本文へ移動

始まりの物語

美味求真【食事】

【帝国ホテル レセゾン】

2024-06-18
【帝国ホテル】伝統のフルコース
【帝国ホテル レセゾン】ワインブックス前場がなんと帝国ホテルに突撃!名門フレンチの魅力を果たして120%引き出せるのか!?

帝国ホテル特製カレー

2024-06-18

Imperial Style ~帝国ホテル定番の人気メニュー~ | レストランプラン | オールデイダイニング パークサイドダイナーレストラン・バーラウンジ | 帝国ホテル 東京 (imperialhotel.co.jp)


帝国ホテルのカレーの歴史は古く、メニューに登場したのは1931年頃。第8代料理長の石渡文治郎がヨーロッパ修行中に“近代フランス料理の父オーギュスト・エスコフィエ”の直弟子として修得しました。カレーソースを裏ごしせず、野菜のつぶつぶ感を残し、素材の旨味と食感を活かしているのが特徴です。

料金
野菜カレー(写真)

3,200円

ビーフカレー

3,200円

【帝国ホテル】初めて一人でカレー食べてみた
【これが憧れのホテルカレー】自宅で再現!帝国ホテルの伝統ビーフカレー【第14代 帝国ホテル東京 料理長 杉本雄】

京の食べ物探索【12.年の暮れ餅つきと正月の雑煮】

2024-02-05
facebook 佐々木信雄さん曰く
 京都の実家での子供時代には、毎年、師走の暮れ30日になると、家族総出で自宅の土間で「餅つき」をすることになっていた。朝早くから家族で準備をし、「おくどさん(カマド/竈)」に「せいろ(蒸篭)」を何段にも積み上げて、もち米を蒸し上げる。
 蒸しあがったセイロの餅米を、木または石の「うす(臼)」の上にひっくり返して、父親や兄が「きね(杵)」でつく。きねの合間に、脇で餅に水をつけたり返したりする役目は「てもと(手許)」と言っただろうか、母親や祖母の担当だが、ベテランでないと手をつかれたりする。たまに子供も餅をつく真似事をさせてもらった。
 つき上げた餅は、基本は小さくちぎって「丸餅」に丸める。「ふね(舟)」と呼ばれる木枠の平べったい長方形の入れ物の上に、片栗粉をひろげて、ちぎったり丸めたりするのは子供や老人の仕事。まれに、ひと臼分は平たく広げた「のしもち」にして、数日後に「角餅」に切る。同じ「のしもち」でも長細く棒状に伸ばして、色粉などで色付けした「のし餅(なまこ餅)」もつくる。これは薄く切って、干して乾燥させて「かきもち」にする。
 最後のひと臼で「鏡餅」をつくる。これはベテランの大人でないと形を作るのが難しい。三段重ねの上に「だいだい(橙/小さめの柑橘類)」を乗せて奥の「床の間」に飾る。餅つきの途中で、ちょいとした腹ごしらえに「おろし餅」を食べるのも楽しみ。つき上げた臼から、つき手が一口大にちぎった餅を、大根おろし醤油の鉢に投げ込んでくれる。熱々の餅を、おろし醤油で冷やしながらパクつく。餡やきな粉でくるむ「おはぎ」もあった。
 さて本題は、丸餅と角餅の分布である。おおむね見当をつけていた通り、西日本は「丸餅」・東日本は「角餅(切り餅)」であった。
 さて年が明け、元旦には「お雑煮」を食べることになる。この雑煮にも、丸餅・角餅の違いに加えて、それを焼いて入れるかそのまま煮込むかの違いがあり、さらには「味噌仕立て」か「すまし仕立て」かの分布がある。その味噌でも、京都では白味噌仕立ての汁で食べるが、場所によっては田舎味噌や赤味噌などもあるかもしれない。
 七日正月には、すまし汁に水菜を入れて、白餅を煮たものを食べた。七草粥の変形なのだろうか。この頃になると、鏡餅を割ってしまわないと固くなってどうしようもなくなる。すでに赤カビ青カビのついたのを削りながら割るのはかなりの力仕事だった。
 京庶民の雑煮はこんなもん。昆布だし白みそに、大根と金時人参煮て、丸餅いれる。
  初雑煮 寝ぼけまなこに 昼すぎて   何爺

始まりの店

2024-01-21
天丼発祥の店。老舗天ぷら「土手の伊勢屋」の仕事に密着!
日本で最も歴史のあるおでんの名店!180年続く老舗の味を受け継ぐ大阪・道頓堀の老舗!たこ梅本店
老舗あんこう鍋屋の1日に密着! 伝統の継承とあんこう料理の核心に迫る

3選&5選etc

2024-01-21
【老舗の味】そば&洋食 家族で守る東京100年食堂『every.特集』
【神田蕎麦3選】蕎麦といえば神田 創業100年を超える名店を3店舗紹介-神田まつや-浅野屋本店-松竹庵ます川|
【銀座蕎麦3選】江戸の蕎麦文化を残す街「銀座」でおすすめの蕎麦屋3選 -山形田 -泰明庵 -流石|銀座ランチ-銀座ディナー-銀座グルメ
【浅草蕎麦3選】雷門のすぐ近くに揃うそばの名店 -翁そば -尾張屋本店 -ひら山|-浅草ランチ -浅草グルメ 蕎麦vlog
【上野ランチ5選】ミシュラン獲得のとんかつ、500円ランチ、1928年創業の老舗天ぷらなど!
TOPへ戻る