本文へ移動

サッカーのページ

サッカーのページ

なでしこジャパン、パリ五輪出場決定

2024-02-29
前半、ゴールライン際で好セーブをする山下(28日)=木田諒一朗撮影 © 読売新聞

サッカー女子のパリ五輪アジア最終予選で、日本女子代表(なでしこジャパン)は28日、東京・国立競技場で北朝鮮との第2戦を2―1で制し、2大会連続6度目の五輪出場を決めた。
【日本×北朝鮮|ハイライト】なでしこジャパンがパリ五輪出場権獲得! 高橋はな&藤野あおばがゴール|AFC女子サッカー パリ五輪最終予選 第2戦

【新サッカースタジアム】

2024-02-23
エディオンピースウイング広島の魅力を大公開!
ついにベール脱ぐ!新サッカースタジアム内部に潜入
【速報】新スタジアム初ゴールは大橋祐紀! 新加入ストライカーが冷静に浮かせてゲット|2024明治安田J1リーグ 第1節
2024年に開業する3つの新サッカースタジアムを紹介
【煽り映像】歴史が渇望した一戦 | 2024明治安田Jリーグ開幕

訃報 皇帝死す

2024-01-09
「ドイツ史上最高の選手」ベッケンバウアーさん死去
ベルリンで2003年3月、サッカーの06年ワールドカップ(W杯)組織委員会会長のベッケンバウアー氏の隣で、優勝トロフィーにキスをする元サッカー・ブラジル代表選手のペレ氏=ロイター © 朝日新聞社
朝日新聞社 によるストーリーさん曰く

 西ドイツの元サッカー代表選手で「カイザー(皇帝)」と呼ばれたフランツ・ベッケンバウアーさんが死去した。かつてのスーパースターの死去に、地元ドイツや欧州のサッカー界からは「ドイツ史上最高の選手」「サッカー史に残る偉人」などと功績をたたえ、死を悼む声が相次いだ。

1974年のサッカー・ワールドカップ(W杯)決勝でオランダを破って優勝し、優勝トロフィーをかかげる西ドイツ(当時)代表選手のベッケンバウアー氏(中央)=AP

独サッカー界の“皇帝” ベッケンバウアー氏死去 78歳(2024年1月9日)
 ドイツのサッカー界で半世紀近くにわたって選手や監督として活躍し、「皇帝」と呼ばれたベッケンバウアー氏が亡くなりました。78歳でした。 
 ドイツサッカー協会などによりますと、1960年代から1970年代にかけてサッカー西ドイツ代表の中心選手として活躍し、「皇帝」の愛称を持つフランツ・ベッケンバウアー氏が7日に亡くなりました。
  ベッケンバウアー氏は、1974年、地元開催のワールドカップで主将として西ドイツ代表を率い、優勝に貢献しました。  また、監督としても1990年のイタリア大会で西ドイツ代表を優勝に導いています。
  2006年のドイツ大会では組織委員長を務めましたが、汚職疑惑が浮上し、その後、2020年に時効を迎えました。  ここ数年は、故郷のバイエルンに隣接するオーストリアのザルツブルクで闘病生活を送っていたということです。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2024
ベッケンバウアーがドイツで最も偉大な選手だとよくわかる動画!ワールドカップ 伝説のスーパープレイ集 ドイツ代表 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ【海外サッカー
【バーアリアンズ】バイエルンミュンヘンの歴史に残るレジェンド4選! カール=ハインツ・ルンメ二ゲ/フィリップ・ラーム/フランツ・ベッケンバウアー/ゲルト・ミュラー/ロベルト・レヴァンドフスキ

「またいつか、一緒に天国でサッカーをしよう」

2023-01-09
facsbookGOALJapan曰く、2020年11月マラドーナ 氏が死去した際の ペレ 氏の追悼コメント。
TOPへ戻る