本文へ移動

当代の生きた時代

思い出のページ 【東京、今昔物語】

当代の頃の大学生は、こちら、 VANとJUNです。

2022-06-11
Facebook 稲野徹子  さん曰く

1970年代は、IVYスタイルの
人が多かったですね~ 
私もしていましたが、今考えると男女共、学生に相応しい清潔感のあるスタイルだったと改めて思います
フィッシャーマンセーターにタータンチェックのスカート
胸キュンアイテムです~

坊守は結婚前、損保(安田瀬火災海上)勤務でした。その本社が、絵の右端ビルです。

2022-03-15
因みに、当代の学生時代、この麓の某所が溜り場でした。

Facebook 安田 稔さん曰く


新宿駅西口の超高層ビル街を散歩。
右から3番目奥の50階建ての新宿野村ビルに1980年から2000年まで勤務していました。
ここは一区画が大きいので、圧迫感がないようにゆったり建ててあります。
人も駅とビル間やビルとビルの間も地下通路が充実しているので、地下を歩いている人が多いです。
地上のこのエリアを歩いていると、人もまばらで公園でも歩いているように広々として快適です。
新宿「ボルガ」、二男の修了式前夜、二男と坊守と三人で、こちらで一献酌みました。
"ぼるが"といえば、"とんぶり"です。
新宿「ぼるが」 文化の街の面影を今に残す象徴、みんなここで熱くなった | Syupo [シュポ]

とんぶりは人気の一品。筆者がはじめてとんぶりを食べたのは、そういえば「ぼるが」でした。山芋の千切りと一緒に量もたっぷりでてきて、軽く醤油を落としてささっとかき混ぜていただきます。ビール、酎ハイはもちろん、日本酒が欲しくなります。
品書きには銘柄が書かれていませんが、山形・小嶋総本店の「東光」など、かなり渋いチョイスが用意されています。

二男の大学と大学院の母校は、こちらです。

2022-01-10
今の仕事場は、こちらです。

昨日82歳の峠を越えました。

2022-03-15
写真左は先頃亡くなった詩人、清水哲男。 大学入学時の友人享年84。

Facebook 鳥越 俊太郎さん曰く


昨日82歳の峠を越えました。
これからはなだらかな下り坂、
いえいえ。毎週コラム書いてます。
「週刊 鳥越俊太郎イチオシ 速報」是非是非ご購読ください。
月額550円今週は新・米露中冷戦の始まり
写真左は先頃亡くなった詩人、清水哲男。
大学入学時の友人享年84。

箱根登山鉄道、全線復旧いたしました。

2020-08-05
社長を務めた府川光夫君は、当代と大学時代に共に活動した同志です。
卒業後、小田急のホテル部門等で勤務し、大分市のセンチュリーHでも勤務しました。
果たして、箱根登山鉄道社長就任の知らせを受けた矢先の災害でした。
爾来の苦労は、察して余りあるものがあります。
全線復旧、本当によかったと思います。
とはいえ、時勢は、コロナで大混乱、さらなる試練は続きます。
ご自愛と、更なる健闘を念じ、府川君にエールを送ります。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=34&v=8voBjsM_maU&feature=emb_title
https://www.youtube.com/watch?time_continue=34&v=8voBjsM_maU&feature=emb_title
TOPへ戻る