本文へ移動

ちょい話【親鸞編】

仰せを蒙りて【文字データ編】

仏の徳を秤るのは仏でなければ出来ない

2022-12-08
facebookYasuda Rizin 1553
仏の徳を秤るのは仏でなければ出来ないでしょう。
人間がやってみたところで秤れはしない。
そうでしょう。
だから、称名はどちらかと言えば徳について言うわけです。
念仏のほうは「正信偈」でも「憶念弥陀仏本願」とあって、
その長い言葉を略して念仏というのです。
つまり念は憶念です。
1552
「称」の秤るという意味は、
言ってみれば本願の深さを秤るのです。
それで徳を讃えるのです。
称讃するという意味です。
けれどそれは人間には出来ないでしょう。
人間では仏は秤れない。
だから諸仏称名と書いてあるのです。
仏を秤るものは仏なのです。

讚嘆とは

2022-11-29
金子大榮師
讚嘆とは供養讚嘆の意味で亡き人をご縁に仏法聴聞する事です。
懺悔とは今日迄作り続けた悪業煩悩に振り回されている自己自身を知ることです。
お念仏は無い物ねだりの呪文ではありません。
念仏は自分の口から出てくるものですが、私の計らいを一切超えたものです。
ただ念仏する身になることが真実に生きる事です。

落在者

2022-11-25
Facebook Yasuda Rizinさん曰く
1540
落ちてないから怖れる。
落ちはしないかとね。
落ちた人間は怖がりはしない。
地獄を背負うて立つ。
地獄が我だというのが落在者です。
そういうものでないとこの資本主義の中にあってしかも資本主義から逃げずに、資本主義を超えて資本主義に随順していく道は無いのです。
それだけのハラがないとね。
人間の考えたハラくらいでは資本主義は破れないのです。

仏を仏たらしめた法というものは

2021-04-21
釈迦仏が発明したのではない。

Facebook Yasuda Rizinさん曰く


994
仏を仏たらしめた法というものは
釈迦仏が発明したのではない。
発明したのなら法とは言わないのです。
釈迦仏が出遇った。
見出した。
作ったのではないのです。
そういう真理がある。
真理といっても理論的な真理という意味ではない。
本来的な真理です。
われわれが忘れていた真理です

自覚するものがあって 自覚しているのではないのです。

2021-04-15
Facebook Yasuda Rizinさん曰く
988
鏡がなければ自分を映してみることはできないでしょう。
自分が自分を知っているというのは独断でしょう。
自分に自覚するものがあって
それを自覚すると考えたら
独断になるのです。
自覚するものはないのです。
自覚ということも自覚される。
自覚されるということも自覚していうことである。
自覚するものがあって
自覚しているのではないのです。
TOPへ戻る