本文へ移動

あの人 この人

あの人

映画とラジオドラマ

2020-10-15
佐多啓二と北沢彪
Facr\ebook佐々木信雄さんのコメント
(「君の名は」)
○4.10 NHKラジオが連続ドラマ「君の名は」の放送を開始する。
 『君の名は』は、NHKラジオの連続放送劇として、昭和27年(1952)4月10日-29年(1954)4月8日の間、毎週木曜8時半から9時まで30分間生放送された。菊田一夫脚本、音楽は『六甲颪』も作曲した古関裕而の担当で、番組の冒頭では「忘却とは忘れ去ることなり」というナレーションが流れた。子供心にかすかに聞いた覚えがあるが、後日になって、当たり前のことも言い方次第だなと思った。
 毎週この放送時間帯になると「銭湯が空になる」という噂さえ発生したのは、この放送ドラマの時であるが、これはのちに映画化される松竹の宣伝部が作った虚構だという説もある。そして翌年、松竹によって映画化公開されると、これも大ヒット、第一部・二部ともにこの年度の配給収入上位二位までを独占する。
 ヒロイン 氏家真知子に岸惠子、その相手役 後宮春樹には佐田啓二と、当時大人気の美男美女を配して、「すれ違い」「真知子巻き」などの流行語を生み出した。太平洋戦争末期の東京大空襲の夜、たまたま出会った氏家真知子と後宮春樹は、戦火の中を逃げ惑いながら「数寄屋橋」にまでたどり着き、名も語り合わないまま半年後この地での再開を約束して別れる。
 その後テレビジョンが普及してからは、4度もテレビドラマ化されている。全国各地ですれ違いを繰り返すストーリーは、まさに連続テレビ放送としては好適であった。なお、岸惠子はフランス映画出演をきっかけに、1957年フランス人映画監督イヴ・シャンピと結婚してパリに移住。一方、中井貴一の父親でもある佐田啓二は、1964年乗っていた自動車の事故で死亡した。
*この年
モーターバイク時代始まる(本田技研開発の「カブ」)/風船ガム大人気/茶羽織が大流行
【事物】マジックインキ/電動おもちゃ/ボウリング場
【流行語】青線/火炎ビン/ヤンキーゴーホーム
【歌】リンゴ追分(美空ひばり)/芸者ワルツ(神楽坂はん子)/テネシーワルツ(江利チエミ)
【映画】生きる(黒澤明)/西鶴一代女(溝口健二)/風と共に去りぬ(米)
【本】文学全集盛ん/野間宏「真空地帯」/壺井栄「二十四の瞳」/アンネ・フランク「光ほのかに アンネの日記」

西行

2020-10-15
今日は、1140年の10月15日に鳥羽上皇の北面の武士・佐藤義清が出家し西行と名乗った日です
Facebook平野めぐみさんの投稿
西行というとどのようなことを連想されるでしょうか?
歌人として多くの歌を残されています。
私は、能の「西行桜」を思い出します。
【西行とは】
西行像
MOA美術館蔵
出典Wikipedia
西行(さいぎょう、元永元年〈1118年〉 - 文治6年2月16日〈1190年3月31日〉)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての日本の人物。武士であり、僧侶、歌人でもある。俗名は佐藤 義清(さとう のりきよ)。憲清、則清、範清とも記されます。出家して法号は円位、後に西行、大本房、大宝房、大法房とも称しました、
1140年23歳で出家しました。しばらくは都の周辺に庵居していましたが、のちに高野山に入りました。しばしば伊勢、熊野、吉野などを旅をして、また、三十六歌仙の一人である能因の跡を追って陸奥に下向、歌枕を巡って詠作しています。50歳代の初めには、崇徳院の墓参と弘法大師の遺跡巡礼のために四国へ旅し、1186年、69歳のとき、俊乗房重源に委嘱されて、東大寺再建の勧進のため再度の奥州旅行に出ました。途中鎌倉の源頼朝にも謁しています。しかし、生涯を旅に過ごしたわけではなく、都近くにも住み、藤原俊成とその周辺の人びとを歌友として歌道に精進しました。
【西行の和歌】
西行の詠んだ和歌は、約2300首と言われています。
その歌は生活体験に基づく清澄な自然詠を多く詠んでいます。
勅撰集では『詞花集』に初出(1首)。『千載集』に18首、『新古今集』に94首(入撰数第1位)をはじめとして二十一代集に計265首が入撰。家集に『山家集』(六家集の一)、『山家心中集』(自撰)、『聞書集』。その逸話や伝説を集めた説話集に『撰集抄』『西行物語』があり、『撰集抄』については作者と目されています。
【西行が出家した理由】
(1)仏に救済を求める心の強まり
(2)急死した友人から人生の無常を悟った
(3)皇位継承をめぐる政争への失望
(4)自身の性格のもろさを克服したい
(5)“申すも恐れある、さる高貴な女性”との失恋。彼は歌会などを通して仲を深めた鳥羽院の妃・待賢門院(崇徳天皇の母)と一夜の契りを交わしたが、「逢い続ければ人の噂にのぼります」と振られてしまった等々、こうした様々な感情が絡み合った結果、妻子と分かれて、出家したと。
いろいろな説があってどれがとは確定できていません。
法号の「西行」は阿弥陀仏の極楽浄土が西方にあることからと言われています。
【西行の逸話】
○東大寺の勧進
1186年、文治二年、西行69歳、2回目の奥州の旅に出ています。旅の目的は東大寺の大仏建立のための勧進の旅でした。この時、西行に依頼をしたのが、東大寺の大勧進職(だいかんじんしょく)の重信でした。東大寺再興の沙金(砂金)勧進のため、奥州平泉への旅に出発し、鎌倉にて源頼朝と会談した(吾妻鏡)。頼朝に旅の趣旨を説明し了解を得るためだったといわれています。
○ 出家の際に衣の裾に取りついて泣く子(4歳)を縁側から蹴落として家を捨てたという逸話が残っています。この出家に際して以下の句を詠みました。
「惜しむとて 惜しまれぬべき此の世かな 身を捨ててこそ 身をも助けめ」
○ 西行戻し
各地に「西行戻し」と呼ばれる逸話が伝えられています。共通して、現地の童子にやりこめられ恥ずかしくなって来た道を戻っていく、というものです。
* 松島「西行戻しの松」
* 秩父「西行戻り橋」
* 日光「西行戻り石」
* 甲駿街道「西行峠」
○ 源頼朝との出会い
* 頼朝に弓馬の道のことを尋ねられて、「一切忘れはてた」ととぼけたといわれています。
* 頼朝から拝領した純銀の猫を、通りすがりの子供に与えたとされています。
この項出典
Wikipedia
【能 西行桜】
能に西行桜という作品があります。
『西行桜』(さいぎょうざくら)は、世阿弥作の能楽作品で成立は室町時代です。
○西行桜あらすじ
京都、西行の庵室。春になると、美しい桜が咲き、多くの人々が花見に訪れる。しかし、今年、西行は思うところがあって、花見を禁止した。 一人で桜を愛でていると、例年通り多くの人々がやってきた。桜を愛でていた西行は、遥々やってきた人を追い返す訳にもいかず、招き入れた。西行は、「美しさゆえに人をひきつけるのが桜の罪なところだ」という歌を詠み、夜すがら桜を眺めようと、木陰に休らう。
その夢に老桜の精が現れ、「桜の咎とはなんだ」と聞く。「桜はただ咲くだけのもので、咎などあるわけがない。」と言い、「煩わしいと思うのも人の心だ」と西行を諭す。老桜の精は、桜の名所を西行に教え、舞を舞う。そうこうしているうちに、西行の夢が覚め、老桜の精もきえ、ただ老木の桜がひっそりと息づいているのだった。
【西行の晩年の歌】
「願はくは 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの 望月のころ」
その意味は「願うことなら、旧暦2月15日の満月の頃、満開の桜の下で死のう」という歌です。現在で言う3月中旬以降の満月の日にあたり、ちょうど桜が花盛りを迎える時期です。自ら望んだ日のわずか1日遅れで亡くなりました。
私も桜の花の下でこの生を終えることができればと西行のように願っています。
【京都の西行ゆかりの地】
○円山公園
 西行庵(さいぎょうあん)
 西行が「祭華園院」を営んだ真葛ヶ原の旧蹟で、西行堂、母屋、離れ「皆如庵」などが現存している
○西行井戸
 嵯峨野の落柿舎の北側、天龍寺の塔頭弘源寺の境外墓地の東側にある。小倉山山麓に住んでいた西行法師が、この井戸の水を用いていたといわれる。
○西行井戸百人一首歌碑
 去来墓の周りに立てられている歌碑句碑
○小倉百人一首文芸苑嵐山東地区
小倉百人一首歌碑巡りの一つ
○弘源寺
西行法師ゆかりの井戸がある。
○鳥羽離宮西行寺跡(さいぎょうじあと)
 西行法師が、出家前に北面武士として鳥羽法皇に仕えていた頃の邸宅跡といわれる。江戸時代に庵室(西行寺)が建てられ、境内には月見池や剃髪堂があった。
○二尊院 西行法師庵の跡
西行が、出家後、仏道修行と和歌三昧の生活を送り、二尊院門前近くにも庵を結んだとされる。門前に、庵跡を示す石標が立てられている。
「我がものと 秋の梢を思うかな 小倉の里に家居せしよ里」
○勝持寺
 西行法師が、出家して庵を結んだといわれる。西行姿見ノ池がある。鐘楼の傍に、西行が植えたゆかりの八重桜「西行桜(さいぎょうさくら)」がある。
不動堂の前に、西行が剃髪に用いたものといわれる光沢がある鏡石(かがみいし)がある。
○青蓮院
西行ゆかりの宮城野の萩がある。
○鹿ヶ谷
 後白河法皇の側近で法勝寺執行の地位にあった俊寛僧都の山荘があったところで、藤原成親・西行らにより平家打倒の密議が行われたところ。

46年前の今日、長嶋茂雄引退試合。

2020-10-14
巨人軍は永久に不滅ですと挨拶した日

摂政の宮という時代

2020-10-14
大正10年には、20歳になった皇太子裕仁親王(昭和天皇)が摂政の宮となった。
Facebook佐々木信雄さんの投稿
1912年(明治45年/大正元年)、明治天皇の崩御を受けて践祚し「大正」と改元。3年後の1915年(大正4年)に京都御所で即位の礼を行う。しかしその後、生れながらの病弱にくわえ、天皇としての公務による過労・心労が体調の悪化をもたらし、大正10年には、20歳になった皇太子裕仁親王(昭和天皇)が摂政の宮として、実質の公務を代替することになった。

訃報 筒美京平

2020-10-14
「もしもし私 誰だか分かる?」これは薬師丸ひろ子さんが夜中に、松本隆先生へ 電話した時の台詞だとか
Facebook永井由紀夫さんの投稿より
あなたをもっと知りたくて
作詞松本隆 作曲筒美京平
歌の中に入る
「もしもし私 誰だか分かる?」これは薬師丸ひろ子さんが夜中に、松本隆先生へ
電話した時の台詞だとか
スマホなんかない時代 待ち合わせは喫茶店が重宝されました
また伝言板  伝言板で思い出すのが俺たちの旅笑
そして毎回最後にテロップに写し出される 人生訓

この人(縁の下の力持ち的存在・・・)

56年前の都電のいる風景 1964(昭和39)年の夏

2020-10-27
Facebook永井由紀夫さんの投稿
センチュリー・クラウン・セドリック・グロリア・ブルーバードetc

ロイヤルファッション♡

2020-10-23
品格とエレガントを 象徴する美智子様の 皇太子妃時代
Facebook永井由紀夫さんの投稿

ゴジラ誕生

2020-10-23
東宝特撮映画を撮った本多猪四郎本編監督と、特撮の神様と呼ばれた円谷英二特撮監督のコンビで始められた
Facebook佐々木信雄さんの投稿

(「ゴジラ」誕生)

○11.3 東宝映画「ゴジラ」が封切られる。以後、怪獣モスラ、ラドンなど怪獣映画が一世を風靡する。

 

 この年、米国によるビキニ環礁の核実験と第五福竜丸の被爆という事件があり、そこから着想を得て製作された第1作『ゴジラ』は、“水爆大怪獣映画”というサブタイトルが付けられている(ポスター写真参照)。実際、海底深く住んでいた太古の怪獣が、水爆実験で安住の地から追い出され現れたという設定とされた。

 

 体長50メートルと設定されたゴジラは、東京湾から品川方面に上陸し、新橋から銀座に向かい、銀座和光ビルの時計台や国会議事堂を破壊し、上野、浅草から隅田川に至り、勝鬨橋から東京湾に消えてゆく。精密に作られたミニチュアセットを踏みにじりながら、ゴジラは東京名所めぐりのようなコースをたどる。いまだ東京タワーも新幹線もなく、ゴジラは特徴ある和光ビルや議事堂の建物を毀し、東海道線の電車を食いちぎって暴れた。

 

 数々の「ゴジラ」の制作は、戦後初の特撮怪獣映画で、様々な未経験の困難に遭遇する。欧米では「キングコング」など人形アニメによる特撮が主流だったが、スケジュールの都合で着ぐるみ方式を採るしかなかった。最初のゴジラの着ぐるみは100キロ近い重さで、大部屋役者でスタントも手掛けていた中島春雄が最初のゴジラ俳優に選ばれた。中島は動物園などでゴジラの歩き方を工夫し、のちのテレビ特撮映画「ウルトラQ」や「ウルトラマン」などでも怪獣を演じている。

 

 初代『ゴジラ』は、観客動員数961万人を記録する空前の大ヒットとなった。この成功を受けすぐに続編が準備され、翌1955年第2作『ゴジラの逆襲』が公開された。前回東京で暴れたゴジラは、今回は紀伊水道を遡り大阪に上陸する。そしてゴジラと同時代に生息した凶暴な肉食恐竜「アンギラス」もゴジラを追い、大阪の街を破壊し尽くし大阪城を舞台に世紀の対決を行う。この「怪獣同士の対決」は、以後のゴジラ映画の基本フォーマットとなり、次作ではアメリカからキングコングを迎え『キングコング対ゴジラ』という夢の対決が演じられる。

 

 この『ゴジラの逆襲』は、小学校に入学したばかりの私も観ている。父の友人グループの家族同伴リクレーションの帰り、映画館に直行して観ることになる。真っ暗な館内でのゴジラの迫力で、危うく失禁しそうになった記憶がある。北極海にゴジラを追い込む場面だったと思うが、放射能の火を吐いて暴れくるうゴジラを指さして、防衛隊の誰かが「北極海の氷が融けて海水面が上がり、日本が海中に沈む!」というシーンがあった。数年後、中学校の理科実験で、「コップに浮かべた氷が融けても水面は上がらない」ということを知った。あれは映画用のウソだったのか(笑)

 

*この年

朝鮮特需による好景気が終わる/電気洗濯機・冷蔵庫・白黒テレビ(or掃除機)が「三種の神器」となる/ヘップバーン・カット大流行/東映娯楽映画シリーズで中村(萬家)錦之助・東千代之介などのアイドル誕生

【事物】短波放送/パートタイマー/ラジオの深夜放送

【流行語】死の灰/スポンサー/水爆マグロ/ロマンスグレー

【歌】お富さん(春日八郎)/岸壁の母(菊池章子)/原爆許すまじ

【映画】七人の侍(黒沢明)/二十四の瞳(木下恵介)/ローマの休日(米)

【本】伊藤整「女性に関する12章」/三島由紀夫「潮騒」/ローゼンバーグ夫妻「愛は死を越えて」

平安の御代

2020-10-22
立役者は、桓武帝でした。
Facebook平野めぐみさんの投稿
今日は 「 平安遷都の日」です。
794(延暦13)年のこの日、桓武天皇が長岡京から山背国葛野郡宇太村の新京に移った。「平安京」と命名されたのは、その年の11月8日でした。
平安遷都1100年を記念して1895(明治28)年に創建された平安神宮の例祭・時代祭はこの日に開催されます。

曲軒は、実は直軒でした。

2020-10-22
最期の作品は、こちらでした。
ちょっとだけですが・・・。
「人間とはふしぎなものだ」と主水正が云った、「悪人と善人とに分けることができれば、そして或る人間たちのすることが、善であるか悪意から出たものであるかはっきりすれば、それに対処することはさしてむずかしくはない、だが人間は善と悪を同時に持っているものだ、善意だけの人間もないし、悪意だけの人間もない、人間は不道徳なことも考えると同時に神聖なことも考えることができる、そこにむずかしさとたのもしさがあるんだ」(下、135~136ページ)
TOPへ戻る