本文へ移動

ちょい話【et cetera】

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

私は好きでした

2022-05-16
Facebook 須賀 裕之さん曰く、今も絵本持ってます

映画『夢見る小学校』(2021年製作の映画)

2022-05-11
夢みる小学校 予告編ロングヴァージョン

夢みる小学校 予告編


公開
2022/02/04(金)
監督
オオタヴィン
出演
堀真一郎、茂木健一郎、尾木直樹、高橋源一郎、辻信一、西郷孝彦

解説

激動のAI時代に対応するため、2020年度から教育指導要領が「アクティブラーニング(自主的探求学習)」に大きく舵を切り日本の公教育が揺れています。そんな中、30年前から「体験学習」を実践している先進的な学校があります。宿題がない、テストがない、「先生」がいない「きのくに子どもの村学園」です。この学校のスローガンは、「まずは子どもをしあわせにしよう。すべてはそのあとに続く」。子どもの主体性を信じ、ひとりひとりの個性を尊重した日本で最も自由な学校のドキュメンタリー。

おとなも子どもも、こんな学校に行きたかった!
映画『夢みる小学校』

汐見稔幸の夢みる小学校とは?(無料・録画付き)~汐見稔幸・オオタヴィン監督対談

学ぶということ

2022-05-11

Facebook 杉原 米和さん曰く


《 ことばの栞 54      》日々是好日

おはよう御座います。

「私は、学力という言葉は
 『学ぶ力』であると同時に、『人から学べる力』だと思っています」 
                 佐々木 常夫 元「東レ経営研究所」社長)
 学力とは、覚えた知識の量というより、学ぼうとする意志のこと。
    現在進行形の姿である。
   また、
      人と会うことは、それぞれがステキになるためである。
     そんな出会いを大切に生きたい。
    また、佐々木さんは、
      「仕事こそ、自分を磨きあげてくれる。」とも。
      仕事を通して、人間関係を学び、悩みながら成長していく。
      挫折を経験しながら。

「今の人間は皆、きちんとしたます目の中に入りすぎている。
 関心のあるものは何でもやっていいのに、自分で自分の壁を作ってしまう。」
    (勅使河原 宏 てしがはら ひろし 1927〜2001 草月流三代目家元)
 
『自由にうたえ人とはな』という勅使河原さんの語録の中にある言葉。
  枠に押し込めているのは、自分なのかもしれない。
  もっと自由に自分の花を咲かせたい。
 
 また、勅使河原さんは、
「ものを習うということを、その人の人生のきっかけにすればいい。
    自分の今までの生活に揺さぶりをかけていく」とも。
 
自己の成長は、自己責任だと思う。

視点・論点「認知症の人が見ている世界」

2022-05-10
【出演】理学療法士…川畑智
視点・論点 | NHK 解説委員室
マンガでわかる! 認知症の人が見ている世界

「人生の最後の15-20年を廃品と思わせるのは、その文明が挫折していることの証明である」

2022-05-02

Facebook 田畑 正久さん曰く


大分合同新聞医療欄「今を生きる」第414回
(令和4年1月17日掲載)医療文化と仏教文化(240)
     老病死に関してフランスの哲学者ボーボワール(1908-86)は著作『老い』の中で「人生の最後の15-20年を廃品と思わせるのは、その文明が挫折していることの証明である」と書いています。
     多くの医療従事者が身に付けている唯物論的科学思考は現代社会全体に浸透しているように思われます。優秀さ、若さ・バイタリティー・強さ・美しさなどを高く評価し、それに言及することが多い一方で、苦しみ悩むこと・病気の弱者・死ぬこと・宗教といった事柄は極力避けてタブー視する傾向があるようです。
     この哲学者は、「老病死に直面する人が迷惑をかける。役に立たないので死んだ方がいい。安楽死したい」と思うのは、その考えの背後にある文明が壁に直面していることだと指摘します。どうすればその壁をなくす事ができるでしょうか。
     医療現場での関係が「丸腰の患者と二丁拳銃を持つ医療者」となっているということは、両者が自己中心の分別思考を共有する限り、無理からぬことでしょう。しかし、多くの医療機関では「基本理念」として、「患者に寄り添い」とか「患者を中心にした」と表示されるような理想を掲げています。両者が真に対等に近い関係が望まれますが、どうすればよいでしょう。
     東本願寺の学僧、清沢満之(1863 – 1903)はローマ時代の哲学者エピクトテスの「語録」に影響を受けています。清沢は当時のエリート教育を受けた人です。結核のため40才で生涯を終えましたが、彼が仏教によって病死を受容していった記録が残されています。
      清沢が敬愛したエピクテトスは、かって奴隷の身であったのに「ローマの皇帝より自由を生きている」と言いました。皇帝の方が自由ではないかと思いますが、彼は自己中心の分別や欲、煩悩に振り回されない私の方が自由だと発言しています。
     それは自分の属性や周囲の状況をよく観察して、私の権内になく、自分の力でどうにでもできない事柄と、私の権内にあることをはっきりと区別して、「私の権内にないもの」への誤った愛着を断って、自分の考えや意志を正しく用いることが大切だといいます。そうすれば自分の境遇の中でより自由に生きることができるというのです。

ちょっと気になる絵

不二家 ペコちゃんの森

2022-04-03

ロケーション最高です。

2022-05-02

Facebook 小川 貞夫さん曰く


東京都庁や新宿ビル見て やはりオペラシティタワーを見る
ここの53階が一味真 a Tokyo
ロケーション最高です。

日本列島の春

2022-04-08
伊豆です。
白馬村八方尾根です。
今日は絶好の春スキー日和となりました。
関東です。
Noe Araiさんがアルバム「東京カメラ部シェア作品など42」
奈良県宇陀市大宇陀に育つ樹齢300年と伝わる桜。
この桜が後藤家の屋敷跡にあることから「又兵衛桜」と名付けられて親しまれている。樹高13m、幹周り3m超。
びわ湖大津館です。

きぼうを見る!!!

2022-04-04
Facebook 中野美さん曰く、ISS 通過!!!

3年ぶりの「都をどり」へ 大ざらえで舞披露 京都・南座

2022-03-31
© 産経新聞 「都をどり」の公演を前に行われた「大ざらえ」で舞う芸舞妓ら=31日午後、京都市東山区(渡辺恭晃撮影)
2022/03/31 17:33

京都五花街の一つ、祇園甲部の春恒例の舞踊公演「都をどり」(4月1日~24日)を前に、稽古の総仕上げ「大ざらえ」が31日、南座(京都市東山区)で行われ、芸舞妓(げいまいこ)が本番さながらの艶やかな舞いを披露した。

新型コロナウイルスの影響で、公演は3年ぶりの開催となる。今回は、コロナ収束の願いを込めた「泰平祈(たいへいのいのり)令和花模様」全8景。宮廷文化に触れながら、上賀茂神社(北区)や仁和寺(右京区)など皇室ゆかりの名所の四季を描き、同寺の桜を背景にフィナーレを迎える。

この日は関係者約800人が招かれ、京舞井上流、井上八千代五世家元の指導のもと、芸舞妓が振り付けや所作を確認した。初舞台となる舞妓の真未さん(17)は「お客さまも2年待ってくれはった中で、初舞台を踏めてうれしおす」と話していた。

1日3回公演で、1等席6千円、2等席4千円。問い合わせは祇園甲部歌舞会(075・541・3391)

ちょっといい音

RSS(別ウィンドウで開きます) 

カラヤン指揮によるビゼー《アルルの女

2022-05-01
ビゼー《アルルの女》第2組曲(指揮:カラヤン)
E3%82%A9%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BF%E3%80%8D
カラヤン指揮によるビゼー《アルルの女》第2組曲。リスト、マスカーニ、スッぺなどのポピュラー名曲を並べたジルベスター・コンサート1978からの演奏です。
全編はこちらより:https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/10123... 


ラトル指揮によるヤナーチェク「シンフォニエッタ」

2022-05-01
ラトル指揮によるヤナーチェク「シンフォニエッタ」。
1926年に完成したヤナーチェク最晩年の傑作から、
金管楽器が壮麗なファンファーレを奏でる終楽章をお聴きください。
全編はこちらより

今日は指揮者ズービン・メータの86歳の誕生日です。

2022-04-29
【Happy Birthday to Zubin Mehta!】
今日は指揮者ズービン・メータの86歳の誕生日です。
ベルリン・フィルとの数ある共演の中から、
2019年秋の来日公演でも披露されたベートーヴェンの交響曲第3番

ベルリン・フィルと来日公演中のメータが会見。ブル8は「オケにも自分にも合う」パワフルな指揮披露

滝廉太郎作曲の《荒城の月》。

2022-04-17

滝廉太郎作曲の《荒城の月》。
今年1月、「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」の創設50周年を祝うコンサートが行われました。
このアンサンブルは日本との縁も深く、そのオマージュとして《荒城の月》(三枝成彰編)が演奏されました。

ドヴォルザーク 交響曲第9番(指揮:カラヤン)

2022-04-06
カラヤン指揮によるドヴォルザークの交響曲第9番《新世界より》。
カラヤンの誕生日に際してもう1本。
アンリ=ジョルジュ・クルゾー監督による1966年の白黒映像をご紹介します

ちょっといい話(既存ページ)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ちょっといい話

2021-06-06
大分県日田市の願正寺のホームページ (ganshoji.com)は、スマートフォンバージョンでも、お楽しみいたたけます。
PCバージョンは、こちらです。

ちょっといい話(旧ページ)

ようこそ願正寺へ

2021-11-24
ganshoji.comの旧バージョンです。
二人のキャラクターがお迎えしていたHPの時代がありました。
TOPへ戻る