本文へ移動

闘いの歴史

闘いの記録 (戦争と人間)

【安倍元首相銃撃】母・洋子さん、悲嘆の肉声「もう晋三はいないんですよ」

2022-07-13
母・洋子さんにとっては、夫と息子を同じ67歳で亡くしたことになる(共同通信社/時事通信フォト)

 安倍晋三・元首相が7月8日、奈良県内での遊説中に銃撃されて死亡した事件は国内外に衝撃を与え、いまだ動揺は収まる気配がない。何より、遺された家族のショックは計り知れない。

 妻の昭恵夫人は、事件を受け都内の自宅から奈良に向けて出発。夕方に安倍元首相の入院先だった奈良県立医科大学附属病院に到着すると、対面から8分後に死亡が確認された。翌9日の朝、病院から遺体を乗せた車が出発すると、昭恵夫人は後部座席で前を見据え、病院を後にする際に頭を下げた。車は午後、自宅に着き、安倍元首相は無言の帰宅を遂げた。

 実弟の岸信夫・防衛相は会見で「兄は政治に命を賭けてやってきた。でも、このような形で命を取られるとは思ってもみなかった。悔しくてたまらない」と無念の胸中を明かした。生前、安倍元首相は健康不安説が取りざたされる岸氏のことを気にかけていたという。岸氏の後援会関係者は言う。

「岸さんは車いすや松葉づえを使って移動していますが、足元がおぼつかない状態です。活舌も悪く、地元でも『防衛大臣が続けられるのか』と懸念の声が上がっていました。現在は息子の信千世さん(元フジテレビ記者)が秘書官を務めており、次の衆院選では岸さんの代わりに信千世さんが継ぐともっぱらです。安倍さんは我がことのように心配し、信千世さんともよく連絡を取って、後継への準備を進めていたと聞きます」

 安倍元首相と岸防衛相の母である洋子さんも、岸家の後継には重大な関心を寄せていたという。それだけに、まさか、という思いだろう。同関係者が明かす。

「安倍さんが亡くなったとの一報が流れた後、後援会幹部の一人に洋子さんから電話があったそうです。『もう晋三はいなんですよ。明日から信千世の選挙戦が始まると思ってやりなさい』と声をしぼりだし、『もう晋三は……』と、最後は涙声で聞き取れなかったそうです」


母94歳の誕生会

安倍氏の専属SPが号泣 後援会幹部の「お前の責任じゃない」電話にも言葉にならず涙

2022-07-13
© NEWSポストセブン 提供 2018年、明治神宮を参拝する安倍氏に張り付く複数のSP(写真/時事通信フォト)
 安倍晋三・元首相(67)が遊説中に銃撃され死去した事件を受けて、奈良県警にクレームが殺到しているという。

【写真】安倍氏と昭恵さんの結婚時のツーショット。他、母・洋子さんの94才の誕生会に参加した安倍氏ら三兄弟

 安倍氏は7月8日、奈良・大和西大寺駅の北口前で参院選の応援演説を行っていた。現場では、奈良県警の警備部参事官をトップとする体制で指揮がとられ、県警本部や奈良西署の警察官、さらに東京から随行した警視庁警護課のSP(要人警護官)1名が安倍氏の警護に当たったという。しかし、安倍氏は約5メートルの至近距離で背後から撃たれ、命を落とす結果となってしまった。

 総理大臣の警護を担当したこともある警視庁元SPは、発砲があった瞬間の現場の動きについて「少なくとも犯人が前に出てきた瞬間に、後方を警戒していた人間がまず飛び出すべきでした」と悔やむ。

 世間では「警護体制は適切なものだったのか」という疑問が噴出し、奈良県警には11日午前7時までに電話やメールなど約1300件のクレームが殺到した。また、12日に警察庁で行われた記者会見では、中村格長官が「警察としての責任を果たせなかった」「警察庁の関与のあり方にも問題があった。長官として慚愧にたえない。責任は誠に重いと考えている」として、警護措置要領を見直す方針を示した。警察庁が、個別の事案について会見を開くのも、長官が責任を認める発言をするのも異例のことだ。

 安倍氏の後援会幹部によると、事件の現場を担当していたSPは強いショックを受けているという。

「警視庁から派遣されたSPに後援会会長が電話したところ、号泣して言葉にならなかったそうです。『お前の責任じゃない』とは伝えたものの、ずっとそんな調子で泣いていたと聞きました。安倍さんならきっと、こういう時に『キミじゃなくてよかったよ』と言っていたのではないかと思いますが……」

 後援会の幹部は、安倍氏との思い出を悲痛な様子で振り返る。

「地元の支援者としては、何をしても今はつらい。ふとした場面で『ああ、ここを安倍さんと歩いた』など思い出してしまいます。8月13日には、関門海峡花火大会が3年ぶりに開催されます。安倍さんも下関に毎年来られて楽しみにしていた花火大会だったのに、今年はご覧になれないと思うと……」(後援会幹部)

 安倍氏の銃撃事件により、多くの人の心が深く傷ついている。

安倍昭恵さんが夫の葬儀のあとに「涙目で見つめていたもの」

2022-07-13
© FRIDAYデジタル 葬儀が終わり、昭恵さんは涙目で「あるもの」を見つめていた
7月12日、東京都港区の増上寺で安倍晋三元総理の葬儀が執り行われた。近親者による「家族葬」という形だったが、岸田文雄首相など、政財界から多くの要人が出席した。安倍氏の「盟友」である麻生太郎副総理が弔辞を読み、

「あんたが私の弔辞を読むことになっていたんじゃないのか」

と故人の死を悼んだ。喪主を務めたのは妻の昭恵さん。夫の衝撃的な死からわずか4日、彼女もまた現実を受け止めきれていないようだ。

「昭恵さんは喪主の挨拶で安倍さんについて『これほど優しい人はいなかった。いつも私のことを守ってくれた』と語ったそうです。参列者が花を手向けるときには、昭恵さんが別れを惜しむように、安倍さんに数分間、頬擦りをしていたそうです」(自民党関係者)

予定より少し遅れ、14時半すぎに出棺となった。昭恵さんは棺を乗せた霊柩車の助手席に座り、車は永田町の自民党本部、衆参議員会館、総理官邸と順に回っていった。夫の位牌を抱いた昭恵さんは憔悴した様子で、うつむいていることが多かった。

すると、ある地点で昭恵さんがふっと何かに目をやった。車の助手席から、じっと国会議事堂を見つめていたのだ。その目には涙が浮かんでいるように見える。国会議事堂を通りすぎると、またうつむいたり、沿道の人に頭を下げるようになった。国会議事堂を見つめていたのは、ほんの一瞬だったが、昭恵さんは何を思っていたのか。

「この日、霊柩車が巡った場所は、もちろんどこも安倍さんとゆかりが深いところです。ただ、昭恵さんはよく安倍さんが総理時代に国会で野党などからの質問攻勢にさらされていることを心配していたようです。もちろんそれは総理として、絶対に果たさなくてはいけない責務ではありますが、本人の体力的、精神的負担を気にかけていた。国会での夫の姿が『辛くてテレビが見られない』と冗談交じりに話していたこともあったそうです。そんな記憶がふと頭をよぎったのかもしれません」(前出・自民党関係者)

今はただ安倍元総理の冥福を祈りたい。


© FRIDAYデジタル 目を伏せる昭恵さん
© FRIDAYデジタル 後日、お別れの会が開かれるという

安倍元首相 なぜ急きょ奈良演説の経緯「京都決まったので奈良まで」高市氏が優勢伝えるも、2紙予想厳しいと

2022-07-13
© (C)デイリースポーツ 安倍晋三氏
   自民党の高市早苗政調会長が12日付でツイッターに、安倍晋三元首相が凶弾に倒れたことへの悲しみや当日の出来事を記した中で、安倍氏が急きょ奈良に参院選の応援演説に入ったことを説明した。

 これまでも安倍氏の遊説日程は直前に変更となり、当初は奈良での演説は予定されていなかったとされていた。

 高市氏は「安倍元総理と最後にメールをやり取りしたのは事件前日夕方」とし、事件前日の7月7日夕方のことと説明。

 奈良が地元の高市氏は、「急な奈良県入りを知り、党情勢調査で奈良県は優勢の旨を送信した」と安倍氏にメールを送ったという。

 安倍氏から「問題ないとは思うけど、京都に行くことが決まったので、奈良まで行きます。毎日と日経が厳しく出ているので」と返信があったことを明かした。

 高市氏は「京都も奈良も当選したことを御霊前に報告しました」と記した。

菅原文太さんのことば

2022-07-12
Facebook 神田 寛哉さん曰く、①真宗 大谷派 正蓮寺さま ②福岡県 田川 ③令和4年6月28日

データベース(武器を用いない闘いの歴史の中で、人は如何に生きたか・・・。)

ゼレンスキー大統領の妻であるオレーナ・ゼレンシカが、

2022-04-20
Facebook VOGUE JAPAN さん曰く、 『VOGUE』に侵攻直後の様子と母国の惨状、そして希望を語った。
オレーナ・ゼレンシカ、2021年撮影。 PHOTO: STEPHAN LISOWSKI FOR VOGUE UKRAINE

ゼレンスキー大統領の名演説を手がけるスピーチライターは誰なのか? 

2022-04-21
ウクライナ情報戦の立役者
国連安全保障理事会でオンライン演説したゼレンスキー大統領(4月5日)  Photo: John Lamparski / NurPhoto 画像ギャラリー
ゼレンスキーを支える“スピーチライター”の正体──誰があの名演説を書いているのか?
ウクライナ国民の士気を奮い立たせ、世界に対しては各国の歴史を踏まえたスピーチで心を揺さぶる──ゼレンスキー大統領の名演説を手がけるスピーチライターは誰なのか? 
ついに英紙「オブザーバー」がその正体に迫った。

ルイス・フロイスが記録したキリシタン時代の復活祭

2022-04-17

Facebook 日本二十六聖人記念館さん曰く


ルイス・フロイスが記録したキリシタン時代の復活祭
 「この布教に携ずさわっていた二名の司祭たちの中の一人が、(レオ)がいた地で復活祭を祝わった。
 この善良な老人(レオ)には非常な熱心さがあり、彼はいつかはその地全部が聖主なるキリストに従うのを見ようとしきりに願っていた。
 彼は復活の祝日に、いっしょに祝うために四百人のキリシタンたちにすばらしい饗宴をした。」
  「一五九六年度イエズス会日本報告書」(第一期第二巻) より。

「侵略戦争を悪と言えない大学なんて必要ない」

2022-04-16
河瀬直美監督の東大入学式での祝辞、国際政治学者から批判相次ぐ。
4月12日に開かれた東京大学入学式。来賓として参加した映画監督の河瀬直美さんの祝辞が波紋を呼んでいる。 

河瀬監督はウクライナ侵攻について「ロシアという国を悪者にすることは簡単」「悪を存在させることで安心していないだろうか?」と新入生に問いかけた。 この祝辞について、国際政治学者から批判の声が相次いでいる。

祝辞

東大の入学式が12日、東京都千代田区の日本武道館で行われ、映画監督の河瀬直美氏(52)が来賓として出席し「自由に生きることの苦悩と魅力を存分に楽しんでください」と祝辞を贈った。

河瀬氏は新型コロナ禍で厳しい受験を迎えた新入生に対し「今日という日を迎えられましたこと、大変喜ばしい時間を、今この瞬間かみしめておられるのではないでしょうか。今日は手放しにその喜びを全身に受けてお過ごし下さい」と呼び掛けた。 その上で「明日からの日々は喜ばしさにあぐらをかいてはいけません」と強調。河瀬氏は、97年にフランスのカンヌ国際映画祭で新人監督賞を受賞した時のことを引き合いに「フランス人の担当者が同じようなことを言ってくれた。『今日はこのトロフィーを掲げて喜んでいれば良い。明日からは0から出発する』。賞の上にあぐらをかいていては、それ以上の成長がないのだと理解した」と自分の経験をもとに語った。 

 

 河瀬氏はロシアによるウクライナへの軍事侵攻についても触れた。 「ロシアという国を悪者にすることは簡単である」と切りだし「一方的な側からの意見に左右されて、本質を見誤っていないだろうか。誤解を恐れずに言うと『悪』を存在させることで、私は安心していないだろうか」と冷静に自問して問題提起した。 河瀬氏は「人間は弱い生きもの。だからこそつながりあって国家に属している。自分たちの国がどこかの国を侵攻する可能性があるということ自覚する必要がある」と述べ、「自らの中に自制心を持って、拒否することを選択したい」と話した。

2022-04-06
4月3日は京都のレストラン・キエフでのコンサート。厳しい戦争の被害国となったウクライナへの思いの詰まった忘れ難いコンサートになりました。

Facebook 加藤登紀子さん曰く


<TOKIKO NOW>『 4月11日土の日ライブ、ゲストは石川さゆりさんです!』(2022.4.6up)
桜が満開から葉桜へ、劇的なこの季節。すごい3日間のコンサートが続きました。
4月3日は京都のレストラン・キエフでのコンサート。厳しい戦争の被害国となったウクライナへの思いの詰まった忘れ難いコンサートになりました。
一曲目は「そこには風が吹いていた」で静かに始まり、キエフならではの意味で、私の生まれ故郷のハルビンを歌った「遠い祖国」を歌いました。
父が1972年にレストラン・キエフを開いたのは、京都がキエフと1971年に姉妹都市になったからでした。
「ロシア人にとってキエフは京都や」と父が言っていたように、ロシアの歴史は、キエフ公国の誕生にそのルーツがあり、その後の帝政ロシア時代、革命後のソ連時代、ソ連解体後の時代へと変転してきました。
私の生まれた中国東北部のハルビンは、帝政ロシアの建設した町で、その時に西から強制移住させられたウクライナ人も多く、その後は革命で逃げてきた貴族やコサック人、スターリンの迫害を受けた芸術家など、無国籍の亡命者の街でした。
戦後、そのロシア人たちが日本にたくさん移住してきた頃、父は彼らの仕事場としてレストランを始めたのです。最初のコックさんはコサックの娘という陽気なおばちゃんでした。
お店にはいっぱいロシア人関係の人が集まって、いっつも大合唱になり、ダンスになり、ここが彼らの居場所になったのです。
その亡命ロシア人が歌い継いできた「悲しき天使」、ピートシーガーがコサックの子守唄を元に作った「花はどこへ行った」、そして解体したソ連の共和国を繋ぐ、決定的な歌になった「百万本のバラ」、、、
私の心を捉えて離さないのは「放浪の民の音楽」なのだ、とこの日ほど思えたことはありません。
 「キエフ」ではこの後に、同じように音楽を求めていくつもの音楽を辿ってモダンタンゴの世界にたどり着いたアストール・ピアソラの歌を2曲。「リベルタンゴ」「忘却」を歌い、その後に「無垢の砂」。これは「映像の世紀」のテーマに合わせた私の詩の朗読で、今の時代への深い思いを込めました。
翌日は桜満開の伊勢の五十鈴川のほとりの「おかげ横丁 野あそび棚」で、桜にライトアップをしたステージで少しゆったりとした「花物語」のライブを楽しみました。
「花」「琵琶湖周航の歌」「愛のくらし」と歌ったら、もう前の席の人が号泣しちゃって、私も泣きそうで大変でした。今年が、1972年の結婚から50年の年、夫の没後20年なので、振り返る思いもひとしお、弾き語りでは「檸檬」を歌いました。
本当に昼も夜も、夢のような桜満開の別世界。
後半は「さくらんぼの実る頃」「花はどこへ行った」「百万本のバラ」など、これも花いっぱいの濃い世界でした。
5日は東京上野のライブスポット「Qui」で、なんと「ひばりを歌う」コンサート。もちろん後半には登紀子レパートリーも。
全く違うアプローチを、3日間、クリアーしてくれたのは鬼武みゆきさん。本当にお疲れ様でした。
2022年の厳しい思いをどう歌で伝えていけるか、歌う場で切実に感じながらの日々。そんな中、作詞作曲して石川さゆりさんに贈った新曲「残雪」が、テレビやYouTubeで大好評のようです。今月の4月11日の「登紀子土の日ライブ」のゲストにお招きしています。「新曲『残雪』を語ろう」楽しみにしていて下さい。

【 Facebook闘いのページ】のページ、管理者は住職です。

TOPへ戻る