本文へ移動

闘いの歴史

データベース

「あの感触は…」米兵の生体解剖事件、70年以上消えぬ苦しみ

2021-09-05

太平洋戦争末期 九州帝国大学医学部で行われたアメリカ兵の捕虜に対する生体解剖事件。その現場に立ち会った故・東野利夫医師(享年95)が語った事件の真相とはー

戦時の九大生体解剖事件の証言者、東野利夫

2021-09-05
<九大生体解剖事件>「戦争は人を狂わす」

戦争医学の汚辱にふれて ――生体解剖事件始末記―― 平光吾一

2021-09-05

「しかたなかったと言うてはいかんのです」

2021-09-05

「生体解剖事件」戦犯となった医師の悔い

2021-09-05
拡大 晩年の鳥巣太郎さん(熊野以素さん提供)

1945年5~6月、九州帝国大医学部で、熊本、大分両県境に墜落し捕虜となった米軍機B29搭乗員8人に、外科医らが西部軍立ち会いの下で実験手術を施し、全員を死亡させた。片肺を切除しても生きられるか、海水は代用血液として有効か、などの確認が目的だったとされる。執刀した外科教授は独房で自殺。48年の横浜軍事裁判で軍関係者9人と九大関係者14人が絞首刑や終身刑などの有罪判決を受けた。50年に恩赦で減刑され、死刑になった者はいない

闘いの記録 (戦争と人間)

昭和17年(1942年) [日系人強制収容所]米国ワイオミング州、 彩色でなくカラーフィルム写真

2021-11-26
Facebook 手塚健二さん曰く、お盆を迎え盆踊りの着物の女性
昭和24年(1949年) 神奈川県三崎町 [正月 晴れ着の少女たち]
アメリカ人 駐留者の撮影

「被爆者・坪井直さんのメッセージ▽家族が語った最期の言葉

2021-11-15
クローズアップ現代+
長年、核兵器廃絶を訴えてきた坪井直さんが先月、96歳で亡くなった。爆心地から1.2キロで被爆。40日間生死をさまよい、目覚めたとき口にしたのは、アメリカへの憎しみだった。しかし、5年前、オバマ大統領が広島を訪れた際には、「我々は未来に行かにゃいけん」と前向きな言葉を語りかけた。憎しみをどう乗り越え、どんな未来を見ていたのか。NHKの独自映像と、家族や薫陶を受けた若者たちへの取材から、一人の被爆者が、未来に遺そうとしたメッセージを伝える。

91歳 「オバマと会った被爆者」が伝えた思い

2016年、坪井さん91歳のとき。アメリカのオバマ大統領(当時)が、現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪問。坪井さんは被爆者代表として、その場に参列しました。

原爆を投下した国・アメリカの大統領に、被爆者代表は何を語るのか。謝罪を求めるのか否か。世界中のメディアが注目する中、坪井さんはオバマ大統領の手を取り、笑みを浮かべながら語りました。


「被爆者の坪井直と申します。被爆者としては、そのこと(原爆投下)は人類の間違ったことの一つ。それを乗り越えて、我々は未来に行かにゃいけん。オバマさんがプラハで言った、『核兵器のない世界』、私たちも行きますよ」

核兵器廃絶へ「ネバーギブアップ」

原爆によって多くの命が失われてから、76年。坪井さんは自らも度重なる病で生死の境をさまよい、アメリカへの憎しみを抱えて生きてきました。それでも、憎しみを乗り越えて理性で「核兵器廃絶」を訴え続けました。そして貧血による不整脈のため、96歳で亡くなりました。

その功績は、世界で評価されています。

長崎です。

2021-11-14
『読売新聞』、2021.11.14朝刊

◎明治六年政変/征韓論政変

2021-11-13
Facebook 佐々木信雄さん曰く
【19th Century Chronicle 1873(m6)年】-3
◎明治六年政変/征韓論政変
*1873.10.23/ 明治天皇が、岩倉具視の奏上をいれて、西郷隆盛の朝鮮派遣中止を決定する。西郷は、参議・近衛都督を辞任する。これをうけて、副島種臣・後藤象二郎・板垣退助・江藤新平の各参議も辞表提出。(明治六年政変/征韓論政変)
 「明治六年政変」(1873年)は、征韓論に端を発した一大政変であり「征韓論政変」とも言われる。征韓論の対立に関しては「岩倉使節団」(1871年)で触れたが、単純化すれば、征韓論を推進した西郷ら「留守政府派」に対して、帰還した大久保・木戸らの「使節団派」が中止させたということになる。
 ロシア・清の潜在的脅威をふまえて、防波堤として押さえておきたい朝鮮を従属させようという「征韓論」に対して、近代化を為し遂げた欧米を視察した使節団は、その前に国力を充実させるべきだと対立した、というのが教科書的な説明になるが、これだけでは何か腑に落ちないものが残る。
 西郷隆盛は必ずしも武力による征韓論ではなく、自らが全権大使となって訪韓するという「遣韓論」であって、直接派兵派の板垣退助、江藤新平らも最終的にこれに同意し、一旦は西郷の使節派遣に決まった。しかし、帰国した大久保利通らはこれに反対し、結局は岩倉具視に諮って覆してしまった。
 派遣中止決定会議の当日、西郷は参議を辞任、同調した板垣、後藤、江藤、副島の参議も翌24日に辞表を提出し、参議半数の5人が下野した。さらに、西郷に同調する薩摩出身者らを始め、政府高官・官吏、将校・軍人など約600名が辞職帰郷する事態に発展、まさに政府・官僚を真っ二つに割る大政変となった。
 この政変で下野し帰郷した要人らに率いられて、佐賀の乱(江藤新平)、萩の乱(前原一誠)、西南戦争(西郷隆盛)など一連の「不平士族の乱」が引き起こされることになり、それらが完全鎮圧され武力による反乱不可能となると、今度は言論による「自由民権運動」(板垣退助ら)へと、政府批判の運動が継がれていった。
 大久保利通の反対論には、表に出ない要因や感情的な反発などもあっただろうが、朝鮮半島問題よりも先に片付けるべき外交案件が多数存在するという主張には一理があった。まずは内政を充実させることが優先し、その上で、清との琉球帰属問題、ロシアとの樺太、千島列島の領有権問題、イギリスとの小笠原諸島領有権問題、不平等条約改正など、明治新政府が片付けていかねばならない国際問題は山積していたのである。
一方で、留守政府を仕切った西郷隆盛は、強兵で国力を高めることが第一と考えていたことは間違いない。その過程で、徴兵制が施行されたあとの旧藩士の処遇に頭を痛めていたことと考えられる。そのような士族の一種の失業対策として、朝鮮半島へ向けるという考えもあったのであろう。
 西郷は幕末・維新の節々で重要な役割を果たしたが、いったん事が落ち着くとすぐに身を引いたりしており、一貫して内政実務を遂行したという印象が薄い。軍政には長じていても、内政実務は苦手だったのではないだろうか。薩摩藩の藩政改革に携わるうちに、幕府は駄目だと見切るに至り倒幕に踏み切ったが、必ずしも、明瞭な近代国家像を思い描いていたわけではなかったと思われる。 
 そのため内政の判断においては「情」に流されることも多く、勝海舟との江戸無血開城談義は、むしろそれが良い方向に働いた例、一方で征韓論では、下級士族への情的配慮が先行したのではなかっただろうか。かくして下野して薩摩に戻ると、不平士族に取り巻かれて、やがて西南戦争へと引き込まれることとなった。
 征韓論問題とは、はたして時の政府を二分してしまうほどの緊喫な課題であったかどうか。その裏には、使節外遊派と留守政府派との対立が基調にあり、さらに旧藩閥間の勢力争いなどもうごめいていた。留守政府では、西郷のもとで、後藤象二郎・江藤新平・大木喬任が参議に新任され、薩摩に加えて佐賀、土佐出身者の重用が目立ちだした。
 それに対して長州派は、山縣有朋や井上馨が汚職問題に絡んで要職を辞任することになり、留守政府での立場を弱めていたため、外遊から帰国した伊藤博文たちは、大久保と西郷を対立させるなどの工作を行った。なかでも司法卿江藤新平は、疑獄に絡んだ山縣や井上を厳しく追及し、辞任に追い込んだ宿敵と見なされた。
 江藤新平は、いち早く三権分立(特に司法の自立)と議会制を基本とした君主国家を構想し、郡県制(廃藩置県)により中央集権を図り、封建的身分制度を排して四民平等を称えるなど、英仏を範とする法制度を中心にした法治国家を目指した。それゆえ、情実で利権を貪る薩長藩閥高官などには、厳しい方針で対したため、敵も多くかかえた。
 行政権を掌握して、プロイセン風の強権的近代化を推進する大久保利通とも、対立するようになっていたが、その時に征韓論問題が起こった。留守政府の一員として、征韓論には賛成派となったが、これは大久保、伊藤など反対派による、江藤追い落としの格好の材料となった。このように、「征韓論政変」の裏側では、さまざまな力学が働いていたと考えられる。
 江藤新平は下野すると、板垣・後藤らが主導した「民撰議院設立建白書」に署名したあと、佐賀に帰郷する。佐賀で不平士族らに担がれて、最初の大規模不平士族の反乱と言われる「佐賀の乱」を引き起こすも、大久保利通内務卿の手配のもと、政府軍部隊によって鎮圧され、捕縛された江藤は「梟首刑(晒し首)」とされた。
 江戸時代の刑罰で、当時の規定には無い「梟首刑」は大久保の指示で、反乱の見せしめとして、即断実行された。皮肉にも、江藤が目指した司法による公平な裁判でなく、旧制度のもとで極刑に処せられたのであった。
『明治六年政変』(毛利敏彦著/中公新書/1979)
(追補)
 征韓論政変は、外交問題での対立というより、岩倉使節団外遊中に、江藤新平、後藤象二郎、板垣退助ら、肥前・土佐藩勢力が増して、一方、山縣有朋が汚職で追い落とされたり、内政重視派の大蔵大輔井上馨が孤立するなどで、勢力が下降した長州藩勢力第2世代の伊藤博文らが、江藤・板垣ら肥前・土佐勢追い落としに仕掛けた内政クーデターだと思われる。
 江藤・板垣らが下野して反政府勢力となるのは織り込み済みだったが、西郷までもが政府を去るのには、さすがの大久保利通も驚いただろう。西郷は、ごたごたした新政府の内政は苦手で、維新後の自分の役割は済んだとも認識していただろうし、引き際をうかがっていたので、この機会に降りることにしたのだろうと思われる。

「石山合戦関係図」(『新修大阪市史第2巻』掲載の図を元に作成)

2021-11-13
Facebook 八軒家かいわいマガジンさん曰く
天正六年(1578)十一月六日:毛利水軍、木津沖で信長配下の九鬼嘉隆の水軍に敗れる(大阪市史編纂所)
「石山合戦関係図」(『新修大阪市史第2巻』掲載の図を元に作成)
織田信長と摂津国石山本願寺に拠る本願寺第 11世顕如との間で元亀1 (1570) 年から天正8 (80) 年までの 11年間にわたって続けられた合戦。室町時代中期以降,浄土真宗 (一向宗) 教団の伸張は著しく,一向一揆は,領主,守護大名などに対する戦いを広範囲に展開した。本願寺第 10世証如は,第8世蓮如の建立した石山道場を同宗の本寺とし,寺域を広げ,防備を固め,門前に新興商工業者を集め,やがて同寺は一大領主勢力に発展した。浅井,朝倉両氏を討って全国統一を目指す織田信長は元亀1年,本願寺打倒に立上がり,本願寺はその興廃をかけて全国門徒を対信長戦に駆りたてた。以来,天正8年3月,顕如が信長と和して本願寺を信長に渡し,同年4月,紀伊雑賀 (さいが) に退くまで合戦は続けられた。この間,信長は一向宗門徒を近江,長島,雑賀に討ち,浅井,朝倉両氏を滅ぼし,武田氏を長篠に討ち,さらに伊勢に北畠氏を滅ぼし,一方,中国征伐の軍を起すなど,本願寺を孤立させていった。石山本願寺の降伏は,信長の畿内および周辺に対する政権の確立を意味する(百科事典マイペディア「石山合戦」)。

闘いの転機(戦いの前と後)

AIRPOWER 2016 - Full Messerschmitt Me 262 Flying Display.

2021-09-20
www.flugmuseum-messerschmitt.com Messerschmitt Me 262 Flying Display at the Airpower 2016 in Zeltweg Austria.

「最高の年」が過ぎ去ったとき–航空機の「墓場」

2021-09-18
2018年6月6日 Matthew Gaskill、ゲスト著者
引退したB-52爆撃機

第二次世界大戦の終結から1年余り後の1946年11月、RKOピクチャーズとサミュエルゴールドウィンは、1947年のアカデミー賞で7つのオスカーを受賞した映画「我等の生涯最良の年」を公開しました。


あなたがそれを見たことがないなら、あなたはそうすべきです。知らない人のために、それは3人の帰国した退役軍人と彼らが民間人の生活に戻るのに直面した困難の物語です。俳優の一人、ハロルド・ラッセルはこれまで演技をしたことがありませんでしたが、戦争で両手を失ったホーマー・パリッシュを演じて、オスカー最優秀助演男優賞を受賞しました。

大井はそれを返す:ソ連が1951年にアメリカのF-86セイバージェットを盗んだ方法

2021-09-18

朝鮮戦争中(1950年から1953年)、アメリカとその同盟国は韓国に味方し、ロシアと中国は北朝鮮に味方した。彼らの多くの武器の中で、米国は北米のF-86セイバー(セイバージェットとも呼ばれる)を持ち、北朝鮮はロシアのMIG-15を使用しました。したがって、双方は相手の飛行機について知りたがっていました。ソ連がセイバーを盗むことに決めたのはそのためです。


アメリカは1949年に第1戦闘航空団の第94戦闘飛行隊の飛行隊の一部としてF-86を使用し始めました。彼らのスイープウィングのデザインは、彼らがトランジック速度(時速600 t0 768マイルで音速を超える)を達成することを可能にし、彼らのまっすぐな翼を持つ相手がほこりに咳を残しました。

したがって、彼らはすぐに朝鮮戦争で使用された主な空対空戦闘機になりましたが、F-80やF-84のようなまっすぐな翼を持つジェット機の以前のモデルはまだ使用されていました。これは、ソ連が自分のミコヤン・グレビッチMiG-15ジェット戦闘機でセイバーに応答した1950年11月1日に変更されました。

ドイツ空軍自滅ミッション:ボーデンプラッテ作戦 – 1945年1月1日

2021-09-17
2018年4月6日コリン・フレイザー、ゲスト著者

ドイツ空軍にとって、第二次世界大戦は1945年1月1日に終わり、同盟国の空中優位に対する最後の必死の試みで終わりました。この日の後、西部と東部の戦線がベルリンに崩壊したため、ドイツの空は次の数ヶ月ですぐに失われました。


ボーデンプラッテ作戦は、アルデンヌ攻勢、またはバルジの戦い(1944年12月16日-1945年1月25日)を支持して連合軍の空軍力を損なうように設計されましたが、悪い冬の天候は最初の利用可能な日、1月1日まで操作を押し戻しました。

ボーデンプラッテ作戦のような効果的で大量の空爆のために天候が十分に改善された頃には、アルデンヌ攻勢は西側連合国によって停滞していました。そこで、このドイツ空軍の攻撃はノースウィンド作戦を支援するために変更されました。

この巨大な潜水艦工場は、

2021-09-17
2018年1月7日シャハン・ラッセル、ゲスト著者

エーリッヒ・フリードリヒ・マイケル・ラックナーは、前世紀の最も影響力のあるエンジニアの一人と考えられています。彼は革新的なタイプのコンクリート構造を開発し、世界中の多くのプロジェクトを担当しました。彼の遺産は、インロス・ラックナーAG建設会社、エリック・ラックナー財団、エリック・ラックナー賞に残っています。


しかし、Lacknerは名声を得る別の主張を持っています。彼はドイツのバレンティン潜水艦工場の現場の監督エンジニアでした。大規模な施設では、わずか20ヶ月で10,000人から12,000人の奴隷労働者が建設されました。これらの労働者は母国から連れて行かれ、現場で働くことを余儀なくされました。何千人もの人々が過大暴露、栄養失調、要約処刑で死亡したが、決して完了しなかった。

建設は1943年にレクムのブレーメン郊外のヴェーザー川沿いに始まりました。ナチスはすでにフランスのブレストにはるかに大きなUボート基地を持っていましたが、工場ではありませんでした。戦争に勝つためには、ドイツはイギリスを取り出す必要があった - アメリカ人が戦争に入るまで海上で唯一の脅威。

真宗大谷派の取り組みについて

闘うということ

2021-09-21
Tora! Tora! Tora! : Yamamoto Isoroku's Anxieties
Tora! Tora! Tora! : Japanese Navy decided to attack Pearl Harbor


Tora! Tora! Tora! : Simulation Training



Movie Title : Pearl Harbor (2001)
 Director       : Michael Bay Writer          : Randall Wallace 
This Movie Clip has been edited and does not contain full scenes.

春の法要 2日目

2021-04-03
記念講演の様子
HP東本願寺 2021年4月2日 更新
法要に引き続き、真城義麿氏(四国教区善照寺住職)による記念講演が映像配信にて行われました。
「親鸞聖人は、「善悪のふたつ総じてもって存知せざるなり」というところで、私たちには本当の善はわからない、本当の正義もわからない。あるいはわかったとしても、教えの中にそういうものを見つけたとしても、それに背いてしか生きることができないというあり方を見つめていかれた。」「私たち誰もが目指すべき目的地は、「浄土」という名前で、はっきりと示されている。その浄土が鏡となって、私たちが、共に生きるということに背いて生きておるのかということが、そこに映ってくるということでありましょう。私たちが、さまざまな出来事から教えていただき、気づかせていただき、振り返り、「自分が申し訳なかった」ということを謝罪し、懺悔するということがどこから出てくるのかということを問いたずねる法会になれば」と話されました。


Midway (2019) The Battle of Midway



【Battle of Midway: USN Attacks】
https://youtu.be/JzFr-uNTXxc

A scene from the 2011 film Isoroku Yamamoto: C-in-C of the Combined Fleet, depicting the decisive American naval aviation attack on three of Nagumo's aircraft carriers that were central to the Japanese attack plan: Akagi, Kaga and Soryuu, on the fateful Battle of Midway on the 4th of June 1942.

ミッドウェイの戦況

2020-06-05

ー日本軍のミッドウェー海域進出ー
昭和17年5月27日(海軍記念日)、南雲忠一海軍中将率いる第一航空戰隊(赤城、加賀)、第二航空戰隊(飛龍、蒼龍)を中心とする第一航空艦隊(通称、南雲機動艦隊)が廣島湾柱島から厳重な無線封止を実施しつつ出撃した。
主力部隊他も2日後に同島を出撃している。
三和義勇(聯合艦隊作戰参謀)は『今は唯よき敵に逢はしめ給えと神に祈るのみ。敵は豪州近海に兵力を集中せる疑あり。かくては大決戰は出来ず。我はこれを恐れる』『長官から兵にいたるまで誰一人として勝利についていささかの疑問をいだく者はいない。戰わずして敵に勝つの概ありと言うべきか』と日記にしたためている。
宇垣は米軍の無線交信が増えたことを気にして『日本軍輸送船團が察知されたのではないか』と疑ったがそれ以上の手を打つことはなく、戰後日記を分析した千早正隆は「これ以上なく悔やまれる」と述べている。
5月28日、ミッドウェー島占領部隊輸送船團が水上機母艦「千歳」、駆逐艦「親潮」、「黒潮」と共にサイパンを出航した。
海軍陸戰隊(太田実海軍少将)と設營部隊、陸軍からは一木清直陸軍大佐率いる陸軍一木支隊が乗船していた。船團は第二水雷戦隊(旗艦 軽巡洋艦神通)他に護衛され、北上した。
作戰では日本側の事前索敵計画として6月2日までに2個潜水戰隊をもって哨戒線を構築する予定だった。
しかし、担當する第六艦隊(潜水戰隊で構成された艦隊)で長距離哨戒任務に適した3個潜水戰隊の内、第二潜水戰隊は印度洋での通商破壊戦後の整備中、第八潜水戦隊は豪州・阿弗利加での作戰任務中、第一潜水戰隊は北方作戰に充てられる事になった為どれも作戰には投入できなかった。
このため、「海大型」で構成される第三・五潜水戰隊が担當する事になったが五潜戰は日本からクェゼリンへの回航途上で(第六艦隊に作戰が通知された5月19日時点)予定期日に間に合うのは不可能、三潜戦も所属の潜水艦の内3隻が第2次K作戦に充てられた為、両隊あわせて9隻の潜水艦が予定配置についたのは6月4日になってしまった。
特に第16任務部隊が6月2日に五潜戦の担當海域を通過しており本作戰における大きな禍根になった。
次に予定されていたのは第二十四航空戰隊によるミッドウェー周辺への航空索敵である。
しかし二式大艇によるウェーク島を経由した索敵計画だったがウェーク環礁が二式大艇を運用するには浅すぎた為、経由地がウォッゼ環礁に変更された為ミッドウェー全海域の索敵が出来ず、更にパイロットの技量不足で夜間着水が出来ず薄暮までにウォッゼ環礁に歸還する必要があったので肝心な北方海域哨戒(5月31日)短縮された為、結局米艦隊を發見する事は出来なかった。
仮に予定通り北方海域を哨戒していたら米艦隊を発見できた確率は非常に高かった。
最後に計画され、聯合艦隊が最も重視した第2次K作戰は、オアフ島西北西480海里にあるフレンチフリゲート礁で潜水艦の補給を受けた二十四航戰の二式大艇によるオアフ島の航空索敵である。
第1次は3月に実施し、さらに二式大艇による布哇空襲時にもフレンチフリゲート礁は使用された。
しかし、米軍は日本軍の作戰を暗號解読で察知すると、海域一帯に警戒艦艇を配置して封鎖した。
潜入した伊123は「見込み無し」という報告を送った。
これを受け第十一航空艦隊は5月31日21時23分に作戦中止を二十四航戰に指示した。
この作戰も、もし実施されていたらオアフ島には米空母がいないことが判明し、以後の作戰が大きく変わった可能性が高かった。さらに南雲機動部隊にも作戰中止を聯絡しなかった。
6月3日午後、南雲機動部隊に追従する主力部隊旗艦「大和」に乗り込んだ聯合艦隊司令部敵信班はミッドウェー島付近で敵空母をらしい呼び出し符號を傍受した。
聯合艦隊首席参謀黒島亀人によれば、4日頃に大本營の知らせか傍受かでミッドウェーに機動部隊ががいる兆候をつかみ、山本が一航艦に知らせるかと聞いたが、黒島は、無線封止の優先、一航艦が搭載機の半数を反撃に備えていること、機動部隊も兆候をつかんだであろうことから、知らせないように具申したとして自分の失敗であると話している。
聯合艦隊参謀佐々木彰によれば、4日に通信呼出符號を傍受したという。
回虫から来る腹痛に悩まされていた山本だが、直ちに南雲機動部隊に通報するよう参謀に伝えた。
だが「無線封鎖を破れば敵に位置を知られる」「南雲機動部隊の方が近く同じく傍受したはず」という判断から見送られた。
しかし南雲機動部隊は傍受しておらず、予定通りに作戰を続けた。
この件を取材した亀井宏によれば、黒島参謀を含めて聯合艦隊、軍令部、第六艦隊、全員の証言が一致しなかったという。
土井美二(第八戰隊首席参謀)は、草鹿龍之介参謀長が「空母はマストが低くて敵信傍受が期待できない。怪しい徴候をつかんだらくれぐれも頼む」と出撃前に何度も確認していたと証言し、草鹿の回顧録にも同様の記述がある。
日本時間6月3日午前10時30分、南雲機動部隊は深い霧の中で混乱し、旗艦「赤城」は「飛龍」、「蒼龍」、「榛名」、「霧島」の艦影を見失った。
「飛龍」と「霧島」は衝突しかけたため、司令部では無電を使用するかどうか議論があったが、長波無電を使用して艦隊の針路を定めた。
無線の使用により米軍が南雲部隊の行動を察知したという批判が日本側にあるが、米軍側にこの通信を傍受した記録はない。
6月4日午前3時37分、南雲部隊は補給隊と駆逐艦「秋雲」を分離した。
午前10時25分、南雲司令部は各艦に「敵情に応じ行動に変更あるやも知れず」とし、制空隊の集合や収容に注意するよう通達を出している。
午後4時30分、「赤城」と「利根」が米軍機らしき機影を發見すると、「赤城」から3機の零戰が發進して迎撃に向かった。
南雲部隊は、誤認の可能性が高いと判断している。
午後11時30分、「赤城」は雲間に米軍機を発見して総員を戰斗配置につけたが、その後は平穏に過ぎた。
「赤城」では日本軍輸送船團が爆撃を受けたことを知り、また米軍索敵機を撃墜できなかったことでミッドウェー基地に對する奇襲効果が失われたことを悟ったが、米空母に関しては無警戒であった。

ー米軍の哨戒と日本軍輸送船團攻撃ー
米軍は5月30日以降、ミッドウェー島基地航空隊の32機のPBYカタリナ飛行艇による哨戒が行われていた。
6月2日、フランク・J・フレッチャー少将の第17任務部隊とレイモンド・スプルーアンス少将の第16任務部隊がミッドウェー島の北東で合流。
この合流した機動部隊の指揮はフレッチャー少将がとることになった。
6月3日(09:00)、カタリナ飛行艇1機(ジャック・リード少尉機)が日本軍輸送船団と護衛の第二水雷戰隊を發見する。
(12:30)、ミッドウェー島から第7陸軍航空部隊分遣隊のB-17爆撃機9機(指揮官:ウォルター・スウィーニー中佐)が發進、攻撃に向った。
日本時間6月4日午後1時(16:23)、船團を發見したB-17部隊は爆撃を開始し、戰艦、空母、輸送船など、多数の艦艇撃破を報告した。
実際は輸送船「あるぜんちな丸」「霧島丸」が至近弾を受けたのみで損害も無かった。
(21:30)、オアフ島より増援されたPBYカタリナ飛行艇4機(指揮官:チャールズ・ヒッパード中尉)に魚雷を積んだ雷撃隊が出撃する。(現地時間6月4日01:15)レーダーで船團を發見(1:43)し、雷撃を開始した。
夜間だった事で完全な奇襲になり、輸送船「清澄丸」が機銃掃射され、「あけぼの丸」に1本が命中し戰死者11名が出たが、両船とも航行に支障はなかった。
この時、船團を護衛すべき第七戰隊(栗田健男少将)の重巡洋艦4隻(熊野、鈴谷、三隈、最上)は船團を見失って離れた地点にいた。
これは栗田のミスというより、田中頼三少将(船團指揮官・第二水雷戰隊司令官)の判断により、輸送船團が予定航路から北100浬地点を航行していたからである。
ミッドウェー基地からの艦隊發見の報を受け、太平洋艦隊司令部は、B-17が攻撃した艦隊は敵主力機動部隊にあらずと判断し、第16・17両任務部隊に日本軍機動部隊と間違えて攻撃に向わないよう緊急電を打った。
フレッチャー司令官も同じ判断を下し、行動を行わなかった。
午後4時50分(19:50)には予想迎撃地点に向けて南西に進路を変更している。
この段階では、フレッチャーとスプルーアンスも南雲機動部隊の位置を把握していなかった。

ー日本軍のミッドウェー島空襲ー
ミッドウェー作戰では、二つの時間が存在する。
米軍はミッドウェー島と同じ西経日付を使用し、さらに米軍機動部隊は日付帯時間に10時間を加えているので、ミッドウェー時間より2時間遅れている。
日本軍は東経日付を使用し、さらに東京時間を使用している。
従って日本軍各艦各隊の戦闘詳報も東京時間であり、ミッドウェー時間とは21時間異なる。
ここから(00:00)内を現地ミッドウェー時間とし、戰斗詳報に記載された東京時間を「午前/午後○○時○○分」で併記する。
「軍艦加賀戰斗詳報」によれば、日の出は日本時間6月5日午前2時、日没は午後4時頃、南雲機動部隊上空の天候は曇り、雲量8、雲高500から1000であった。
日本時間6月5日(現地時間6月4日1:30)、米空母では航空機搭乗員に朝食が出され、その後出撃待機となり命令を待った。
一時間後、搭乗員整列が下令、艦長や航空群司令からの指示や注意事項が通達された。
日本時間午前1時15分(4:15)、ミッドウェー基地からPBY飛行艇による哨戒隊、15分後には第17任務部隊の空母ヨークタウンからSBD ドーントレス爆撃機からなる偵察隊が航空偵察に出撃した。
ウォリィ・ショート大尉の隊は日本軍水上偵察機1機と交戰したと報告した。
この時点で南雲機動部隊は、ヨークタウンから西方200浬を航行している。
日本時間6月5日午前1時30分(4:30)、南雲機動部隊はミッドウェー空襲隊(友永丈市大尉指揮:零式艦上戰斗機36機、九九式艦上爆撃機36機、九七式艦上攻撃機36機、合計108機)を發進させた。
本来ならば淵田中佐が総指揮官として出撃するはずだったが、淵田は虫垂炎による手術を行ったばかりなので出撃できない。
源田実航空参謀も風邪により熱を出していた。
日本軍は「敵空母を基幹とする有力部隊附近海面に大挙行動と推定せず」という方針の元に攻撃を開始する。
近藤中将の攻略部隊(第二艦隊)がミッドウェー島に上陸する日は6月7日と決定されており、南雲機動部隊はそれまでにミッドウェー基地の戰斗力を奪わなければならなかった。
奇襲の成立が前提にあり、空襲の攻撃主目標は地上・上空の飛行機、副目標が滑走路、航空施設、防空陣地であった。
源田実参謀によれば、滑走路が副目標であるのは支那事変の戰訓から長期間使用不能にすることが困難であるから、また、艦爆が対空砲火による被害が大きいことも支那事變でわかっていたが命中率の良さから採用し、800キロ爆弾は開戰後の経験から陸上攻撃に大きな効果があることが分かっていたため採用したという。
各空母からの発艦機数は、「赤城」から零戰9機、九九艦爆18機、「加賀」から零戰9機、九九艦爆18機、「蒼龍」から零戰9機、艦攻18機(800kg爆弾装備)、「飛龍」から零戰9機、艦攻18機である。
このうち、飛龍艦攻1機(赤松作 飛特少尉)が故障で引き返している。
空母に残った戰力は、零戰36(各艦9)、艦爆36(飛龍18、蒼龍18)、艦攻41(赤城17、加賀26)であった。
一航戰の艦攻には航空機用魚雷が装着され、各空母格納庫で待機。
二航戦はセイロン沖海戰の戰訓を踏まえ陸上攻撃・艦船攻撃どちらでも對応できるようにする為未装備状態とした。
また偵察機として空母「赤城」 、「加賀」から九七式艦攻各1機、重巡洋艦「利根」、「筑摩」から零式水上偵察機各2機、戰艦「榛名」から九五式水上偵察機が發進した。
索敵機の發進は日の出の30分前、午前1時30分と定められてい。
だが第八戰隊司令官阿部弘毅少将の判断で「利根」は對潜哨戒につく九五式水上偵察機の發艦が優先された。
このため筑摩機は(04:35)午前1時35分(第5索敵線)、(04:38)午前1時38分(第6索敵線)に零式水上偵察機が発進、(04:50)午前1時50分に對潜哨戒機發進。
「利根」は(04:38)午前1時38分に對潜哨戒機、(04:42)午前1時42分(第3索敵線)、(05:00)午前2時(第4索敵線)にそれぞれ水偵が發進した。
戰斗詳報には「利根、筑摩とも出発著しく遅延す」「筑摩6號機は天候不良のため午前3時35分に引き返せり」という記載がある。
筑摩の遅れは、機長兼飛行長の黒田信大尉によれば、待機していたが艦長から發艦命令がなかったので催促したという。
艦長の古村啓蔵によれば、發艦が遅れた理由は思い出せないが催促されて判断し發艦させたという。
利根の遅れは、通信参謀矢島源太郎と飛行長武田春雄によれば、射出機の故障は記憶になく、大きく遅れた感じはなかったという。
第八戰隊首席参謀土井美二中佐によれば、なにか滑走車のピンが抜けた入らないで騒いでいた気がするという。
最後に各空母より零戰1個小隊3機が直掩のため出撃した。
このうち、「加賀」の零戰1機が故障のために飛び立てず合計11機となる。
そして南雲艦隊は針路を再びミッドウェー島に向け進撃を開始した。
午前2時20分(05:20)、南雲長官より「敵情に変化なければ第二次攻撃は第四編成(指揮官加賀飛行隊長)をもって本日実施予定」という信號が送られた。
これは米艦隊が出現しない事が明確になった時点で兵装を對地用に変更し、ミッドウェーを再空襲する事を予令として通知したものである。
仮に第二次攻撃隊が出撃すると、南雲機動部隊に残された航空兵力は各空母零戰3機となるはずだった。
午前2時15分(05:15)ごろ、アディ大尉が操縦するPBYカタリナ飛行艇は日本軍零式水上偵察機 (利根4號機)を發見する。
近くに日本艦隊がいると判断した大尉は付近を捜索した結果、15分後に南雲部隊を発見して「日本空母1、ミッドウェーの320度、150浬」と平文で報告した。
日本側もPBY飛行艇を發見し、警戒隊の軽巡洋艦「長良」から、続けて戰艦「霧島」から敵機發見の煙幕があがった。
南雲機動部隊は直掩零戰隊を發進させはじめたが、米軍飛行艇は雲を利用して回避しつつ接触を続け、零戰隊はとうとうアディ大尉のPBY飛行艇を撃墜できなかった。
午前2時40分(05:40)、アディ大尉機と同じ針路を遅れて飛んでいたチェイス大尉のPBY飛行艇もミッドウェー空襲隊を發見・報告した。
米軍偵察機が南雲部隊発見を通報した無電はミッドウェー基地や南雲部隊などには傍受されたが、第16・17任務部隊には混線したため内容が把握できなかった。
両部隊が内容を把握できたのはPBYからの続報を元にして、(06:03)にミッドウェー基地が打電した平文の緊急電を傍受してからである。
この平文電報は「赤城」でも傍受している。
空襲が予想されるミッドウェー基地では午前3時(06:00)に迎撃の戰斗機26機(バッファロー20、ワイルドキャット6機)が出撃し、続いてTBFアベンジャー雷撃機6機、B-26マローダー爆撃機4機、 SB2Uビンジゲーター急降下爆撃機12機、SBDドーントレス急降下爆撃機16機という混成攻撃隊が南雲部隊へ向けて發進した。
基地には予備のSB2U 5機及びSBD 3機が残された。
午前4時7分(06:07)、ミッドウェー基地経由で日本軍空母發見の報告を受けたフレッチャー少将は直ちに行動を開始すると「エンタープライズ」のスプルーアンスに対して攻撃を命令した。
米海軍の3空母は直ちに出撃準備を開始、スプルーアンスは「エンタープライズ」と「ホーネット」の攻撃隊發進を午前4時(07:00)と指定した。
午前3時16分(06:16)、ミッドウェー基地上空の米軍戰斗機隊は接近する艦攻・艦爆・戰斗機隊の順で進撃する日本軍攻撃隊(友永隊)107機を發見する。
戰斗はカタリナ飛行艇の吊光弾投下と米軍機の奇襲で始まり、先頭の友永隊長機を始め艦攻多数が火に包まれ、直後に零戰隊が逆襲に転じて空中戰となった。
約15分の空中戰は日本側の勝利に終わる。
迎撃したF2Aブリュースター・バッファロー戰斗機20機のうち13機が撃墜され、F4Fワイルドキャット戰斗機6機のうち2機が撃墜され、歸還したバッファロー5機、ワイルドキャット2機が使用不能となった。
米軍の妨害を排除した日本軍攻撃隊は午前3時30分(06:30)から午前4時10分(07:10)にかけて空襲を実施した。
映像撮影のため派遣されていた映画監督のジョン・フォードなどが見守る中、重油タンクや水上機格納庫、戰斗指揮所、發電所、一部の對空砲臺を破壊し基地施設に打撃を与えたが、滑走路の損傷は小さく、死傷者も20名と少なかった。
九九艦爆の搭乗員は、飛行機のない滑走路を爆撃して虚しい思いをしたと回想している。
日本軍攻撃隊は、米軍戰斗機41機撃墜確実・9機不確実を主張し、艦攻5機、艦爆1機、零戰2機を失った。
残る機も相當数が被弾しており、艦攻16、艦爆4、戰斗機12(修理不能2)が損傷した。
友永大尉機も被弾によって無線機が使用不能となり、小型黒板を通じて二番機に中継代行をさせている。
米軍側は空中戰で日本軍機40-50機を撃墜・地上砲火で10機撃墜を主張し、バッファロー13機、ワイルドキャット2機を失い、残る戰斗機も被弾して出撃可能機は2機となった。
また、歸途につく艦攻隊に最初の空戰で海面に不時着した艦航隊第二中隊長機菊池六郎中隊長以下3名がゴム筏の上でマフラーを振っているのが發見され非常食が投下されたがその後の戰況のため救助されることはなかった。
攻撃の成果が不十分と判断した友永大尉は午前4時(07:00)、南雲機動部隊に對し『カワ・カワ・カワ(第二次攻撃の要あり)』と打電して第一次攻撃隊の攻撃は不十分であることを伝えた。
2ヶ月前のセイロン沖海戰と全く同じ展開である。
ミッドウェー基地攻撃中の午前3時49分(06:49)、筑摩4號機が天候不良のため引き返すと報告(受信午前3時55分)。
午前5時55分、利根1號機から「敵15機わが艦隊に向け移動中」という報告を受け、更に零戰6機を直掩に加えた。
米軍側記録によれば、「ヨークタウン」から發進した10機の索敵機である。
同じく四空母に分乗している第六航空隊の零戰21機を使用できるよう準備を指示している。直掩隊は弾薬と燃料補給のため頻繁に着艦・交替を繰り返したため、飛行甲板に艦攻や艦爆を並べることが出来なかった。

ー日本軍の兵装転換と米軍基地航空隊の空襲ー
日本軍空襲隊(友永隊)がミッドウェー島を攻撃していたころ、南雲機動部隊は「0400に至り敵第一次攻撃あり、その後0730頃迄殆ど連続執拗なる敵機の襲撃を受ける」というように米軍機の継続的な空襲に悩まされていた。
午前4時5分(07:05)、重巡洋艦「利根」は米軍重爆撃機10機を發見する。
米軍攻撃隊の正体は、ミッドウェー基地から發進したTBF アベンジャー雷撃機6機(フィバリング大尉)と、爆弾のかわりに魚雷を抱えたB-26マローダー双發爆撃機4機(コリンズ大尉)だった。
シマード大佐(ミッドウェー司令官)が友永隊の迎撃に全戰斗機を投入してしまったため、彼らは戰斗機の護衛なしに進撃してきたのである。
「赤城」と「利根」が發砲し、直掩の零戰10機が迎撃する。
アベンジャー6機のうち3機は直掩機により撃墜され、残り2機も投下後に撃墜、アーネスト中尉機だけが生還した。
空母「赤城」は米軍の魚雷を全て回避した。
被害は機銃掃射で「赤城」三番高角砲が旋回不能(30分後に修理完了)、砲員に負傷者が出たほか、両舷送信用空中線が使用不能となり、「赤城」(旗艦)の通信能力に支障が生じた。
「赤城」を狙ったB-26隊は魚雷2-3本命中を主張しているが、実際には回避されている。
B-26は2機が撃墜され、生還した2機もひどく損傷して放棄された。
ミッドウェー基地から發進した米軍陸上機による空襲は、同島の基地戰力が健在である証拠であった。
友永隊の報告をふまえ、南雲司令官はミッドウェー島基地への再空襲を決定する。近藤信竹中将の率いるミッドウェー攻略部隊(第二艦隊)が6月7日に上陸を開始する前に、米軍基地航空戰力を壊滅させる必要に迫られたからである。
午前4時15分(07:15)、南雲司令部は艦攻に魚雷を装備していた第一航空戰隊(赤城、加賀)に對し、『本日航空機による攻撃を実施する為第二次攻撃隊を編成せよ。兵装は爆装に転換』と通知した。
搭載する九七艦攻のほとんどがミッドウェー空襲隊に加わり、九九式艦上爆撃機しか残っていない第二航空戰隊(飛龍、蒼龍)に対しては、爆装せず待機が命じられた。
米側の二航戰の資料によれば、雷装から爆装へ転換し終わるにはかなり時間がかかるため、後から未装備の艦爆を爆装させ始めても間に合う事と、歸投する空襲隊の収容をしなければならなかった為である。
海戰前に「飛龍」で行われた実験では、魚雷から爆弾への転換に1時間半から2時間かかっていた。
燃料補給と弾薬補給を求める直掩戦闘機が着艦するため飛行甲板を開けねばならず、兵装転換作業は各空母格納庫で行われた。
その頃、亜米利加海軍第17任務部隊の指揮官フレッチャー少将は、ミッドウェー基地航空隊の活躍によって南雲機動部隊の位置をほぼ特定することに成功し、攻撃するタイミングを窺っていた。
午前3時7分(06:07)、フレッチャーはスプルーアンスに「南西に進み、敵空母を確認せば、それを攻撃せよ」と命じ、これを受けたスプルーアンス少将は午前4時(07:00)過ぎに攻撃隊發進を命令、第16任務部隊は次からなる117機の攻撃隊を發進させた。
空母「エンタープライズ」
F4F戰斗機10機(VF-6、指揮官:ジェームズ・グレイ大尉)SBD爆撃機33機(指揮官:第6航空群司令クラレンス・マクラスキー少佐、VB-6、指揮官:リチャード・ベスト大尉、VS-6、指揮官:ウィルマー・ギャラハー大尉)TBD雷撃機14機(VT-6、指揮官:ユージン・リンゼー少佐)空母「ホーネット」
F4F戰斗機10機(VF-8、指揮官:サミュエル・ミッチェル少佐)SBD爆撃機35機(VB-8、指揮官:ロバート・ジョンソン少佐、VS-8、指揮官:ウォルター・ローディ少佐)TBD雷撃機15機(VT-8、指揮官:ジョン・ウォルドロン少佐)
しかし、午前4時28分(7:28)に日本軍の偵察機が艦隊上空に現れたことから、まだ日本側には空母を發見されていなかった上、發艦した飛行隊を小出しにすることは戰術としては非常にまずいにもかかわらず、敢えてスプルーアンスは發進を終えた飛行隊から攻撃に向かわせるように指示した。
艦をあげての全力攻撃で、全機を飛行甲板に並べて一度に發進させることができなかったのである。
結果的に、このスプルーアンスの決断が勝因の一つになる。
また、日本軍の空母4隻すべての所在を確認した第17任務部隊(フレッチャー少将)も、警戒のために出していた偵察機(當日はヨークタウンが警戒担當)の収容を終えた後の午前5時30分(8:30)に、次からなる35機の攻撃隊を發進させた。
空母「ヨークタウン」
F4F戰斗機6機(VF-3、指揮官:ジョン・サッチ少佐)SBD爆撃機17機(VB-3、指揮官:マクスウェル・レスリー少佐)TBD雷撃機12機(VT-3、指揮官:ランス・マッセイ少佐)
「ヨークタウン」は(09:05)に攻撃隊を發進させると、すぐにウォリー・ショート大尉のSBD爆撃機17機(VS-5)、戰斗機6を甲板に並べ、發進準備を行った。
また潜水艦「ノーチラス」は日本戰艦を雷撃したあと、午前6時10分(09:10)に「敵巡洋艦(駆逐艦「嵐」)を雷撃するも命中せず、爆雷6發で攻撃される」と日誌に記録したが、誰にも報告しなかっ。
午前4時28分(7:28)、利根4號機(機長は偵察員の甘利洋司 一等飛行兵曹、操縦員は鴨池源 一等飛行兵、電信員は内山博 一等飛行兵)は「赤城」の南雲機動部隊司令部に對し、『敵らしきもの10隻見ゆ、ミッドウェーより方位10度、240浬 (南雲機動部隊から200浬)』と發信した。
ところが、位置報告がずれており、実際の米艦隊の位置は160km北に偏移している。
新規に搭載した機體であったため、コンパスの自差修正ができず、コンパスに10度のずれがあった為とされる。
約10分後に受信した南雲部隊は、午前4時45分(7:45)、魚雷から陸用爆弾への兵装転換を一時中断した。
これについて草鹿参謀長は午前5時ちょうどに利根4號機報告を知ったと著作で述べているが、「赤城」の通信記録とは矛盾している。
予期せぬ米艦隊發見報告に、南雲司令部は興奮した。
一方で特に動揺もなく平静だったという証言もある。
午前4時47分、南雲司令部は「艦種を確かめ触接せよ」と利根4號機に命令した(これについて日本軍戰斗詳報とミッドウェー時間は約21時間ずれているので、ミッドウェー現地時間6月4日午前8時は日本軍記録6月5日午前5時となり、両軍の戰斗レポート(戦闘詳報)に記入された日付時刻が異なることは、ミッドウェー海戰の研究を混乱させることがある)。
なお利根4號機が米艦隊の位置を報告する前、筑摩1號機(機長:黒田信大尉/筑摩飛行長)が米軍機動部隊上空を通過していたが、雲が低かったため米艦隊を發見できなかった。
利根4號機からの返信を待つ南雲機動部隊に、新たな米軍航空隊が接近していた。日本時間午前4時53分(現地時間7:53)、戰艦「霧島」から敵機發見を意味する煙幕が展開され、ヘンダーソン少佐が指揮するミッドウェー基地の亜米利加海兵隊所属SBD ドーントレス爆撃機16機が艦隊上空に到達した。
午前4時55分(7:55)、同隊は日本軍直掩機(零戰)の迎撃を受けヘンダーソン機以下6機が撃墜され、なおも空母「飛龍」と「蒼龍」を空襲するも命中弾を得られず、ヘンダーソン隊長機を含む合計8機を失った。
ヘンダーソン戰死後に攻撃隊を率いたエルマー・G・グリデン大尉は、航行する日本空母の甲板に日の丸が描かれており容易に見分けられたと述べている。
米軍側は「飛龍」に命中弾2、「加賀」に命中弾3を主張しているが、命中した爆弾は1發もない。
米軍機の攻撃は続いた。
午前5時10分(8:10)、B-17爆撃機17機(スウィニー中佐)による空襲が行われ、「赤城」、「蒼龍」、「飛龍」が狙われたが、損害は無かった。
攻撃したB-17隊も無傷だったが、空母に直撃弾1、不確実1發を主張している。
1機のB-17乗組員達は基地に戻ると、彼らの爆撃が日本艦隊を撃破したと主張した。
最後に海兵隊のSB2Uビンディケーター爆撃機11機(ノリス少佐)による空襲が行われた。
この隊は零戰の防御網をくぐりぬけて空母を狙うのは困難と判断し、戰艦「榛名」を狙った。
直掩機の迎撃で1機を失い、2機が燃料切れで不時着、直撃弾2発を主張したが、「榛名」は無傷だった。
日本軍の戰斗詳報は「0510:赤城、飛竜ニ爆弾命中スルヲ認ム(誤認)」、「敵飛行機、蒼竜(原文ママ)ニ急降下、利根(水偵)揚収」、「加賀後方ニ爆弾投下命中セズ」、「赤城左120及500mニ爆弾2個弾着スルヲ認ム」、「利根左100及4000mに爆弾投下、蒼竜飛竜、盛ニ發砲、蒼竜周囲ニ猛烈爆弾投下」、「赤城後方ニ爆弾投下、命中セズ」、「敵飛行機10機、榛名ニ對シ急降下、爆弾投下命中セズ」など、断続的に空襲を受けていることを記録している。
ニミッツ提督は「ミッドウェー基地隊は日本軍艦艇10隻に損傷を与え、1-2隻を沈めたかもれないが阻止に失敗し、基地隊主戰力は失われた」とキング大将に報告した。
この後、ミッドウェー基地航空隊はSB2U 5機、SBD 6機で夜間攻撃に出撃したが会敵せず、SB2U 1機を事故で喪失した。

ー米軍機動部隊發見と2度目の兵装転換ー
日本時間午前5時から午前5時30分(08:00から08:30)にかけて、ミッドウェー基地を攻撃した日本軍攻撃隊(友永隊)が南雲部隊上空に戻ってきた。
ちょうど米軍ミッドウェー基地航空隊が南雲機動部隊を攻撃している最中であり、日本軍攻撃隊は母艦上空での待機を余儀なくされている。
「赤城」からは、護衛の駆逐艦が友永隊を誤射する光景が見られ、後に着艦した千早大尉(赤城艦爆隊)と山田大尉(赤城艦戰隊)は友軍に激怒している。
混乱した状況下、南雲は利根4號機に對し「敵艦隊の艦種知らせ」と命じた。
すると午前5時20分ごろ、『敵兵力は巡洋艦5隻、駆逐艦5隻(0509發信)』という報告があった。
この段階での南雲司令部は、米軍空母が存在するという確証を持っていない。
しかし、午前5時30分(08:30)、『敵はその後方に空母らしきもの一隻を伴う。ミッドウェー島より方位8度、250浬(発午前5時20分)』との打電が入った。
この空母は「ホーネット」である。
偵察機からの通信は、母艦側の受信と暗号解読により10分の差が生じている。
草鹿龍之介参謀長は「予想していなかったわけではないが、さすがに愕然とした」と述べている。
南雲司令部は米艦隊の正確な情報を知る必要にせまられた。
午前5時30分(08:30)、第二航空戦隊(飛龍、蒼龍)は二次攻撃に備え250kg爆弾を揚弾する。
同時刻、南雲は山口に對し、空母「蒼龍」に2機だけ配備されていた試作高速偵察機十三試艦上爆撃機(艦上爆撃機彗星の試作機)の投入を命じ、同機はただちに發進した。
この偵察機の最高速度は約519km/h、巡航速度約426km/h。
利根4號機などの零式水上偵察機は最高速度367km/h、米軍主力戰斗機F4Fワイルドキャットの最高速度は514km/hである。
十三試艦爆は当時の米軍戰斗機の追撃を受けても十分退避可能であり、正確な情報を持ち歸ることができた。
午前5時30分(08:30)、偵察に出發した十三試艦爆と入れ替わるように蒼龍攻撃隊が歸還した。
この時第二航空戰隊(飛龍、蒼龍)を率いていた山口多聞少将は、あらゆることを放棄して、すなわち護衛戰斗機もつけられるだけ、爆弾も陸用爆弾で、かつ一切の人情を放棄して直ちに第二次攻撃隊を発進させることを駆逐艦「野分」を中継して『直ちに攻撃隊發進の要ありと認む』と進言した。
J・パーシャルやA・タリーの調査では、この直前のB-17の空襲で撮影された「蒼龍」と「飛龍」の上空写真には飛行甲板に航空機は並んでおらず、実際は攻撃隊の準備は出来ていないとしているが、彼らは山口の進言を「飛行甲板上に並べてある攻撃隊だけでも直ちに發艦させよ」と誤訳している。
山口の進言の意図は「兵装転換を行わずに攻撃隊の發進を急げ」であると供に、上述の通り、燃料補給と弾薬補給を求める直掩戰斗機が着艦するため飛行甲板を開けねばならいため、兵装転換作業や攻撃隊の準備は各空母格納庫で行われており、飛行甲板上の状態を見て攻撃隊の準備状況を見極めようとしたパーシャルとタリーの調査は的外れである。
草加参謀長、源田航空参謀ら當事者より「艦爆機だけならすぐ發進させることはできた」(草加参謀長)等の証言があり、この進言時点で第二次攻撃隊の出撃は可能であった。
ただ偵察機の報告によれば米軍機動部隊までの距離はまだ遠い(実際の米軍機動部隊はもっと近くにいた)のと兵装転換自體、午前4時15分の転換開始から午前4時45分の一時中止まで30分しかたっておらず、殆どしていなかった。
これについて淵田美津雄は敵艦隊發見報告時点で、第二次攻撃隊・九七艦攻の魚雷から陸用爆弾への転換がほぼ終わっていたと述べているが、実際は「赤城」で6機、「加賀」で9機が済んでいただけだった。
南雲司令部は幾つかの條件を検討した。
1.九七艦攻への陸用爆弾から魚雷への転換は、もともと陸用爆弾に換装した機が少なく、短時間で終わる。水平爆撃の命中率は悪く、急降下爆撃でも敵空母に致命傷を与えることは困難である。
2.第二航空戰隊(飛龍、蒼龍)の九九艦爆の爆装は短時間で行える。
3.上空待機中の日本軍ミッドウェー基地空襲隊(約100機)の燃料が尽き掛けており、これ以上待たせる事は出来ない。
貴重な機体と200名以上の熟練搭乗員を危険にさらすことは大問題である。
4.敵艦隊攻撃隊を護衛する零戰が、南雲部隊を守るために殆ど發進しており、一度着艦して補給する必要がある。
弾薬と燃料を使い果たした零戰隊を護衛につけても意味がない。
5.戰斗機の護衛のない攻撃隊は、艦隊護衛戦闘機の餌食になることを珊瑚海海戰や米軍ミッドウェー基地航空隊が実証している。
南雲にとって、大損害を受けることがわかっていながら「はだか」の航空隊を出すことは出来ない。
南雲司令部は、戰斗機の護衛をつけずに攻撃隊を出す危険性や第一次攻撃隊を見捨てることへの懸念から、歸還した第一次攻撃隊の収容を優先すべきと考える。
南雲は山口の進言を却下。
南雲は米機動部隊艦隊から攻撃を受ける前に兵装転換を行い、日本軍攻撃隊は發進可能と判断した。
午前5時37分(8:37)、各空母は日本軍ミッドウェー基地攻撃隊の収容を開始する。
午前5時55分(08:55)、「(第一次攻撃隊)収容終らば一旦北に向ひ敵機動部隊を捕捉撃滅せんとす」と命じた。
同時刻、重巡洋艦「筑摩」から「水上偵察機、午前6時30分(09:30)發進予定」との報告がある。
南雲には、第一航空戰隊(赤城・加賀)の艦攻(雷装)は午前7時30分發進可能との報告、第二航空戰隊(飛龍、蒼龍)は午前7時30分から午前8時に發進可能との報告があっ。
午前5時45分(08:45)、「更に巡洋艦らしきもの2隻を見ゆ(発信午前5時30分)」という利根4號機からの追加情報が入る。
攻撃隊収容中の午前5時48分(08:48)、利根4號機から歸投するという電報が届いた。
阿部少将は第八戰隊(利根、筑摩)に交代の偵察機発進を命じると、利根4號機に「歸投まて」を命じた。
零式水上偵察機の航続距離は通常10時間であるため、まだ十分飛べると考えたためである。
南雲も午前5時54分に無線方位測定で位置を把握する為の長波輻射を利根4號機に命じた。
だが利根4號機は午前5時55分(8:55)に「敵攻撃機10機貴方に向かう」の通報のみを行い、輻射は行わなかった。
後方の戰艦「大和」で南雲機動部隊からの電報を受信していた山本五十六以下聯合艦隊司令部は、予期せぬ米軍機動部隊が出現した事にたいして慌てなかった。
宇垣纏参謀長は司令部の雰囲気が「さては敵の機動部隊の激撃なる、よき敵御座んなれ、第二次攻撃は速に之に指向に、先づ敵空母を屠り、残敵を如何に処分すべきかと楽観的気分に在り」と述べている。
山本が黒島亀人先任参謀に「米艦隊への攻撃命令を出すか否か」を尋ねると、黒島は「南雲は兵力の半数を米空母機動部隊に対して準備しているから必要なし」と答え、聯合艦隊司令部は何も發信しなかった。

ー米軍艦載機の攻撃(雷撃)ー
第一次攻撃隊の収容は午前6時30分(9:30)までに完了したとされるが、「蒼龍」では午前6時50分頃までかかっている。
南雲は聯合艦隊(山本五十六長官)に米軍空母發見を知らせると、直ちに米空母攻撃へ向け準備を開始する。
この状況下、午前6時20分(9:20)頃にジョン・ウォルドロン少佐率いるホーネット雷撃隊TBD デバステイター雷撃機14機が日本の機動部隊上空に到達、日本側では「赤城」や「筑摩」が確認した。
この時点で南雲機動部隊の直掩機は18機に減少していたが、直ちに加賀5機、赤城3機が迎撃に上がる。
米軍攻撃隊は部隊毎に進撃したので連携が取れず、ホーネット雷撃隊は戰斗機の護衛の無いまま「赤城」を狙った。
一機の雷撃機は「赤城」の艦橋に接近して墜落し、草鹿参謀長は死を覚悟している。
デバステーター隊は零戰により全機が撃墜され、不時着水した機體から脱出したジョージ・ゲイ少尉1人を除く隊員29名が戦死した。
ゲイ機は「蒼龍」を雷撃して飛行甲板上を通過したが、魚雷は命中せず、直後に零戰に撃墜されたとされる。
戰斗後の名誉勲章推薦状には「ホーネット雷撃隊は日本空母に魚雷を命中させ、日本の空母に最初に大打撃を与えた」とあり、後にホーネット隊は他の部隊から恨みを買うことになる。
一方「ホーネット」の戰斗機隊と爆撃隊は雲で雷撃隊を見失い、南雲部隊も發見できなかった。
戰斗機隊とドーントレス13機はミッドウェー基地へ向ったが、燃料切れでワイルドキャット全機とドーントレス3機が不時着水、残りのドーントレス20機は「ホーネット」に歸艦した。
午前6時37分(09:37)、利根4號機から「燃料不足のため歸投する(發午前6時30分)」と連絡が入る。
阿部司令は午前7時(10:00)まで接触を維持することを命じたが「我れ出来ず」との返答を受け、歸還を許可した。
同時刻、利根4號機と交代すべく筑摩5號機が發進した。
午前7時(10:00)、「蒼龍」の十三試艦爆は索敵線上に米艦隊を発見できず、引き返した。
これは前述のように、利根4號機が報告した米艦隊の位置が100km以上ずれていた為である。
午前6時50分(09:50)、ユージン・リンゼー少佐率いるエンタープライズ雷撃隊14機が南雲部隊上空に到達した。
通信不良と聯携ミスにより10機のワイルドキャットはホーネット雷撃隊を護衛していたため、エンタープライズ雷撃隊を掩護できなかった。
エンタープライズ雷撃隊は「加賀」を目標にするが10機を失い、1機が帰還後投棄、零戰1機撃墜と引き換えに隊長を含む29名が戰死する。
その上、命中魚雷も得られなかった。
戰斗機隊の連携ミスで護衛を受けられず多くの隊員を失った事に生き残った隊員達は激怒し、歸還後に戰斗機隊隊員の控室に拳銃を持って怒鳴りこんだと同隊の戦闘詳報に記載されている。
一方で、零戰の攻撃に積極性が見られず、度重なる發進、戰斗、着艦の聯続で疲労がたまっていたという推測もなされている。
(10:10)、ランス・マッセイ少佐指揮のヨークタウン第3雷撃隊が南雲部隊上空に到達した。
「飛龍」は他の3空母より前方を進み、雲の下を航行していたという。
ヨークタウン雷撃隊12機は、突出した「飛龍」を挟撃すべく2個小隊(6機)にわかれると、攻撃を開始した。
その上空では、戰斗機隊指揮官ジョン・サッチ少佐によって、彼の發案した對零戰空戰戰術サッチウィーブが初めて試されようとしていた。
この時点でヨークタウン戰斗機隊は6機だけである。
雷撃隊全てを護衛できずTBDデバステーター10機が撃墜され、残りの2機も燃料切れで不時着水し全機損失、24名中21名(隊長含)が戰死、「飛龍」に魚雷5本を發射したが、全て回避された。だが15機の零戰に6機で挑み、損害1機に對し5機撃墜という米軍側記録はサッチ・ウィーブ戦法の有効性を証明し、米戰斗機隊隊員に自信を持たせたという。
一方プランゲは「サッチ戰法はあまり効果がなかった。主任務である雷撃隊の掩護に関する限り、戰斗機隊は何の役にも立たなかった」と評している。
生還した雷撃隊操縦者ハリイ・コールは、零戰24機に襲われたと証言している。
コールの証言によれば、この時点でほとんどの日本軍直掩機がヨークタウン隊戰斗機隊と雷撃機隊に集中し、低空で戰っていたことになる。
この時、同隊雷撃機隊員が駆逐艦「嵐」に救助され重大な情報を供述したが、それについては後述する。

ー米軍艦載機の攻撃(急降下爆撃)、日本軍三空母炎上ー
その頃、クラレンス・マクラスキー少佐率いるエンタープライズ艦爆隊SBDドーントレス32機は日本の機動部隊を見つけられず、燃料消耗のために飛行範囲限界を迎えつつ、予想海域の周辺を捜索していた。
マクラスキーは日本軍機動部隊が北方に退避すると推測し、変針しつつ捜索を続行する。
午前6時55分(09:55)、米軍潜水艦「ノーチラス」を攻撃したのち南雲機動部隊へ戻ろうとしている駆逐艦「嵐」を發見する。
エンタープライズ艦爆隊は「巡洋艦」と報告する。
「嵐」は午前6時30分に「敵潜水艦(注:ノーチラス)の雷撃を受け、直ちに爆雷攻撃するも効果不明」と報告していた。
ただし「嵐」の戰友會は、空襲直前の日本時間午前7時(10:00)の段階で、「嵐」は「赤城」直衛で傍を離れていなかったと主張している。
エンタープライズ艦爆隊は、眼下の日本軍駆逐艦(爆撃機隊は巡洋艦と判断)は空母部隊へ向かっているものと判断して北東進路上を索敵した結果、午前7時24分(10:24)頃、南雲機動部隊を發見した。
この間、ドーントレス1機が不時着、1機が行方不明となったので、エンタープライズ艦爆隊は30機となった。
日本時間午前7時22分(現地時間10:23)、マクスウェル・レスリー少佐率いるヨークタウン艦爆隊も戰場に到着する。
こうして南雲機動部隊への空襲は、エンタープライズ艦爆隊とヨークタウン艦爆隊の同時攻撃となった。
日本側は先ほどのヨークタウン雷撃隊に對応して直掩零戰のほとんどが低空に降りており、さらに見張り員も雷撃機の動向や發艦寸前の直掩機に気をとられていたため發見が遅れ、「敵、急降下!」と「加賀」見張り員が叫んだときにはすでに手遅れだった。
「被弾した時、各空母甲板上には發進準備を終えた戰斗機隊、雷撃機が整列しており、米軍の攻撃があと5分遅ければ全機發進できた」と草鹿龍之介や淵田美津雄は主張している。
これにより、いわゆる『運命の5分間』説が巷間に広まっているが、これは誤りである。
日米生存者の証言や戰斗詳報の調査によりこの時点で各空母は直掩機の發着艦を行っており、攻撃隊は飛行甲板に並んですらいなかった。
赤城雷撃隊の松田憲雄電信員は、ちょうど「第二次攻撃隊員整列」のアナウンスがあり、搭乗員達が出撃前にお茶を飲もうと一息ついた時だったと証言している。
先陣を切ったのはマクラスキー少佐のエンタープライズ艦爆隊で、「加賀」を狙った。
日本艦隊は急降下爆撃隊に気付かず、對空砲火も間にあわなかった。
午前7時22-24分(10:22-24)、マクラスキー少佐の率いる小隊の攻撃は至近弾だったが、続くギャラハー大尉機の投弾した4發目が飛行甲板後部に命中する。
続いて3發が短時間の内に命中した。
なお「加賀」を攻撃したのはレスリー少佐と部下のヨークタウン艦爆12機と主張する米國研究者もいる。
午前7時25分(10:24)、レスリー少佐のヨークタウン艦爆隊17機がエンタープライズ艦爆隊に続く形で「蒼龍」へ攻撃を開始する。「蒼龍」は艦爆12-13機と記録。
發艦直後のアクシデントでレスリー少佐を含む数機は爆弾を誤投下していたが、自ら先頭にたって「赤褐色の飛行甲板、右舷に小さな艦橋、その後方に直立煙突がある空母」へ機銃掃射をもって突入した。
2番機ホルムベルク大尉機の爆弾は「蒼龍」前部エレベーター前に命中して大爆發を起こし、大尉は發艦中の日本軍機が空中に跳ね飛ばされるのを見た。
ヨークタウン艦爆隊は直撃弾5發、至近弾3發を主張しているが、実際の命中弾は3發である。
後続のうち4機が目標を変更し、そばにいた艦艇を狙う。
命中弾はなかったが、駆逐艦「磯風」の後部に至近弾となった。
同時刻、エンタープライズ艦爆隊のうち、ベスト大尉率いる一隊は連携に失敗したため、4機のみで旗艦「赤城」を狙った。
「赤城」では直衛の零戰が着艦し、補給を行い、ふたたび發艦する瞬間だった。
午前7時26分(10:26)、直衛隊の零戰1機(木村惟雄 一等飛行兵曹)が「赤城」より發艦した時点で急降下がはじまる。
最初の1弾は左舷艦首約10mに外れたが(ベスト大尉は命中と主張)、続いて2発の爆弾が命中し、第二次攻撃隊準備機や爆弾・魚雷に誘爆して大火災が發生した。
命中したのは飛行甲板三番リフト前方に命中した1發だけという艦橋勤務信號兵や従軍カメラマンの証言もある。
發艦寸前だった零戰1機が爆風で赤城艦橋付近で逆立ちとなり、飛行甲板にいた淵田中佐も爆風により両足骨折の重傷を負った。
エンタープライズ隊はドーントレス14機を失った。
約6分間のできごとであったが大東亞戰爭のターニングポイントとなる6分間であった。
空母「加賀」では艦橋近くの命中弾と燃料車の爆發により艦橋が破壊され、中にいた岡田次作艦長以下指揮官らが戦死した。
午後1時23分(16:23)、艦長に代わって鎮火の指揮をとっていた天谷孝久飛行長が総員退去を決め、乗組員は駆逐艦「萩風」、「舞風」に移乗する。
なおも機を見て救出を行おうとしたが果たせず、午後4時25分(19:25)、大爆發が2回起きた。
「加賀」は艦首と艦尾が水平になりながら沈んだ。
戰死者は閉じ込められた機関部員を含めて800名弱で、航空機搭乗員では楠美正飛行隊長以下、機上・艦上合わせて21名が戰死した。
3發の爆弾が命中した「蒼龍」の被害は被弾空母の中で最も深刻だった。
被弾から20分後の午前7時45分(10:45)、総員退去が發令されている。
午後4時(19:00)に火災の勢いが衰え、楠本幾登飛行長は防火隊を編成して再度乗艦の準備を始めた。
直後、「蒼龍」は再度の爆發を起こし、楠本は救出不可能と判断する。
「蒼龍」は午後4時13分(19:13)に沈没した。
あえて艦内に残った柳本柳作艦長以下准士官以上35名、下士官兵683名、計718名が戰死した。
搭乗員戰死者は機上・艦上合わせて10名で、江草隆繁飛行隊長以下、搭乗員の多くは救助された。
「赤城」が被弾した爆弾は1-2發程度で機関部へのダメージはなく、十分復舊可能な範疇であった。
だが被弾による火災が兵装転換時に格納庫内に乱雑に置かれた爆弾、魚雷、航空機の燃料へと次々と誘爆を起こし、大火災が發生する。
さらに、被弾直後に雷撃機4機を發見し、回避のため左舵をとったところ、舵が固定して動かなくなった。
これにより洋上に停止した。
赤城の南雲司令部は内火艇に乗り退艦、駆逐艦「野分」に移乗したあと軽巡洋艦「長良」に移ったという。
直接「長良」に移乗したという牧島貞一従軍カメラマンや乗組員の証言もある。
午前8時30分(11:30)、南雲は「長良」に将旗を掲げた。
青木泰二郎艦長は消火作業を続行させるが、再度の誘爆により艦を救うことを断念し、午後4時25分(19:25)に総員退艦を命令した。
「赤城」の処置をめぐって聯合艦隊司令部では議論が交わされ、午後7時25分(10:25)、山本は「赤城」の処分を中止させた。
南雲は、木村進少将(第十戰隊司令官)に「長良で赤城を曳航できないか」と尋ねている。
結局、6月6日午前1時50分(6月5日4:50)に処分命令が下り、午前2時に第四駆逐隊の4隻(萩風・舞風・野分・嵐)が雷撃処分した。
上記2隻と比べて「赤城」では機関部員が閉じ込められずに脱出できたので戰死者はそれらと比べ少なく、准士官以上8名、下士官兵213名の計221名。
搭乗員の戰死者は機上・艦上合わせて7名である。
淵田美津雄中佐、板谷茂少佐、村田重治少佐の3飛行隊長ら多くの搭乗員が救助された。

ー空母飛龍の叛撃―
空母「飛龍」は雲下にあり、また、ヨークタウン雷撃機の攻撃を回避するため他の3隻の空母から離れており、米軍急降下爆撃機群の攻撃を受けなかった。
午前7時50分(10:50)、次席指揮官阿部弘毅第八戰隊司令官は「赤城」、「加賀」、「蒼龍」が被弾炎上していることを主力部隊に通報する。
阿部は「飛竜ヲシテ敵空母ヲ攻撃セシメ、機動部隊ハ一応北方ニ避退、兵力ヲ結集セントス」と述べ、続いて第二航空戰隊に「敵空母ヲ攻撃セヨ」と命じた。
第二航空戰隊司令山口多聞少将は阿部の命令を待たずに敵空母に叛撃するため、間合いを詰め始める。
確認では敵空母は一隻だったが、来襲機数から二隻と判断した。
艦爆攻撃の準備を終えて艦攻魚雷中であり、間に合った艦戰をつけた。
午前7時58分(10:54)、山口少将は、阿部に對し「我航空戰の指揮をとる」米空母に全力攻撃をかけることを告げた。
阿部をおいて後任の山口が主導権したのは、山口の性格と二航戰が主力であり、重要な戰機であると考えたためである。
敵空母は攻撃を終えた部隊を収容中であり、接近して攻撃力を發揮できる好機だった。
午前8時(11:00)、第一次波撃隊として小林道雄大尉指揮する零戰6機、九九艦爆18機の計24機が發艦した。
九九艦爆のうち、12機は250kg通常爆弾、陸用爆弾装備機は6機だった。
「飛龍」は第一波攻撃隊を發進させるとすぐに第二波攻撃隊の準備にかかり、同時に米機動部隊の方向に進撃した。
飛龍第一波攻撃隊が發進するのと同時刻、筑摩5號機が發信した米艦隊の位置情報が届いた。
第八戰隊は、筑摩4號機・5號機に對し「敵空母ノ位置ヲ知ラセ、攻撃隊ヲ誘導セヨ」と聯絡している。
すぐに筑摩5號機から「敵空母の位置味方の70度90浬、我今より攻撃隊を誘導す0810」との聯絡があり、飛龍第一波攻撃隊の誘導を開始した。
また午前8時(11:00)、蒼龍十三試艦爆が米軍航空隊を發見し、南雲部隊に通報(着信午前8時40分。
30分後の午前8時30分、米軍機動部隊發見を發信している。
十三試艦爆は發信5分後歸路についたが、無線機の故障により、南雲部隊では米軍機動部隊發見の報告を受信しなかったという。
この頃、「赤城」の零戰隊7機が「飛龍」に着艦。
「加賀」からは零戰9機、「蒼龍」からも零戰4機、艦攻1機が飛龍に着艦した。
午前8時15分(11:15)、空母「ヨークタウン」では攻撃隊着艦作業がはじまったが、着艦事故が發生して甲板が損傷する。
11:50、修理が終わり、SBD爆撃機10機に索敵任務が与えられた。
偵察隊が發進してまもない午前9時(12:00)、レーダーが南西46浬に日本軍機を探知する。
「ヨークタウン」は重巡洋艦「アストリア」、「ポートランド」、駆逐艦「ハマン」、「アンダースン」、「ラッセル」、「モーリス」、「ヒューズ」に輪形陣を組むよう命じ、F4Fワイルドキャット12機を發進させ。
午前8時20分(11:20)、帰還するエンタープライズ艦爆隊を日本艦隊へ向う攻撃隊と勘違いした零戰隊(重松康弘大尉指揮)から2機が迎撃に向かい、峰岸第2小隊長機が弾薬を使い果たして歸還、1機が被弾し日本軍艦隊付近に不時着救助される。
このため攻撃隊護衛機は4機に減った。
それでも米空母に接敵する筑摩5號機からの電波を頼りに進む日本軍飛龍第一波攻撃隊(22機)は、ついに「ヨークタウン」を発見した。
F4F直掩隊12機の迎撃により零戰3機、九九艦爆10機が撃墜され、九九艦爆8機のみが「ヨークタウン」を攻撃。
急降下中に艦爆3機が撃墜されたが、5機が投下に成功し、爆弾3發が命中している。
1發がボイラー室に火災を發生させ、「ヨークタウン」は動力を失って航行不能となった。
フレッチャー司令官は、重巡「アストリア」に移乗し。
代償として、飛龍第一波攻撃隊は小林隊長機を含む艦戰3機、艦爆13機を失い、艦戰1機、艦爆5機が「飛龍」に辿り付いただけだった。
歸還した航空機も、零戰1が不時着救助され、修理不能艦爆1、修理後戰斗可能零戰1、艦爆2という状況だっ。
飛龍攻撃隊は「エンタープライズ型空母」に爆弾5發、陸用爆弾1發命中し、大破或いは大火災、撃沈報告。
しかし「ヨークタウン」は午前11時(14:00)過ぎに爆撃による火災を鎮火し、速力20ノットで航行可能となっ。
また偵察と攻撃部隊誘導に活躍した筑摩5號機は、午前9時5分(12:05)に米軍戰斗機の追跡を受け退避、その15分後、新たな米軍機動部隊を發見した。
午前9時(12:00)、南雲中将も「長良」の周囲に第三戰隊(戰艦榛名、霧島)、第八戰隊(利根、筑摩)、駆逐艦4隻を集め、速力30ノットで北東に向かった。
それより前、駆逐艦「嵐」は海面に漂うヨークタウン雷撃隊隊員ウェスレイ・フランク・オスマス(Wesley・Frank・Osmus)海軍予備少尉を救助し、尋問を行った。
有賀幸作第四駆逐隊司令は尋問内容を受けて以下の内容を發信。
この電文は攻略部隊・第二艦隊の重巡洋艦愛宕(旗艦)も受信している。
1.空母はヨークタウン、エンタープライズ、ホーネット、巡洋艦6隻、駆逐艦約10隻。
2.ヨークタウンは巡洋艦2隻、駆逐艦3隻とを一團とし、他の部隊とは別働しつつあり。
3.(米機動部隊)5月31日午前真珠港發、6月1日「ミッドウェー」附着、その後南北に移動哨戒をなし今日に及べり。
4.5月31日真珠港在泊主力艦なし(本人は5月31日まで基地訓練に従事、布哇方面主力艦の状況明らかならず)。
聯合艦隊は、米軍機動部隊の戰力と、出動空母の名前を知った。この時、オスマスはエンタープライズ型空母の搭載機数(爆撃機18、偵察機18、雷撃機12、戰斗機27)や、真珠湾攻撃で沈没した米軍戰艦群のうち、戰艦「アリゾナ」、「ユタ」、艦型不詳を除く戰艦4隻が回航修理中であることも証言している。
後に、オスマス少尉は兵の独断で殺害されてしまったという。
オスマスは水葬に附された。
彼の名前はバックレイ級護衛駆逐艦「オスマス (護衛駆逐艦)(英語版)」に受け継がれている。
午前10時15分(13:15)、第八戰隊(阿部司令官)は南雲部隊各艦(霧島、榛名、利根、筑摩)に対し直ちに索敵機を發進させよと命じた。
午前10時30分(13:30)、「飛龍」から第二波攻撃隊(零戦6機、艦攻10機)が發進。
零戰2機(山本、坂東)は「飛龍」に着艦した加賀所属機、艦攻1機は赤城所属機だった。
筑摩4號機も發進した。
いれかわるように飛龍第一波攻撃隊が「飛龍」に着艦する。
さらに、午前10時30分(13:45)に着艦した十三試艦爆(近藤機)が三群の米機動部隊に接触したものの、無線機故障で發信できなかったことを報告した。
十三式試艦爆の偵察に對し、戰斗詳報は『敵機動部隊の情況不明なりし際、極めて適切に捜索、触接に任じ、その後の攻撃を容易ならしめたり。功績抜群なり』と高く評価している。
この時点で、山口は利根4號機、筑摩5號機が通報した空母1隻の他に、エンタープライズ型空母、ホーネット型空母(原文ママ)が存在することを知った。
午前11時(14:00)、母艦「利根」で補給を終えた利根3號機、4號機が再び発進する。
午前11時30分(14:30)、戰艦「榛名」の偵察機(榛名1號機)も附近に空母がいる可能性を知らせた。
午前11時30分(14:30)、飛龍第二波攻撃隊は米軍機動艦隊を發見するが、それは復舊作業中の「ヨークタウン」だった。
筑摩5號機が撃墜されたため、友永隊は自力で米軍機動部隊を探さねばならず、火災もなく航行する米空母を見た友永丈市は「ヨークタウン」を「損傷を受けていない別の空母」と判断した。
友永隊は左右から挟撃雷撃をおこなうため運動を開始。
「ヨークタウン」は直掩F4F戰斗機16を向かわせ、零戰2機、艦攻4機を撃墜した。
続いて艦攻1機が對空砲火で撃墜されたが、4本の魚雷が両舷から挟み撃ちの形でヨークタウンに向かって放たれ、2本が左舷に命中する。
ボイラー室と發電機を破壊された「ヨークタウン」は航行不能となり左舷に傾斜、総員退艦が命じられ、艦長を含む乗組員全員が脱出した。
戰果をあげた飛龍第二波攻撃隊は、艦戰3機、艦攻5機(友永隊長機含む)を失う。
戦闘詳報には「エンタープライズ型空母の左舷に魚雷3本命中大爆発、4500mの高さにまで達する大爆發を認む。空母の後方、サンフランシスコ型重巡洋艦爆発するを認む。同爆發は(魚雷)發射後相當時間の経過あるに鑑み、魚雷命中せしものと認む」と記載されている。
友永大尉の九七式艦上攻撃機は、ミッドウェー島を攻撃した際に被弾し、燃料タンクに穴が開いていた。
友永は搭乗機を譲る部下の提案を拒否して出撃した。
米艦隊までの距離は近く、友永は「敵はもう近いから、これで十分帰れる」と告げている。
ただし片翼のタンクにしか燃料を積まず、しかも重い魚雷を抱えての飛行はバランスを欠いて操縦が難しく、決死の覚悟であった。また橋本敏男(飛龍艦攻第二中隊長)によれば劇的なシーンなどなく、応急修理はしてあったはずだと推測している。
戰斗詳報は、第二中隊第二小隊機の目撃談をもとに、黄色い尾翼の友永機は對空砲火で被弾炎上し「ヨークタウン型艦橋付近に激突自爆せること判明す」と記録している。
山口少将は第一波攻撃隊(小林隊)と第二波攻撃隊(友永隊)の攻撃を合わせて合計2隻の空母を大破させたものと判断し、同じ空母へ2度攻撃したことに気付かなかった。
これは第二波飛龍攻撃隊が、雷撃した「ヨークタウン」の後方に「別の空母炎上中」と報告した為である。
第二波攻撃隊は、別の米空母が健在である可能性も報告している。
この頃、フレッチャー少将は空母「ヨークタウン」が攻撃を受ける前に放っていた偵察機(VS-5)から、空母「飛龍」発見の報告を受けた。「ヨークタウン」を航行不能とされたフレッチャーは、スプルーアンスの「何か指示があれば承りたし」という信號に「なし、貴官の行動に順応す」と答え、全権を委譲している。

ー飛龍沈没―
空母「ヨークタウン」が飛龍第二波攻撃隊(友永隊)の攻撃で航行不能となった午前11時30分(14:45)、偵察中のサッチ・アダムス大尉は平文で「敵発見、空母1、戦艦1、重巡2、駆逐艦4、北緯31度15分、西経175度5分、15ノットで北上」(米軍機動部隊から72浬)と發信した。
駆逐艦のうち1隻は三本煙突の軽巡洋艦長良(南雲忠一中将乗艦)である。
戰艦「榛名」、重巡洋艦「利根」、「筑摩」、軽巡洋艦「長良」(南雲旗艦)、駆逐艦3隻は「飛龍」の周辺に集結していたのである。
空母「飛龍」発見の電文を受信した空母「エンタープライズ」はウィルマー・ギャラハー大尉率いるエンタープライズ爆撃隊10機、デイヴ・シャムウェイ大尉率いるヨークタウン爆撃隊11機(エンタープライズに退避中)を戰斗機の護衛なしで發進させた。
午後12時40分(15:40)、飛龍第二波攻撃隊が着艦した。
友永機を含む零戰2機、艦攻5機を失い、艦攻4機が修理不能、零戰1機が不時着救助、零戰3機が修理後戦闘可能、艦攻1機が修理後戰斗可能と報告している。
鹿江隆(飛龍副長)は「(米空母2隻撃沈により)これで1對1だ。これで勝てるし、悪くても相討ちにできる」と感じたという。
だが「飛龍」の戰力は戰斗機6、艦爆5、艦攻4、十三試艦爆1機に減少していた。
炎上する「赤城」に「もし發艦出来る飛行機があったら、飛龍に収容されたし」と伝えたほどである。
山口は十三試艦爆により米軍空母の位置を把握し、同機の誘導により全兵力で薄暮攻撃をかける事を伝える。
これには、整備科が損傷機を修理することで、戰力が回復するかもしれないと山口達が考えたことも関係している。
攻撃力消耗から三隻目の撃破は難しいと考えた。
幕僚によれば、一次攻撃での被害が山口の予想をはるかに上回るもので、二次の著しい減少が三次の薄暮攻撃へ決めたという。
また、山口は二次の後に三次の準備をしたが、艦爆は六機であり修理を急がせ、三次攻撃の断行と少数兵力の板挟みにあったという。
この間、赤城・加賀・蒼龍から「飛龍」に着艦した零戰が交替で「飛龍」上空を守っていた。
敵からの攻撃に関して山口は「飛龍には他の艦戦もあるので上空警戒機で阻止できる」という意向を話した。
十三試艦爆の發進準備が終わり、友永隊を護衛して消耗した加賀所属零戰1機(山本旭一飛曹)が着艦しようとした時、米軍急降下爆撃隊24機は飛龍の上空に到達した。
エンタープライズ艦爆隊指揮官ギャラハー大尉は、ヨークタウン隊に戰艦を狙うよう命令すると、「飛龍」飛行甲板の日の丸マークを目標に突入した。
午後2時(17:30)、直衛の零戰6機が迎撃に向い、「飛龍」の操艦によってエンタープライズ隊6機の攻撃は失敗した。
続いてヨークタウン爆撃隊、エンタープライズ隊3機が太陽を背にするようにして攻撃する。
護衛の「利根」と「筑摩」が対空砲火で迎撃したが阻止できず、「飛龍」に爆弾4發が命中した。
「長良」からは、「飛龍」の飛行甲板、もしくはエレベーターが「飛龍」艦橋の前に突き刺さっているのが目撃された。
またヨークタウン隊の2機は付近を航行していた戰艦「榛名」を爆撃したが、至近弾に終わった。
ヨークタウン隊に遅れて戦場に到着したホーネット艦爆隊15機は「利根」と「筑摩」を攻撃したが、全て回避されている。
この他にも「飛龍」と「筑摩」は午後2時30分(17:30)、午後3時15分(18:15)にハワイから飛来したB-17爆撃機から攻撃されたが、これによる被害はなかった。
炎上した「飛龍」は午後6時23分(21:23)に至るまで機関は無事だったため、離脱と消火につとめた。だが艦橋と機関科間の電話が不通となったため、機関科は全滅と判断された。
「飛龍」はしばらく洋上に浮いていた。
横付けされた駆逐艦が消火に協力したものの、誘爆が發生して消火不能となる。
午後11時30分(現地時間6月5日2時30分)、山口は南雲に総員退艦させると報告し、加来艦長と共に、駆逐艦「巻雲」の雷撃によって沈む「飛龍」と運命を共にした。
空母「飛龍」が雷撃処分されたのは日本時間6月6日午前2時10分だが、艦底部から脱出した機関科勤務34名が沈みゆく「飛龍」から短艇で脱出したのは、「巻雲」の魚雷が命中してから数時間後の午前6時6-15分だったという。
彼らは15日後に米軍に救助された。
戰死者は、戰斗詳報によれば1416名(傭人6名含)のうち、山口司令、加来艦長ら准士官以上30名、下士官兵387名の計417名である。
搭乗員も友永、小林両隊長を含め72名が戰死した。
ただし417名には脱出後に米軍に救助された飛龍機関科34名が入っている。

ー夜戰の検討ー
軽巡洋艦「長良」に移乗した南雲忠一中将は、日本時間6月5日午前8時28分(現地時間6月4日11:28)に筑摩偵察機から「敵は北東90浬」の報告を受けて水上戰とを決意し、午前8時53分に「今より攻撃に行く、集まれ」と攻撃命令を出した。
日本軍三空母炎上の報告を受けた聯合艦隊旗艦「大和」の艦橋は雰囲気が一變し、黒島亀人先任参謀は涙を浮かべてテーブルを叩いた。
山本五十六長官は渡辺と将棋を指している時に「赤城、被爆大、総員退去」という報告を受け「ほう、またやられたか」「南雲は歸ってくるだろう」とつぶやくと将棋を続けている。
この時、聯合艦隊主隊は濃霧の中で戰艦「長門」が行方不明になるなど混乱しており、焦燥がつのるばかりであったという。
午前9時20分(11:20)、山本五十六長官はGF電令作第133號で輸送船團の一時北西撤退を命じ、同時にアリューシャン方面に投入されていた第二機動部隊(角田覚治少将、空母:隼鷹、龍驤)に対し、第一機動部隊(南雲機動部隊)に合流するよう下令した。
だが両艦隊の距離は遠く合流は9日以降となる見込みであり、宇垣纏聯合艦隊参謀長は空母を分散させたことを後悔している。
日本軍攻略部隊(第二艦隊)の近藤信竹中将は、これを受けて占領隊(日本軍輸送船団)に北西退避を命じ、栗田健男の支援隊(第七戰隊)に合同するよう命じた。
同時刻、南雲も各艦に「昼戰をもって敵を撃滅せんとす」と伝え、第八戰隊(利根、筑摩)は魚雷戰を挑む準備を整える。
午前10時、山本はGF電令作第号、156号にて第二艦隊に以下の命令を伝えた。
1.敵艦隊攻撃C法をとれ(全兵力を集中し、敵を撃滅する)。
2.攻略部隊は一部の兵力を以て、今夜ミッドウェーの陸上軍事施設、航空基地を砲撃破壊せよ。
3.ミッドウェー、アリューシャン群島の攻略を一時延期す。
山本の命令により、近藤信竹中将は第七戦隊(熊野、鈴谷、三隈、最上)にミッドウェー島へ向かうよう命じ、同時に南雲機動部隊と策応して米軍機動部隊に夜戦を挑む方針を示した。
聯合艦隊は、ミッドウェー基地の米軍航空兵力が使用可能かどうか、南雲部隊に尋ねている。
「長良」では空母「飛龍」が米空母2隻を撃破したという聯絡が入り(ヨークタウンを2度攻撃したことを誤認)、草鹿参謀長は希望を抱いた。
夜戦を企図しつつ北上中の午後2時5分(17:05)、「飛龍」の被弾と炎上により、米軍機動部隊とミッドウェー基地航空隊制空権下での水上戰斗は困難と南雲は判断、草鹿によれば「万事休す」であった。
そこで一旦西方に反転し、あらためて夜襲を企図した。
草鹿参謀長は「レーダーもなく、駆逐艦も少なく、望みのない夜戰に一縷の望みをかけて、當てもなくただ走りまわっていた」と回想している。
宇垣は戰艦や重巡洋艦から水上偵察機を發進させて索敵を行わない南雲司令部を「消極的、退廃的」と批判しているが、空母4隻を目前で失ったからには當然の反応だろうと理解も示している。
近藤中将の第二艦隊は軽空母「瑞鳳」を有しており、米艦隊に積極的に戰斗を挑む方針を示した。
炎上日本空母を護衛していた第四駆逐隊司令有賀幸作大佐(後、戰艦大和艦長)に至っては「敵機動部隊接近すれば刺し違えよ」と配下駆逐艦に下令した。
午後2時13分(17:13)、筑摩2號偵察機は、甲板に損傷なく傾斜停止した「エンタープライズ型空母」を發見し、周囲の護衛艦艇が空母をその場に残して東に去ったと報告した。
南雲司令部は、飛龍第一波攻撃隊(小林隊)が爆撃を行った空母(ヨークタウン)は既に沈没・飛龍第二波攻撃隊(友永隊)が雷撃した空母(ヨークタウン)は漂流と判定した。
1時間後、筑摩2號機は米空母1、巡洋艦2、駆逐艦4發見を報告、続いて米空母1隻の存在を報告する。
筑摩2號機は重巡洋艦「筑摩」を通じ、南雲司令部に對し「炎上米空母の後方に、更に米空母4隻を發見」と報告する。
南雲司令部では「まさか」という声があがったが、やがて偵察機の報告を信じた。
プランゲ博士は「南雲は苛立たしさのあまり、頭を壁に叩きつけるか、索敵機パイロットの首をその手で締めたかっただろう」と記述している。
戰斗詳報には「南下中順次にこれ等の敵を發見せるものにして同一部隊ノ重複ナキ事確実ナリ」と記録。
南雲は「敵航空母艦の予想外に優勢なるを始めて知れり」と驚いている。
午後4時15分、山本五十六長官と宇垣纏参謀長は南雲部隊に対し、GF電令第158號として以下の命令を伝えた。
1.敵機動部隊は東方へ避退中にして、空母は概ねこれを撃破せり。
2.當方面聯合艦隊は敵を急追、撃滅すると共にAF(ミッドウェー島)を攻略せんとす。
3.主隊は6日午前零時、地点フメリ32に達す。針路90度速力20ノット。
4.機動部隊、攻略部隊(7戰隊欠)および先攻部隊(潜水艦隊)は速やかに敵を捕捉撃滅すべし。
午後5時30分(20:30)、山本はGF電令159号にて伊168號潜水艦に對し「伊168潜水艦は2300迄AF(イースタン)島航空基地の砲撃破壊に任ずべし。
同時刻以降は第七戰隊(栗田少将)が砲撃の予定」と告げ、ミッドウェー基地を夜間砲撃するよう命じた。
南雲は山本の敵情判断が間違っているとみて、午後6時30分(22:30)、機動部隊機密第560番電に於いて筑摩2号機の「空母5隻」發見とミッドウェー基地航空隊の活動を伝達する。
南雲は続く午後7時50分(22:50)の電信で「GF電令作第158號に関係し敵空母(特空母艦含むやも知れず)は尚4隻あり」と、日本軍空母全滅を報告した。
すると山本より、第二艦隊司令官近藤信竹中将に「赤城」と「飛龍」を除く機動部隊戰力の統一指揮を任すという命令が届いた。
南雲部隊第八戰隊は第二艦隊と合流し、米軍と戰斗を継続したい旨を伝えている。

ー日本軍の撤退―
日本時間6月5日午後9時15分、山本は第二艦隊と南雲機動部隊(赤城・飛龍)に對し、夜戰の中止と主隊(大和以下、第一艦隊)への合同を命じた。
午後10時11分、南雲部隊は反転した。午後11時55分、山本は聯合艦隊電令161号で、以下の命令を伝達した。
1.AF(ミッドウェー島)攻略を中止す。
2.主隊は攻略部隊(第二艦隊)、第一機動部隊(欠、飛竜及び同警戒艦)を集結し、予定地点に至り補給を受くべし。
3.警戒部隊、飛竜同警戒艦、及び日進は、右地点に回航すべし。
4.占領部隊は西進し、ミッドウェー飛行圏外に脱出すべし。
ミッドウェー作戰の中止が決定した瞬間であった。
日本軍は撤退を開始する。
6月6日午前4時30分(現地時間6月5日07:30)、軽空母「鳳翔」の九六式艦上攻撃機が漂流する「飛龍」と甲板上の生存者を發見、聯合艦隊司令部は南雲司令部に飛龍沈没を確認せよと命令した。
「飛龍」の現状を知らなかった南雲部隊司令部は午前9時45分(12:45)、「長良」偵察機を発進させ、駆逐艦「谷風」を「飛龍」処分と生存者救助のために分派した。
「谷風」は空母「エンタープライズ」を發進したSBDドーントレス16機の攻撃を受け、4機撃墜を報告して生還した。
「谷風」を攻撃した「ホーネット」隊は香取型練習巡洋艦(駆逐艦谷風)を攻撃したと報告し、1機が撃墜された。
午前中、山本の主隊、近藤の攻略部隊、南雲の残存部隊は合流した
支援隊の第七戰隊(重巡洋艦:旗艦熊野、鈴谷、三隈、最上)は上陸する輸送船團の護衛として警戒任務に従事していたが、南雲機動部隊の壊滅によって山本から新たにミッドウェー基地砲撃の命を受け、全速で前進していた。
その後、夜戦中止に先立って砲撃中止命令が出された。
しかし第七戰隊はミッドウェー島90浬の地点で転進を行ってから1時間20分後、亜米利加海軍潜水艦「タンバー」(SS-198)を發見して緊急回頭を行い、その際に三番艦「三隈」と最後尾艦「最上」が衝突事故を起こした。
「三隈」に衝突した「最上」は砲塔前部の艦首を切断、速力は10ノット程度に落ちた。
第七戰隊司令官の栗田健男中将は「最上」の護衛に「三隈」と駆逐艦2隻(第八駆逐隊:荒潮、朝潮)をあてると南西のトラック島への退避を命じ、栗田は「熊野」と「鈴谷」を率いて「大和」以下主力部隊と合流するため北西に向かった。
一方の米軍では、「飛龍」の攻撃隊により空母「ヨークタウン」が深刻な損害を受けて放棄された。
駆逐艦「ヒューズ」だけが「ヨークタウン」の護衛として残された。
その後「ヨークタウン」ではサルベージ作業が進み、艦隊曳船「ヴィレオ」が救助に向かった。
フレッチャーから指揮権を譲渡されたスプルーアンスの第16任務部隊も、日本艦隊の動向が把握し切れず夜戰に持ちこまれる可能性を考慮したため、一時的に東へ退避する。
翌7日の黎明、第16任務部隊はミッドウェーの防衛と日本艦隊の追撃のため西進を開始した。
日本時間6月6日、潜水艦「タンバー」の報告を受けた米軍は、まずミッドウェー島の航空戰力で「三隈」と「最上」を攻撃した。
SBDドーントレス6機、SB2Uビンディケーター6機、B-17爆撃機8機が攻撃をおこない、SB2U指揮官機が「三隈」の後部砲塔に體當たりし、「最上」が至近弾で戰死者2名を出した。
米軍機動部隊の追撃を受けていることを知った「三隈」と「最上」はウェーク島に向かい、聯合艦隊主隊と攻略部隊も「三隈」の救援と米機動部隊の捕捉に向けて動き出す。
6月7日、スプルーアンスは『空母1隻、駆逐艦5隻発見』という索敵機の報告を元に、「ホーネット」「エンタープライズ」攻撃隊を發進させた。
米軍攻撃隊は空母のかわりに「戰艦」を發見し、最初は航空母艦、次は戰艦と誤認された重巡洋艦「三隈」は集中攻撃を受けて沈没した。
また「最上」や駆逐艦「朝潮」、「荒潮」も被弾した。
近藤信竹中将は第二艦隊に「敵空母部隊を捕捉撃滅して三隈・最上を救援せんとす」と命じて叛転したが、米軍機動部隊の捕捉に失敗している。
翌8日午前中、「最上」は救援にかけつけた第二艦隊と合流、空襲圏外へ脱した。
戰艦「大和」をはじめとした主力部隊は夜戰を企図して東進していたが、「飛龍」を失ったことで再考して翌0時に夜戰を中止し、3時頃には作戰自體の中止も余儀なくされた。
主力部隊はミッドウェー島の遥か数百キロ後方におり、本海戰には参加できず、駆逐艦が救出した生存者を医療設備の規模が大きい戰艦に移乗させ、収容と手当てを行ったに留まる。
「赤城」の生存者達は、「大和」以下本隊が戦闘に全く関与しなかったことを罵っていた。
日本軍輸送船團は、米軍機動部隊の追撃に備えて陣形を変更した。
山本は、米軍の追撃部隊をウェーク島の基地航空隊活動圏内に引き込むよう命じたが、米軍はそこまで深追いしなかった。
6月7日、「ヨークタウン」は曳船に引かれつつ真珠湾に向かっていた。
駆逐艦「ハンマン」に移乗していたバックマスター「ヨークタウン」艦長と161名が再び「ヨークタウン」に乗艦している。
さらに駆逐艦「モナガン」、「グウィン」、「バルチ」、「ベンハム」が護衛に加わった。
その頃、ミッドウェー島を砲撃後同島海域にとどまっていた潜水艦「伊-168」が「ヨークタウン」撃沈の任を受け、同艦に接近していた。
(13:34)、「伊-168」は4本の九五式魚雷を發射し、2本が「ヨークタウン」左舷に命中する。
米軍機動部隊の主力として活躍した「ヨークタウン」は沈没した。
また同空母に同行していた駆逐艦「ハンマン」にも1本が命中して沈没した。
日本軍は「甲板の損傷なき模様」として、「飛龍」が最初に攻撃したのとは別の空母だと考えていた。
6月13日、第16任務部隊の「エンタープライズ」、「ホーネット」は艦載機に損失を出しながらも無事に真珠湾に歸港した。
米軍は救助したゲイ少尉の証言から日本軍空母2隻の沈没を確認し、漂流していた飛龍機関科兵の聴取から「飛龍」沈没を知り、計3隻の撃沈を確信していた。
「赤城」については暗號解読から沈没推定としていたが、確信するのは日本軍捕虜の情報を分析した後の事である。

春の法要 2日目

2021-04-03
HP東本願寺 2021年4月2日 更新
兵戈無用(ひょうがむよう・『仏説無量寿経』に出てくる言葉で武器も兵隊もいらないという意味)の世界を願う法要
4月2日、御影堂にて「日常に潜む戦争―不安と恐怖の中で―」をテーマに、「全戦没者追弔法会」が勤まり、ライブ配信されました。
この法要は、戦争でいのちを奪われた方々を憶念し、兵戈無用(ひょうがむよう・『仏説無量寿経』に出てくる言葉で武器も兵隊もいらないという意味)の世界を願う法要として、1987(昭和62)年から毎年勤まっています。

【昭和21年の京都】

2021-07-05
中央の大きな屋根は京都駅近くの東本願寺のもの。周辺には平屋の民家が建ち並びます。

政局について

総括いたします。

2021-11-08
Facebook 伊吹文明さん曰く
総選挙が終り、自公政権継続の民意が定まりました。
後継者である勝目やすし君が京都一区で無事当選し、肩の荷がおりました。
彼に伝えたことは、「当選者一人の小選挙区選出議員は、自分に投票頂いた有権者だけでなく、他に投票した有権者の主権も代表していることを忘れないように」ということです。
従って異なる意見にも耳を傾ける姿勢、しかし最後は自分の価値観、自民党公認という筋を通す姿勢が大切になります。
勝目君が謙虚に研鑽を積み、多くの人に支持され、人間として、政治家として大成してくれることを願っています。
 私も自民党所属代議士の立場を離れ、今後は一国民・ひとりの有権者として意見を述べたいと思います。
とはいえ、私の政治理念や価値観が変るものでもなく、政策や政局、社会事象への評価は従来と大きく違わないので、異なる立場、価値観でのご意見もご遠慮なくお寄せ下さい。
 さて総選挙の総括です。
自民党は選挙前の予測をくつがえし、議席数は減ったものの単独過半数を大きく上回り、自公合計の議席数は絶対過半数(衆議院の各委員会の委員長を自公で独占しても、なお各委員会の過半数を制する)を超えました。
一方立憲民主党は、選挙前の議席数大幅増の予測に反し、選挙前議席を10以上減らしました。
自民・立憲とも選挙前議席を減らした分、維新は大阪を中心に小選挙区を制し、他都府県でも比例票を大幅に伸ばし、選挙前から30議席増の第三党に躍り出ました。
 この背景を自民、立憲両党は検証し、党勢を立てなおさないと、来年の参議院選挙は両党にとって厳しいものとなるでしょう。
議席大幅減の予測をくつがえした自民党に勝利感は希薄です。
勝った小選挙区の多くで前回の得票率を下回り、甘利幹事長、石原元幹事長、現元大臣等が小選挙区で苦杯を嘗める等手放しで喜べる状況ではありません。
これまでのコロナ対策を私は評価していますが、その良さの説明がうまくなく、国民の不満やいらだちを抑えられなかった印象です。
森友案件や政治とカネについても、国民への誠実な説明姿勢が問われたようです。
聞く力」に加え、「説明する力」、「実行する力」が期待されます。
 立憲民主党は、共産党に選挙協力に引き込まれたのが失敗だったと思います。安全保障や経済成長戦略、天皇制等、共産党綱領や主張は非現実的と国民は見ています。
選挙の票の数合せを狙ったのが逆に、自公政権には不満でも、理念の違う共産党と選挙協力する立憲民主党にも投票したくないとの民意を生み、政権批判の受皿として維新の伸張を許したと思います。
日本政治の為、立憲民主党が健全なリベラル政党としての成長することを願っています。

茂木新幹事長のあだ名は「モテキング」、政官とも恐れる王様起用3つの理由

2021-11-06
© ダイヤモンド・オンライン 提供 自民党幹事長への就任の記者会見をする茂木敏充氏(11月4日) Photo:JIJI
小倉健一 2021/11/06 06:00

自民党幹事長に茂木敏充前外相が就いた。
トランプ前大統領に「タフネゴシエーター」と言わせしめた高い実務能力を持つ一方で、「とにかく怒りっぽい」と毀誉褒貶が激しい。
永田町・霞が関では期待と不安が交錯するが、岸田文雄首相の茂木氏起用には、三つの深謀遠慮が透けて見える。(イトモス研究所所長 小倉健一)

攻めてるつもりでしたが・・・。

2021-11-01
『読売新聞』の朝刊、2021.11.1です。

NHK 選挙WEB

2021-10-19

甘利幹事長が小選挙区敗北で辞任へ

2021-11-01
自民党本部の開票センターで、当確者の名前にバラを付ける総裁の岸田首相(右)と小選挙区で敗北した甘利幹事長(中央)。甘利氏は幹事長を辞任する意向を党幹部に伝えた
31日午後9時56分、東京・永田町
11/1(月) 0:05配信 「安倍」「小石河連合」の”逆襲”が始まる

岸田文雄首相(自民党総裁)は11月1日未明、政権の要である甘利明幹事長が小選挙区敗北により辞意を固めたことを受け、今後の政権運営への懸念を強めた。甘利氏の後任が焦点となるが、政権への打撃は必至だ。自民、公明両党は1日に党首会談を開き、連立政権の継続を確認。新型コロナウイルス対応や、格差是正を含む経済対策の裏付けとなる2021年度補正予算案の編成に取り組む。立憲民主党など野党は来年夏の参院選をにらみ、甘利氏敗北は「政治とカネ」問題が主要因とみて、追及を強める。

 首相は党本部で、甘利氏の進退を巡り「本人の話を聞いた上で、私が判断する」と語った。

闘いすんで 陽が暮れて・・・

昭和天皇の御巡幸 戦後全国を御巡幸された陛下。

2021-11-25
Facebook 上野不二子 さん曰く、親しみやすい笑顔が印象的ですね。

勝新太郎さんと田宮二郎さんというより、「悪名」の二人・・・。

2021-11-22
Facebook 石山 裕子さん曰く、勝さんお若いです。田宮さんカッコいいです。

ジョニーという生き方

2021-11-25
Facebook Nostalgia&Rock'n’ Roll ノスタルジア・ロックンロールさん曰く

日曜日も 終わりそうね

2021-11-11
Facebook Nostalgia&Rock'n’ Roll ノスタルジア・ロックンロールさん曰く
日本です。新婚旅行です。ディマジオがいっしょでした。
TOPへ戻る