本文へ移動

ちょい話【掲示板】

ちょっと気になる言葉(お寺の掲示板等より)

Retweeted 三島由紀夫bot (@MISHIMA_ESSAY):

2022-05-15

Facebook 佐々木 信雄さん曰く

Retweeted 三島由紀夫bot (@MISHIMA_ESSAY):

どんなに醜悪であろうと、
自分の真実の姿を告白して、
それによって
真実の姿をみとめてもらい、
あわよくば
真実の姿まで愛してもらおうなどと考えるのは、
甘い考えで、
人生をなめてかかった考えです。
 
-不道徳教育講座-

Retweeted 遠藤周作名言bot (@enshu_bot):

2022-05-14

Facebook 佐々木 信雄さん曰く

Retweeted 遠藤周作名言bot (@enshu_bot):

「強情、無情な性格」は
 
いわば後ろ盾があればこそ見せることができるのであって、

こういう性格の人間は

孤立すると急に弱気になるものだ。 ―イエスの生涯
Retweeted Nietzsche
Retweeted Nietzsche (@Nietzsche_Words):

善悪において一個の創造者となろうとする者は、

まず破壊者でなければならない。

そして、いっさいの価値を粉砕せねばならない。
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ
Friedrich Wilhelm Nietzsche1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、
ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者であり古典文献学者
又、Nietzscheをニイチェと表記する場合も多い。

永劫回帰

ニーチェは、キリスト教が目標とするような彼岸的な世界を否定し、ただこの世界のみを考え、そしてこの世界を生成の世界と捉えた。

永劫回帰(永遠回帰)とは、この世界は、全てのものにおいて、まったく同じことが永遠にくり返されるとする考え方である。

これは、生存することの不快や苦悩を来世の解決に委ねてしまうキリスト教的世界観の悪癖を否定し、無限に繰り返し、意味のない、どのような人生であっても無限に繰り返し生き抜くという超人思想につながる概念である。

彼は、ソクラテス以前のギリシャに終生憧れ、『ツァラトゥストラ』などの著作の中で「神は死んだ」と宣言し、西洋文明が始まって以来、特にソクラテス以降の哲学道徳科学を背後で支え続けた思想の死を告げた。


超人

それまで世界や理性を探求するだけであった哲学を改革し、現にここで生きている人間それ自身の探求に切り替えた。自己との社会・世界・超越者との関係について考察し、人間は理性的生物でなく、キリスト教的弱者にあっては恨みという負の感情(ルサンチマン)によって突き動かされていること、そのルサンチマンこそが苦悩の原因であり、それを超越した人間が強者であるとした。ニーチェ思想において力の貴族主義思想を廃することはできない。さらには絶対的原理を廃し、次々と生まれ出る真理の中で、それに戯れ遊ぶ人間を超人とした。

すなわちニーチェは、クリスチャニズム、ルサンチマンに満たされた人間の持つ価値、及び長らく西洋思想を支配してきた形而上学的価値といったものは、現にここにある生から人間を遠ざけるものであるとする。そして人間は、合理的な基礎を持つ普遍的な価値を手に入れることができない、流転する価値、生存の前提となる価値を、承認し続けなければならない悲劇的な存在(喜劇的な存在でもある)であるとするのである。だが一方で、そういった悲劇的認識に達することは、既存の価値から離れ自由なる精神を獲得したことであるとする。その流転する世界の中、流転する真理を直視することは全て「力への意志」と言い換えられる。いわばニーチェの思想は、自身の中に(その瞬間では全世界の中に)自身の生存の前提となる価値を持ち、その世界の意志によるすべての結果を受け入れ続けることによって、現にここにある生を肯定し続けていくことを目指したものであり、そういった生の理想的なあり方として提示されたものが「超人」であると言える。


古代インド思想

ニーチェは『ヴェーダ』『ウパニシャッド』『マヌ法典』『スッタニパータ』などの古代インド思想に傾倒、ゴータマ・シッダールタを尊敬していた。

度々、忌み嫌う西洋キリスト教文明と対比する形で仏教等の古代インド思想を礼賛し、「ヨーロッパはまだ仏教を受け入れるまでに成熟していない」と語っている。

お坊さんは・・・。

2022-05-12
Facebook 田畑正久さん曰く

尊敬する仏教者の言葉

「医者は間違った薬を出したり、

    間違った処置をしたら、人を殺してしまうことがある。

    お坊さんは間違った説教をしたら、いのちを殺してしまう」

オシムのことば

2022-04-19
『讀賣新聞』2022.05.03朝刊

『大無量寿経』下巻       (岐阜黒野・真宗本願寺派香焼寺様) — 場所: 香焼寺

2022-05-02
Facebook 荒山 淳さん · 4月28日 6:07 ·

【 Facebook学事関係のページ】のページ、管理者は当山住職です。

大谷派関係学校等のページ

大谷大学公開講演会オンライン配信

2021-04-20
一楽 真教授

■講演概要 
「コロナ禍」と言われるほど、新型コロナウイルスは私たちの日常に重大な影響を及ぼしています。
ただ、ウィルスは人間を困らせようとして活動しているわけではありません。
人間にとって不都合というだけです。最も大きな恐れは感染したら死ぬということでしょうが、生まれた者は必ず死ぬというのはいのちの事実です。
コロナから人間の問題が浮き彫りになってきていると言えます。
【真宗本廟報恩講 報恩講法話(2012年11月27日)】一楽真氏
2012年11月27日の「真宗本廟報恩講」にて行われた一楽真氏(擬講・小松教区)による報恩講法話をお届けします。 
報恩講法話】 
真宗本廟報恩講の改悔批判では、門徒による感話と僧侶による報恩講法話が行われます。
宗祖親鸞聖人の御真影の前で信を問い、仏法に出遇わせていただくためのものです。
しんらん交流館HP https://jodo-shinshu.info/ 
真宗大谷派(東本願寺)HP http://www.higashihonganji.or.jp/

大谷大学のあゆみ 歴代学長の肖像—明治・大正・昭和

2021-04-07

2021年度春季企画展
大谷大学のあゆみ 歴代学長の肖像—明治・大正・昭和—  開催にあたって

 大谷大学は明治34年(1901)に東京巣鴨で開学した真宗大学にはじまり、大正2年(1913)には京都市小山の地に移転し、現在に至ります。
 本展覧会では、明治・大正・昭和の歴代学長の肖像とその遺品を紹介します。
 学長は、初代学監(学長)清沢満之から現在まで28代を数えます。その肖像は、学恩を受けた人びとの感謝の意と師を懐かしみ顕彰する思いから制作されたものです。いずれも当時交流のあった画家によって描かれており、往時は旧講堂に掛けられていました。
 これらの肖像を通じて、大谷大学の歴史と大学の発展のために力を尽くした方々の思いに触れていただければ幸いです。

宗教から科学掘り下げ 聖光学院が問う「正しさ」の先

2021-07-11

NASAも採用、レゴ教育 聖光学院の正解なき探究学習

2021-07-11

学寮歴代講師について

2021-07-13

講師職は、東本願寺(真宗大谷派)の教育機関である学寮における最高責任者でした。
学寮長であると同時に、学頭として学事一切を司り、安居の本講を担当しました。
学寮に初代講師職が置かれた正徳5年(1715)から明治40年(1907)に廃止されるまでの約190年間、講師職は27人を数え、これらの方々を、後の学階条例による講師と区別して歴代講師といいます。
TOPへ戻る