本文へ移動

闘いの歴史

闘いの記録 (戦争と人間)

77年目の「長崎の鐘」 色あせない永井隆博士のメッセージ

2022-08-09
© 産経新聞 昭和25年、息子の誠一さん、娘の茅乃さんと正月を祝う永井隆博士(永井隆記念館提供)
2022/08/09 08:00
「平和を」「如己愛人(にょこあいじん)」(己のごとく、あなたの隣人を愛しなさい)-。長崎への原爆投下から9日で77年。被爆しながらも医師として救護活動にあたり、『長崎の鐘』などの著作で平和を訴えた永井隆博士(1908~51年)のメッセージが改めて見直されている。博士が幼少期を過ごした島根県雲南市では、作品の朗読会やその生涯を描いた演劇の創作などが続く。世界情勢が不安定な中、その存在と遺志は今も色あせない。

© 産経新聞 ロザリオを手にする永井隆博士。妻を亡くした後、半年間髪を切らずに喪に服した(永井隆記念館提供)

「微力」重ねた25年 福山雅治さんも共感 高校生平和大使たちは今

2022-08-08

Facebook 毎日新聞 さん曰く


現在25代目が活動中の「高校生平和大使」。
この25年で国連などに派遣した平和大使は計423人に上り、200万筆以上の署名を国連に提出しました。
「微力だけど無力ではない」を合言葉に活動をつないできた平和大使の足跡をたどりました。

- 日本への原子爆弾投下 (昭和20年8月6日 - 昭和20年8月9日)

2022-08-06
facebook 中村 マコさんは秋山 俊太さん 他7人 と原爆ドーム前停留場
【アーカイブ】原爆を開発、投下に同行、映像撮影したアグニュー博士と被爆者の対話の一部始終(2005年放送)

臥薪嘗胆ではありませんが・・・。

2022-07-31
「徳川家康三方ヶ原戦役画像」通称「顰(しかみ)像」

Facebook 徳川美術館さん曰く


◆◆名品コレクション展示室◆◆
第1展示室
 「徳川家康三方ヶ原戦役画像」通称「顰(しかみ)像」
               と
    「刀 銘 村正」を、
 2022年8月23日(火)まで並べて展示しています。
8月24日(水)からは「徳川家康三方ヶ原戦役画像」は複製の展示となり、9月19日(月・祝)まで展示します。

Address to a Joint Meeting of the U.S. Congress by Prime Minister Shinzo Abe

2022-07-30

データベース(武器を用いない闘いの歴史の中で、人は如何に生きたか・・・。)

潜伏キリシタント隠れキリシタン

2022-02-21
秘められた祈り カクレキリシタン350年の信仰
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(日本語版)

Facebook 畠山 紘さん曰く


2月21日
こんばんは
3年前に3泊4日で天草をくまなくレンタカーで周遊しました。
60年前にも行きました。
世界遺産の登録されたので4回目の訪問でした。
やっぱり行って良かったです。
潜伏キリシタント隠れキリシタン
江戸時代の潜伏キリシタンは、土地の習俗や神仏信仰などと結びついたことで次第にキリスト教の教義から離れ、独自の信仰へと発展していった。
そのため、明治以降にキリスト教の禁教が解かれ、再びカトリックの宣教がなされても、カトリックとは一線を画し、独自の信仰様式を継承した人々が残った。これが「隠れキリシタン」と呼ばれる信仰。
宗教学者の宮崎賢太郎・長崎純心大学教授は『カクレキリシタン オラショ―魂の通奏低音』の中で、「現在のカクレキリシタンはもはや隠れてもいなければキリシタンでもない。
日本の伝統的な宗教風土のなかで長い年月をかけて熟成され、土着の人々の生きた信仰生活のなかに完全に溶け込んだ、典型的な日本の民俗宗教のひとつ」との立場から、隠れキリシタンを信仰する人々を「カクレキリシタン」と片仮名で表記している。
現在でも長崎県の生月島や熊本県天草などで、その教えを信仰する人々がいる。
なお、国指定の無形民俗文化財(風俗習慣・祭礼[信仰])としては「かくれキリシタン」と表記される。
隠れキリシタン
長崎県の生月島や熊本県天草
世界遺産 熊本県天草市 崎津集落 DJI 4K ドローン空撮
長崎・天草「潜伏キリシタン」 世界遺産登録決定 独自の信仰、風前のともしび
【日経電子版 映像】
近世の禁教時代を耐え忍んだ「隠れキリシタン」。
世界遺産に登録される一方、
その文化は存続の危機にひんしている。
いまも静かに祈りの言葉「オラショ」を唱え続ける信徒の姿を追った。

平戸でオラショ、厳かに 禁教下のキリシタン信仰残す長崎

今夏の世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)の候補地で、
禁教期の信仰形態を今に残す祈り「オラショ」を唱え続けている人々が3日、暗唱する様子を長崎県平戸市の公共施設で披露した。 

【KTN】世界文化遺産

2022-02-21
【KTN】世界文化遺産 第1回「プロローグ」

2018年6月に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、歴史的背景や当時の世情などを7回に亘り、映像と識者の解説で分かりやすく伝える。
 第1回は「プロローグ編」。

第1回...プロローグ https://youtu.be/zzbM5l9bd9g 

第2回…島原の乱(潜伏のきっかけ) https://youtu.be/m94Km8od_MU

 第3回…潜伏(どのような信仰だったのか) https://youtu.be/SlqT6uYjV8w 

第4回…新天地(五島へ渡ったキリシタン) https://youtu.be/2DFKtDWdAYY 

第5回…終焉(信徒発見) https://youtu.be/-gclX7Effkc 

第6回…変容(カトリックに復帰) https://youtu.be/SBG7QGhW5qU 

第7回…エピローグ(潜伏キリシタンの歴史的意味) https://youtu.be/JR4pJQADV_o
【KTN】世界文化遺産 第2回「潜伏のきっかけ…島原の乱」

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 Ⅱ潜伏のきっかけ…島原の乱
 1637年(寛永14年)、かつてキリシタン大名が統治していた島原と天草で、大規模な宗教一揆が起こった。
島原の乱と呼ばれている。
 キリシタン禁制が続く中、いったんは棄教していた農民達が一斉にキリシタンに立ち返り、キリスト教信仰の容認を幕府に求めて武装蜂起したのだった。 
三ヶ月に亘る攻防戦の後、「原城」に立て籠もった数万人の一揆勢は全滅した。 
そして乱に参加しなかったキリシタン達は、表向きは仏教徒を装いながら秘かに信仰を続けていくこととなった。
 研究者へのインタビューをを交えながら、キリシタン潜伏のきっかけとなった島原の乱について紹介する。
【KTN】世界文化遺産 第3回「潜伏~どのような信仰だったのか~」
【KTN】世界文化遺産 第4回「新天地~海を渡ったキリシタン~」
【KTN】世界文化遺産 第5回「終焉〜信徒発見〜」
【KTN】世界文化遺産 第6回「変容~カトリックに復帰~」
【KTN】世界文化遺産 第7回「エピローグ…潜伏キリシタンの今日的意味」

【死神】 立川談志

2022-01-08

令和3年7月に再生回数が50万回に達しました。ありがとうございます。 このサゲに落ち着いたのは平成7年頃。『あれだけのことをやられたんだから、やっぱり死神に吹かせたいんだよ。死神が怒らないわけないもの』(家元談) 平成17年1月の高座(北とぴあさくらホール)
立川談志「談志半生記」2016/11/26

破天荒な行動や毒舌。落語界の反逆児と言われた落語家・立川談志。江戸時代からの古典落語に革命を起こした。昭和11年東京に生まれた談志は、16歳で五代目柳家小さんに入門。27歳で立川談志を襲名し真打昇進を果たした。しかしその頃から「師匠に教えられたとおり古典落語をやっているだけでは落語はいずれ滅びる」と危機感を抱く。「時代に合わせて落語を変えていかなければならない」というのが生涯を貫くテーマとなった。談志の落語哲学は「落語は人間の業の肯定」である。つまり「人間の弱さや愚かさを認めたうえで、そうした人間らしさを描き出すことこそが落語である」というのである。落語を愛し、生涯通じて理想の高座を求めて続けた半生が語られる。


今日は岡本太郎氏の命日らしい(Taro Okamoto.1911.2.26 - 1996.1.7)

2022-01-07
Facebook 永井資久さん曰く
今日は岡本太郎氏の命日らしい(Taro Okamoto.1911.2.26 - 1996.1.7)
彼の名を多くの人に知らしめたのは言うまでもなく、大阪万博の「太陽の塔」だろう。当初、私も意味も判らずとんでもない醜悪なものだと思った時期もあった。彼のこの言葉を聞いた時に理解出来たような気がする。
「精神の自由さから来るデタラメこそが真の芸術である。」
ピカソに傾倒し、ダイナミックな作品創りを精力的にこなしていた。よくテレビに出演して「芸術は爆発だぁ〜!」「何だこれは!」などと叫んでおられたのが印象に残っている。作品にはとにかく圧倒される迫力がある。今後ピカソを越えるアーティストとして世界で高く評価されると思う。
偉大なるデタラメ人、岡本太郎氏に敬意と感謝を込めて。。。。合掌。
大谷大学 #きょうのことば
Facebook 大谷大学さん曰く
本学教員が「伝道掲示板」の解説文を執筆しています。



· 若き日の小澤征爾とシカゴ交響楽団のRCA録音版

2022-01-07
Facebook 伊東 一郎さん曰く、ベートーベンとチャイコフスキーの5番より、春祭が良い。ボストンと小澤の日本公演を思いだした。
Facebook 伊東 一郎さん曰く
今週、思うところあって、小澤征爾のCD爆買い。 1969年にモーツァルトの35番と28番をニューフィルハーモニー管弦楽団と録音したCDは持っていたが、水戸室内管弦楽団とのモーツァルトは、知らなかった。

【 Facebook闘いのページ】のページ、管理者は住職です。

TOPへ戻る