたわれています。

学識豊かで真理をわきまえ、高邁(こうまい)、明敏な友と交われ。いろいろと為になることがらを知り、疑惑を除き去って、犀の角のようにただ独り歩め。
 仏教では「悩みの原因となる対人関係から距離をとる」という意味での孤独を勧めると共に「優れた友との交流」を勧めます。一見して矛盾するように思われますが、そのねらいは真に独立した人格を形成するためにはどちらも必要ということです。そして、ここでの「友」は対人関係における友人に限定されません。例えば、大学生であれば自身がひたむきに学ぶ学問が「友」になり、社会人であれば自身が責任をもって勤しむ仕事が「友」になります。つまり、自身を成熟へと導くものが総じて「友」と呼ばれるのです。

 様々なつながりを自覚した上で、孤独と向き合う時間は貴重です。なぜ孤独が必要なのか。それは自分が本当は何を求めているのかを知るためです。そのとき、学びや仕事は孤独を支えてくれるでしょう。そしてその道程において、あなたは真の友とであうのかも知れません。

ブッダのことば

2022-11-24
《スッタニパータ》  岩波文庫  中村 元訳
生まれたものどもは、死を遁(のが)れる道がない。
老いに達しては、死が来る。
実に生あるものどもの定めは、このとおりである
ブッダのことば
  《スッタニパータ》
    岩波文庫  中村 元訳
釈尊は人の世の定めを、こうして明確に喝破されます。
又、時にはわかり易いたとえや示唆で、人々が正しい理解に立ち到れるようにしむけられます。
釈尊の直説にお遇いした人々の多くが、たちどころに迷いに気付き、さとりを得て、輪廻の境界からはなれられたと聞きます。
この一句で、心が震撼し、眼のうろこが落ちるなら、
それで迷いの生涯を離れた
仏弟子となれる筈ですが、煩悩は深く時代は汚れています
       聞思抄より

釋尊とその息子

2022-11-12
釈迦如来立像 宋代(960-1279) 塑造 『天水麦積山』は、羅睺羅の上にかざす手や指が、子を思う親の思いを優美に表現しているという。 柔らかな薄手の僧衣をまとう表現も素晴らしい。
羅睺羅
羅睺羅像 宋代 塑造 白毫の上に渦巻きをつくる。更に丸い突起があるが何だろう。涼州式偏袒右肩の着衣にも無駄な襞がなくすっきりとした造像である。
阿難
仏弟子像 北魏 9龕台座 高さ0.88m おそらく最年少の仏弟子阿難。
麦積山石窟133窟
一仏二菩薩、説法図

田畑正久先生のことば

2022-11-17
ドイツの哲学者フィヒテ(1762-1814)の「死ぬ心配をする人は、『今』を生きてない」
大分合同新聞医療欄「今を生きる」第427回
(令和4年 9月19日掲載)医療文化と仏教文化(253)
 
    大分大学医学部医学科・看護学科や、以前、奉職していた龍谷大学文学部の講義で「医療と仏教は、同じ生老病死の四苦を共通の課題にしています」という内容の話をする、と多くの学生が「医療と仏教が同じことを課題にしているというのは初めて聞きました」という反応を示します。医学の進歩によって、確かに医療は多くの病気に対応することができるようになりました。現実問題として言えば、老病死を先送りすることで統計的には日本人の平均寿命は世界に誇ることのできる水準になっています。
     ただ医療と仏教が同じ課題に取り組むと言っても、「平均寿命を延ばすために仏教は何か貢献しているか」と問われても目に見える貢献はしていません。そうではなくて、仏教は「生老病死という四苦」への対応に力を発揮しているのです。そのヒントはドイツの哲学者フィヒテ(1762-1814)の「死ぬ心配をする人は、『今』を生きてない」という言葉です。
      この言葉で思い出すのは。がんによって49歳で亡くなった親しいいとこの嘆きです。病状が進み治療の見込みが立たなくなった時、私が「病気を良くすることより、症状の緩和に重点を移した方がいいかも知れない」という趣旨のアドバイスをしました。すると彼は「明るい方向が見えないと言いうのは、いたたまれない」と言うのです。それを聞いて、私には次の言葉が出てきませんでした。
     私たちの世代は戦後の貧しい時代から右肩上がりの経済の発展の中を生きてきました。貧しかった当時の状況からすれば「現在の豊かさに何の不満があるだろうか」と思います。それでも、その満足は「足るを知る(知足)」というものではありません。
     私たちは日頃の生活で量的に測れる領域で満足を目指しています。しかし、都合よく行っているうちは一時的な満足は得られますが、すぐにそれが当たり前になってしまって、これで十分だと満足する知足の思いなくなるようです。大腸がんの手術を受けた人がしばらくの間は助かったと喜んでいたのに、1年もするとその思いは忘れてしまったと言っていました。
     日頃分別の思いや願い、欲を満たすことで満足が得られるという私たちの思考方法、明るい理想を目指す理想主義を仏教は「無明」「智慧がない」と言い当てているのです。



田畑先生のことば

2022-11-06
「仕合わせ」とは
仏教関係のカレンダーの11月の標語に「仕合わせ」とは、比べるものではなく 気付いていくものである、と出ていました。
     「仕合わせ」の語源:「しあわせ」って聞くと大半の人が「幸せ」っていう漢字を思い浮かべると思うけど、この「しあわせ」は正しくは「仕合わせ」(広辞苑では)と書くのが正式な日本語だと言われています。
     「仕合わせ」の語源は、仏教用語に由来していて、「仕」というのは「仕える」という意味を表して仏様(真実の言葉)に仕えるとか目上の人に仕えるという事を表現する言葉です。「仕合わせ」っていうのは、こうした仏様に仕える仕事に巡り会う事、または仏様から仕事を頂く事を指して使われる表現で、こうした仕事に巡り会える事が「しあわせ」だという意味からこの言葉が生まれたようです。

お釈迦様の話

公益財団法人 中村元東方研究所 東方学院

2021-09-08

理念

1〈人間〉の回復をめざし
公益財団法人中村元東方研究所を母胎としてここに『東方学院』を開設しました。
『東方学院』は本学院の理想に賛同する学者個人とそのもとで学ぼうとする学徒とによって構成される共同体としてのグループの連合です。
〈個人指導の場の共同体〉とでもいうべきものをめざしています。

 

The Toho Gakuin (The Eastern Academy) was established with the hope of contributing to the restoration of human integrity.
This Academy is a cooperative body of various academic communities of scholars and students wishing to learn, in which scholars provide personal guidance to the students.
Above all, our aim is to have this Academy be the rallying point for students and scholars.


創立者 中村 元
(1912-1999)

東京大学名誉教授
日本学士院会員
文化勲章受章
勲一等瑞宝章受勲

東方学院は1973 年、インド哲学・仏教学者の中村元によって、真理追究を目的とする学問本来の姿に立ち帰り、「人間の回復」をめざして設立されました。
それから40 年余。この理念に賛同する諸方面からの支援者、協力者、また多数の優れた講師陣を迎え、多くの方々の善意と学問への熱意により支えられ発展して参りました。

東方学院設立の経緯と意義

 東方学院は、創立者中村元の東京大学退官とともに、昭和45年11月に文部省より財団設立の認可を受けた財団法人東方研究会(現、公益財団法人中村元東方研究所)を母胎として、昭和48年に設立されました。

 その大きな動機は、当時、大学に吹き荒れた学園紛争にともない、学術的には減退傾向にあり、また精神的な砂漠化のさなかにあって、学術的精神的な拠点となりうる、小さくともしっかりした学院をつくることにありました。そして学問の自由を制約することになる縄張り意識の強いセクショナリズムを廃して、真理探究を目的とする学問本来の姿を回復するためでありました。

大学の外につくることでセクショナリズムを脱し、またカルチャー・センターとも異なる一種の私塾、つまり現代の「寺子屋」として出発しました。真に教えたい一人と真に学びたい一人が集まれば学院は成り立つ―これが創立者・中村元の信念であり、まさに東方学院の原点といえます。
 幸いにも、このような考えに同調し、協力を申し出る人々が集まり、学院は開講されました。狭いビルの一角を間借りし手弁当を持ち寄って、文字どおりの「寺子屋」が始まったのです。

 しかし、財団の基盤を強固にし、学院を発展させていくためには、しっかりとした学問研究の場所を確保する必要がありました。そこで、創立者の私財をもとに、財団設立に協力して下さった篤志家の方々が、昭和57年「財団法人東方研究会強化募金運動」を開始されました。一高時代の同窓生(「昭8文乙クラス会」のメンバー)である中村敏夫弁護士をはじめとして、同じく星埜保雄、宇佐見鉄雄、倉知善一、新井正明氏らが発起人となり、その資金集めから場所の確保にいたるまで実に並々ならぬご尽力を下さいました。そのおかげで、諸方面から多数の賛同者・協力者を得ることができ、現在のこの場所を入手するにいたりました。東方学院は、これらの人々によって築かれた土台の上に、今日成り立っております。

 以来、当学院は、優れた数多くの講師を迎え、多くの方々の善意と学問への熱意によって支えられ発展して参りました。

 今後も創立者の遺志を継承し、初心を忘れることなく、ますます発展していきますことを心より念願しております。

 

公益財団法人中村元東方研究所
故名誉理事長 中村洛子
(1919 ~ 2010)

公益財団法人 中村元東方研究所

2021-09-08
© 2021 公益財団法人 中村元東方研究所 東方学院 • Powered by GeneratePress

ごあいさつ

慈しみの心を受け継いで

東方学院長 前田專學

  科学技術の発展を追い求めるあまり、人間の心の問題を軽視する風潮が顕著です。
科学では決して答えの出ない「如何に生きるべきか」を考えるため、東方学院は存在しています。
創立者の中村元先生はインド哲学や仏教学のみならず西洋の思想、哲学にも精通した世界的巨匠でしたが、東西の思想の蘊奥を究め尽くして最後に到達したのが慈しみの心(慈悲)でした。
「真に教えたい一人と、真に学びたい一人が集まれば学院は成り立つ」という中村先生の信念から、東方学院はいわば現代の寺子屋として出発しました。
現在は、報酬の有無を度外視して指導に当たる65名の先生方と、年齢、性別、学歴に関係なく集まった約350名の研究会員(現役大学生から90歳の方まで)が、先生の理想を継承すべく、日夜、研鑚しています。
一人でも多くの方にこの集いに加わっていただけますよう、心からお待ちいたしております。


東方学院長 前田專學

東京大学名誉教授
史跡足利学校庠主
日本学士院賞受賞
勲三等旭日中綬章受勲
パドマ・シュリー勲章受章

 http://www.toho.or.jp/

公益財団法人中村元東方研究所・東方学院
◇ 設立 1973年
◇ 創立者 中村 元
◇ 理事長・学院長 前田 專學
◇ 講師約 65名
◇ 研究会員 延べ約350名
◇ 教室 東京、関西、中部


中村前庠主は、インド哲学仏教学・比較思想の領域における国際的に著名な巨匠でした。 昭和48(1973)年東大名誉教授、文化勲章受章、海外からも数々の栄誉を得られました。2011/12/06
TOPへ戻る