本文へ移動

響流十方の旅

第三回 「北陸への旅」 蓮如上人の足跡を訪ねます。

北陸新幹線、金沢―敦賀が開業

2024-03-16
北陸新幹線の敦賀延伸の一方…大阪からの乗客は「特急1本で金沢に行けたのに」と嘆き節
敦賀駅の2階コンコースに引かれた誘導のライン(福井県敦賀市で) © 読売新聞
北陸新幹線「巨大な要塞駅」ついに本格稼働 当面の終着駅

 2024年3月16日、北陸新幹線の金沢~敦賀間が開業。当面の終着駅となる敦賀駅は、関西・名古屋方面の特急と新幹線との乗り換え駅になりました。同駅は今回の延伸区間でも特に重要な位置づけの駅で、特徴が多い駅となります。

イッピン「百万石の美を装う 石川県金沢市・加賀の装飾品」

2023-02-06
加賀ゆびぬき(加賀てまり毬屋・大西由紀子さん)

近代哲学の先達との邂逅

2023-07-16
その先達の名は、鈴木大拙師です。

金沢の夜景は、何よりのおもてなしです。

2023-10-09
ラ・プラージュ

金屋町伝統的建造物群保存地区

2024-03-02
平成24年12月28日、金屋町伝統的建造物群保存地区が鋳物師町としては全国で初めて、重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

金屋町は、前田利長公が高岡開町に際し、砺波郡西部金屋から7人の鋳物師を招き、東西50間、南北100間の土地を与え、鋳物づくりを行わせたことに始まる高岡鋳物発祥のまちである。

第二回目の旅 「美作の国への旅」 ヨキヒト(法然上人)の足跡を訪ねて

法然上人の足跡を訪ねて

2023-07-16
2019.05.20、鷲羽山にて、背景に法然様配流の地・讃岐が望めます。
鷲羽山山頂から讃岐の地を望みました。
昼食会場は、鷲羽山山頂のせとうち児島ホテル 倉敷でいただきました。

岡山城は烏城と呼ばれます。

2024-05-24
烏城では天守に登った後に、パフェでお茶いたしました。
この旅、最期の食事は、こちらです!!
すべての行程を終えて、九州新幹線さくら号に乗車し、新鳥栖駅へ向かいました。
N700系新幹線
指定席 濃菜種色をベースに遠山模様を施し、ゆったりとした座り心地です。手すりやテーブルには、朱桜調の木を採用し、穏やかな雰囲気です。肘掛は可動式で、ベンチシートのように使え心地よい旅をお楽しみ頂けます。

今回のベースキャンプは、こちらです。

2024-05-24
ホテルグランヴィア岡山
岡山駅直結のホテル

夕餉は、当代従弟の裕の紹介のお店で、美作を堪能いたしました。

2024-05-24
柳川はむらです。 岡山といえばサワラです。

今回のルートは、こちらです。

2023-07-16
新鳥栖から九州新幹線、岡山で下車し倉敷へ、さらに瀬戸大橋を渡り、JR四国の高松まで足を延ばしました。
現代の吉備国の国府は岡山市です。

第一回目 「真宗本廟への旅」 宗祖終焉の地、そして真宗本廟を訪ねます。

今回の旅の目的は、10年間続いた「御堂物語」円成を御真影に報告することでした。

2023-07-16
「御堂物語」で展示された作品が制作されたお店に立ち寄りました。
折角ですので、嵐電に乗って白梅町まで参りました。
京刺繍の巧である長艸の工房で、ご当主からの講義を受けました。
最初の食事(昼食)はこちら、京都一の傳 本店
開催中の鴨川踊りを楽しみました。
京の西洋料理の名店 萬養軒を、祇園に訪ねました。
ぎをん 萬養軒
真宗本廟のお斎を調整するお店で、精進膳をいただきました。
泉仙 大慈院店

 大慈院店は1963年より、臨済宗大徳寺派の大本山「大徳寺」の境内で営業する、京の老舗精進鉄鉢料理店です。
折角ここまで来ましたので、大谷大学の本学キャンパスを通り抜けました。

上山いたしました。

2018-05-14
「五月の法要」をお勤めした翌日(2018年5月13日)、
婦人会の執行部役員は、
住職、坊守と共に、京都へ向かいました。
今年3月までの10年間、
一致団結して運営に臨んだ「御堂物語」が盛儀円成したことを、
宗祖親鸞さまにご報告申し上げようとの発願による旅立でした。
初日は、
洛中にある宗祖終焉の地周辺(萬里小路柳馬場)を散策し、
翌日に、
念願の真宗本廟への参詣を果たしました。
参加者全員が帰敬式受式者であり、
数回の上山経験者でもありましたが、
上山旗を掲げて住職・坊守共々との参詣は、
各自にとって、格別の思いいっぱいの参詣となりました。
宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌を終えて
見事な威容を取り戻した真宗本廟の境内は、
抜けるような青空の元にありました。

今回のペースキャンプは、こちらです。

2024-05-24
都シティ 近鉄京都駅【公式】
JR京都駅直結のホテルです。

現代の上山のツール(tool)は、新幹線です。

2023-07-16
まずは、新鳥栖から九州新幹線、そして博多からは山陽新幹線です。

旅の楽しみ

京の花街 先斗町⇔祇園

2024-06-14
先斗町
南座

写真の櫓(社紋を染め抜いた白幕で囲った部分)は元和年間(1615~1624) に、時の京都所司代板倉伊賀守勝重公により官許されたとされる。南座の象徴である。
先斗町と祇園
祇園商店街振興組合

京の団扇 阿以波

2024-06-14

京の台所 錦

2024-06-14
錦市場商店街
京都 グルメ【再発見!京都錦市場のおすすめグルメスポット5選】
TOPへ戻る