本文へ移動

ファイトの系譜 

【 オールラウンド編  含TOKYO2020の記録】

2日、横浜スタジアムにて行われたノックアウトステージでアメリカと対戦。

2021-08-03
延長タイブレークの末、7対6でサヨナラ勝ちを収めて準決勝進出を果たしました。次戦は4日19時から宿敵・韓国と対戦します。

体操女子種目別ゆかで村上茉愛が銅メダルを獲得

2021-08-02

体操女子種目別ゆかで村上茉愛が銅メダルを獲得

体操女子種目別ゆか決勝、村上茉愛は得点14.166で3位タイで銅メダルを獲得した。

決勝はほぼノーミスで演技。H難度の大技「シリバス」が決まって笑顔も見られるシーンもあった。


57年ぶり、村上茉愛、ゆか個人で銅メダル!!

2021-08-02
団体、個人でも、5位入賞を果たしました。 そして・・・。
東京1964の体操女子団体、銅メダル、爾来57年ぶりの快挙です。
台上は池田敬子さん、その右は小野清子さん

バスケットボール女子1次リーグのB組は、日本がナイジェリアを102-83で下し、

2021-08-02
2勝1敗で準々決勝進出を決めた。
バスケットボール女子1次リーグのB組は、日本がナイジェリアを102-83で下し、2勝1敗で準々決勝進出を決めた。ナイジェリアは3連敗で敗退。7連覇を目指す米国はフランスと顔を合わせる。
C組は中国がベルギーと、オーストラリアはプエルトリコと戦う。(共同通信)

女子フライ級準々決勝で並木月海(自衛隊)が

2021-08-02
リオ2016オリンピック銅メダリストのバレンシア(コロンビア)に5-0で判定勝ちし、4日の準決勝に進んだ。
日本勢がオリンピックの複数階級でメダルを獲得するのは、ロンドン2012オリンピック男子バンタム級銅メダルの清水聡、同ミドル級金メダルの村田諒太以来。
ボクシングの女子フライ級準々決勝で並木月海(自衛隊)がリオ2016オリンピック銅メダリストのバレンシア(コロンビア)に5-0で判定勝ちし、4日の準決勝に進んだ。3位決定戦がないため、フェザー級の入江聖奈(日体大)に続き、日本女子2人目のメダルが確定した。
日本勢がオリンピックの複数階級でメダルを獲得するのは、ロンドン2012オリンピック男子バンタム級銅メダルの清水聡、同ミドル級金メダルの村田諒太以来。(共同通信)

【 オールラウンド編 】(アーカイブス)

橋本真也vs.小川直也から20年。

2022-02-10
『負けたら即引退!』による光と影。

視聴率67%を記録した、熊殺しウィリーvs燃える闘魂 猪木の伝説の一戦!

2022-02-10

キャメル・チーム・ロータス・ホンダ

2022-02-03

Facebook 徳田新之助さん曰く


35年前の本日1987年(昭和62年)2月3日、
キャメル・チーム・ロータス・ホンダ、体制発表。
中嶋悟、日本人初のフルタイムF1ドライバーに。
長い間、黒のボディに金文字のJPSカラーだったチームロータスが
黄色のキャメルカラーに大胆に変身。
そして日本のエンジンと日本のドライバーを起用。
前衛的なアクティブサスペンションを採用するロータス99T、
最強ホンダV6ターボ、そして
チャンピオンを獲得するのも時間の問題と評される26歳の天才ブラジリアン、
アイルトン・セナにも大きな期待が寄せられる。
しかし栄光のチーム・ロータスはこの年を境に凋落。
セナがマークしたこの年の2勝が最後の勝利になろうとは…。
日本におけるF1ブームの起爆剤になったチームであったことは間違いない。

· 川崎球場 伝説の流しそうめん

2022-01-22
Facebook Kei Kitani さん曰く

野村再生工場時代です。

2022-01-21
Facebook岩田 宏一さんより

Facebook 杉田耕二さん曰く さん曰く



お疲れさまです
寒いですね
南海時代のノムさんと江夏さん
試合中の1コマですかね

【 プロレス編】

ジャンボ鶴田を評して

2021-05-15
御大の言葉
(1991年4月18日、三沢光晴戦に快勝したジャンボ鶴田を評して)
「三沢がやっぱり、3発鶴田のバックドロップを食ったらね、これはたまりませんね。ジャンボはジャンボで(三冠)チャンピオンの貫録がついてきましたね」- ジャイアント馬場
【三冠戦・鶴田強すぎる!】

【三冠戦・鶴田強すぎる!】

ジャンボ鶴田vs三沢光晴

91'April Jumbo Tsuruta vs Mitsuharu Misawa

ジャンボ鶴田は、これて天辺に上り詰めました。

2021-05-15
力動の夢は、テーズのこの技で砕け散りましたが・・・。
NWAインターとAWAヘビーを戴冠
ジャンボ鶴田 バックドロップ43連発

WWE 2K19 2代目タイガーマスク vs ジャンボ鶴田 - Tiger Mask II vs Jumbo Tsuruta

鶴田、AWAベルト戴冠の試合です。

2021-05-15
蔵前国技館1984年2月23日
TV放送版ノーカット!AWA世界ヘビー級選手権 ジャンボ鶴田vsニックボックウィンクル  蔵前国技館1984年2月23日

相手は、御大です。

2021-05-23
ジャンボの闘いです。

ジャイアント馬場 対 ジャンボ鶴田 (Giant Baba VS Jumbo Tsuruta)
第4回チャンピオン・カーニバル 4th Champion Carnival
ジャイアント馬場 対 ジャンボ鶴田
Giant Baba VS Jumbo Tsuruta.

<30分1本勝負>
昭和51年5月1日
サイド・スーフレックスです。

「ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田」 の大型師弟コンビ。 
馬場の巨体とアマレス仕込みの鶴田が合体すると、日本人離れしたスケールのプロレスが展開されるようになり、
このコンビが参加するリーグ戦では、常に優勝候補の筆頭。
そんな二人が全日本プロレスにおいて、どのような地位をしめていたのか・・・
 昭和50年初期を振り返った天龍源一郎による回想では、
「全日本は巡業で移動バスを使うから、各自割り当てられた席が決まっていた。
 みんな二人で座るのに、馬場さんと鶴田だけは一人がけ。
 まだ鶴田は若かったけど、当初から別格扱いだった。
 だって世界のジャイアント馬場のパートナーだから・・」

世代交代の頃

2021-04-20
ジャンボ鶴田 対 フリッツ・フォン・エリック <60分3本勝負>
ジャイアント馬場vs.フリッツ・フォン・エリック(JWA・1970年3月3日)

ジャイアント馬場vs.フリッツ・フォン・エリック(JWA・1966年12月3日)

【 ボクシング編 】

井上尚弥 衝撃の3回TKO 1回に勝利確信「弱気な姿勢も見えた。こんなもんかと」

2021-06-21
スポーツニッポン新聞社 2021/06/20 14:48
© スポーツニッポン新聞社 ダスマリナス下し、2本のベルトを肩にかける井上尚弥(AP)

プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦は19日(日本時間20日)、米ネバダ州ラスベガスのヴァージン・ホテルズ・ラスベガスで行われ、統一王者・井上尚弥(28=大橋)がIBF1位の指名挑戦者マイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ち。WBA5度目、IBF3度目の防衛に成功した。

 井上は「第1Rの相手の出方見て、相手の出方次第ですけど早い回でいけるのかなと確信を持てました」と序盤で確信をつかんだことを明かした。ダスマリナスについては「思ったより出てこなかった印象なので。わりと自分のやりやすいペースで進められたのかなと思います」と振り返った。

 中継のスタジオゲストでWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(34、帝拳)からも「1ラウンド目のファーストコンタクト、ジャブに対して左フック合わせた瞬間に勝つと思いました?」と聞かれ、井上は「読めたかなと。相手のちょっと弱気な姿勢も見えたのでこんなもんかという感じがありました」と語った。

 リングサイドではWBC王者ドネア、WBO王者カシメロが観戦。井上は「今回は相手うんぬんというよりラスベガスの期待感と、ドネア、カシメロが見に来ている中でどう自分を出し切るかというのが一番の課題だった」。試合は「80点くらい」と自己分析。「少し足の運びがいまいちだなというところもあったので、やりながら感覚をつかみたいと思います」とさらなる進化を誓った。

 さらに「自分の中の位置づけは4団体統一に向けてということで挑んだ試合なので勝ったことのうれしさはありますが、手を挙げて喜んでいられるステージではない。この後にドネア、カシメロの勝者と戦う方向に向けてより精進したい」と先を見据えた。

ダスマリナス「息できなかった」尚弥の強烈パンチに白旗

2021-06-21
「ナオヤはとても良い選手。(ボディーは)かわしたり、守ったりができず、インパクトは強烈で息ができなかった」
© スポーツニッポン新聞社 ボディーで3度ダウンを奪われたダスマリナス(AP)
スポーツニッポン新聞社 2021/06/21 05:30

◇WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦 〇井上尚弥 KO3回2分45秒 マイケル・ダスマリナス●(2021年6月19日 米ラスベガス)

 左ボディーで3度ダウンを奪われたダスマリナスは「ナオヤはとても良い選手。(ボディーは)かわしたり、守ったりができず、インパクトは強烈で息ができなかった」と白旗。「総合力が高く、スピード、パワーがあり、動きもよく、スキルがあった」と王者を称えた。

 同じフィリピン勢のドネアとカシメロの対戦については「よりコンディションが良い選手が勝つ」とし、その勝者が井上に挑む一戦について「良い試合になるはずで、(井上に対して)勝つチャンスがあるかもしれません」と予想した。

井上尚弥が防衛成功!ダスマリナスを3回TKO バンタム4団体統一へ前進

2021-06-20
日刊スポーツ新聞社 2021/06/20 18:39
© 日刊スポーツ新聞社 ダスマリナスを攻める井上尚弥(AP)

<ボクシング:WBAスーパー、IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇19日(日本時間20日)◇米ネバダ州ラスベガス

WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(28=大橋)が防衛(WBA5度目、IBF3度目)に成功した。

IBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)を3回TKOで倒し、日本人初となる2戦連続の「聖地」防衛に成功した。

WBC同級王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)ら他団体の対抗王者が見守る中、ラスベガスのリングで実力をアピールした。目標に掲げるバンタム級4団体統一へ、大きなステップを踏んだ。

  ◇   ◇

全米生中継、ラスベガスでは自身初の有観客興行という舞台で、井上が白星をつかんだ。日本人初となる2戦連続「聖地」防衛に成功。「試合当日の自分がどのようなパフォーマンスをするのか、ラスベガスにどんな試合をみせられるのか。自分でも楽しみ」。神経質になり、緊張しても良い環境であっても、井上は愛称「モンスター」らしくファイトした。

昨年10月のジェーソン・モロニー(オーストラリア)戦で初めてラスベガスに進出した。米プロモート大手トップランク社と契約後初試合で7回KO勝ちを収めた試合内容は大きな評価を受けた。「間違いなく彼は世界で最高のファイター。誰もが彼のようにはなれない」と絶賛していた同社ボブ・アラムCEOが試合前会見でも「モンスターが米国に戻ってきた」と手放しで歓迎。試合1週間前からラスベガスの掲示板は井上-ダスマリナス戦のPRが増え、中継局の米ESPNでは連日、ゴールデンタイムに井上を特集番組が放送された。

井上は言う。「もうプロモーションを含め、かなり期待を感じるので、その期待を裏切らないように、出せるものすべて出して、しっかりと勝ちにつなげたいです」。所属ジムの大橋秀行会長(56)は「米国での対応、評判が前回に比べものにならないぐらい(高い)。本人も比較していて、良い意味でかなり気合が入っている」と口調を強めていた。期待を力に変え、海外オッズでも優位の井上が確実に「聖地」で勝利を手にした。

◆井上尚弥(いのうえ・なおや)1993年(平5)4月10日、神奈川・座間市生まれ。元アマ選手の父真吾さんの影響で小学1年から競技を開始。相模原青陵高時代にアマ7冠。12年7月にプロ転向。国内最速(当時)6戦目で世界王座(WBC世界ライトフライ級)奪取。14年12月にWBO世界スーパーフライ級王座を獲得し、史上最速(当時)の8戦目で2階級制覇。18年5月にWBA世界バンタム級王座を獲得し、国内最速(当時)の16戦目で3階級制覇。19年5月にWBA、IBF世界バンタム級王者に。同年11月、WBSSバンタム級トーナメント優勝。家族は夫人と1男2女。164・5センチの右ボクサーファイター。

◆世界主要4団体統一王者 過去6人誕生している。世界主要4団体となって以降、04年にバーナード・ホプキンズ(ミドル級)、05年にジャーメイン・テイラー(ミドル級)、17年にテレンス・クロフォード(スーパーライト級=すべて米国)、18年にオレクサンドル・ウシク(クルーザー級=ウクライナ)、20年にテオフィモ・ロペス(ライト級=米国)が達成。そして、階級最強トーナメントのWBSSスーパーライト級覇者ジョシュ・テイラー(英国)が5月23日、ホセ・カルロス・ラミレス(米国)との4団体統一戦を制し、史上6人目の統一王者になった。

井上尚弥・デビューからマロニー戦までの全ダウンシーン35連発

2021-05-23
#井上尚弥・デビューからマロニー戦までの全ダウンシーン35連発
モンスター NAOYA INOUE

WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者 井上尚弥(大橋)、ラスベガスデビュー

2021-05-23
挑戦者は、 WBA2位、IBF4位、WBO1位 ジェイソン・マロニー(オーストラリア)



WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者
井上尚弥(大橋)

VS
WBA2位、IBF4位、WBO1位
ジェイソン・マロニー(オーストラリア)

 

試合結果は
井上尚弥の7RKO勝ち

 

バンタム級のWBAスーパー王座とIBF王座を持つ井上尚弥(27=大橋)が10月31日(日本時間11月1日)、

アメリカのネバダ州ラスベガスで両王座の防衛戦

挑戦者はWBA2位、IBF4位、WBO1位にランクされるジェイソン・マロニー(29=オーストラリア)。

19戦全勝(16KO)の井上に対し、マロニーも22戦21勝(18KO)1敗。

マロニー健闘も、7R右クロスカウンターで井上尚弥の7RKO勝ちです。

井上尚弥 vs ジェイソン_マロニー 無観客のラスベガスデビュー戦

【 ボクシング編 】(アーカイブス)

「エディ・最後の挑戦~老トレーナーと19歳の世界チャンピオン~」

2022-01-31

日本で6人の世界チャンピオンを育てた名ボクシングトレーナー、エディ・タウンゼント。病魔と闘いながら19歳の若者に夢を託す、老トレーナーの最後の挑戦を追う。

エディ・タウンゼントは、1962年にハワイから来日して以来、四半世紀にわたってチャンピオンを世に送り出すことで、日本の少年たちに夢と勇気を与え続けてきた。彼が最後に育てたのは、19歳で世界チャンピオンとなった井岡弘樹。その初防衛戦に向けて、エディは大病を患いながら車いすで指導、試合の日は担架に乗って会場へ向かった。井岡は激闘の末、最終ラウンドで逆転勝利。最後まで情熱を燃やし続けるエディの姿を描く。

【出演】エディ・タウンゼント,井岡弘樹,藤猛,ガッツ石松,海老原博幸,友利正,柴田国明,田辺清,【語り】千田正穂

Facebook 井岡 弘樹さん曰く

Facebook 井岡 弘樹さん曰く


2月1日(火)午後6:10〜NHK BSで放送される井岡弘樹とエディタウンゼントトレーナーとの奇跡のドキュメンタリーの放送のお知らせです。
この感動的な
命懸けのストーリーを
是非多くの方に見ていただきたいので#拡散 宜しくお願い致します
放送日はエディさんの命日。大切な日を忘れない為、エディさんが亡くなった午前1時に妻と入籍しました。
また感想など聞かせていただけると嬉しいです


Facebook 井岡 弘樹さん曰く

ボクシング レジェンド王者伝説 畑山隆則 編【vs 坂本戦、鮮烈KO 6連発】

2021-07-06
■ 2000年10月11日 WBA世界ライト級タイトルマッチ 王者 畑山隆則 vs 挑戦者 坂本博之 ■ 畑山隆則 強さの証明 KO 6連発!

大場政夫

2020-10-07
【 昭和の大ヒーロー ♪ 伝説のボクサー:大場政夫 大特集 ♪ 1998年放送 】
https://youtu.be/07POis-2g2k

1973年1月25日、3週間ほど前に逆転KOで5度目の防衛を果たしたばかりの大場は、首都高速5号線でカーブを曲がり切れずに中央分離帯を乗りこえ対向車のトラックと正面衝突。 愛車のシボレー・コルベットと共にチャンピオン・ベルトを巻いたままあの世へと旅立ちました。23歳でした。

永遠のチャンプ

2020-06-25
永遠のチャンプ・大場政夫。

私が最も敬愛するボクサーです。

1949年10月21日東京都足立区生まれ。

実父がギャンブル好きで、幼少期の暮らしは相当に貧しかったようです。

その実父がボクシングファンだった影響から、なんと小学校の入る頃には既に、将来は世界チャンピオンになり、両親に家を贈ろうと決めていました。

その後も決意はブレることなく、1965年の中学卒業と同時に帝拳ジムに入門、プロボクサーへの第一歩を踏み出すことに。

翌年には、渡辺和喜に1回KO勝ちでプロデビュー。

以降は、持ち前の負けん気と豊富な練習量で頭角を現し、次々と難敵を退けて世界ランキング上位へと駆け上がりました。

そして、プロ28戦(25勝2敗1分8KO)で、念願の世界タイトル初挑戦の切符を手中にします。

1970年10月22日、タイのベルクレック・チャルバンチャイを13回KOで倒し、WBA世界フライ級王座を獲得。

この時、大場は21歳。

プロキャリア4年で小学生の頃抱いていた夢を叶えました

その後、2年半足らずで王座を4度防衛。

そして1973年1月2日、WBA世界フライ級5度目の防衛戦を迎えます。

相手は「稲妻小僧」の異名を持つ元WBC世界フライ級チャンピオン、タイの英雄チャチャイ・チオノイ。

大場は1Rにチオノイの豪快な右フックを食いダウン。

その際に右足首を捻挫し、以降は足を引きずりながらのファイトを強いられます。

しかし、大場は驚異的な粘りで劣勢を挽回、8Rからは優勢に立ち、12Rを迎えます。

前半は打ちつ打たれつでしたが、中盤に機を見て大場が猛ラッシュ。

ロープ際で連打を浴びせられたチオノイは、遂に崩れ落ちます。

その後、チオノイは半ば戦意喪失状態になり、最後はレフェリーが試合を止め、大場は大逆転で5度目の防衛に成功しました。

1月2日のゴールデン枠に、人気ボクサーの世界戦生中継とあって、祖母の家に集まっていた親戚一堂はTVに釘付け。

終盤は皆が「大場〜っ!」と絶叫するほどの大熱戦でした

小学校3年生だった私も、感動で泣きそうになりました。

決して器用ではなく、打たれて強いわけでもなく、スピードもそれ程ではない……が、

猛練習で培った旺盛なスタミナと折れない心で、ただ愚直に左右のワンツーを繰り出す。

いつまでも、いつまでも、相手が倒れるまで繰り出す。

その闘志を前面に押し出したボクシングスタイルは、観る者の心まで奮い立たせる迫力がありました。

この試合の23日後、1973年1月25日。

大場は愛車シボレー・コルベット・スティングレーで首都高速5号池袋線を走行中、大曲カーブを曲がり切れず中央分離帯を乗り越え、反対車線に出たところを大型トラックと正面衝突。

現役世界チャンピオンのままこの世を去りました。

大場は3度目の防衛戦後に、それまでで得たファイトマネーで埼玉県に一戸建を新築購入し、両親に贈っています。

また、実弟の高校までの学費も全額支払い終えていました

中学卒業後、ボクシングに総てを賭けてきた大場が、4度目の防衛成功後に生涯で初めて自分自身へ贈ったご褒美が、当時日本に2台しかなかったシボレー・コルベット・ステイングレーでした。

大場政夫 
プロボクシング生涯戦績
38戦35勝16KO2敗1分
第25代WBA世界フライ級王座5度防衛

大場政夫  VS  チャチャイ・チオノイ (1973年)

2021-06-30
【昭和45年】大場政夫 vs.ベルクレック・チャルバンチャイ
1970年10月22日 WBA世界フライ級タイトルマッチ
TOPへ戻る