本文へ移動

闘いの歴史

闘いの記録

P38

2020-12-27
山本長官機は、こちらから撃墜されました。
P-38 ライトニング(Lockheed P-38 Lightning)は、ロッキード社が開発し、アメリカ陸軍などで運用された三胴設計の双発単座戦闘機です。
1930年代後半、アメリカでは戦略型爆撃機B-17フライングフォートレスの開発が始まっていました。
アメリカ軍はそのような爆撃機に対抗する必要性も同時に認識していた為、迎撃用戦闘機を各メーカーに発注しました。
その際の要求として「最高速度580km/h」「上昇力は高度6500mまで6分以内」等 と言ったものでした。その要求をクリアしたのは、ロッキード社でした。それ以降改良が重ねられ1939年の9月にP-38として正式採用されました。
その時の最高速度は675km/hまで達していました。
 欧州では、戦略爆撃機の主力掩護戦闘機として活躍しました。
だが機体特性が類似するドイツ軍機(Bf109等)には苦戦を強いられました。
1943年6月、イタリア軍に鹵獲され数機のB-17が撃墜された記録があります。
後続であるP-51やP-47に役目を譲っていく事になりますが、終戦まで性能を生かして偵察機や爆撃機として活躍しました。 
太平洋では開戦当初、日本機に対し格闘性能で劣るP-38は辛酸を舐めさせられました。
簡単に撃墜できる事からP-38の名前からとって「ペロハチ(ペロりと喰えるP-38)」と呼ばれてしまいました。
だが、その最高速度を生かした一撃離脱戦法に切り替えると評価は一変。
日本のパイロットからは「双胴の悪魔」と呼ばれるようになり、立場は狩られる側から狩る側へと逆転しました。
1943年4月18日には連合艦隊司令長官・山本五十六搭乗機である一式陸攻を撃墜しています。
 日本軍機撃墜数は約3800機でF6F、F4Uに次ぐ第3位でした。
 しかし当初重視されていた一撃離脱戦法も、実際に使ってみるとそれほど上手くいかない事も分かりました。
P-38の主翼は厚く、速度が上がると(速度による空気の圧縮が進んでいくと)激しい振動を起こすことが明らかになったのです。
また欧州ではFw190のような新型機が登場して性能的に後れを取るようになり、速度では互角でも運動性では単発機に勝てないことが判明しました。
以降はアフリカ方面で戦闘爆撃機として活躍していくようになりました。
同様に日本相手では、速度で上回ったため一撃離脱さえ出来れば有利でしたが、一旦速度や高度を落としてしまえばなす術が無くなってしまいました。
さらに三式戦闘機による一撃離脱にも対策が進みつつありました。
また高高度迎撃機として開発されながらも日独共に自慢の火力で相手をしなければならないほどの重武装の爆撃機は少なかったのです。
そのため、P-38F以降は後部胴体(双胴)内部に爆弾倉を追加し、長距離戦闘爆撃機として主に太平洋で活躍していく事になります。
太平洋戦線では飛行場と目標が離れていることが多く、他の戦闘機では目標までたどり着けなかったからです。
 戦後にアメリカ陸軍のレシプロ戦闘機がP-51改めF-51に統一された後、他の用途に転用されることもなく、海外に展開していたP-38の多くは現地で廃棄処分となり消えていき、1949年までに全機が退役、一部はイタリア空軍に送られ、1956年まで使われていました。
またホンジュラスやドミニカ、中国にも少数機が売却されています。

皇軍航空母艦

2020-12-27
大和型三番艦 信濃
Facebook中村まこさんの投稿です。
--- 航空母艦 信濃 (昭和19年) ---
- 基準排水量 : 62 000 トン
- 満載排水量 : 71 890 トン
- 全長 : 266 m
- 全幅 : 38.9 m
- 吃水 : 10.4 m
- 速力 : 28 ノット
- 兵装 : 40口径12.7cm連装高角砲 x 8基 . 25mm3連装機銃 x 36基 . 25mm単装機銃 x 40基 . 12cm28連装噴進砲 x 12基 
- 搭載機 : 47 - 72機 

帝国海軍航空隊です。

2020-12-25
無念。USSレキシントンのF4F-2戦闘機によって撃墜され、海に墜落する一式陸攻の瞬間。ラバウル沖, ニューブリテン, ビスマルク諸島
“マッチポンプ”と揶揄されましたが・・・

帝国海軍です。

2020-12-25
J2M3 帝国海軍局地戦闘機 雷電21型
米国では検分飛行では、途轍もない性能を発揮したそうです。 燃料の質からして負けていました。

陸軍です。

2020-12-25
大日本帝国陸軍97式戦車チハ

闘いの転機

1959.8.28 福岡の三井三池鉱山が4580人の人員削減案を発表

2020-11-15
総評などの支持を受けた三井三池労組は全面ストライキに突入し、戦後最大の炭鉱争議に発展する。
60年前の三池争議の最中、良識派により三池新労組が誕生、3月17日! |
大牟田市の市民生活は、様々な分野て、完全に二つに分断されまた。

バトルシップ三笠

2020-11-14
Facebook英霊の本日の出来事
大正15年11月12日の本日、戰艦三笠保存記念式を挙行致しました。

摂政宮であられた皇太子(後の昭和天皇)御臨席の下、盛大かつ厳粛に挙行されました。
摂政宮殿下は海軍大佐の通常礼装を召され、高松少尉宮殿下や日露戰争の黄海海戰において、「三笠」後部主砲を指揮中に敵弾で重傷を負われた伏見大将宮殿下もご臨席されました。

軍縮條約により廃艦後は解體される予定だったが、國民から愛された三笠に對する保存運動が勃興し、條約に基づき現役に復歸できない状態にすることを條件に保存されることが特別に認められ、大正14年1月に記念艦として横須賀に保存することが閣議決定された。
同年6月18日に保存のための工事が開始され11月10日に工事は完了した。
舳先を皇居に向けたのちに船体の外周部に大量の砂が投入されるとともに、下甲板にコンクリートが注入された。
この日以降、三笠は海に浮かんでいるのではなく、海底に固定されており潮の満ち引きによっても甲板の高さは変わらない状態となっている。
12日に保存式が行われた。
なお保存に際しては廃艦時に撤去した兵装の復元は行われなかったが、砲塔等は木製のダミーが取り付けられた。


(三笠保存会並びにウィキペディア参照。

バンドンでの会議

2020-11-13
アンチ大国主義
Facebook佐々木信雄さんの投稿

20th Century Chronicle 1955年(s30)】

◎アジア・アフリカ会議(バンドン会議)

*1955.4.18/ アジア・アフリカ会議(AAバンドン会議)が開かれる。24日、平和10原則を採択する。(〜4.24)

 1855(s30)年4月、インドネシアのジャワ島バンドンで第1回アジア・アフリカ会議(AA会議/バンドン会議)が開催された。議長国インドネシアのスカルノ大統領は、この会議を「世界人口の約半数を占める有色人種の代表による、世界最初の国際会議」と意義付け、第三世界の存在を世界に誇示する会議とした。4月18日から24日まで開催され29ヵ国が参加、日本もオブザーバーとして参加した。

 

 先立つ1954年印中首脳会談でネルーと周恩来が平和五原則を発表、さらに同年4月28日から南アジアの5ヵ国により、スリランカ(当時セイロン)コロンボでコロンボ会議が開催され、アジア・アフリカ会議を開催する構想が生まれた。AA会議は、これらの首脳を中心に、インドのネルー首相、インドネシア大統領スカルノ、中華人民共和国首相周恩来、エジプト大統領ナセルなど、新興国の当時の卓越した指導者たちのリードで実現したが、その後の中印の対立などから第2回以降は実現しなかった。

 

 バンドン会議では、「反帝国主義・反植民主義・民族自決の精神」が強調された。これは第二次大戦後のアジア・アフリカ諸国の民族自立の希望をうたい上げたものである。次にバンドン会議は、戦後の米ソ2極による冷戦構造下で、いずれにも与しない「第三世界」の存在を世界にアピールし、米ソの対立を緩和する立場(バランシング・ブロック)を作る契機を提供した。

 

 会議は「世界平和と協力の推進に関する宣言(バンドン十原則)」を採択して終了したが、参加諸国の経済的政治的安定はバラバラで、会議を主導したリーダーの死去や失脚もあい次ぎ、その理念の実現は遠いものとなった。結局第2回の会議は開かれず、その理念の一部が第1回「非同盟諸国首脳会議」に引き継がれる流れとなった。その後、バンドン会議50周年記念会議が開催され、定例化が決定され理念は継承されることになっている。

 

 インドネシア初代大統領スカルノは、この時期絶頂期でインドネシア建国の父と称えられた。スカルノはその後、容共路線を取り自由主義諸国と疎遠になったが、日本とだけは良好な関係を保ち、何度も来日した。日本からインドネシアへの莫大な戦後開発援助は、日本からそれに対応した輸入をするという紐付き多く、その裁量権はスカルノが握っていたため、それをあてにした日本の商社が、スカルノ来日時の夜の接待をすることが多かった。

 

 そのような流れの中で、赤坂の高級クラブ「コパカバーナ」で働く根本七保子を、貿易商社「東日貿易」の社員が斡旋して、スカルノ大統領のもとに送り込んだと言われている。それがのちの「デヴィ・スカルノ」第三夫人ということである。ちなみにインドネシアはイスラム教国で、複数の妻が認められており、スカルノも「正妻多数」となっている。

 

(この年の出来事)

*1955.1.28/ 炭労・私鉄総連などが、春季賃上げ共闘会議総決起大会を開き、春闘共闘方式の始まりとなる。

*1955.5.8/ 東京都下の砂川町で、米軍立川基地拡張反対の総決起集会が開催され、「砂川闘争」が始まる。9.13には強制測量が始まり、住民と警察隊が衝突、重軽傷者90余人。

*1955.5.11/ 岡山県宇部と四国高松を結ぶ宇高連絡船紫雲丸が、濃霧中で貨物船と衝突し、修学旅行中の小学生など168人が死亡する。(紫雲丸事故)

*1955.5.14/ ソ連と東欧8ヵ国が、NATOに対抗する「ワルシャワ条約機構」に調印する。

万年二位の果ては・・・。

2020-11-12
ひたすら「護憲と反安保」を掲げ続けた日本社会党は、まもなく、旗終い・・・か?

保守合同の果てには・・・。

2020-11-12
派閥の形成
TOPへ戻る