本文へ移動

支える人

この人(縁の下の力持ち的存在・・・)

吉川美代子アナ 安住紳一郎アナの“秀才すぎる”伝説 入社時の研修で「腰抜かすほどびっくりした

2022-11-29
吉川美代子アナウンサー © (C) スポーツニッポン新聞社
スポーツニッポン新聞社 - 2 時間前

 元TBSアナウンサーで現在はフリーアナウンサーの吉川美代子(68)が29日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)にゲストとして生出演。TBSの安住紳一郎アナウンサー(49)が入社した時の秀才すぎるエピソードを明かした。

14年に同局を定年退職した吉川アナは、「安住アナウンサーの入社っていうのは、アナウンサーが3人なんです。3人とも過去例を見ないくらいみんな粒ぞろいだったんです」と回顧。「だから、研修担当の先輩アナウンサーは“今年の3人の実力はみんな平均より凄いね”って言っていたくらいなんです。それでちょっと注意しても、翌日の研修に入ると3人とも直っているんですよ。予習とか復習とか凄くしていたんだなと思って」と安住アナが入社した当時のことを思い返した。

 続けて、「ただ、2カ月半の研修の最終日に卒業のためにTBSでは10分くらいのラジオ番組を作らせる。1人1人が構成を自分で考えて、10分の番組を作る」と説明。その際も安住アナの秀才ぶりが発揮されたようで、「安住アナウンサーの番組がそのまますぐオンエアできるくらい完成度が高かった」と振り返った。

 その上で、「その時に平均以上で凄い3人だなと思っていたんですけど、それ聞いた時に研修担当のアナウンサーたちは腰抜かすほどびっくりした。“安住って凄くない?”って言って…」と回想。最後に安住アナに向けて、吉川アナは「TBS辞めずに最後までTBSのアナウンサーを全うしてください」と呼びかけた。

FA取得を前に西武が源田に超大型5年契約 その背景は… 渡辺GMが語る理由と正遊撃手の存在とは

2022-11-27
西武・渡辺久信GM © (C) スポーツニッポン新聞社
スポーツニッポン新聞社 - 昨日 15:00

西武・源田壮亮内野手(29)が26日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸3億円プラス出来高の5年契約を結んだ。最短で来季国内FA(フリーエージェント)権を取得する前に、球団は「チームの顔」を総額15億円を超える超大型契約で慰留。正遊撃手の主将であり、中島(現巨人)が米球界に移籍した13年以降、源田が17年に入団するまで遊撃のポジションが定まらなかった背景がある。

渡辺久信GMは「FAは来年だけど、うちとしたら残ってほしい選手。1年早めに複数年の提示をしました。球団からの誠意を伝えた」と説明。「なかなか決まらなかった(遊撃の)ところに彼がポーンと入ったことでチームが変わった。Bクラスに低迷したチームが落ち着いた」と存在の大きさを説明した。渡辺GM自身も13年の監督最終年に、遊撃手が固定できない苦しみを味わったという。

 源田はパ歴代2位の5年連続ゴールデングラブを誇る遊撃手。ディフェンス面での貢献度は大きく、打撃でも毎年打率・270前後をキープしている。3年連続Bクラスに低迷していたチームは、17年の源田入団以降6年間で2度のリーグ制覇と5度のAクラス入り。渡辺GMは「チームが一番苦しいところに現れた救世主。あそこに一人守れる選手がいるということで戦い方が本当にガラッと変わった」と説明した。同GMにとっては自身が編成部門に転身して以降に獲得した選手でもある。愛着も人一倍で「ずっと見ているので感慨深い」と語った。

 近年のFA選手では中村、栗山というチームの顔が相次いで残留。守護神の増田は20年オフに4年契約を結び、外崎も今オフ4年契約を結んだ。球団の誠意を伝えて、残留を勝ち取っている一方で、「流出の歴史」もある。今オフは正捕手の森が、オリックスへの移籍を決断。19年オフに海外FA権を行使して秋山(現広島)がメジャー移籍し、18年オフには同年の打点王・浅村と捕手の炭谷(ともに現楽天)がチームを離れた。それだけに、「生涯西武」を宣言した源田の残留は大きな意味を持つ。

 渡辺GMは「毎年毎年FA選手に関してはは残ってほしいと思う選手ばかり。こちらは誠意を示すだけで、どうにもできない権利なので。その中でもここ最近、残ってくれる選手も多くなっている。本当、チームとしてはありがたい。ネガティブなことばかり考えないで前を見ていく」と来季の4年ぶり覇権奪回に向けた体制を整えていく。

久子さま、カタールへご出発 昨日 22:51

2022-11-27
高円宮妃久子さま(飯田英男撮影) © 産経新聞
宮内庁によると、久子さまは現地で日本代表のコスタリカ戦、スペイン戦を観戦するほか、キャンプ地を訪れて練習を視察し、代表選手らを激励されるという。

大谷の二刀流支える伴走者 専属通訳の水原さん

2022-11-22
試合前、エンゼルス・大谷と並んで歩く専属通訳の水原一平さん(手前)=9月13日、クリーブランド(共同) © KYODONEWS
共同通信社 - 2 時間前
【ロサンゼルス共同】投打「二刀流」で活躍する米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平を1年目から専属通訳として支える水原一平さん(37)が21日までに共同通信の取材に応じ、投手で自己最多の15勝と飛躍した5年目の今季について「去年より全体的にいいシーズン。(2018年に受けた)右肘手術の影響も完全になくなり、投げたい球を投げられるようになった」と振り返った。
首脳陣との橋渡し役や取材対応時の通訳だけでなく、練習ではキャッチボールの相手も務める。水原さんの伴走なくして大谷の活躍はないが「本人の野球の邪魔にならないようになるべく楽しくできるようにしてきた」と話した。 

オードリー・ヘップバーンを世界のトップスターにした相手役

2022-11-06
グレゴリー・ペック
facebook佐藤行里子 さん曰く 

「ローマの休日」
その頃、殆ど無名だったオードリー・ヘップバーンを世界のトップスターにした相手役と言われる
グレゴリー・ペック。
美しい男性でした
身長はなんと190センチ!
人望も厚く、それはそれは紳士だったそうです
わたしの永遠の憧れの男性です
TOPへ戻る