本文へ移動

闘いの歴史

データベース

Facebook 闘諍堅固

2021-04-09
とうじょう‐けんご 【闘諍堅固】 〘名〙 仏語。
五種ある堅固のうちの第五。または、五五百年(ごごひゃくねん)の一つ。仏滅後第五の五百年で、諸僧が互に自説の優位を主張し、争うことが多く、邪見のみにて仏法が姿をかくしてしまう時をいう。

「全戦没者追弔法会」の和讃

2021-04-04
Facebookしんらん響流館さん曰く
1987年から「戦没者追弔会」に「全」と仏法の「法」という文字を加えて「全戦没者追弔法会」と名称を改め勤められています。

闘いの記録

【5,500億円の新型エアフォースワン】デザインを一新!? 空飛ぶホワイトハウス "VC-25B"

2021-04-11
アメリカ合衆国大統領専用機エアフォースワン
ボーイング747-8インターコンチネンタルをベース機に開発中の新型エアフォースワンVC-25B 伝統のデザインを一新し、新たな塗装に変更されるのか? 空飛ぶホワイトハウスとして様々な改造が施されるVC-25Bの総予算は5,500億円以上

海上自衛隊 "US-2飛行艇"の機内映像 in グアム (2020)

2021-04-11
2020年2月25日、グアム :海上自衛隊のUS-2飛行艇によるコープ・ノース20共同救助演習中のデモンストレーション飛行。
コープ・ノース20演習は、主にグアム・アンダーセン空軍基地で行われる、米空軍、米海軍、米海兵隊、日本航空自衛隊、オーストラリア空軍による3ヶ国合同演習です。 今年は初めて海上自衛隊が新明和US-2水陸両用機を持ち込んで人員救助訓練が行われました。

「密着!国産輸送機C-2」航空祭飛行展示機内・空撮シーン【本編DVD&BD&オンライン配信中】

2021-04-11
ドキュメンタリー「密着!国産輸送機C-2」より航空祭飛行展示の冒頭シーンを限定公開。
C-2輸送機の離陸から編隊飛行までを機内から撮影した映像です。手前に映るのはC-2輸送機初の女性パイロット。

ワシントンハウスです。

2021-04-11
東京のど真ん中にアメリカがあった時代がありました。

Fcebook 福田 晋也さん曰く


ワシントンハウスです。
東京のど真ん中にアメリカがあった時代がありました。
其処に住んでいた一人にジャニー喜多川さんがいました。
ジャニーさんは子供たちを集めて野球チームを作ります。
それが後のジャニーズになりました。

沖縄返還は嬉しいビッグ二ュースでしたよね。

2021-04-10
Facebook オオシロ ヒデナガさん曰く
車は右から左へ!

闘いの転機

◎怪獣「ゴジラ」誕生

2021-03-29
Facebook佐々木信雄さん曰く
*1954.12.6/ 左右社会党など野党共同で吉田内閣不信任案を提出、7日、吉田内閣が総辞職して長期政権に幕。10日、鳩山一郎内閣が成立する。
【20th Century Chronicle 1954年(s29)】
◎怪獣「ゴジラ」誕生
*1954.11.3/ 東宝映画「ゴジラ」が封切られる。以後、怪獣モスラ、ラドンなど怪獣映画が一世を風靡する。
 この年、米国によるビキニ環礁の核実験と第五福竜丸の被爆という事件があり、そこから着想を得て製作された第1作「ゴジラ」は、“水爆大怪獣映画”というサブタイトルが付けられている。実際には、海底深く冬眠していた太古の怪獣が、水爆実験で安住の地から追い出され現れたという設定だった。
 体長50メートルと想定されたゴジラは、東京湾から品川方面に上陸し、新橋から銀座に向かい、銀座和光ビルの時計台や国会議事堂を破壊し、上野、浅草から隅田川に至り、勝鬨橋から東京湾に消えてゆく。精密に作られたミニチュアセットを踏みにじりながら、ゴジラは東京名所めぐりのようなコースをたどる。いまだ東京タワーも新幹線もなく、ゴジラは特徴ある和光ビルや議事堂の建物を毀し、山の手線の電車を食いちぎって暴れた。
 数々の東宝特撮映画を撮った本多猪四郎本編監督と、特撮の神様と呼ばれた円谷英二特撮監督のコンビで始められた「ゴジラ」の制作は、戦後初の特撮怪獣映画で、様々な未経験の困難に遭遇する。欧米では「キングコング」など人形アニメによる特撮が主流だったが、スケジュールの都合で着ぐるみ方式を採用した。最初のゴジラの着ぐるみは100キロ近い重さで、大部屋役者でスタントも手掛けていた中島春雄が最初のゴジラ俳優に選ばれた。中島は動物園などでゴジラの歩き方を工夫し、のちのテレビ特撮映画「ウルトラQ」や「ウルトラマン」などでも怪獣を演じている。
 初代「ゴジラ」は、観客動員数961万人を記録する空前の大ヒットとなった。この成功を受けすぐに続編が準備され、翌1955(s30)年、第2作「ゴジラの逆襲」が公開された。前回東京で暴れたゴジラは、今回は紀伊水道を遡り大阪に上陸する。そしてゴジラと同時代に生息した凶暴な肉食恐竜「アンギラス」もゴジラを追い、大阪の街を破壊し尽くし、大阪城を舞台に世紀の対決を行う。この「怪獣同士の対決」は、以後のゴジラ映画の基本フォーマットとなり、次作ではアメリカからキングコングを迎え「キングコング対ゴジラ」という夢の対決が演じられる。
 この「ゴジラの逆襲」は、小学校に入学したばかりの私も観ている。父の友人グループの家族同伴リクレーションの帰り、映画館に直行して観ることになる。真っ暗な館内でのゴジラの迫力で、危うく失禁しそうになった記憶がある。北極海にゴジラを追い込む場面だったと思うが、放射能の火を吐いて暴れくるうゴジラを指さして、防衛隊の誰かが「北極の氷が融けて海水面が上がり、日本が海中に沈む!」というシーンがあった。数年後、中学校の理科実験で、「コップに浮かべた氷が融けても水面は上がらない」ということを知った。あれは映画用のウソだったのだろうか。
(この年の出来事)
*1954.1.2/ 皇居の一般参賀で、二重橋上で群衆が折り重なって倒れ、16人が死亡、65人が重軽傷を負う。(二重橋事故)
*1954.4.21/ 犬養健法相が、検事総長へ指揮権を発動して、造船汚職容疑の佐藤栄作自由党幹事長への逮捕請求を阻止する。
*1954.12.6/ 左右社会党など野党共同で吉田内閣不信任案を提出、7日、吉田内閣が総辞職して長期政権に幕。10日、鳩山一郎内閣が成立する。

俳優 宝田明氏 「戦後70年 語る・問う」(29) 2015.8.6

2021-03-28
Akira Takarada, Actor 
満州(現中国東北部)で育ち、引き揚げ経験がある俳優の宝田明さんが、満州での経験や戦後の歩みなどについて語り、記者の質問に答えた。

 司会 川村晃司 日本記者クラブ企画委員(テレビ朝日)
 http://www.jnpc.or.jp/activities/news...
 記者による会見リポート(日本記者クラブ会報2015年9月号に掲載) 「戦争は憎悪しか生まない」 81歳にもかかわらず、相変わらずのダンディー。壇上の宝田明氏は往年の二枚目俳優のオーラを放っている。
「ゴジラ」の主役をはじめとする銀幕のスター、そして華やかなミュージカルの舞台でライトを浴びて歌い踊るエンターテイナーのイメージは健在だ。
その宝田氏の「憎悪」という感情に翻弄された自らの戦争体験の話は衝撃的だった。
 満州鉄道の技師だった父と共に旧満州のハルビンに移り住んだ宝田氏が小学5年生で迎えた終戦。
そして、日ソ中立条約を一方的に破って満州に侵攻したソ連軍によって生活を一変させられた。
ソ連兵の略奪、凌辱、惨殺を目の当たりにし、自身も腹部に銃撃された経験は、今でもロシアという国に対する憎悪の元になっていると語る。
「戦争とはそういうもの。憎悪しか生まない」 また、兄が戦争によって人生を狂わされたことも、宝田氏の安保法制をめぐる今の政治状況に対する強い姿勢に通ずる。
「憲法9条は死守しなければならない。戦争は絶対してはならない」と強調する宝田氏に、「歴史を語り継ぐ」姿勢が感じられた。 

日本BS放送報道局プロデューサー 三舟 小文

銀座四丁目、服部時計店周辺です。

2021-03-28
1945年の頃です。

帝都繁華街

2021-03-28
Facebook永井由紀夫さん曰く、昭和13年(1938年)の東京・数寄屋橋付近
1945年2月、何もかも、焼き尽くされました。

◎山本五十六司令長官の搭乗機撃墜

2021-03-25
Facebook佐々木信雄さん曰く
6月5日、日比谷公園で国葬がとり行われた。皇族、華族ではない平民が国葬にされたのは、これが戦前の唯一の例であった。
【20th Century Chronicle 1943年(s18)】
◎山本五十六司令長官の搭乗機撃墜
*1943.4.18/ 山本五十六連合艦隊司令長官が、ブーゲンビル島上空で搭乗機を撃墜され戦死する。
 1943(昭18)年3月中旬、ガダルカナル島から撤退を余儀なくされた日本軍は、ソロモンおよび東部ニューギニア方面への連合軍の反攻企図を妨ぐべく、連合艦隊独自の立案で「い号作戦」を実施した。第3艦隊母艦機を南東方面に展開し、ラバウル基地の基地航空部隊との連動で、ソロモンや東部ニューギニアの敵船団・航空兵力を攻撃し、敵の戦線を攪乱する目的で実行された。
 ミッドウェー、ガダルカナルの敗戦でかなり憔悴していたと言われる山本五十六長官は、「い号作戦」を直々に立案したとされ、この時、トラック島に泊留の連合艦隊旗艦「武蔵」を離れ、「い号作戦」を陣頭指揮するため、幕僚をしたがえてラバウル基地に来ていた。それまで、はるか北方のトラック島の旗艦の戦艦大和や武蔵の艦上で、好きな幹部と将棋やトランプにうち興じていて、「大和ホテル」「武蔵屋御殿」などと揶揄する声もあったという。
 山本は、ブーゲンビル島、ショートランド島の前線航空基地の将兵の労をねぎらうための計画をたて、幕僚とともにラバウル基地を飛び立った。この方面は日本海軍の制空権下にあり安全とされていたが、前線視察計画は関係方面に打電され、その暗号電文は米軍に傍受され解読されていた。この情報は、米海軍のチェスター・ニミッツ太平洋艦隊司令長官にまで報告され、ニミッツは、山本長官が暗殺に足りうる人物か検証したが、山本の戦死が日本の士気が大きく低下させ得るとの報告があり、山本機攻撃を決断したという。
 1943(昭18)年4月18日、山本機がブーゲンビル島上空に差し掛かった時、米機16機に待伏せされ撃墜され、山本長官は戦死する。山本長官の撃墜は「海軍甲事件」と称して1ヵ月以上伏せられた。5月21日、大本営により公表されると新聞は連日報道を行い、日本国民は大きな衝撃を受けた。6月5日、日比谷公園で国葬がとり行われた。皇族、華族ではない平民が国葬にされたのは、これが戦前の唯一の例であった。
 山本五十六は、日米開戦に最後まで反対し、やむを得ず開戦になると、真珠湾攻撃を立案し、開戦直後の快進撃を支えた名将としてうたわれる。坂本龍馬が司馬遼太郎の小説で描かれたように、山本五十六も阿川弘之などの作品で人物像が形成されている側面がある。しかし、その指揮官や作戦立案の能力には、否定的な見解も多くみられ、将軍としてよりも軍政官としての適性を指摘する同僚もいたようである。
(この年の出来事)
*1943.1.31/ 独ソ戦のスターリングラード攻防で、ついに独軍が降伏する。
*1943.2.1/ ガダルカナル島から日本軍が撤退を始めるが、大本営発表はこれを「転進」と表現する。
*1943.9.8/ イタリアのバドリオ政権が、連合軍に無条件降伏する。
*1943.11.22/ ルーズベルト・チャーチル・蒋介石が、エジプトのカイロで会談、対日方針を定めた「カイロ宣言」を発表する。
TOPへ戻る