本文へ移動

ファイトの系譜 

【 オールラウンド編  含TOKYO2020の記録】

小平「自分なりにやり遂げることできた」

2022-02-17
小平選手は「17位に終わった500メートルのような大きなミスはなかった。成し遂げることはできなかったが、しっかりと自分なりにやり遂げることはできたのかなと思う。きょうは楽しんで滑ることが多くの人の心に響く滑りだと思ったので、自分自身も心からスケートを楽しもうと思ってスタートラインに立った」と振り返りました。

そして、連覇が期待されたここまでの道のりについて「年が明けてから一度、絶望的な状況に陥ってしまい、この大会に間に合うか心配だったが、少しでも希望を見ることができた。痛みとかやるせなさとか、じわじわと体からにじみ出てくるようなことも、そのつど飲み込んで自分なりに乗り越えてきた。前に進むために多くの皆さんに支えてもらい、感謝の気持ちを持って滑ることができた」と時折、ことばを詰まらせながら話していました。

髙木美帆 悲願の金メダル 五輪新記録 | スピードスケート女子1000m決勝

2022-02-17
高木美帆(27)=日体大職=が1分13秒19の五輪新記録で金メダルを獲得した。

北京冬季オリンピック第14日は17日、スピードスケート女子1000メートルが国家スピードスケート館であり、高木美帆(27)=日体大職=が1分13秒19の五輪新記録で金メダルを獲得した。今大会は5種目に出場し、1500メートル、500メートル、団体追い抜きの銀に続き、4個目のメダル。日本女子最多を更新する通算7個目で、個人種目では自身初の金メダルとなった。

北海道出身。2010年バンクーバー五輪に日本スピードスケート史上最年少の15歳で初出場。1500メートルは1分49秒83の世界記録保持者。

高木美帆、ついに金メダル 15秒間の抱擁が物語るコーチとの絆
女子1000メートルで金メダルを獲得し、ヨハン・デビットコーチと抱き合う高木美帆(右)=北京・国家スピードスケート館で2022年2月17日、猪飼健史撮影
北京五輪では、16日までに中長距離で4個の金メダルを獲得したスケート大国・オランダ出身のヨハン・デビット・ヘッドコーチ(HC、42歳)

北京冬季オリンピック第14日は17日、スピードスケート女子1000メートルが国家スピードスケート館であり、高木美帆(27)=日体大職=が金メダルを獲得した。今大会は5種目に出場し、1500メートル、500メートル、団体追い抜きの銀に続き、4個目のメダル。日本女子最多を更新する通算7個目、個人種目で自身初の金メダルとなった。

 希代のオールラウンダーの挑戦は、今大会5種目め、通算7レース目にして金色の輝きを放った。悲願の金メダルに輝いた高木美は「すべてを出し切ることができた。正直、体は限界。疲労感より内臓がぎりぎりだったが、無事に走り切れて良かった」と興奮が冷めやらなかった。

 時に冷静に、時に熱く。高木美には、恩師と呼べるほど信頼を寄せるコーチがいた。北京五輪では、16日までに中長距離で4個の金メダルを獲得したスケート大国・オランダ出身のヨハン・デビット・ヘッドコーチ(HC、42歳)だ。

 15秒間。金メダルが決まって固く抱き合った抱擁の長さが2人の絆を物語っていた。

スピードスケート【速報】高木美帆が金メダル 女子1000m
2022年2月17日(木) 午後8:13
女子1000メートルで五輪新記録で金メダルを獲得した高木美帆(17日)=横山就平撮影

女子パシュートで波乱…

2022-02-16
© iza 2位となり、フラワーセレモニーに臨んだ(左から)佐藤綾乃、高木美帆、高木菜那=15日、国家スピードスケート館(桐原正道撮影)
涙する高木姉妹に「おねえさん泣かないで」「美帆が千で金とって姉にかけてあげる未来予想図」の声 2022/02/15 19:09

北京冬季五輪第12日の15日、スピードスケート女子団体パシュート決勝が行われ、連覇を狙う日本はカナダと対戦。2大会連続の金は逃し、銀メダルとなった。

日本は高木美帆(27)=日体大職、高木菜那(29)=日本電産サンキョー、佐藤綾乃(25)=ANA=の布陣で臨み、世界一美しいと言われる隊列で序盤からカナダをリード。残り半周の時点でカナダを0.32秒リードしていたが、ゴール目前のカーブで菜那が転倒した。

レース後、美帆がゆっくりと迎えに行くと、肩を抱かれた姉・菜那は涙。その後もコース脇に腰を掛けて肩を震わせながら落涙し、美帆は無言のままずっと寄り添った。菜那はレース後のテレビインタビューで「最後転ばなかったら優勝できたかもしれないタイムだったので、やっぱり悔しいです」と言葉を絞り出した。

波乱の展開にネット上では「最後声出てしまった」「これは……余りにもつらい……」「団体パシュート…まさかの展開だった…これがオリンピック!!!」などの声が殺到。一方、3選手が一丸となった見事なレース運びに「選手たちめちゃめちゃ悔しいだろうけど、手に汗握る素晴らしいレースだった!!」「一生懸命やった結果の紙一重のところだよね!銀メダルおめでとう!」「惜しかったけど素晴らしかった…!」などとたたえる声が相次いだ。

レース後、それぞれが涙を流しながら肩を抱き合う姿に「責める気持ちなんて全くないし、むしろ苦しさ伝わってきて涙でそう」「言葉はかけず寄り添ってるね。おつかれさま」「つられて泣けてしまう」とのコメントが続々。「高木菜那選手気にしないで。めっちゃかっこよかった」「泣かないで。怪我しないでよかった」などと、菜那の気持ちを慮ったコメントも相次いだ。

姉を気遣う美帆に関する書き込みも目立ち、「泣き崩れる姉に黙って寄り添う妹の高木美帆が男前すぎる こんな時、言葉かける方もかけられる方も辛い」「高木美帆さんがかっこよすぎる。おねえさん大丈夫だから泣かないで~(泣)」といった声も。美帆にまだメダル獲得の可能性があることから、「これはもう高木美帆が1000mで金メダルとって、姉 菜那にメダルかけてあげる未来予想図」との希望を書き込む人も見受けられた。

4失点後に保った心の平静 カーリング・吉田知「あそこから2点取ったのがチームの力」

2022-02-17
© デイリースポーツ 第3エンド、ポイントを奪い喜び合う吉田知那美(右)ら(撮影・高部洋祐)
デイリースポーツ 2022/02/17 00:33

「北京五輪・カーリング女子・1次リーグ、日本10-7米国」(16日、国家水泳センター)

 日本は前半で4点のリードを奪いながら、第7エンドで大量4失点を喫した。だが、はた目には難しく見える状況で、後攻の第8エンドで立て直して2得点し勝ち越し。再び主導権を握って、勝利につなげた。

 勝敗を分けた場面だった。同点で第8エンドを迎えるということは、ここで得点すれば、第9エンドは先攻、そこで相手に1点を取らせれば最終エンドで後攻、という状況と考えることもできた。

 ポジティブな発言が、試合中からもよく聞かれる吉田知は「あそこから2点とったのがチームの力」と振り返る通り、冷静に試合を進めたことが勝利に結びついた。

NHK | 日本・準決勝進出!笑って泣いて最後に大泣き | カーリング女子予選リーグ最終戦 日本対スイス | 北京オリンピック

小松原 美里 / 小松 尊フィギュアスケート アイスダンス リズムダンス | 北京オリンピック

2022-02-17
NHK | 小松原 美里 / 小松原 尊 22位で後半のフリーダンスに進めず | フィギュアスケート アイスダンス リズムダンス | 北京オリンピック
世界フィギュアスケート選手権2021<アイスダンス リズムダンス・小松原美里/小松原尊>ノーカット配信【フジテレビ公式
ダンス小松原組が4連覇 全日本フィギュア
【第90回全日本フィギュアスケート選手権大会 3日目】アイスダンスFD 小松原美里・小松原尊組の演技=25日、さいたまスーパーアリーナ

【 オールラウンド編 】(アーカイブス)

『アニメドキュメント ミュンヘンへの道』

2021-07-22
Facebook 木村 潤 さん曰く

Tokyo 1964 Olympic Games - Olympic Flame & Opening Ceremony

2021-08-09

アタックNO1、鮎原こずえです。

2021-06-20
facebook香取三夫さん曰く

国歌斉唱

2021-07-23
[HD] 日本国国歌 君が代 長野五輪開会式 National Anthem of Japan, 1998 Nagano 芝祐靖 宮田まゆみ

【 プロレス編】

社長・・・とは言わなかったか・・・な?

2021-05-25
天辺獲ったどう・・・、とも言わなかった・・・かもしれない?
Facebook ジャンボ鶴田 Jumbo Tsurutaより

ジャイアント馬場展で全日三冠ヘビー級王座ベルトを発見

2021-05-18
PWFへビュー級選手権ベルト
NWAインターナショナル選手権ベルト

ジャイアント馬場展で全日三冠ヘビー級王座ベルトを発見

2021-05-18
UN選手権ベルト

ファイトの足跡

2020-09-07
私は、プロレスといえばG馬場命、ボクシングといえば大場命です。
ジャンボ鶴田の三冠ベルトです。

NWA世界ヘビー級選手権ベルト

2021-05-15
ハーリー・レイスモデルです。
NWAヘルトには、団体加盟傘下国のフラッグが・・・。

【 ボクシング編 】

伝説は、ここから始まった・・・。

2022-01-20
井上尚弥でも今回は”負ける”と言われたWBO世界王者と対戦した結果…ヤバ過ぎ!?

2団体王者井上尚が防衛 谷口はミニマム級新王座に

2021-12-15
© 産経新聞 【ボクシングダブル世界戦】4回、ディパエン(左)を攻める井上尚弥=東京・両国国技館(代表撮影)
2021/12/14 21:06

ボクシングのダブル世界タイトルマッチ各12回戦は14日、東京・両国国技館で行われ、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級チャンピオンの井上尚弥(大橋)がIBF5位のアラン・ディパエン(タイ)と対戦し、8回TKO勝ちした。2年ぶりの国内試合でスーパー王座のWBAは6度目、IBFは4度目の防衛となった。

世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級1位の谷口将隆(ワタナベ)は王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)に11回TKO勝ちし、新王者になった。谷口は2度目の世界挑戦だった。

谷口将隆が新王者!猛ラッシュで11回TKO 2度目の挑戦で悲願「2年前の自分よりずっと強くなった」
© スポーツニッポン新聞社 11回TKOでウィルフレッド・メンデスを破った谷口将隆(撮影・島崎 忠彦)
スポーツニッポン新聞社 2021/12/15 05:30

◇WBO世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦 〇谷口将隆 TKO11回1分8秒 ●ウィルフレド・メンデス(2021年12月14日 両国国技館)

 WBO世界ミニマム級タイトル戦は同級1位の谷口将隆が王者のウィルフレド・メンデスを11回1分8秒TKOで破り、王座奪取に成功した。

 「まだ夢見心地ですね。2年前の自分よりずっと強くなったと、ようやく自信が持てた」。会心のTKO勝ちが信じられないかのように、ベルトを巻いた谷口が興奮気味につぶやいた。

 「挑戦者らしく」がテーマ。それを貫いた。判定で敗れた19年2月の初の世界挑戦。気負って力を発揮できなかった反省が原点にあった。いかにして相手の中に入って接近戦に持ち込むか――。インサイドワークという王者の持ち味を消す作戦を徹底的に練った陣営の執念が実った。序盤から決して下がらず前に前にと圧力をかけ、2回に左フックでダウンを奪うと、中盤以降も果敢に前へ出る。11回。左の振り下ろしで相手の動きを止め、コーナーに追い詰めて畳みかけるとレフェリーが試合を止めた。

 同じジムには同学年のWBA世界ライトフライ級スーパー王者、京口紘人がいる。アマチュア時代からのライバルに先を越されたが、ようやく同じ「世界」の称号を手にした。青コーナーで励まし続けた盟友は「申し分ない内容。これから2人で引っ張っていこう」と激励。これに谷口も「勝利の女神ならぬ、男の神様」と感謝した。

 「僕は(メインイベントの)井上君のおまけ」と控えめに話していたモンスターの“前座”が、存在感を十分に見せつけた。27歳の新王者は「来年は谷口の試合を見にこようと言われるボクサーになりたい」とさらなる成長を約束していた。

 ◇谷口 将隆(たにぐち・まさたか)1994年(平6)1月19日生まれ、神戸市出身の27歳。中1でボクシングを始め、神戸第一高ではインターハイ8強入り。龍谷大ではボクシング部主将を務め、国体で2度準優勝。アマ戦績は74戦55勝16KO19敗。16年4月プロデビュー。18年11月にWBOアジアパシフィック・ミニマム級王座、20年12月に日本同級王座を獲得。身長1メートル62、リーチ1メートル64の左ボクサーファイター。

PXB WORLD SPIRITS ~井上尚弥 WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ~ 12.14

2021-12-06

井上尚弥の最も衝撃的な瞬間!

2021-07-06

井上尚弥ラスベガス防衛戦2 2021年6月20日

2021-06-30
【~WBA_IBF世界バンタム級タイトルマッチ:井上尚弥×マイケル_ダスマリナス~】



【 ボクシング編 】(アーカイブス)

「エディ・最後の挑戦~老トレーナーと19歳の世界チャンピオン~」

2022-01-31

日本で6人の世界チャンピオンを育てた名ボクシングトレーナー、エディ・タウンゼント。病魔と闘いながら19歳の若者に夢を託す、老トレーナーの最後の挑戦を追う。

エディ・タウンゼントは、1962年にハワイから来日して以来、四半世紀にわたってチャンピオンを世に送り出すことで、日本の少年たちに夢と勇気を与え続けてきた。彼が最後に育てたのは、19歳で世界チャンピオンとなった井岡弘樹。その初防衛戦に向けて、エディは大病を患いながら車いすで指導、試合の日は担架に乗って会場へ向かった。井岡は激闘の末、最終ラウンドで逆転勝利。最後まで情熱を燃やし続けるエディの姿を描く。

【出演】エディ・タウンゼント,井岡弘樹,藤猛,ガッツ石松,海老原博幸,友利正,柴田国明,田辺清,【語り】千田正穂

Facebook 井岡 弘樹さん曰く

Facebook 井岡 弘樹さん曰く


2月1日(火)午後6:10〜NHK BSで放送される井岡弘樹とエディタウンゼントトレーナーとの奇跡のドキュメンタリーの放送のお知らせです。
この感動的な
命懸けのストーリーを
是非多くの方に見ていただきたいので#拡散 宜しくお願い致します
放送日はエディさんの命日。大切な日を忘れない為、エディさんが亡くなった午前1時に妻と入籍しました。
また感想など聞かせていただけると嬉しいです


Facebook 井岡 弘樹さん曰く

ボクシング レジェンド王者伝説 畑山隆則 編【vs 坂本戦、鮮烈KO 6連発】

2021-07-06
■ 2000年10月11日 WBA世界ライト級タイトルマッチ 王者 畑山隆則 vs 挑戦者 坂本博之 ■ 畑山隆則 強さの証明 KO 6連発!

大場政夫

2020-10-07
【 昭和の大ヒーロー ♪ 伝説のボクサー:大場政夫 大特集 ♪ 1998年放送 】
https://youtu.be/07POis-2g2k

1973年1月25日、3週間ほど前に逆転KOで5度目の防衛を果たしたばかりの大場は、首都高速5号線でカーブを曲がり切れずに中央分離帯を乗りこえ対向車のトラックと正面衝突。 愛車のシボレー・コルベットと共にチャンピオン・ベルトを巻いたままあの世へと旅立ちました。23歳でした。

永遠のチャンプ

2020-06-25
永遠のチャンプ・大場政夫。

私が最も敬愛するボクサーです。

1949年10月21日東京都足立区生まれ。

実父がギャンブル好きで、幼少期の暮らしは相当に貧しかったようです。

その実父がボクシングファンだった影響から、なんと小学校の入る頃には既に、将来は世界チャンピオンになり、両親に家を贈ろうと決めていました。

その後も決意はブレることなく、1965年の中学卒業と同時に帝拳ジムに入門、プロボクサーへの第一歩を踏み出すことに。

翌年には、渡辺和喜に1回KO勝ちでプロデビュー。

以降は、持ち前の負けん気と豊富な練習量で頭角を現し、次々と難敵を退けて世界ランキング上位へと駆け上がりました。

そして、プロ28戦(25勝2敗1分8KO)で、念願の世界タイトル初挑戦の切符を手中にします。

1970年10月22日、タイのベルクレック・チャルバンチャイを13回KOで倒し、WBA世界フライ級王座を獲得。

この時、大場は21歳。

プロキャリア4年で小学生の頃抱いていた夢を叶えました

その後、2年半足らずで王座を4度防衛。

そして1973年1月2日、WBA世界フライ級5度目の防衛戦を迎えます。

相手は「稲妻小僧」の異名を持つ元WBC世界フライ級チャンピオン、タイの英雄チャチャイ・チオノイ。

大場は1Rにチオノイの豪快な右フックを食いダウン。

その際に右足首を捻挫し、以降は足を引きずりながらのファイトを強いられます。

しかし、大場は驚異的な粘りで劣勢を挽回、8Rからは優勢に立ち、12Rを迎えます。

前半は打ちつ打たれつでしたが、中盤に機を見て大場が猛ラッシュ。

ロープ際で連打を浴びせられたチオノイは、遂に崩れ落ちます。

その後、チオノイは半ば戦意喪失状態になり、最後はレフェリーが試合を止め、大場は大逆転で5度目の防衛に成功しました。

1月2日のゴールデン枠に、人気ボクサーの世界戦生中継とあって、祖母の家に集まっていた親戚一堂はTVに釘付け。

終盤は皆が「大場〜っ!」と絶叫するほどの大熱戦でした

小学校3年生だった私も、感動で泣きそうになりました。

決して器用ではなく、打たれて強いわけでもなく、スピードもそれ程ではない……が、

猛練習で培った旺盛なスタミナと折れない心で、ただ愚直に左右のワンツーを繰り出す。

いつまでも、いつまでも、相手が倒れるまで繰り出す。

その闘志を前面に押し出したボクシングスタイルは、観る者の心まで奮い立たせる迫力がありました。

この試合の23日後、1973年1月25日。

大場は愛車シボレー・コルベット・スティングレーで首都高速5号池袋線を走行中、大曲カーブを曲がり切れず中央分離帯を乗り越え、反対車線に出たところを大型トラックと正面衝突。

現役世界チャンピオンのままこの世を去りました。

大場は3度目の防衛戦後に、それまでで得たファイトマネーで埼玉県に一戸建を新築購入し、両親に贈っています。

また、実弟の高校までの学費も全額支払い終えていました

中学卒業後、ボクシングに総てを賭けてきた大場が、4度目の防衛成功後に生涯で初めて自分自身へ贈ったご褒美が、当時日本に2台しかなかったシボレー・コルベット・ステイングレーでした。

大場政夫 
プロボクシング生涯戦績
38戦35勝16KO2敗1分
第25代WBA世界フライ級王座5度防衛

大場政夫  VS  チャチャイ・チオノイ (1973年)

2021-06-30
【昭和45年】大場政夫 vs.ベルクレック・チャルバンチャイ
1970年10月22日 WBA世界フライ級タイトルマッチ
TOPへ戻る