本文へ移動

学校スポーツ

旗印

東京六大学第一応援歌特集

2023-10-26

明治大学校歌

2023-10-26
第56回ラグビー大学選手権決勝
「明治がひとつになった日」ラグビー明早戦 最後の国立

【歌詞付き】早稲田大学「紺碧の空」

2023-10-26
「紺碧の空」作詞 住治男 作曲 古関裕而

関学応援歌

2023-10-26
新月旗の下に(歌詞付き)関西学院大学応援団総部祭2018⑥
第73回毎日甲子園ボウル 早稲田大学 関西学院大学 両校応援団による応援合戦
関学勝利の歌エイトマン(歌詞付き)関西学院大学応援団総部祭2018⑫菊田昇剛指揮
関学応援団・チアリーダー・ドルフィンズ/試合前応援パフォーマン
2022/12/18/甲子園ボウル 関学vs早稲田

若き血(歌詞字幕付き)

2023-08-23
【慶應義塾大学應援指導部】若き血(歌詞字幕付き)

早慶戦

慶應義塾大学のレジェンドOBが語る100回目の早慶戦

2023-11-22
ラグビー選手として輝かしい経歴を歩んできた廣瀬氏(左=株式会社HiRAKU提供)と山田氏(右=本人提供)

11月23日に100回目のラグビー早慶戦が行われる。伝統の一戦の節目となる試合を前に、慶應義塾大学の「レジェンドOB」であるラグビー元日本代表の廣瀬俊朗氏(42)と山田章仁氏(38)に、大学4年間で得たものや早慶戦への思いを語ってもらった。

慶應義塾大学応援指導部(チアリーディング部・吹奏楽団)

2023-08-21
【華やかで美しくキレッキレの慶応チアリーダーに注目!】慶応義塾大学 応援 2回表【明治神宮野球大会】

【2023秋リーグ 早慶戦】

2023-11-09
紺碧の空 早稲田大学野球部 2023 秋季早慶戦を終えて
0:11 / 6:58 2023年10月29日 早慶戦 9回逆転を狙って4年生の総出の必死の応援【紺碧の空】から【コンバットマーチ】
早慶戦2023秋/優勝決定戦・熱いシーン集 (簡易解説あり)
2023秋 早慶戦■遮る場内アナウンスなき 慶應義塾塾歌と胴上げ
【慶早戦】若き血 優勝後ver(2023.10.30)【2023秋リーグ】【優勝決定戦】

早慶戦2023年春

2023-06-01
2023年5月28日早慶戦2回戦 2:20〜感動の始球式 「全米が泣いた」と思う。
華の早慶戦 2回戦 ダイジェスト
2023年5月28日 早慶戦 コンバットマーチ〜紺碧の空
2023春の早慶戦 早稲田・島川 (4年/濟々黌)選手 の値千金、劇的代打勝ち越しスリーラン! | 盛り上がるスタンドの紺碧の空
2023年5月28日 伝統の慶早戦 慶応15対1勝利 両校校歌

『あっ、いいボールが行きました、見事な投球‼️』

2023-07-07
素晴らしい始球式でした!早慶戦 始球式
2021年5月30日 早慶戦の始球式 今まで見てきた中で一番素敵な始球式でした

『あっ、いいボールが行きました、見事な投球‼️』 NHKのアナウンサーが絶叫するほどの素晴らしいストライク投球。 記憶に残る始球式でした。 ちょうど2年前の慶早戦の始球式では、石岡直歩くんが完璧な投球をみせてくれました。 今年の栗原晴生くんの始球式といい、毎回毎回、慶應野球部のチームに勇気と元気を与える素晴らしい投球をしてくれる子供たちに、心からありがとうを言いたいです。
【始球式/見事なストライク】早稲田VS慶應(2回戦 2023年5月28日)東京六大学野球/2023年春季リーグ戦
2023年春季リーグ戦  2回戦 5月28日(日)早稲田大学VS慶應大学の試合前の始球式。 感動的なストライク投球をご覧ください。
2023早慶戦 神宮球場中が感動をもらった!今年も素敵な始球式でした
【THE応援】早慶戦始球式で目標達成!観客からの大歓声にガッツポーズ
2022年春の早慶戦の始球式
2022年春の早慶戦の始球式
2022年春の早慶戦の始球式 慶應野球部に部員である國久想仁くん(13歳)がマウンドに!
 NPO法人Being ALIVE Japanを通じて昨年8月に慶大野球部に入り練習を! 
慶應野球部としては4人目の中学生 長期療養中の子どもたちの青春を実現する事業の一環! 
早稲田も粋な計らい! 
普段4番を打つ、ドラフト1位指名候補の蛭間拓哉(浦和学院)を1番に起用 國久くんには最高の夢の舞台が整い、いざマウンドへ!
 20回以上、慶應野球部に出向き練習 目標のノーバウンド送球をするために!
華の早慶戦2019 ⑯ 慶應37度目の優勝 この始球式は泣けます
https://youtu.be/IsltBKqwdcs
慶大プロジェクト
小児特定慢性疾患で成長軟骨に異常があり、小さなころから入退院を繰り返していた。慶大プロジェクトにより21回にわたって練習に参加してきたという。「思い切って投げられたので良かった。人が想像以上に多くてめっちゃ緊張しました。このボールは一生の宝物」と満面の笑みで振り返っていた。 とてもきれいな投球フォームでした。
東京六大学野球 感動的な始球式2019年11月2日 慶應VS早稲田
慶應は1勝すれば優勝で迎えた最終カード。大一番の試合前に、感動的な始球式がありましたので、ご紹介させていただきます。

ラグビー

創部100周年

2024-02-25
明治大学ラグビー部
創部100周年のラストを飾る明治大学校歌【第60回全国大学ラグビー選手権決勝】
2024年1月13日15時14分、第60回全国大学ラグビー選手権決勝での明治大学校歌斉唱。創部100周年の記念の年に大学選手権決勝で校歌を歌える喜び、決勝に連れて来てくれた廣瀬主将はじめ、メンバーに感謝!校歌は早いバージョンだった。
明治大学校歌斉唱
2023年ラグビー早明戦
'93年「明治大学ラグビー部 70年の軌跡」

《高校ラグビー決勝》36年ぶり“超ロースコア”決着はなぜ起きた?

2024-01-12
神奈川県の桐蔭学園 VS 福岡県の東福岡高校
「前年は県大会敗退」桐蔭学園が日本一のワケ「パスを投げ、捕るところから…」 - 高校ラグビー - Number Web - ナンバー (bunshun.jp)

 1月7日に行われた全国高校ラグビー決勝戦は、史上希に見るロースコアの決着となった。

 試合は春の選抜を制した神奈川の桐蔭学園が昨季王者・東福岡を3点差で振り切った。ファイナルスコアは8-5。過去3年間の優勝チームはすべて30点以上をあげていたことから見ても、異例といっていいロースコアだった。この大会、決勝で両チームとも1桁得点で決着したのは1987年度の第67回大会、秋田工が9-4で相模台工を破って以来36年ぶり。

 当時はまだトライが4点の時代であり、使われていたのは皮製のボールで、元号は昭和だった。トライが5点になった1993年以降では初めてだ。

負けました!!

2023-12-28
ロングハイライト ラグビー全国大学選手権・準々決勝 京産大 対 早大
2023年12月23日、ヨドコウ桜スタジアム

【ラグビー】早稲田大8強!

2023-12-18
早大対法大 後半、トライを決める早大CTB守屋(撮影・野上伸悟) © 日刊スポーツ新聞社
msn.comさん曰く

<全国大学ラグビー選手権:早稲田大54-12法政大>◇3回戦◇17日◇東京・秩父宮ラグビー場◇観衆7167人

4大会ぶり優勝を目指す早稲田大(関東対抗戦3位)が初戦を突破した。

6大会ぶり出場の法政大(関東リーグ戦3位)を計8トライで圧倒。前半8分にフッカー佐藤健次(3年)のトライで先制すると、世代屈指のWTB矢崎由高(1年=ともに桐蔭学園)が前半で2トライを挙げた。37-0で折り返すと、後半も着実に加点した。

23日の準々決勝は大阪・ヨドコウ桜スタジアムで京産大(関西1位)と対戦する。前回大会の準決勝では34-33で勝利しており、4強を懸けた注目の一戦となる。

早実高、ラグビー発祥校から生誕200年記念大会へ招待

2022-06-03
© 産経新聞 全国高校ラグビー100回大会に出場し、タックルする早実高の選手=2020年12月、花園ラグビー場(撮影・福島範和)
2022/06/03 16:21

ラグビー生誕200年となる来年、競技発祥の地である英国のパブリックスクール「ラグビー校」で計画されている18歳以下のチームによる国際記念大会に早稲田実業高校(東京)が招かれていることが3日、分かった。同高ラグビー部の大谷寛(かん)ヘッドコーチは「大変光栄なこと。しっかり結果を出すとともに、いろいろな人たちと交流し、全世界に友情を広げたい」と意気込んでいる。(橋本謙太郎)

ラグビーは1823年、イングランド中部ウォリックシャーにある名門ラグビー校で、フットボールをしていたウェブ・エリス少年が、ボールを持って走ったことが起源といわれる。

競技生誕200年を記念し、来年3月にラグビー校で18歳以下の選手による7人制の国際大会が計画されたという。オーストラリア▽カナダ▽日本▽ニュージーランド▽南アフリカ▽イングランド▽スコットランド▽アイルランド▽ウェールズなどのチームが出場する見通しで、日本からは早実高が招待された。

早稲田大教育・総合科学学術院の藁谷(わらがい)友紀(ともき)教授が早実の校長を務めていた2016年、国際交流のさらなる充実を目的にラグビー校と学術交流協定を締結。2017年度からラグビー校に中学生らが留学するようになった。また、2019年3月には早実高ラグビー部が英国に遠征し、ラグビー校とも対戦。そうした交流もあり、大会への招待につながったとみられる。

早実高ラグビー部では、競技の歴史を学ぶなど今回の機会を最大限に生かして遠征に臨む方針。藁谷教授は「多様性の尊重がこれからの社会ではさらに求められる。自分たちの知らない社会や文化があり、そこに自分たちと同じような若い人がいることを実感し、そのことを学ぶ機会にしてほしい」と話している。

アメフト

瀕死の不死鳥は・・・?

2023-12-26
Reborn Phoenix 〜不死鳥の軌跡〜 【日大アメフト部ドキュメンタリー】
2021年度 日本大学芸術学部放送学科 卒業制作 『Reborn Phoenix 〜不死鳥の軌跡〜』本編 密着期間 2020.09.09〜2021.11.28

大会記録に迫る猛攻

2023-12-18
【関学大-法大】第2クオーター、関学大のQB星野がタッチダウン=阪神甲子園球場で2023年12月17日、中川祐一撮影 © 毎日新聞 提供

アメリカンフットボール全日本大学選手権決勝「毎日甲子園ボウル」(17日、阪神甲子園球場)

○関学大61―21法大●

 40点差をつける快勝で関学大が史上初の6連覇を達成した。流れを引き寄せたのはQB星野秀太(2年・足立学園)を中心とするオフェンス陣だった。

 ランを得意とする司令塔だが、序盤は今季磨きを掛けてきたパスでヤードを稼ぐ。裏をかく攻撃でリズムを作り、見せ場は敵陣深くに入った第1クオーター中盤。味方の力強いブロックで走路ができると、自ら相手守備陣の間を縫って走り込んだ。「みんなのおかげだった」と星野。先制となる18ヤードのTDランを決め、ボールを高々と掲げて喜んだ。

甲子園ボウル2023

2023-12-16
関学 VS 法政

決戦の時は12月18日、その地は甲子園です!!

2022-12-18
関東の覇者となりました!

早稲田大学米式蹴球部 ビッグベアーズ

2022-12-13

駅伝

「仕事は?家はどうするの?」

2024-01-04
2012年箱根予選会での原晋監督。3年後の2015年大会で大学初の箱根駅伝総合優勝を成し遂げる
一本の電話” - 駅伝 - Number Web - ナンバー (bunshun.jp)

今年も箱根駅伝が開幕する。前回大会で駒澤大に王座を明け渡した青山学院大は、どのような逆襲の走りを見せるだろうか。

原晋監督、そして学生たちを支えるのが、寮母を務める原美穂さんだ。寮母という立場から青学の強さの秘密を解き明かす、原美穂さん著『フツーの主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉』(アスコム刊)から、「夫が青学監督になった日」に関する章を抜粋して紹介します(全3回の1回目/#2#3
につづく)。

「申し訳ない…」青学大“走れなかったキャプテン”が泣いた日

2024-01-04
青学大キャプテンの志貴勇斗(4年)。最後の箱根駅伝では16人の登録メンバーに入れなかった(写真は3年時の出雲駅伝で)

青山学院大学の町田寮では、箱根駅伝に向けて全体ミーティングが行われていた。

 今季、出雲5位、全日本2位。しかし、前回の箱根駅伝の4区から、駒澤にずっと先頭を走られている。21区間連続首位を許し、青山学院として見せ場を作れていない。「駒澤本命」は揺るぎのないものだった。

原監督「準優勝でもいいんですよ」

青学大が学生を「記録優先」でスカウトしていた頃

2024-01-03
青山学院大を箱根強豪校へと変貌させた原晋監督
原晋監督と妻が“箱根駅伝”予選会惨敗で考えたこと - 駅伝 - Number Web - ナンバー (bunshun.jp)

今年も箱根駅伝が開幕する。前回大会で駒澤大に王座を明け渡した青山学院大は、どのような逆襲の走りを見せるだろうか。

原晋監督、そして学生たちを支えるのが、寮母を務める原美穂さんだ。寮母という立場から青学の強さの秘密を解き明かす、原美穂さん著『フツーの主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉』(アスコム刊)から、「監督就任3年目の苦悩とスカウティング」に関する章を抜粋して紹介します(全3回の2回目/#3につづく)。

青学大、1区「9位」からの逆転劇

2024-01-04
1区2年生が語っていた“逆転の条件”「僕の後にまだ4人、明日は5人いる」 - 駅伝 - Number Web - ナンバー (bunshun.jp)
青山学院大学の総合優勝で幕を閉じた第100回箱根駅伝。「3区が終わった時点で、駒大に先行したい」。レース前、原晋監督が語っていた勝利プランは現実になった。そして、ポイントとして挙げていたのが、「1区」だった――。

 1月2日、8時50分過ぎ。2区のランナーが待つ鶴見中継所近く、公園を貸し切って作られた待機エリア。陽が一瞬差し込んだ公園の一角で、スマホを手にした記者が誰にともなくつぶやく。

「これは、もう決まったな」

1区で「22区間連続首位」をキープした駒澤大

 視線の先には2位駿河台大のS・レマイヤンを突き放す駒澤大学・篠原倖太朗の姿があった。3番手につけた青学大2年の荒巻朋熙ともきはやや苦しげな表情を浮かべながら、日本大学・西村翔太(4年)が先導する4位集団に飲み込まれていく。9時1分、篠原は一足先に2区鈴木芽吹(4年)へたすきを渡す。中継所に日本テレビの実況アナウンサーの叫び声が響く。


順天堂大・三浦龍司(21歳)が見据える箱根駅伝

2023-10-26
「今年はキャプテンなので…」

 今年8月にハンガリー・ブダペストで開催された世界陸上選手権。数々の日本選手が活躍を見せた中に、また一つ、歴史を刻んだ選手がいる。3000m障害の三浦龍司だ。6位入賞を果たしたがこれは同種目で日本史上初。2021年の東京五輪でもやはり日本史上初の入賞となる7位となっており、あらためて世界の上位に伍していける地力を示した。「東京はある意味、勢いで残せた成績だと思うんですけど、今回は自分の走りや能力に自覚を持った上での成績なので、明らかに地力もついたなって思えます」

 と手ごたえを語る。

 地力の向上を感じているのは、次の言葉にも表れている。

今年は100回の記念大会です。

神宮

全日本大学野球選手権大会の歴代優勝回数ランキング

2023-06-14
SPAIA によるストーリー
法政大学が最多8回

歴代最多優勝8回の法政大学

大学野球日本一を決める第72回全日本大学野球選手権大会は、6月11日に明治神宮野球場で決勝が行われ、青山学院大(東都)が18年ぶり5回目の優勝を果たした。全国各地域の春季リーグ優勝チームが戦う大学野球最高峰のタイトル。1952年に行われた第1回大会以降、歴代優勝回数ランキングの上位校を紹介する。

歴代最多の優勝8回を数えるのが法政大学(東京六大学)。初優勝は第9回大会(1960年)で、延長14回の末、同志社大学を2-1で下した。 その後も大学球界の雄として活躍し、2009年に8度目の優勝を飾った。

歴史のある法政大学はプロ野球に多くの人材を輩出。「法政三羽烏」と呼ばれた田淵幸一氏、山本浩二氏、富田勝氏は1968年の全日本選手権で優勝し、3選手とも同年ドラフト1位でプロ入りした。また、東京六大学最多の48勝を挙げた山中正竹氏、歴代2位の47勝を挙げた江川卓氏は、いずれも法政大学だった。

高校の部

第103回全国高等学校ラグビーフットボール大会

2023-12-27
| HANAZONO LIVE | MBS 毎日放送
【花園】第103回 全国高校ラグビー大会出場 2023冬 全51代表【空から見る】

全国高校駅伝 2023 女子【全記録】神村学園 5年ぶり2回目の優勝

2023-12-24
#全国高校駅伝 女子 神村学園が逆転優勝
全国高校駅伝 女子【詳しく】神村学園 5年ぶり2回目の優勝

甲子園

栄冠は君に輝く ~全国高等学校野球選手権大会の歌~

2022-08-22
吹奏楽 : 関西吹奏楽連盟 合唱 : 関西合唱連盟
© (C)デイリースポーツ 平野早矢香さん

卓球女子の2012年ロンドン五輪団体銀メダリストの平野早矢香さん(37)が22日、自身のインスタグラムを更新。母校・仙台育英が全国高校野球選手権大会で初優勝したことに対して、感謝と喜びをつづった。

 卒業生の平野さんは「仙台育英!甲子園初優勝 東北勢の初制覇 おめでとうございますーーーーー!!!!」と記した。続けて「決勝戦、両チームとも投手陣が素晴らしい中でエラーもなく、観ていて素晴らしい試合だと思いました その中でもちょっとしたチャンスを全てものにした仙台育英!! 監督や選手のインタビューも素晴らしく、卒業生として誇らしいです 卒業生内でももちろん盛り上がりましたが、多くの方から私宛にお祝いメッセージもいただいちゃって 嬉しいですね!!選手やスタッフそして関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした 感動をありがとうございました」と、喜びとともに母校への感謝をつづった

NHK高校野球テーマソング 福山雅治「甲子園」

2023-08-21
EXILE ATSUSHI feat. 東京スカパラダイスオーケストラ ホーンセクション「フォトグラフ」2023 夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング

侍ジャパンU―18が悲願の世界一

2023-09-11
9月10日日本 vs チャイニーズ・タイペイ ハイライト | 決勝 | U-18ベースボールワールドカップ 2023

◇10日 U―18野球W杯決勝 日本2―1台湾(台北・天母野球場)

 日本が開催地・台湾に競り勝ち、悲願の大会初優勝を飾った。

 日本は先発の前田(大阪桐蔭)が初回に先制を許したが、4回には丸田(慶応)の犠打が内野安打となり一、三塁の場面で高中(聖光学院)のスクイズを相手が失策する間に2人がホームインして逆転。前田は7イニングを4安打1失点で完投、台湾の追撃を封じた。

井端さん(右)と慶応・丸田(左) © 中日スポーツ 提供
井端弘和さんは侍ジャパンU-12代表監督です。

日本、韓国下し1敗守る

2023-09-08
韓国戦で力投する前田=台北(共同) © KYODONEWS
共同通信社 によるストーリー

【台北共同】
野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)は7日、台北などで行われ、2次リーグ初戦で日本は韓国に7―1で快勝し、1次リーグからの持ち越しを含め2勝1敗となった。韓国は1勝2敗。

侍ジャパンU-18壮行試合2023

2023-09-11
【ハイライト】侍ジャパンU-18壮行試合2023 高校日本代表 vs. 大学日本代表(8月28日)
8月28日に東京ドームで開催された「侍ジャパンU-18壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表」。試合前の両チームの練習や試合ハイライト、壮行セレモニー、試合終了後の記者会見の様子をお届けします。
 試合前には井端弘和監督率いる侍ジャパンU-12代表もグラウンドに登場しました。
【後輩vs先輩】侍ジャパンU-18壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表
TOPへ戻る