本文へ移動

ちょい話【親鸞編】

宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃のページ

「京の冬の旅」で御影堂門内部を特別公開します(1/8~3/18)

2021-12-17

2022年の「京の冬の旅」(1月8日~3月18日)にて、東本願寺の御影堂門特別公開を行います。

 

「京の冬の旅」は、京都市・京都市観光協会が主催し、文化財や伝統文化・産業などの奥深い京都の魅力を伝え、ゆっくりと観光を楽しんでいただくためのキャンペーンで、今回で56回目を迎えるイベントです。

2022年冬は、14カ所の特別公開が実施され、東本願寺としては今回が初めての参加となります。

 

普段は非公開の御影堂門の楼上(内部)が見学できる貴重な機会です。

御影堂門の楼上内部には、釈迦三尊像が安置されているほか、楼上から見渡す景色は、南側に京都駅や京都タワー、東側には東山連峰や京の町並みが、西側には御影堂・阿弥陀堂が普段とは違った角度からご覧いただけます。

 

この機会に、ぜひご参加ください。

 

【期間】

2022年1月8日(土)~3月18日(金)

※インターネットでの「事前予約優先制」です。(当日空きがあれば見学も可)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、15分間隔で各時間帯最大30名までの人数制限があります。

 

見学時間や料金・申込等、詳しくは「京の冬の旅特設サイト」をご覧ください。

特別公開 ひがしほんがんじ ごえいどうもん 東本願寺 御影堂門 特別公開 2022年1月8日(土)~3月18日(金)

~「お東(ひがし)さん」の入口 日本一高い木造楼門初公開!~

2023年に「親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要」を迎える真宗大谷派の本山で、正しくは「真宗本廟」。世界最大級の木造建築・御影堂など諸堂が並ぶ境内の入口に聳える御影堂門(重文)は、明治44年の再建。高さ約27mの日本一高い木造楼門(二重門)で、上層には釈迦如来と弥勒菩薩、阿難尊者の三像が安置されている。楼上からは東山連峰を望み、京都のメインストリート・烏丸通や市街を見渡す眺望が楽しめる。
TOPへ戻る