本文へ移動

あの人 この人 【時機相応】

あの人

· 浩宮さま(天皇陛下) スイッチヒッター

2021-04-18
Facebook 永井 由紀夫さん曰く
少年時代の今上天皇は末次のファンで、1971年の日本シリーズ第4戦を後楽園球場で観戦した際の新聞報道には学校の野球チームでも背番号38を付けていたとの記述がある。この試合で末次が満塁本塁打を放つと飛び上がって喜んだという。

読売ジャイアンツ 背番号38

2021-04-18

「自前の5番打者」 末次民夫(利光)

 1972年の日本シリーズ第1戦で安打を放つ。
この試合、ONは二人で1安打。末次が3安打3打点の活躍で打線の軸になった。
 V9の前半、巨人はONに続く5番打者を求め、他球団から選手をかき集めた。
吉田勝豊、田中久寿男、高倉照幸、森永勝也、桑田武…。
峠をすぎた選手が多く、いずれも決め手を欠いた。
70年代に入ってトレードが減ったのは、自前の5番打者・末次が育ったから。
巧みなライト打ちで頭角を現し、すぐにONに劣らぬ長打を放つようになった。
のち「利光」に改名したが、V9時代を知る者には「民夫」の方がなじみ深い。 

【黒木瞳】

2021-04-15

Facebook平泉 トオルさん曰く


【黒木瞳】
1981年、宝塚歌劇団に月組の娘役として入団。
1982年1月より「おはよう朝日です・土曜日です」(朝日放送)にレギュラー出演し、司会、
レポーターなどもこなした。
在団中に東宝映画「南十字星」(1982年)
に出演。これが映画初出演作品である。
1985年9月に退団し、芸能界へと転進した。
1986年映画主演デビュー作「化身」で
日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した。

【MV 】天童よしみ /人生讃歌~渡る世間は鬼ばかり~(full ver.)

2021-04-10

三人娘

2021-04-07
Facebook 福田 晋也さんより

この人(縁の下の力持ち的存在・・・)

カレッジフォークの元祖 はしだのりひこ

2021-08-17
Facebook 倉田 照久さん曰く ·
カレッジフォークの元祖 はしだのりひこ
ザ・フォークルセダーズで、故加藤和彦さんと北山修さんと衝撃のデビュー、帰ってきたヨッパライは社会現象となるほどの大ヒット!
その後シューベルツ、クライマックス、エンドレスでもヒット曲を飛ばした!

噂の東京マガジンより「1964年東京オリンピック時のブルーインパルスパイロット達の裏話」

2021-07-21
Blue Impulse 1998,Nagano Olympic Opening Ceremony, part4.


Blue Impulse 1998,Nagano Olympic Opening Ceremony, part4.

「東京オリンピックマーチ」ファンファーレ付き1964年 Tokyo Olympic March

2021-07-21

トラ、ドラ、トラ

2021-06-26
この作品の主役は、誰なのだろう・・・か?
黄門様に、高笑いはありませぬ!!
空母・赤城航空甲板上、攻撃隊、真珠湾へ向けて発艦準備完了です!!
零戦21式らしき機体です。

007ジェームズボンドの相撲観戦

2021-06-16
必見!!大鵬、柏戸、佐田の山など懐かしの力士総出演

時機相応について  時代と人

軽井沢で自転車に乗り くつろぐ、ジョン・レノン

2021-09-12
Facebook 須賀 裕之さん曰く、想像してごらん。 ちなみに後にはショーンが乗ってると思われます
軽井沢で自転車に乗り
くつろぐ、ジョン・レノン</div></div></div><div id=

古今亭志ん生(五代目)火焔太鼓

2021-09-05
古今亭志ん朝(三代目) - 愛宕山

志ん朝 志ん生を語る


古今亭志ん朝(三代目) - 愛宕山

https://youtu.be/Au4pIsyDG3E

【古今亭志ん朝(三代目)】 1938-2001。東京都文京区本駒込出身。本名は美濃部 強次。 父は五代目古今亭志ん生、兄は十代目金原亭馬生。入門五年目という異例のスピードで真打に昇進し、後に押しも押されもせぬ「江戸落語の名人」として名実共に人気を博した。独演会のチケットはすぐに完売するほどであり、父志ん生の破天荒さとは違う正統派の江戸前落語を得意とした。古典芸能の住吉踊りを復興させたことでも有名である。 2001年10月1日 肝臓癌のため死去。享年62。

古今亭志ん朝 真打披露の演目

2021-09-05
CDDVD未収録 古今亭志ん朝 明烏 昭和57年10月23日 「国立名人会」より

https://youtu.be/bb4MTLMLacQ


アナザーストーリーズ「落語を救った男たち 天才現る!古今亭志ん朝の衝撃」
戦後、衰退の危機にあった落語界にすい星のごとく現れた天才がいた!古今亭志ん朝、昭和の大名人・志ん生の息子だ。24歳で先輩落語家19人を抜いて真打ちに。圧倒的なキレとスピード、その話芸は今なお伝説。だが素顔は驚くほど知られていない。今回、ライバル立川談志との逸話をはじめ、関係者の証言から知られざるエピソードを発掘。落語への思いと偉大すぎる父を持つ苦悩。落語家たちがあの語り口で振り返る“笑撃”の真実!

【火焔太鼓】 古今亭 志ん朝

オクラホマミキサーな若き日の陛下

2021-08-29
Facebook 初瀬川隆司さん曰く

この、うしろ姿たまりませんでした❣️ 遠くで見つめる倍賞千恵子さんも素敵でした。

2021-08-29
Facebook 池田 博昭さん曰く
映画『幸福の黄色いハンカチ』予告編
刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。過去を持つ主人公の物語と若いカップルのラブストーリーが北海道の四季とともにつづられ、1977年に公開されるや大ヒットを記録し、その年の映画賞を独占した。主演は名優・高倉健、その妻役に倍賞千恵子、製作当時映画初出演の武田鉄矢、桃井かおりらが共演。日本映画史に輝く不朽の名作を、色鮮やかによみがえったデジタルリマスターにて堪能したい。 配給:松竹


ちょっと気になる歌・唄・音

花の時・愛の時 前川清 40周年記念コンサートより

2021-08-18

吉田正 生誕100周年

2021-08-15
「寒い朝」

寒い朝 ☆ 吉永小百合 (サウンド・トラック)

吉永小百合/「寒い朝」  /マヒナスターズ

「面影 渡り鳥」

吉田正 生誕100周年

2021-08-15
「花蕾」
「異国の丘」
https://youtu.be/9hkoI_r3MLM
戦後、シベリアに抑留されていた兵士の間で作られ、歌われた歌。抑留兵のひとりだった吉田正が作曲した。原題は『昨日も今日も』である。シベリアから帰還した兵士がNHKのど自慢に出て歌ったことから有名となった。増田幸治作詞(佐伯孝夫補詞)、吉田正作曲。竹山逸郎、中村耕造の歌唱で、1948年(昭和23年)9月、ビクターレコードから発売された。

「日本に生まれてよかった」五木ひろし

2021-08-09

主演俳優じゃない方を主役にした作品

2021-07-27
Facebook 中嶋満さん曰く、67年キャプテンウルトラ

時代の図

戦士の休日

2021-09-19
Facebook Takashi Matsunagaxyさん曰く
昔のお父さんは、
 遊びの日でも背広姿……。
今みたいにカジュアル的な
 スタイルが少なかったのか
会社の、慰安旅行は勿論
 背広姿が多かった…

Former President George H.W. Bush escorted into Capitol

2021-09-16

"アルプスの少女 ハイジ"

2021-09-17

このハイジの食事にめちゃくちゃ憧れませんでしたか?

2021-09-14
Facebook 泰広さん曰く

カップヌードル誕生50年

2021-09-18
Facebook Takashi Matsunaga さん曰く
カップヌードル誕生50年
『正座で食事』の時代に、
歩行者天国では食べ歩き
そんな若者たちを見て
 「けしからん」と大人達
その、けしからん私が
 今の若い子に
 「けしからん」と…
TOPへ戻る