本文へ移動

コロナ感染症情報

最新情報は、こちらから・・・!

【速報】新型コロナ 356人感染 2日ぶり前週上回る 大分

2022-11-15
© TOSテレビ大分
TOSテレビ大分 2022/11/14 15:05

新型コロナウイルスについて大分県は14日、新たに356人の感染が確認されたと発表しました。

先週月曜日の213人より143人多く、2日ぶりに前週の同曜日を上回りました。

年代別で見ると、0歳が7人、1~4歳が13人、5歳~9歳が36人、10代が69人、20代が28人、30代が54人、40代が45人、50代が37人、60~64歳が18人、65~69歳が17人、70代が16人、80代が10人、90歳以上が6人となっています。

また、陽性者のうち重症化リスクが高い人など発生届の対象者を居住地別で見ると、大分市が16人、別府市が13人、中津市が5人、日田市が6人、佐伯市が6人、臼杵市が2人、竹田市が4人、豊後高田市2人、杵築市が2人、宇佐市が1人、豊後大野市が3人、由布市が1人、県外が1人となっています。

このうち、1人が中等症と判断されています。

病床使用率は22.1%、重症者の病床使用率は0%となっています。

また、14日は新たな死者、クラスターの発表はありませんでした。

新型コロナの検査キットは「研究用」ではなく

2022-10-18
国が承認した「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」と表示されたものを選びましょう。

facebook厚生労働省 さん曰く


新型コロナの検査キットは「研究用」ではなく国が承認した「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」と表示されたものを選びましょう。「研究用」は国が承認したものではありません。
国が承認した検査キットの一覧はこちらをご覧ください。
■体外診断用医薬品(医療用検査薬) 
■第1類医薬品(一般用検査薬)

こまめな換気

2022-10-17

facebook厚生労働省さん曰く


新型コロナウイルス感染対策にはこまめな換気が重要です。
引き続き、場面に応じたマスクの着脱、手洗いの継続、3密の回避とともに基本的な感染対策の徹底をお願いします。
換気のポイントはこちら。

マスクについて

2022-10-11

facebook厚生労働省 さん曰く


マスクについては、屋外では原則不要です。ただし、屋外でも人と近距離で会話を行う場合はマスクの着用を推奨しています。また、屋内では、人との距離が確保でき、会話をほとんど行わない場合は、マスクの着用は必要ありません。
基本的な感染対策はメリハリをつけて、3密の回避や換気に加えて、マスクは場面に応じた適切な着脱に努めていただくようお願いします。

日本の“脱マスク”は? 英女王国葬は「ノーマスク」天皇皇后両陛下もマスク無しで参列

2022-09-21
イギリスで行われたエリザベス女王の国葬では、参列者のほとんどがマスクを着用していませんでした。海外では“脱マスク”の動きが進んでいます。一方、日本では今後、どうなっていくのでしょうか。

世界中から2000人以上が参列し、厳かに執り行われたイギリス・エリザベス女王の国葬。会場は参列者の歌声で包まれ、各国の王族の中には日本の天皇皇后両陛下の姿もありました。

天皇皇后両陛下は国葬当日の朝、ホテルを出る時にはマスクを着けていましたが、会場に到着した時にはマスクを外されていました。そして、両陛下はそのままマスクを着けずに国葬に参加されました。

前日のレセプションでチャールズ新国王と握手をされていた天皇陛下もマスクを着けていませんでした。

実は国葬の様子が報じられたことで、日本国内で今、こんな声があがっています。

「誰もマスクしてない」「こんだけ密でノーマスク」「日本はいつまでマスク着用するの?」(SNSより)

密な状態でも人々がマスクをしていない様子に、日本とのギャップを感じた人もいるようです。

日本でも屋外で周囲と2メートル以上距離が確保できる場合や、会話がほとんどない場合はマスクは不要とされています。

しかし、屋内で距離が確保できない場合などはマスクの着用が推奨されている状況です。

街の人は…

「ほかの国に合わせて。日本だけそんなに厳しくしなくてもいいのかなと思います。結局、飲食の時は外しているし、飲食の時に一番うつりやすいのに、外して大きな声で話したり 飲んだりしちゃったりしてると思うので、しらふの時だけ一生懸命つけてもどうなのかなって思います」

「早く外せたらと思いますけどね。まだ、やっぱり怖い面もありますね」

“世界とのギャップ”について、加藤厚生労働相は20日、日本では依然、感染者の数が多いことから、高齢者の重症化リスクが高いことを踏まえた対応をすると話しました。

加藤厚労相

「感染に対する対策はそれぞれの国、あるいは地域における感染の状況に応じて、変わっていくべきものなんだろうというふうに思います」

また、安倍元首相の国葬で来日する外国の要人については、ルールにのっとり屋外ではマスクの着用を求めず、会場内での対応は主催者である政府が判断することとしています。

TOPへ戻る