本文へ移動

鉄の友

Facebook 乗り物のページ一/管理i人は当山住職、除くスーツ 交通 / Suit Train

【アーカイブス編】思い出の鉄路

Facebook 思い出の鉄路

2021-02-01
国鉄長崎本線 諫早付近
特急かもめ号 長崎・佐世保⇔京都

東海道本線全線電化完成

2022-11-20
東海道本線全線電化完成当日、記念祝賀列車「つばめ」出発式前の東京駅。記念ヘッドマークを掲げたEF58形57号機が先頭に立つ 1956年11月19日
facebook鉄道博物館さん曰く
鉄道150年 あの日、あの時  東海道本線全線電化完成
今から66年前の今日、
1956年11月19日
東海道本線の全線電化が完成しまし
 東海道本線は1934年12月の丹那トンネル開通の際に東京から沼津まで電化されていましたが、戦前はそれ以上の進展はありませんでした。戦後、国内の石炭不足が顕著となり、国鉄は他の産業に石炭を供給すること、国鉄自前での電力供給量に余裕があったこと、さらに電化によって経営を合理化することから主要幹線の電化を計画します。しかし、鉄道電化に難色を示した連合軍の反対などにより、日本が主権を回復する1952年まで、電化計画はなかなか進みませんでした。
 このような状況下でも、東海道本線は1949年2月に沼津~静岡間、同年5月に静岡~浜松間と少しずつ電化区間を延ばしていき、1956年11月19日、米原~京都間の電化をもって東海道本線の全線電化が完成しました。これにより、東京~大阪間の特急「つばめ」「はと」の所要時間が30分短縮され7時間30分となったことをはじめ、全線で電気機関車けん引列車が使用されることで、大幅なスピードアップや輸送力増強が実現しました。2年後の1958年11月には、さらなる輸送力増強のために国鉄初の電車特急「こだま」が運転を開始、その後の新幹線の開業へとつながっていきます。
 今回は当館の収蔵資料の中から、東海道本線電化完成関連の資料をご紹介いたします。
東海道線全線電化開通「つばめ」ヘッドマーク
東海道本線の全線電化に合わせ、特急「つばめ」「はと」に使用されるEF58形電気機関車と客車は明るい緑色に塗装され、
やがて「青大将」というニックネームで呼ばれるようになった
東海道電化完成記念切手と台紙
当館で展示中のEF58形89号機 東海道本線全線電化に合わせて1956年に製造された。全線電化完成当日の大阪発上り「つばめ」一番列車をけん引した経歴を持つ
東海道電化完成記念乗車券 1956年
東海道電化完成記念乗車券(特別急行券) 1956年

阿蘇観光、消えゆく「昭和」

2022-11-19
facebook西日本新聞meさん曰く、〈思い出のある方、多いのでは…〉
仙酔峡ロープウエーの2駅舎解体
阿蘇山の火口見学が約1年ぶりに再開され活況を取り戻す陰で、かつて火山観光の一翼を担った施設の遺構が静かに姿を消しました。
 旧仙酔峡ロープウエーの「仙酔峡」と「火口東」の二つの駅舎。ロープウエー開通は1964年。両駅間(約1・5キロ)を9分で結び、当時は「東洋一のロープウエー」と呼ばれました。
facebook西日本新聞meさん曰く

801 M 急行 第1伊豆 伊豆急下田 / 修善寺 行。

2022-11-17
facebook石川進さん曰く



まいど大船での電車撮りです。
801 M 急行 第1伊豆 伊豆急下田 / 修善寺 行。時刻は 午前9時半を過ぎたあたりでした。
下田行7両, 修善寺行6両 の 157系13両編成で 双方の編成に1等車が2両づつ組み込まれていました。
1966. 6. 19 撮影

呉線 仁方付近の 37 レ 「 安芸 」 です。

2022-11-15
facebook石川進さん曰く、C62 37 牽引。
TOPへ戻る