本文へ移動

全国の別院と教務所

全国の別院・教務所では、今・・・。

『別院探訪』

2021-09-15

A5判 244頁
木場明志 監修 川村赳夫 写真
978-4-8341-0449-3
3,080円(税込) 

2000年7月号から2004年12月号まで真宗大谷派機関誌『真宗』で連載された表紙企画を再編集し、単行本化。全国に存在する別院の「これまで」を文字として、「いま」を写真として伝える一冊。地域の教化の中心道場たる別院の設立と変遷の歴史、地域の御同朋の信仰の歩みを記録するとともに、別院参拝時に活用できるようアクセスマップや年中行事等も掲載。
全国の真宗大谷派の別院について、その歴史や沿革を一つの書籍としてまとめたものはこれまで『本願寺誌要』(明治44年4月発行 大谷派本願寺誌要編輯局)しかなく、別院に関する貴重な歴史的資料ともなる書籍。

Facebook 大谷派別院の儀礼と仏事

2021-09-26
管理人は、当山住職です。
Facebook 真宗大谷派教務所のページ

別院の時代

2022-11-19
天満別院本堂
五村別院

「御坊」という頃

2022-11-19
門首後継による登髙座 in 九州御坊
蓮如上人御影、吉崎御坊より本廟へお戻りの図
蓮如旧跡

井波別院と城端別院

2022-11-04
井波別院瑞泉寺大門

facebookしんらん交流館さん曰く


コラム10 井波別院と城端別院②
【しんらん交流館ギャラリー展「柳宗悦がであった土徳~人と自然がはぐくんだ越中富山の美~」】
彫刻のまちとして知られる井波。ここには井波別院瑞泉寺があります。
その本堂は、東本願寺御影堂(2891㎡)、東大寺大仏殿(2877㎡)西本願寺御影堂(2167㎡)についで1978㎡と、日本で4番目に大きな木造建築の建物です。
この巨大な伽藍を支えたのは、井波の大工たちです。
特に井波彫刻は日本一いわれ、1本の木から仕上げた彫刻の粋が集められた太子堂は圧巻。
この技術は、焼失した瑞泉寺を再建する際に派遣された東本願寺の彫刻師が、井波の大工に技術を伝えたのが始まりといわれています。
しんらん交流館ギャラリー展「柳宗悦がであった土徳~人と自然がはぐくんだ越中富山の美~」展を12月15日まで開催中。

しんらん交流館ホームページ


井波別院瑞泉寺


城端別院善徳寺
井波別院瑞泉寺本堂
井波別院瑞泉寺太子堂
TOPへ戻る