本文へ移動

大谷派教団の動き

宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃のページ

【阿弥陀堂門の通り初め式が行われました】

2022-11-12
facebook真宗大谷派(東本願寺)さん【写真日記】曰く
【阿弥陀堂門の通り初め式が行われました】
本日(11/12)、修復が完了した阿弥陀堂門の通り初め式が行われました
式には、大谷暢裕門首をはじめ、真宗大谷派関係者のほか、施工会社の代表者や一般の参列者など多数参加しました。
通り初め式では、はじめに、阿弥陀堂門の外側にて「嘆仏偈」のお勤めがあり、その後、木越渉宗務総長と、来賓を代表して、金物等の修復をてがけた小西美術工藝社社長のアトキンソン・デービッド・マーク様より挨拶がありました。
挨拶後、「開門」の掛け声にて阿弥陀堂門を開門し、大谷暢裕門首を先頭に、関係者や一般の方々が通行しました。
明日13日からは、これまでどおり、阿弥陀堂門・御影堂門どちらからでも出入りできます。
ご参拝の際には、修復したばかりの阿弥陀堂門を、ぜひ間近でご覧ください。
TOPへ戻る