本文へ移動

子どものページ

時代と子ども

昭和の遠足写真

2022-01-24

Facebook Yufuki Otaさん曰く


昭和の遠足写真

冬の遠足で、大阪は弁天町にあった「交通科学博物館」に行った時の集合写真。

撮影は昭和44年であろうかと思う。

今も記憶に残る楽しい遠足だった。

蒸気機関車や新幹線、迫力ある実物展示には心躍った。

ボタンを押せば地面が沈み、地下鉄道が現れるジオラマの展示前では、ボタンを押したい者同士の争奪戦が勃発。

懐かしい思い出である。

その後、昭和61年には第二展示場が常設化し、規模を拡大。

展示物も更新されて、私の子供達が幼い頃も人気施設であり続けた。

しかし、寄る年波には勝てず、平成26年、施設・設備の老朽化に伴い、52年の歴史に幕を下ろした。

写真のC53とC62は「京都鉄道博物館」に移設され、今も子供達を迎えくれているようだ。

昭和35年頃だと思います

2022-01-22

Facebook 北出弘信さん曰く さん曰く

昭和35年頃だと思います
私が学校給食を食べたのはS39年です
其れ迄は、弁当持参で学校に行きます
おかずは『卵焼き』『豆』『魚肉ソーセージ』
『赤ウインナー』は憧れです
片手で弁当を隠しながら食べる女子
冬場はご飯が冷たく硬くて苦戦します

昭和の電車  子供が電車の先頭に立っています。

2022-01-22
Facebook 平泉 トオルさん曰く、その場所は、子供にとって特等席でした

昭和39年小学校の給食風景です

2022-01-21

Facebook 北出弘信さん曰く

 

昭和39年小学校の給食風景です
コッペパン•脱脂粉乳•副食ですね
脱脂粉乳を飲めない友達もいました
副食をオカワリする友達もいました
パンを机の中に入れたままで、
ネズミのエサにする不届き者もいました

· 何年経っても親子の絆は素晴らしいです。

2022-01-19
Facebook 佐藤洋さん曰く
TOPへ戻る