本文へ移動

公式サイト

公式サイト一覧

【公式ホームページ】真宗大谷派(東本願寺)

2021-09-26

東本願寺公式アカウント

2022-02-09

東本願寺公式アカウント

2022-02-09
真宗大谷派(東本願寺) | Facebook
真宗大谷派(東本願寺)さん (@OTANIHA_PR) / Twitter

『同朋新聞』がWEB上でご覧いただけます

2021-09-05

東本願寺出版ホームページでは、毎月発行している、東本願寺の機関紙『同朋新聞』がWEB上でお読みいただけます。
毎月発行後に更新され、過去1年分が掲載されていますので、ぜひ毎月チェックしてみてください。

『同朋新聞』は、さまざまな方へのインタビューや、仏教・浄土真宗に関する法話の連載など充実の読み物、また東本願寺に関するニュースなどをまとめて掲載しています。

現在、今月号を公開中!

 

8月1日、東本願寺出版から、月刊誌『同朋』8月号が発売されました

2022-06-04
Facebook 真宗大谷派(東本願寺)さん曰く
8月1日、東本願寺出版から、月刊誌『同朋』8月号が発売されました

巻頭インタビューは、タレントのラサール石井さん
「コント赤信号」のメンバーとして70年代後半から活動を始め、その後はタレント・俳優としてテレビや映画、舞台など幅広く活躍されています
新聞連載のコラムなどでの辛口の時評も話題のラサールさんに、現在の社会状況へのご意見を聞いています

特集は、「非戦の声をあげ続ける」

ロシアによるウクライナ侵攻が勃発し、たくさんの尊いいのちが犠牲になっています。どちらの国が勝利しようが、戦争で殺され傷つくのは民衆です。今回の特集では、いかなる武力行使にも反対するという「非戦」の願いを改めて確かめる内容になっています。

また、今回は、フランス現代思想から戦争論まで幅広く研究をしてこられた東京大学名誉教授で哲学者の西谷修さんと、戦争の歴史と宗門との関わりを検証してきた真宗大谷派僧侶の山内小夜子さんに、自身が戦争にどう向き合うのか、それぞれの考えをお話いただいています
その他にも、「沖縄から『非戦』を考える」をテーマに、ひめゆり平和祈念資料館館長の普天間朝佳さんをはじめとする3人の方それぞれの思いも収録

今月も読みごたえ十分な月刊誌『同朋』をぜひお読みください
TOPへ戻る