本文へ移動

闘いの歴史

データベース

Facebook 闘諍堅固

2021-04-09
とうじょう‐けんご 【闘諍堅固】 〘名〙 仏語。
五種ある堅固のうちの第五。または、五五百年(ごごひゃくねん)の一つ。仏滅後第五の五百年で、諸僧が互に自説の優位を主張し、争うことが多く、邪見のみにて仏法が姿をかくしてしまう時をいう。

「全戦没者追弔法会」の和讃

2021-04-04
Facebookしんらん響流館さん曰く
1987年から「戦没者追弔会」に「全」と仏法の「法」という文字を加えて「全戦没者追弔法会」と名称を改め勤められています。

闘いの記録

シベリア出兵

2021-03-14
*1918.7.17/ 元ロシア皇帝ニコライ2世一家全員が、エカテリンブルグで銃殺される。
Facebook佐々木信雄さん曰く
◎シベリア出兵
*1918.5.26/ チェリャビンスクでチェコ軍団が反乱。反革命勢力や列強の後押しで混乱する。
*1918.8.2/ 日本軍、大挙シベリア出兵。チェコ軍支援の名目で、背景には満州支配の野心。 
 1918年から1922年にかけて、英・仏・米・日本など帝国主義列強は、ロシア革命に対する軍事干渉としてロシアのシベリアに出兵した。1918年3月英仏軍のムルマンスク上陸に始まり、アメリカ軍・日本軍は8月、シベリアに共同で派兵した。東シベリアのチェリャビンスクで包囲されたチェコ軍団の救出がその名目だった。
 レーニンの指導するボリシェヴィキ革命は、資本主義体制・議会政治・自由主義など西欧の価値観を否定する過激派として恐れられており、第1次世界大戦の最中に、連合国のロシアでボリシェヴィキに指導された革命が起こると、資本主義列強はロシアの反革命保守勢力(白軍)を支援して、革命政権の打倒しようと考えた。
 オーストリア帝国の一部で同盟軍として動員されたチェコ兵は、連合国側にチェコの独立を持ち掛けられて寝返ったところ、些細なことから革命軍と戦闘が始まり、革命軍に包囲されてしまった。これを救出するというのが連合国側の名目だが、ねらいは反革命軍(白軍)を支援して、ロシア革命軍(赤軍)を倒すことにあった。
 しかし、オムスクの反革命白軍コルチャーク軍が1919年3月に大敗すると、反革命支援の目的が完全に潰え、シベリア出兵の意味はなくなったため、英仏の干渉軍は撤退、アメリカも続いて撤退する。しかし、最大7万以上を派兵した日本軍は、1922年までシベリアに留まることになった。
 日本軍は事後処理のためとして駐留を続けているとき、1920年2月に「ニコライエフスク事件」の悲劇が発生した。これは日本では尼港事件とも呼ばれ、現地の共産パルチザンが、アムール川の河口のニコライエフスク港(尼港)の日本陸軍守備隊および日本人居留民約700名、その他現地市民6,000人の一部を虐殺した上、町の一部に放火した事件である。
 日本は事件に対する報復として北樺太(樺太の北半分)を占領した。時の原敬内閣は、出兵目的を居留民保護とロシア過激派の勢力伸張の防止に変更し、駐兵を継続しようとする。しかし、そもそも戦争目的が曖昧だったことから、日本軍の士気は低調で、軍紀も頽廃しており、日本国内でも批判が高まった。
 アメリカなど諸外国からの日本への不信感も高まり、1922(t9)年10月に、やっと日本も撤兵することとなった。日本のシベリア出兵は、延べ3,500名の死傷者を出し、10億円に上る戦費を消費したうえ、具体的な成果のまったくないまま終結した。撤兵を決定した加藤高明首相は後日、「なに一つ国家に利益をもたらすことのなかった外交上まれにみる失政の歴史である」と評している。
(この年の出来事) 
*1918.7.17/ 元ロシア皇帝ニコライ2世一家全員が、エカテリンブルグで銃殺される。
*1918.11.3/ キール軍港で水平が反乱を起こす。それをきっかけに、ドイツ各地に労兵協議会成立。続いてドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が退位し、ドイツ革命が成立する。
*1918.11.11/ ドイツ政府が連合国との休戦条約に調印、第1次世界大戦が終わる。

映画『Fukushima 50』(若松節朗監督)

2021-03-14

大阪も標的でした。

2021-03-13
大阪大空襲から76年 91歳「最後の語り」活動半世紀で区切り
スマートフォンでビデオ会議システムを使い、中学生に大阪大空襲の体験を語る久保三也子さん=大阪市福島区の自宅で2021年3月8日午後3時8分、園部仁史撮影
第2次大阪大空襲で破壊し尽くされた大阪市内=大阪市港区で1945年6月撮影

海の向こうでは・・・。

2021-03-11
Facebook来生 民彦さん曰く
来生 民彦戦車、戦闘機、戦艦、などミリタリー 好きな人集まれ!「絆の会」 21時間前 · 1997 ノーフォーク 整備が必要な艦艇が集合。

東京・下町を焼野原にした「東京大空襲」

2021-03-10
山谷周辺で亡くなられた方のご遺体のうち、玉姫公園には789体運ばれた  
山谷周辺で亡くなら浅草周辺の屍は、隅田公園へ運ばれ、仮埋葬された(左側が隅田川)
   今でも北部浅草地域で語り継がれているのは、『ほていや』から直線で1㌔強、東京スカイツリーの絶景ポイントでもある「言問橋」の惨状の話だろう。当日、浅草の言問橋西詰(浅草追分)から向島方面へ避難しようとする者と逆に向島から浅草方面へ向おうとする者が橋の上でぶつかり合い、交錯して身動きが取れない状況の中で、そこへ周辺から熱風の火が燃え移り、橋上は大火の炎に包まれ、逃げ場を失った多くの市民が焼死した。この惨状で焼死したおびただしい人間の体の脂が燃え、橋を真っ黒に変色させたという。
 1992年(平成4年)の言問橋改修工事で、当時の欄干と縁石が撤去されることとなったが、今なお言問橋の親柱などに黒ずんだ第二次世界大戦当時の惨状の跡を確認することが出来る。

 一夜の焼夷弾投下で、罹災者は100万人を超え、10万人が屍になったと推定されているが、一体何人死んだかは未だに分かっていないというのが現実だ。一家全滅どころか、墨田区向島から本所辺りは、全滅状態になった街もあった。たくさんの女性や子どもも亡くなって、故初代林家三平の奥さんである海老名香葉子さんなどのように、戦争孤児になった子供たちもとても多かった。

闘いの転機

俘虜記

2021-01-23
Facebook湯浅 宗浩  真珠湾攻撃で初めての日本軍人捕虜となった酒巻和夫氏のトヨタ自動車勤務時代。 昭和31年

学徒散華の記録

2021-01-23
富安俊助中尉(早稲田大・飛行予備学生13期、22歳)とエンタープライズ(USS Enterprise, CV-6)
Facebook橋本 新一


1945年5月14日緩降下後背面宙返りで垂直逆落としに体当りエンタープライズの前部エレベータの後部に激突炎上しエレベーターは吹き飛び船体に穴が開き2.2メーター浸水、ダメコン班が30分で火災を鎮火、エレベーターホールで富安中尉の遺体を発見。
遺体は米兵並みに丁重に水葬され、2020年に富安中尉の機体の一部と遺体にあった50銭札も家族に返還。

闘いには、旗印が必要でした。

2021-01-23
明治7年1月23日の本日、明治天皇が新編の近衛歩兵第一・第二聯隊に軍旗を親授なさいました。
Facebook英霊の本日の出来事より


明治7年1月23日の本日、明治天皇が新編の近衛歩兵第一・第二聯隊に軍旗を親授なさいました。
日本陸軍最初の歩兵聯隊は、明治7年1月20日西郷隆盛率いる御親兵を母體として誕生します。
この聯隊には大正・昭和の二代に亘る天皇が皇太子時代に、それぞれ聯隊付きとして在籍しました。
近衛歩兵第二聯隊は、近衛歩兵第一聯隊と同日に軍旗を親授された日本陸軍最古の歩兵聯隊です。

八甲田山の悲劇

2021-01-23
Facebook英霊の本日の出来事より


明治35年1月23日の本日、青森歩兵第五聯隊第二大隊が八甲田山で猛吹雪の為遭難しました。
八甲田雪中行軍遭難事件は、明治35年1月に日本陸軍第8師團の歩兵第5聯隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難した事件。
訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)するという日本の冬季軍事訓練における最も多くの死傷者が發生した事故であるとともに近代の登山史における世界最大級の山岳遭難事故です。
「雪中行軍」
日本陸軍は1894年(明治27年)の日清戰爭で冬季寒冷地での戰いに苦戰したため、さらなる厳寒地での戰いとなる對露西亜戰を想定し、それに向けて準備をしていた。日本陸軍にとって冬季訓練は喫緊の課題であった。
對露西亜戰は2年後の明治37年に日露戰爭として現実のものとなった。
雪中行軍には青森から歩兵第5聯隊210名が、弘前から歩兵第31聯隊37名と民間の新聞記者1名が参加した。
うち青森歩兵第5聯隊が遭難した。
―行軍の目的―
青森歩兵第5聯隊は露西亜軍の侵攻で青森の海岸沿いの列車が動かなくなった際に、冬場に「青森〜田代〜三本木〜八戸」のルートで、ソリを用いての物資の輸送が可能かどうかを調査することが主な目的であった。
このための中間段階として、道中最大の難所である青森~田代温泉間の雪中行軍演習が片道約20km、1月23日より1泊2日の豫定で計画された。
弘前歩兵第31聯隊の計画は「雪中行軍に關する服装、行軍方法等」の全般に亘る研究の最終段階に當たるもので、3年がかりで実行してきた雪中行軍の最終決算であった。
「弘前〜十和田湖〜三本木〜田代〜青森〜浪岡〜弘前」の総距離224kmのルートで1月20日より11泊12日の行程であった。
なお、両聯隊は、日程を初め、お互いの雪中行軍豫定を知らずに計画を立てた。
ただし、弘前聯隊の行軍豫定については東奥日報が1月17日發行の紙面上で報道していたことから、青森側には行軍豫定の重複に氣付いた者がいた可能性がある。

ラバウルの思い出

2021-01-23
昭和17年1月23日の本日、 ニューブリテン島ラバウを占領し航空基地に致しました。
Facebook英霊の本日の出来事より




ラバウル航空隊は南太平洋諸島の確保、機動部隊の支援を目的に昭和17年1月から基地航空隊としてポートモレスビー方面に進出して聯合軍航空隊に對して優位に戰斗を進めていた。
ニューブリテン島ラバウルは聯合國軍からはラバウルの要塞と呼ばれ、米海軍・米海兵隊・英領ニュージーランド空軍のソロモン方面と米陸軍・英領豪州軍の東ニューギニア方面の2方面に對する攻撃・防御および補給の起点の役割を果たしていました。
大東亞戰爭開戰後の昭和17年1月20-22日第一航空艦隊がラバウルを空襲し制圧。
昭和17年 1月25日 水上機部隊がラバウル地區に進出。
昭和17年1月31日96戰装備の千歳空分遣隊が空母瑞鶴、翔鶴で輸送されラバウルに到着した。
千歳空分遣隊飛行隊長兼司令岡本晴年大尉とともに搭乗員のみが先着。
昭和17年2月10日千歳空分遣隊と高雄空陸攻隊で4空(森玉司令)を編成。
昭和17年2月20日4空中攻隊、ラバウル攻撃米機動部隊の接近を察知し雷撃攻撃。
自爆・未歸還9機。 
昭和17年 2月23日1空中攻隊がラバウルに着任。
昭和17年2月24日からニューギニア島東南部、ポートモレスビー基地攻撃を開始。1942年3月7日南海支隊の一部のサラモア上陸、海軍陸戰隊のラエ上陸で終戰まで続くニューギニアの戰いが始まる。
3月31日原田機96陸攻乗組員一同、モレスビー基地陣地へ自爆命令で特攻。
昭和17年4月臺南空がラバウルに着任(斉藤司令)。
4空の戰斗機隊は臺南空に編入される。
昭和17年4月10日1空は後退し本土木更津で再建に入る。
昭和17年5月3日浜空飛行艇隊、ガダルカナル島ルンガ泊地北東對岸に位置するフロリダ島南端小島のツラギに進出する。
画像は、ラバウル航空隊ブイン基地(1943年4月い號作戰時撮影)
(ウィキペディア参照。)
TOPへ戻る