本文へ移動

大谷派教団の動き

宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃のページ

誕生記念五条袈裟

2021-09-12
誕八(800年)
誕八五(850年)
2021-09-10
Facebook Masanori Honjoさん曰く
本日、教務所より今回の宗祖御誕生と立教開宗慶讃記念懇志の許可状と五条袈裟が届いたとの連絡が有り取りに行きました。
あと一つは、「薄栗皮色緞子同色有紋地陰散雲六葉八弁牡丹紋裳附」と言います。
模様が綺麗で薄栗皮色とのバランスが良いですね。
今回も先日尊い永代伺堂経を上げて頂きましたのでそれを懇志にまわさせてもらって、袈裟裏に寄進者の法名ネームを入れました。
本当に有り難い事です。
これから大切に相続させて頂きます。

2021-09-10
Facebook Masanori Honjoさん曰く
本日、教務所より今回の宗祖御誕生と立教開宗慶讃記念懇志の許可状と五条袈裟が届いたとの連絡が有り取りに行きました。
「紅色地六葉八弁紋白五条袈裟」(べにいろじろくようはちべんもんじろ)と言います。
やはり現物は綺麗な色をしてます。

慶讃元年のスタートを宣言

2021-07-05
『文化時報』2021.07.05

慶讃元年のスタートを宣言

準備本部から本部体制へと移行 

真宗大谷派は新年度開始の1日、2023年の「宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要」に向けて「慶讃事業本部」を宗務所に設置した。

また宗務所職員や全国の教務所長ら約100人が見守る中、但馬弘宗務総長と木全和博参務が、「宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃事業本部」の看板を宗務所門に掲げた。

本部開所に当たり、但馬宗務総長は慶讃元年のスタートを宣言し、「有縁無縁の方々と教えに出遇う慶びを共にする勝縁として、慶讃法要を迎えたい。そして2023年を越えても経常業務とともに深みと広がりを持って事業を展開したい。施策の具体化には従来の発想にとどまらない新鮮なアイデアを出してほしい。宗務役員の皆さんも悩みながら、楽しみながら、自らの慶びとなるような慶讃事業を成就していきましょう」と語り掛けた。

2021年4月15日(木)御影堂

2021-04-19
本年の立教開宗記念法要は初めてライブ配信にて行われました。

※和訳正信偈とは、昭和48(1973)年に親鸞聖人御誕生800年・立教開宗750年の共同事業として、真宗十派の共通勤行として制定されたものです。 
和訳正信偈は「真宗教団連合公式チャンネル」でご覧いただけます⇒https://bit.ly/2Ou5dTZ

立教開宗記念法要は、1923(大正12)年に勤まった立教開宗七百年記念法要を契機として、その年の8月に東西両本願寺をはじめとする浄土真宗の各派によって「真宗十派協和会(現在の真宗教団連合の前身)」が組織された際、毎年4月15日に各派において立教開宗記念法要を勤めることが申し合わされて以降、今日まで年々勤められています。

本年の法要では、開式にあたり但馬弘宗務総長より立教開宗の起源や2023年の慶讃法要についての挨拶があり、続いて、楠信生氏(真宗大谷派教学研究所)より「立教開宗の本義を尋ねて」と題した法話がありました。

法要は、真宗十派の共通勤行である「和訳正信偈」でお勤めされました。

コロナと私はどう向き合うか? 【真宗大谷派の取組】

新型コロナウイルス感染症への対応について

2021-04-27
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、真宗本廟(東本願寺)では下記のとおり対応しております。ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

真宗大谷派では、「新型コロナウイルス感染症に関する寺院・教会ガイドライン」を策定しました

2021-02-22
このたび、宗派において「新型コロナウイルス感染症に関する寺院・教会ガイドライン」を策定いたしましたので、ぜひ寺院・教会でご活用ください。

2020年12月21日更新

本ガイドラインは、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」をはじめとする政府の対処方針を踏まえて、寺院・教会等において、ご門徒や地域等への感染防止に努めつつ、寺院活動を継続するための感染防止の考え方や例示等を取りまとめたものです。

新型コロナウイルスを正しく理解し、感染予防に努めながら、安心してご参拝いただける聴聞の場を開いていきましょう。

【PDF】
    新型コロナウイルス感染症に関する寺院・教会ガイドライン(2020.12.21版)

(参考)
【資料①】コロナ対策チェックシート【word】
【資料①】コロナ対策チェックシート【PDF】
【資料②】コロナウィルス感染防止(啓発ポスター)【word】
【資料②】コロナウィルス感染防止(啓発ポスター)【PDF】
【資料③】真宗大谷派からご門徒の皆様へのお願い【word】
【資料③】真宗大谷派からご門徒の皆様へのお願い【PDF】
記載内容はご寺院や教会の環境に準じて変更可能となっております。
必要に応じて上記資料をダウンロードしてご活用ください。

【問い合わせ先】
真宗大谷派 総務部 TEL:075-371-9182・FAX075-371-1214

報恩講2020

2020-11-24
東本願寺Hp
報恩講4日目。大寝殿では「お斎」接待が行われています(~28日)。
「お斎」は仏事として、御同朋が食材を持ち寄って宗祖のご遺徳を偲びながらいただいたことに由来しています。真宗本廟では現在もその伝統を受け継ぎ、全国各地の「講」から持ち寄られた食材によって調理されています。
今年は、新型コロナウィルス感染対策のため、席数を減らし、ソーシャルディスタンスを確保し、飛沫防止パーテーションを設置しての実施となりました。また、これまでのお膳形式ではなく、折詰お斎、温かいけんちん汁、東本願寺の水、(お土産に輪島漆塗箸、報恩煎餅)といった内容での接待となりました。それでも来場された方々からは「とても美味しかった」という声が聞かれました。

報恩講2020の「お斎」です。

2020-11-24
折詰お斎、温かいけんちん汁、東本願寺の水、(お土産に輪島漆塗箸、報恩煎餅)といった内容での接待となりました。
感染対策を講じてのお斎接待

真宗大谷派の新型コロナウイルス感染症への対応について【1月14日~】

2020-01-14
1月14日から下記のとおり対応いたしますので、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

2021年1月14日更新

【新着情報】
■東本願寺文庫 幼児広場の休会について(6月まで)(1月21日更新)
■1月14日からの緊急事態宣言を受けての対応を更新しました(下記「各種対応について」をご確認ください)
■「新型コロナウイルス感染症に関する寺院・教会ガイドライン」を策定しました(12月21日更新)

宗務長からの長からのメッセージ

■「かけられた願いに立ち返る~人間性回復の道への出発点」(3月23日)

  各種対応について【1月14日~】

■真宗本廟(東本願寺)及び大谷祖廟並びに渉成園にご参拝の方へ(2月4日更新)
■真宗本廟奉仕について(1月14日更新)
■「住職修習・住職任命式」、「得度式」及び「教師修練」について
■しんらん交流館について(2月4日更新)
【印刷用PDF】新型コロナウイルス感染症への対応について(1月14日~)
■新型コロナウイルス感染症拡大に関する一般出仕の受け入れについて(12月4日更新) 

法話などの動画・音声配信

■いま、あなたに届けたい法話 ※2月10日、最新法話を配信しました!
■子どもたちと聞く法話
■(真宗会館)日曜礼拝オンライン法話
■(高岡教区)WEB法話
■(大阪教区)大阪教区チャンネル「法話をいただく」
■(名古屋教区)インターネット法話

寺院・教会の皆様へ

■「新型コロナウイルス感染症に関する寺院・教会ガイドライン」(12月21日版)
■法要(葬儀・法事等)における新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けての宗派指針

その他団体の対応

■(真宗教団連合)新型コロナウイルス感染症への加盟宗派の対応
■(全日本仏教会)新型コロナウイルス感染症への加盟団体の対応
■(全日本仏教会)新型コロナウイルス感染拡大に対する理事長談話「いま寺院の果たすべき役割」
■(全日本仏教会)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する葬儀・法要等についてのお願い
■(全日本仏教会)新型コロナウイルス感染症による影響についてのお伺い(アンケート調査)
■(全日本仏教会)宗教法人で「休業手当」を出した際の「雇用調整助成金」の適用について
■(全日本仏教会)新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置について、並びに、 申告・納付が困難な場合における国税の取扱いに関する周知広報、 及び、緊急経済対策における税制上の措置等に関する周知について



TOPへ戻る