本文へ移動

闘いの歴史

闘いの記録 (戦争と人間)

軍靴の足音・・・

2020-10-03
Facebook佐々木信雄さんの投稿
【20th Century Chronicle 1918年(t7)
◎初の本格的政党内閣 政友会原敬首相が誕生
*1918.9.29/ 初の政党内閣、政友会原敬首相が誕生。「平民宰相」と呼ばれる。
 米騒動で寺内内閣が退陣すると、元老たちはもはや官僚内閣では世論の支持を得ることができないと考え、衆議院の第一党である立憲政友会総裁の「原敬」を後継の首相に推薦し、1918(大7)年9月29日、原内閣が成立した。原は爵位をもたず、藩閥政治家でもなく、最初の衆議院に議席をおく内閣総理大臣だったので、平民宰相と呼ばれた。しかも原内閣は、大半の全閣僚が立憲政友会会員からなる本格的「政党内閣」だったので、国民から歓迎された。
 原敬首相は世論の追い風をうけて、指導力を発揮して党内の統制をはかり、教育施設の拡充・交通機関の整備・産業の振興・国防の充実という積極政策を推進した。さらに、1919(大8)年、選挙法を改正、選挙資格を直接国税3円以上にまで広げ、大選挙区制から小選挙区制に改め、翌年の総選挙で立憲政友会は衆議院の圧倒的多数の議席を制した。
 「平民宰相」は原の代名詞ともなって国民から人気を集めたが、実はかつて、爵位授与を何度も得ようと動いた痕跡もある。しかし明治から大正になり時代の風潮も変ると、原自身が「平民政治家」であることを意識するようになり、政友会幹部として自信を深めるにつれて、爵位辞退を一貫して表明するようになったとのことである。
 しかし、1920(大9)年の恐慌によって原内閣の積極政策は行き詰まった。そして、政友会の党勢拡張により、利権をめぐって汚職事件が発生するなど、多数党の腐敗と横暴を非難する声が盛んになり、納税資格を撤廃した「普通選挙」(男性のみ)の実現を要求する運動がしだいに活発になった。
 議会では、護憲運動の闘士 尾崎行雄や犬養毅らが普選実施を政府に迫り、普選実施の主張は野党である憲政会や国民党のスローガンにも取り入れられていった。しかし、原首相と立憲政友会は、すぐに普通選挙を実施するのは時期尚早であるとして反対、社会運動にも冷淡な態度をとったため、原の平民宰相というイメージを損なわれていった。
 1921(大10)年11月4日、原敬は、関西に向かうため東京駅に到着した直後、国鉄の転轍手に襲われ、ほぼ即死する(原敬暗殺事件)。犯人によると、原首相が政商や財閥中心の政治を行い一連の疑獄事件が起きたと考え、普通選挙法に反対したことなど、反動的な政治家と見なしたのが原因だという。
 なお、選挙結果をへた衆議院第一党の党首が内閣総理大臣に指名されるのは、1924(大13)年の憲政会の「加藤高明」内閣からである。実際には選挙結果をみて元老西園寺公望が指名したのであり、憲法で議院内閣制が規定されてはいないが、以降は「憲政の常道」として、慣行的に議院内閣制が行われた。加藤は内閣を組織すると、選挙公約であった「普通選挙法」を成立させた。
(この年の出来事) 
*1918.1.8/ ウィルソン米大統領が、議会で「平和のための14ヵ条」をしめし、第一次大戦の終結を提唱。
*1918.5.1/ ゼネラル・モータース社(GM)がシボレー社を合併、フォード社に対抗してシェアを一気に高める。
*1918.7.17/ 元ロシア皇帝ニコライ2世一家全員が、エカテリンブルグで銃殺される。
*1918.11.3/ キール軍港で水平が反乱を起こす。それをきっかけに、ドイツ各地に労兵協議会成立。続いてドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が退位し、ドイツ革命が成立する。
*1918.11.11/ ドイツ政府が連合国との休戦条約に調印、第一次世界大戦が終わる。

ジミー・ドゥリットル

2020-09-30
日本本土に爆弾落っことして、中国大陸まで飛んでった人だけれど、その後ヨーロッパで第八空軍の司令官やってます。
ロッキードの「高価過ぎる戦闘機」で形作った戦爆連合を「より安価でより優れた戦闘機」で完成させた御仁

75年経ち、建物は風化が進んでいます。

2020-09-30
只今、修復・現況保全中です。
その惨禍は、絶対繰り返してはなりません!

傀儡国家という時代

2020-09-30
満州国皇帝 愛新覚羅溥儀
東京駅ホームにて
君主への拝謁
名代を出迎え

愛新覚羅溥儀と溥傑

2020-09-30
満州国皇帝とその弟君
溥儀
溥傑

データベース(武器を用いない闘いの歴史の中で、人は如何に生きたか・・・。)

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀

2022-06-04
皇太子徳仁親王と同妃雅子(両者とも当時)
皇太子同妃のパレードでは即位の礼で使用されたロールス・ロイス・コーニッシュIII

ドレス姿もいろいろ…皇族13人ご結婚の本誌秘蔵写真集

2022-06-04
森英恵デザインのローブ・デコルテ、26年前のご成婚の「祝賀パレード」
女性自身 - 3 時間前
6月9日は雅子さまご成婚記念日。’58年の創刊以降、『女性自身』が見届けた皇族のご結婚は13回。プリンセスの美しいドレス姿やはにかむ笑顔、描く家族像は国民の関心の的であり、日本社会の結婚観をも左右した。ドラマチックなご結婚の数々を振り返りますーー。
© 女性自身 59年、上皇后 美智子さま(写真提供:宮内庁)

【’59年】上皇后 美智子さま

上皇陛下との“テニスコートの恋”から、初めて民間から皇室へお輿入れされ「世紀のご成婚」と言われた。美智子さまは当時「ミッチー」と呼ばれ、多くの国民が魅了された。リボンが印象的なローブ・デコルテは、クリスチャン・ディオールがデザインしたものだった。

【’60年】昭和天皇の五女 島津貴子さん

称号の「清宮(すがのみや)」と名前の頭文字から「おスタちゃん」と親しまれた貴子さん。21歳で薩摩藩主の末裔で旧伯爵家の島津久永さんと結婚。当時、会社員の花嫁となったことも話題に。

【’64年】常陸宮妃 華子さま

旧伯爵家の津軽家から上皇陛下の弟宮、常陸宮さまと結婚された華子さま。一度のお見合いで決めた旧伯爵家からのお輿入れは、皇族や旧華族などの要望が強かったと言われた。

【’66年】三笠宮家の長女 近衞甯子さん

三笠宮崇仁さま(故人)の長女。熊本・細川家から母の実家の近衞家に養子に入った忠煇さんと結婚。学習院女子中・高等科の同窓会「常磐会」の会長を務めたことも。

【’80年】寛仁親王妃 信子さま

「ヒゲの殿下」と親しまれた寬仁さま(故人)からは、高校生のときにプロポーズを受けられ、8年後にご結婚。「トモさん」「ノンチ」と呼び合う仲だった。寬仁さまと兄の麻生太郎自民党副総裁は若いころからの友人。

【’83年】三笠宮家の次女 千容子さん

スイスの学校やパリのソルボンヌ大学で学び、奔放な宮様と言われた容子さん。帰国後、年下の茶道裏千家宗家16世、千宗室さんと結婚。現在、2男1女の母である。

【’84年】高円宮妃 久子さま

高円宮さま(故人)から「Will you marry me?」とプロポーズされ、「Yes.」とお受けしたことで有名。高円宮さまは夜中に久子さまのお父さまに会い、結婚の了承を得たという。

【’90年】皇嗣妃 紀子さま

秋篠宮さまとは学習院大学で出会い、“キャンパスの恋”として話題に。プロポーズは、大学近くでの信号待ちのときだった。昭和天皇の崩御から1年たたずのご婚約に批判する声も出たが、紀子さまの笑顔が人気となり、ご結婚は平成最初の皇室の明るいニュースとなった。

記念写真の撮影合間に、秋篠宮さまの御髪を整えられる紀子さま。有名な一枚だが、撮影が許された時間外での写真だったため当初は宮内庁が公開を拒否していた。

【’93年】皇后 雅子さま

’86年に東宮御所で催されたスペイン・エレナ王女の歓迎レセプションで出会われたお二人。天皇陛下はそのときの会話で心をつかまれ、雅子さまを一途に思い続け7年越しでプロポーズされた。ご結婚当日のドレスは美智子さまから贈られた絹地「明暉瑞鳥錦(めいきずいちょうにしき)」から作られ、森英恵がデザインした。

芦田淳デザインのドレス姿の雅子さま。ご結婚後、6回催された宮中饗宴の儀では、優美なドレス姿で世界中からの賓客を魅了された。

【’05年】上皇陛下の長女 黒田清子さん

秋篠宮さまの学習院時代からの友人で、都庁職員の黒田慶樹さんと結婚。帝国ホテルでの披露宴の装いは、清子さんが好きだった映画『ルパン三世 カリオストロの城』のヒロイン、クラリスのドレスを模しているといわれる。

【’14年】高円宮家の次女 千家典子さん

お母さまの久子さまと親交のある出雲大社の宮司を務める千家家の長男、国麿さんと結婚。出雲大社での結婚式でお召しの大正天皇の后・貞明皇后ゆかりの袿袴(道中着)の装いが注目された。

【’18年】高円宮家の三女 守谷絢子さん

日本郵船勤務の守谷慧さんとの結婚は、ハンサムなエリートとの理想的な結婚と言われ、国民から支持された。明治神宮で挙式の後、ホテルニューオータニで披露宴が催された。

【’21年】秋篠宮家の長女 小室眞子さん

小室圭さんと国際基督教大学で出会い’17年に婚約が内定したが、小室家の金銭問題が発覚し結婚が延期に。この間、多くの国民に心配されたが、’21年、皇室の一連の儀式を執り行わずに結婚。当日、記者会見を開いた。

 英王室のキャサリン妃が、エリザベス女王の即位70年を祝うイベントで、ダイアナ妃が愛用したサファイアとダイヤモンドのイヤリングをお披露目した。
© (C)Zeta Image 英キャサリン妃、ダイアナ妃愛用のイヤリングで祝賀イベントに
英キャサリン妃、ダイアナ妃愛用のイヤリングで祝賀イベントに クランクイン! - 3 時間前

記念すべきビッグイベントに、キャサリン妃は、アレキサンダー・マックイーンによる白のブレザースタイルのワンピースと、フィリップ・トレイシーのソーサーハット、そしてサファイアとダイヤモンドのドロップピアスを付けて参列した。

 Peopleによると、このイヤリングは、亡くなったダイアナ妃が愛用していたものだそう。ダイアナ妃はサファイアのジュエリーをいくつか所有しており、今回キャサリン妃が着用したのは、1996年のメットガラや、1991年のカナダ訪問時に、妃が巨大なサファイアとパールのチョーカーと共に身に付けていたものだ。

 実はこれまでも、キャサリン妃はこれに似たサファイアのイヤリングを身に付けていたが、ダイアナ妃のものよりも小ぶりなので、模して作られたのではないかと見られていたそう。

 ちなみに、チョーカーの巨大なサファイアはもともとブローチで、ウエディングギフトとして女王の母エリザベス王妃からダイアナ妃に贈られたもの。それが後に、ダイアナ妃が愛用した7連パールのネックレスのセントラルピースに使用され、こちらもキャサリン妃が受け継いだのではないかと見られているが、まだ公の場では登場していない。

 エリザベス女王の長期に渡る在位を祝う今回のセレモニーは、アイコニックなイヤリングを初めてお披露目する最高の機会だったのかもしれない。

日大新理事長に林真理子氏=芸術学部卒、来月就任へ―改革意思や実行力評価

2022-06-03
© 時事通信 提供 末松信介文科相(右)と面会する日本大学次期理事長の林真理子氏(右から2人目)=3日午後、東京都千代田区
2022/06/03 19:14

 日本大学は3日、次期理事長に日大の卒業生で作家の林真理子氏(68)を選出することが決まったと発表した。新学長には元総長の酒井健夫氏(78)を選出。7月1日から新体制が発足し、信頼回復に向けた取り組みを進める。

 理事長選考は、学外の有識者ら4人を含む計6人の委員が、書面や面談などを通じて行った。

 選考委は理由書を公表し、林氏が「日本文芸家協会」の初の女性理事長として、自らイベントを企画立案するなどの実績を挙げたほか、大学再生への固い決意や実行力を指摘。さらに「強い愛校心」にも触れ、「途中で投げ出すことのない胆力や誠実かつ真摯(しんし)に取り組む姿勢を持っている」とした。

© 時事通信 提供 末松信介文科相(右手前)と面会する日本大学次期理事長の林真理子氏(左から2人目)=3日午後、東京都千代田区
「素晴らしい人事だ」“日大のドン”が激白 林真理子氏“新理事長”に

新体制に注目が集まる日本大学です。新理事長に作家の林真理子さん(68)が就任することが決まりました。田中英寿前理事長が番組の取材に応じ、「素晴らしい人事だ」と話しました。

 3日昼すぎのことでした。都内の飲食店から出てきたのは田中前理事長です。

 午後に決まった新理事長。決まる直前です。

 日大元理事長・田中英寿氏:「(Q.林真理子さんが新しく…)いやいや素晴らしいよ」

 田中前理事長が新しい理事長人事について見解を述べました。

 林真理子さん本人は2日…。

 日本大学新理事長・林真理子氏:「本当に心をずっと痛めていたので、やるせない思いだった」

 そして、一夜明けた3日昼すぎのことです。もう一方の当事者といっていい人物が取材に応えました。

 日大前理事長・田中英寿氏:「(Q.林真理子さんが新しく…)いやいや素晴らしいよ。素晴らしい人事だと思いますよ」「(Q.どういうところが?)有名人だもん、著名人だしね、OBだし、言うことありませんよ」「(Q.ご自身はどのように過ごしている?)今、だから仕事ないから家にいる」「(Q.きょうは何しにお店に?)俺あそこに住んでんだよ、自宅だよあれ」「(Q.これからどちらに?)関係ないだろう」「(Q.ちなみに林真理子さんについては?)今、答えた通り。以上。言うことない」「(Q.林真理子さんがきょう承認されるが)知らないよ、そんなこと。全然、俺はタッチしてないもの」

 日大アメフト部の悪質タックル問題が浮上したのは2018年。

 日大アメフト部・内田正人監督(当時):「信じて頂けないと思うが、私からの指示ではございません」

 司会者:「もうやめて下さい、やめて下さい。同じ質問が繰り返されているので、これで会見の質問は終わりにします」

 この会見を見た林さんは当時「週刊文春」のコラムで、こう書いていました。

 林真理子氏:「しばらくぼうぜんとして次に猛烈な怒りがわいてきた。日大の記者会見を見たからである。まともなのは学生だけで、指導者もコーチもひどい、ひどすぎる。司会者もどうしてあんなアホなジイさんを連れてきたのだろうか」

 司会者:「これだけ聞けば十分です。いいです、しゃべらないで下さい」

 記者:「司会者のあなたの発言で日大のブランドが落ちてしまうのでは?」

 司会者:「落ちません」

 林真理子氏:「こうなったらイメージがとことん落ちた母校のためにひと肌もふた肌も脱ごうではないか。あのガバナンス全くなしオヤジばかりのオレ様主義の学校をオバさんの力で何とか変えてみたい」

 林さんは「ルンルンを買っておうちに帰ろう」でデビュー。1986年には直木賞を受賞しています。

 一方で、大学経営の手腕は未知数。おばさんの力で日大を変えることができるのか。

 新しい理事長人事。学生たちはどう受け止めているのか。

 日本大学の学生:「林さんでしたっけ(日大の)印象悪くなったのかな。そこは回復できたら」「(林氏を)知っています。日大の中が改善されるならいい」

 林真理子さんへの期待。田中前理事長にも聞いてみました。

 日大前理事長・田中英寿氏:「(Q.田中さんからお伝えしたいことは?)ありません何も。何もありません、以上」

「チャールズ国王」へ備え 退位せず、公務移譲進める―英女王在位70年

2022-06-03
エリザベス英女王(左)とチャールズ皇太子=2019年10月、ロンドン(AFP時事)
2022年06月03日07時05分

 【ロンドン時事】4月に96歳になったエリザベス英女王は、存命中の君主として世界最高齢だが、「生涯を国民にささげる」と誓った通り、生前退位の考えはないとみられている。その一方、長男チャールズ皇太子(73)に重要な公務を移譲するなど、「代替わり」への準備も進めている。

〔写真特集〕エリザベス英女王在位70年 プラチナ・ジュビリー

 女王は5月10日、毎年恒例の議会開会式での演説を「移動が困難」なことを理由に取りやめた。歩行に問題を抱え、昨年10月ごろからつえを手放せなくなっていた。
 女王が行う政府施政方針演説の代読は、英国の立憲君主制を象徴する重要な行為だ。女王が開会式を欠席したのは妊娠中だった1959年と63年に続き3度目だが、大法官が演説を読み上げた最初2回と異なり、今年代役を務めたのはチャールズ皇太子だった。
 王室有力筋は英紙タイムズに、皇太子の登壇は女王が「意識的に決断した」もので、「チャールズ国王」の時代が近づいていることを国民に強く印象付ける狙いがあったとの見方を明らかにした。
 女王は可決された法案の裁可、外国元首や大使の接受、首相との定期会見などの公務で多忙だ。王室メンバーがパトロン(後援者)を務める慈善団体など約3000組織のうち、約600団体(昨年時点)は女王がパトロンだ。
 それでも数年前から、秋の戦没者追悼式での慰霊碑献花、叙任といった重要公務のかなりの部分は、皇太子はじめ他の王室メンバーに任されている。女王に届けられる政府文書には、皇太子も時間を置かずに目を通しているとされる。
 王室筋はタイムズ紙に、継承の道筋をめぐっては女王自身がかじ取りをすると説明。一方で皇太子についても「準備を確かなものにするため、自身のチームを率いて奮闘している」と語っている。

神社本庁トップが失脚か、2人が新総長を自認で「南北朝時代」突入を危惧する声

2022-06-03
ダイヤモンド編集部,宮原啓彰 2022/06/03 16:25
全国約8万社の神社を傘下に置く宗教法人、神社本庁。6月3日に満期を迎える、その巨大宗教法人のトップ人事が目下、前代未聞の大混乱。新総長を自認する2人が併存しかねない事態に陥っている。(ダイヤモンド編集部 宮原啓彰)
象徴的な存在である統理が 「指名権」を使って田中氏を“失脚”か

「もう好きにやってくれよ、という感じですね」――。 全国約8万社の神社を傘下に置く宗教法人、神社本庁。その幹部の一人は取材にそう投げやりに答えた。 日本最大の信者数を誇る巨大宗教法人のトップ人事が、過去に類を見ない大混乱に陥っている。 神社本庁(ひいては神社界)の象徴で「聖」の部分を担う「統理」に対し、「俗」の部分を担う事務方のトップで事実上の権力を持つのが、神社本庁「総長」だ。 現在の統理は鷹司尚武氏。公家の家格の頂点である「五摂家」の一つ、鷹司家の現当主であり、昭和天皇の第3皇女の養子で、上皇陛下の義理の甥に当たる人物だ。家柄だけでなく、慶應義塾大学大学院修了後、日本電気(NEC)に入社、最後はNEC通信システム社長を務め、神社界の“外”でも功績を残している。 一方、6月3日に任期満了を迎える現在の総長は、田中恆清氏。歴代最長の4期目にあり、4日以降も前人未到の5期目突入を狙っていたとされる。神道政治連盟会長、打田文博氏と共に神社界を牛耳る2トップと言われてきた人物だ。 そして、5月28日に開かれた神社本庁役員会で、6月4日付け以降の新総長の人選が図られたが、「多くの役員から田中氏の再任に異議を唱える声が続出した一方、吉川通泰副総長ら田中派も納得せず、激しく紛糾した」(神社本庁関係者)という。 その理由は、本編集部が報じた神社本庁の不動産売却(関連記事:『神社本庁で不可解な不動産取引、刑事告訴も飛び出す大騒動勃発』)を巡り、田中氏を含む神社界の上層部と業者の癒着があったと内部告発した結果、懲戒処分を受けた元幹部職員2人が地位確認を求めた訴訟で、最高裁が4月、神社本庁の上告を退けて、2人への処分無効と未払い賃金の支払いを命じた1、2審判決が確定したことにある。 全面敗訴となったこの上告を、半ば強引に組織決定した田中氏の責任が追及されたわけだ。 そして、役員会の終盤、鷹司統理が、田中氏失脚を意味する、鶴の一声を発する――。 なんと鷹司統理自身が、“新総長”として、北海道神社庁長で神社本庁理事を務める芦原高穂氏を指名したのだ。芦原氏もこれを承諾したという。 この意味について、馴染みのない人にも分かりやすく例えれば、天皇は内閣総理大臣の「任命権」を持つが、これとほぼ同じく、統理は神社本庁総長の「指名権」を持つ。 異なっているのは、総理大臣の方は「国会の指名によって」という但し書きがつく一方、神社本庁総長の方は庁規によって「役員会の議を経て、(中略)統理が指名」と定められている点だ。 だが、もちろん統理自らの判断による指名は前代未聞の出来事。従来の総長人事は、役員会で「統理一任」となるものの、その実、内々に決まっていた人物の名が書かれた紙が事前に事務方から統理に渡され、統理はそれを読み上げるのが慣例となっていた。「鷹司統理は、(役員会に先立って開かれた)評議員会で噴出した田中総長の再任に反対する声を勘案したのではないか」と、神社関係者はその心中を推測する。 4日以降の新総長は一体、誰になるのか?神社本庁は3日13時現在、「まだ総長人事は決まっていない」とした。一方、前出の神社本庁幹部は「田中派の幹部や役員たちは、『役員会で結論が出ていない以上、4日以降も田中氏が総長だ』という立場を崩していない。このままでは最悪、総長を自認する人間が2人並存するという、“南北朝時代”さながらのめちゃくちゃな事態になりかねません」と話す。 前述の裁判の全面敗訴だけに止まらず、近年の田中総長体制下の神社本庁では、田中・打田両氏の右腕と言われ、裁判担当も務めた神社本庁兼神政連幹部職員の不倫疑惑(関連記事:『安倍応援団の神社幹部が不倫か、神社界揺るがす裁判に影響も』)など醜聞続き。さらには、「先の大嘗祭では、本来あるはずの宮内庁から神社本庁への相談さえなく、鷹司氏は神社本庁統理としてではなく、鷹司家のご当主として呼ばれている。宮内庁も現在の神社本庁と距離を置き始めている」(別の神社関係者)とされる。 土壇場で新総長は1人に絞られるのか、4日以降の展開が注目されるが、少なくても「神は八百万いるから総長も…」とはいかないだろう。

【 Facebook闘いのページ】のページ、管理者は住職です。

TOPへ戻る