本文へ移動

響流十方の旅

今、願正寺では・・・?

近代哲学の先達との邂逅

2023-07-16
その先達の名は、鈴木大拙師です。

金沢の夜景は、何よりのおもてなしです。

2023-10-09
ラ・プラージュ

金屋町伝統的建造物群保存地区

2024-03-02
平成24年12月28日、金屋町伝統的建造物群保存地区が鋳物師町としては全国で初めて、重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

金屋町は、前田利長公が高岡開町に際し、砺波郡西部金屋から7人の鋳物師を招き、東西50間、南北100間の土地を与え、鋳物づくりを行わせたことに始まる高岡鋳物発祥のまちである。

富山湾鮨 提供店

2024-03-02
すし処 鳴海 - 高岡市京田

勝興寺

2024-02-29

本願寺八世蓮如上人が、文明3年(1471年)越中の布教の拠点として、砺波郡蟹谷庄土山(現在の南砺市福光土山)に土山御坊を開き、蓮如の子孫が代々住職を務めました。本願寺が門跡に任ぜられると他の寺院とともに院家に任ぜられるなど、真宗王国越中における代表的寺院であると同時に、本願寺を支える連枝寺院の一つとして重要な働きをなしてきました。

永正14年(1517年)寺号を本山に申請したところ、佐渡にあって廃絶していた順徳上皇勅願所「殊勝請願 興行寺」を再興相続して、勝興寺と称することを認められました。その後、戦国時代には、越中一向一揆の旗頭として活躍し、越前朝倉氏、甲斐武田氏をはじめとする戦国大名や、本願寺、京都公家などと関係を深めていくようになります。当時の複雑な政治情勢の中で、二度の移転を経た後、天正12年(1584年)に現在地の高岡市伏木古国府に移り、藩政時代に入ると加賀藩前田家と関係を深めるようになり、越中における浄土真宗の触頭として、近代に至るまで繁栄しました。

約30,000㎡の広大な境内地は、勝興寺がこの地に移ってきた時と変わりありません。伽藍は江戸時代に建立された建造物で構成され、近現代の構造物はほとんど存在しないため、境内は江戸時代そのものの景観が維持されています。これらの江戸時代の建造物のうち12棟が重要文化財に指定されていましたが、200年から370年が経過し損傷、破損が著しい状態であったため、平成10年(1998)から令和3年まで23か年を費やした大修理が行われ、江戸時代の壮麗な伽藍が蘇りました。

そして令和4年12月に「本堂」と「大広間及び式台」の2棟が国宝に昇格指定となり、国宝2棟と重要文化財が10棟となりました。中でも国宝の本堂は、勝興寺の住職から還俗して加賀藩第11代当主となった前田治脩の支援や門徒の寄進により、西本願寺の阿弥陀堂を模して寛政7年(1795)に建立された浄土真宗を代表する大型の木造建築物です。また、境内地は奈良時代に越中国府の所在地であったとされており、万葉集の編者である大伴家持が5年間この地に赴任し、越中の自然と風土を詠んだ多くの秀歌を万葉集に残しています。

勝興寺本堂
雲龍山勝興寺

勝興寺「本堂」「大広間及び式台」が令和4年12月12日に国宝指定されました。

【指定理由】

 勝興寺本堂は、近世の大型真宗本堂として屈指の規模を持ち、江戸後期以降の我が国を代表する大型寺院本堂の一つである。大広間及び式台は、浄土真宗の対面所の初期形式から、入側を取込んで発展した、対面所の整備過程を体現する建物であり、歴史的価値は極めて高い。本堂、対面所を完備した、本山級に準じる連枝、別院格の寺院としては破格の規模、形式を誇り、全国的にみても大型真宗寺院の典型となる。

 また勝興寺は、近世以降、加賀藩前田家の庇護のもと、本願寺との関係を深めた。我が国の社会に大きな影響を及ぼした浄土真宗が、畿内から北陸へ教線を拡大する中、地域の拠点となった宗教施設として、格式高い本堂、対面所をこの地に成立させたことは、深い文化史的意義を有している。

大広間及び式台は、浄土真宗の対面所の初期形式から、入側を取込んで発展した、対面所の整備過程を体現する建物
TOPへ戻る