本文へ移動

アーカイブス

アーカイブ

鉄の男達の伝説

2024-02-25
北の鉄人伝説-新日鉄釜石ラグビー部(1995年放送)
【華麗で劇的なラグビー】鉄の男達の伝説を見ろ!

野茂英雄投手

2024-02-25
野茂英雄 ノーヒットノーラン 2001
1996 9.17 野茂英雄投手 初のノーヒッター
【野茂英雄 歴代日本人メジャーリーガー珠玉の名場面
【プロ野球選手物語】トルネード投法で世界を席巻した男 II 野茂英雄

野茂英恵 in MLB

2024-02-25
西海岸/ナシュナルリーグ時代
ロサンゼルスコ ドジャース

ロサンゼルス・ドジャース英語Los Angeles Dodgers、略称: LAD)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。
日本語圏では英語発音に合わせて「ドジャーズ」とにごることもある。
『私を野球に連れてって』Take Me Out to the Ball Game @ドジャースタジアム seventh inning stretch
東部 アメリカンリーグ時代
ボストン・レッドソックス
Dropkick Murphys - Tessie

初代貴ノ花関、百道浜を走る

2023-10-26
facebook 西日本新聞meさん曰く
【なつかし写真館】1974(昭和49)年10月23日
大相撲の貴ノ花関(初代)が福岡市の百道浜をランニング。当時、九州場所の期間中は海の家が相撲部屋の宿舎に使われることもあったという。
西日本新聞meの「使える」アプリはこちらから

写真集にDVD、異例の人気…「

2023-08-25
オグシオ」小椋久美子と潮田玲子は“バドミントン界をどう変えた”のか? 潮田「成績を残して胸を張りたいと…」
「オグシオ」の愛称で異例のブームを巻き起こした潮田玲子と小椋久美子(2006年撮影)
facebook Sports Graphic Numberさん曰く

「あの頃を超えたいですよね」

 いつだったか、バドミントン関係者の言葉を耳にしたことがある。8月21日、バドミントンの世界選手権開幕とともにふいに思い起こすことになった。

 あの頃――2008年にペアを解消するまでの数年間にわたり、バドミントン界で小椋久美子と潮田玲子、「オグシオ」が脚光を浴びていた時期だ。2人は日本のバドミントンでは前例のないほど大きな注目を集め続けた。とりわけ、銅メダルを獲得した2007年の世界選手権を軸とする2006年から2008年は、ブームと言えるほどの関心を集めた。その功績は、実は日本バドミントン界にとって大きなものだったのではないか――。

【世界バドミントン東京2022】特別企画<オグシオ>スペシャル対談 #1
【世界バドミントン東京2022】特別企画<オグシオ>スペシャル対談 #2
【世界バドミントン東京2022】特別企画<オグシオ>スペシャル対談 #3
2008第62回全日本バドミントン 5連覇オグシオvsスエマエ no.6
200811.16 オグシオ対スエマエ 第2セット最終盤 息詰まるラリー。これぞバドの魅力
TOPへ戻る