本文へ移動

船の世界

「老骨に鞭を打つ」という言葉

2023-11-12
2023年11月12日 讀賣新聞朝刊
facebook 堀口 隆さん曰く
※11月5日、日曜日です。おはようございます。今日の日曜日は本当に静かですね。クルマが走る音さえほとんど聞こえません。「静かな朝=平和」と言うことですよね。有り難いです。
 ところで南氷洋での操業27回を誇る世界唯一の捕鯨母船「日新丸」が母船33年目で引退するそうです。南極の海では反捕鯨団体の妨害とテロ攻撃にさらされ続けた時代もありました。
 日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退後は日本の排他的経済水域のみでの商業捕鯨を再開して平和に操業。捕鯨船団を率いて33年で約1万7000頭の鯨を解体処理したそうです。
 子供の頃は鯨の缶詰も売られていて、コロという部分がおでんネタとして入っていたし、クジラカツや鯨のベーコンもありました。父が尾の身の刺身を食べていたのを思い出します。
 さて、来年からは新母船「 関鯨丸」が後を継ぐそうです。トロール船からの改造だった「日新丸」と違って最初から捕鯨母船としての建造です。これで日本の鯨食文化は安泰でしょうか?
 鯨離れも言われる中、商業として成り立っていくのか心配でもありますが、頑張ってほしいですね。そういうことで本日もよろしくお願いします。
「本当によく頑張ってくれました」世界で唯一の捕鯨母船・日新丸が引退 反捕鯨団体からの妨害など乗り越え30年以上活躍 

総帆展帆(2023年11月3日)

2023-11-05
海の貴婦人「海王丸」1年ぶり
【帆船海王丸】総帆展帆が行われる 富山・射水市

【完全版】南極観測船「しらせ」出発!

2023-09-22
第64次南極地域観測隊にテレビ朝日クルー2人も参加(2022年11月11日)ANN/テレ朝

「やばいやばい」大揺れ「しらせ」 

2023-09-22
波を越え最果ての地へ【南極×自由研究#1】(2023年7月21日)

帆船やまゆりについて

2023-07-29
やまゆり倶楽部

江の島ヨットハーバーに浮ぶ木造の大型帆走クルーザー「やまゆり」は、当初神奈川県の所有でした。1964年10月の「第18回東京オリンピック」において、風光明媚な東洋のマイアミと言われた湘南・江の島がヨット会場に決定し、現在の湘南港が作られました。神奈川県は海外・国内の来賓用クルーザーとしてやまゆりを建造し、警備艇としても大活躍をしました。東京オリンピック終了後の1970年、神奈川県からやまゆりを受け継いだ(社)江の島ヨットクラブでは、以後42年にわたり、日本では殆ど見られなくなった木造船の「やまゆり」の管理・保存に多額の費用をかけてきました。しかし財政難が深刻となり今後の維持・継続ができなくなりました。

現在、国内では43フィートの大型木造クルーザーで現役は皆無に等しく、今や日本のヨット史における文化財となっています。

このやまゆりを維持し続けるべく、1993年5月から江の島ヨットクラブの外郭団体として「やまゆり倶楽部」が設立され、会員が年会費1万円を拠出して「やまゆり」の維持・管理・運営にあたってきました。今では賛同者(会員)登録は600番を超えました。

海は船に乗ってこそ、そこに生きる生き物の姿に接し、波、風、雲などの変化を感じ取れます。その結果として自然とのふれあい、健康増進、癒しの効果や心身の安定などが体得できます。単なる記念物とせず、自然との一体の効果を得るには、また海とヨットの素晴らしさを広げるには、費用はかかっても動態保存が優れています。

年間の活動としては、毎月2~4日の会員対象の例会クルーズ、一般に呼び掛けての体験セーリング(年間13~15回実施)、地元片瀬小学校3年生の課外授業、鎌倉養護学校体験セーリング、他に高齢者や障害者のための「ふれあいセーリング」を実施、大変喜ばれており今後も継続してゆきます。毎年のノルウエーカップヨットレースのVIP船として、また外国人奨学生の体験セーリングなど国際交流活動も行っています。月刊で発行している「やまゆり便り」も、会員および関係者の交流と湘南港・江の島の観光宣伝にも一役買っています。

2013年6月、NPO法人帆船やまゆり保存会を立ち上げました。(社)江の島ヨットクラブから無償貸与を受けていましたが、2016年10月、所有権がNPO法人帆船やまゆり保存会に移行されました。

NPO法人・帆船やまゆり保存会は、さらに多くの会員を募り各種事業活動も展開し財政の確立を図り、また各種の地元関係者の協力も得て、ヨットと海事思想の普及、相模湾にいつも「湘南の貴婦人」やまゆりが浮かんでいる状態を維持し続ける所存です。

母なる海を舞台に「やまゆり」が湘南のシンボルとして末永く活躍できるよう、関係者一同努力します。ご協力宜しくお願い致します。

大型帆走クルーザー「やまゆり」
TOPへ戻る