本文へ移動

本廟の至宝

本廟にある所謂、お宝についてのページです。

所謂、棟方の間です。

2022-12-24
東本願寺の渉成園の園林堂仏間の襖に「天に伸ぶ杉木」を描く
コラム48 棟方志功と土徳⑤
【しんらん交流館ギャラリー展「柳宗悦がであった土徳~人と自然がはぐくんだ越中富山の美~」】

棟方一家は、終戦後も1951(昭和26)年までの6年半余りを福光で過ごしました。その中で暁烏敏・吉田龍象など真宗の人々と知り合うことにより、棟方は、1958(昭和33)年に親鸞聖人七百回御遠忌法要の記念事業として、東本願寺の渉成園の園林堂仏間の襖に「天に伸ぶ杉木」を描くこととなりました。

</div></div></div></div></div></div></div><!--==pankuzuBottom==--><!--##pankuzuBottom##--></article></main></div><div class=
本廟にある所謂、お宝についてのページです。
最新の記事
過去の記事
TOPへ戻る