本文へ移動

子どものページ

時代と子ども

浜木綿子という生き様

2022-08-18
Facebook 髙橋彰男 さん曰く、子供の頃の香川照之さんと母親でもある。浜木綿子さんです

予備校の代名詞「駿台」校舎閉校ラッシュの背景

2022-08-16
 6月13日に朝日新聞デジタルが報じたところによると、大学入学共通テストを受験した浪人生がここ10年で3割減るなど、今、浪人生という存在が激減しているという。その影響もあってか、予備校大手の駿台予備学校は今年3月、神奈川県の「藤沢校」と「あざみ野校」の閉校を決定し、県内の校舎は「横浜校」だけになるという。ちなみに埼玉県内もすでに1校だけになっており、統廃合が加速している。
 そこで昭和・平成期に一時代を築いた「駿台」のビジネスモデルが、浪人生の減少によってどのような事態に直面しているのかについて、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏に解説してもらった。

【赤ちゃんポスト】開設15年 預けられた少年18歳に 今伝えたい思い『news every.』16時特集

2022-07-28
(2022年5月27日放送「news every.」より)
■161人の子どもが命つなぐ 親が育てられない子どもを匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご」。いわゆる「赤ちゃんポスト」が熊本市の慈恵病院に開設されてから、15年になる。
 育児放棄を助長するという声もある中、これまで161人の子どもが「こうのとりのゆりかご」で命をつないだ。
 宮津航一さん(18)もその一人。 
「僕はこのゆりかごを通して助けてもらったし、今の幸せな生活があるので感謝の気持ちがある。賛否両論分かれる中で、大きなものをこのゆりかごは負っている」
 航一さんは、預けられた子どもだからこそ、今伝えたいことがあるという。
ゆりかごとは。そして、家族とは…。
 ■いつ、誰から生まれたのか… 
航一さんが「ゆりかご」に預け入れられたのは、開設の初年度。
保育器のうえにちょこんと座り、時折笑顔を見せていたという。 
出生に関する情報は一切なく、いったん児童相談所に保護された。
名前は、当時の熊本市長がつけた。 
その後、航一さんは、市内でお好み焼き店を営んでいた宮津夫婦のもとへ。
5人の息子の子育てが一段落した宮津夫婦は、社会のために何かできないかと考え里親に登録し、初めて迎えた里子が当時3歳の航一さんだったのだ。 
当時のことを、母のみどりさんはこう振り返る。 
「最初はこの子も全然泣かなかった。泣かないし、抱っことか全然言わなかった。甘えなくてね」 ■夜は川の字で就寝 1日1回は抱っこして、夜は川の字で寝る。
一緒に笑い、一緒に悩む。
ともに過ごす日々が親子の絆を育んでいった。
 そして4歳になったころ。 
「新聞でゆりかごの記事を見て、僕ここに行ったことがあるって言ったからびっくりしちゃって(みどりさん)」
 航一さんは、「ゆりかご」の扉の絵を覚えていたという。
その日以来、夫婦は、新聞やテレビの報道を見せながら航一さんが自分たちのところに来た理由を話してきた。 
「実のお母さんも あなたのこと愛して、あなたのことが大事だったんだからね。あなたと出会えて私たちも幸せだったって(みどりさん)」

 ■写真の中でほほえむ母 小学校で書いた、自分の生い立ちを振り返る文集がある。
0歳のところには、宮津家のお兄さんの写真が貼ってあり、幼いころの写真もないので、航一さんは自分で絵を描いた。
思い出がない悲しさ…。
 そんなある日、親戚にあたる人物が航一さんを預けたと名乗りでたのだ。
実のお母さんは、航一さんを産んですぐに事故でなくなっていたことがわかった。 
そして、欲しかった実のお母さんの写真ももらうことができた。
カメラに向かってほほ笑むお母さん。 
「僕に似て髪がクルクルしていますけど、あっ(自分と)一緒だなって思って」
 写真から感じる親子のつながり。
だからこそ「ゆりかごの子ども」として伝えたい思いがある。 
「(子どもを)預ける人たちに対しては、写真とか服とか手紙とか、何か1つでも残してあげてほしいと思います」
 ■迎えた18歳の誕生日…そして決意 18歳の誕生日。
お父さんの手作りケーキで祝ってくれた。
航一さんが家に来た時から毎年作ってくれるのだという。 
「やっぱり大きかったですね、両親の存在というのは。色々なところで支えてもらったし『ゆりかご』に預けられた後の生活はとても幸せ」
 航一さんは、宮津夫婦と話し合い養子縁組をして戸籍上も家族になることを決めた。
そして、自分の名を明かし、「ゆりかご」について語っていくことにしたのだ。
 「僕はこの『ゆりかご』を通して助けてもらったし、今の幸せな生活があるので感謝の気持ちがある。
賛否両論分かれる中で、この『ゆりかご』は大きなものを負っていると思うし、もっと理解と協力をすべきじゃないかと思います」
 ■「子どもの居場所を作りたい」 航一さんは去年から、子どもたちの居場所をつくりたいと、子ども食堂を始めた。
ボランティアの協力で、月1回、カレーやサラダなどを提供する。
原動力になっているのは、子どもたちの笑顔。 
「居場所を求めている子どもはいつの時代でもいると思う。その一翼を担えればと思っています」 4月からは、大学生として新たな一歩を踏み出した航一さん。
入学式で着るスーツは両親がプレゼントしてくれた。
実の母の10回忌にお父さんと庭に植えた桜は今年初めて花が咲き、入学式の日には満開に。 「節目に合わせて咲いてくれたのかなって(航一さん)」
 血が繋がっていなくても本当の家族。
航一さんは、いろんな意見があるからこそ伝えていきたいと話す。 
救われた命の先でみつけた幸せ。ゆりかごの子どもがいま、その意味を語りかけている。 

· お気に入りの光景

2022-06-16
Facebook 高村 英之さん曰く

子どもがいっぱいです!!

2022-07-23

Facebook Miyake Taijiさん曰く


昭和32年頃の村の小学校(当時の長野県会地村)
戦後の第一次ベビーブームの子供が通っていた小学校です。
村の小学校でも全校の児童数は585人でした。
私もこの年に大阪市内の小学校に入学しましたが、1年は1クラス50人で8クラスありました
TOPへ戻る