本文へ移動

四季折々

【 Facebook趣味のページ】管理人は、釋 大仁、当山住職です。

Facebook 四季折々の風景

2021-08-24

今日は、皆既月食と天王星食がありました。

2022-11-09
facebook升村 丞さん曰く
今日は、皆既月食と天王星食がありました。天体撮影するための機材を買おうと思いつつも買っていないので、今回もデジカメでの簡易撮影となってしまいました。
今回は天王星も見れるということで、探していたのですが、なかなか発見できず、ネットで調べてみると、月が明るすぎて見えなかったようです。皆既月食になり赤い月になると、月の左下に水色の綺麗な天王星を発見できました。
デジカメのオートフォーカスは使えなかったので、マニュアルフォーカスで無限遠に設定して撮影しましたが、ピントが甘く、いまいちの写真ですが、水色の天王星は写っていました。この後、天王星は月に近づき月の陰に入って行きました。天王星が月の影から出てくるところも見たかったのですが、皆既月食が終わり部分月食になってしまい、月が明るすぎて見れませんでした。
2022-10-24

facebook東京タワー Tokyo Toweさん曰く

 

小さい頃
旅行でタクシーに乗った時、

遠くに見えた東京タワーに
興奮したのを覚えていて、

いつか近くに行ってみたいと思っていた
@tadashi04042000 さんのお写真。

· Instagramから、Photo by kaipapa0218.

2022-09-21
facebook Birders Galleryさん曰く

十五夜の翌日は、何と呼ぶ?

2022-09-12
昨日は十五夜でしたが、俳句ではその前日を「待宵」、翌日を「十六夜」と呼び、秋の季語となっています。
十五夜よりも50分ほど遅れて登場する十六夜の月を、昔の人は「ためらいながら出てくる月」という意味で、「いざよい」と呼びました…

中華圏では十五夜の前後を中秋節として祝います。
日本では、お月見のときは月見団子を食べますが、中華圏では月餅がごちそうです。

TOPへ戻る