本文へ移動

あの人 この人

あの人

オンピックという重圧

2020-11-26
円谷幸吉の遺書
東京オリンピックのマラソン3位、銅ルダル獲得!
父上様 母上様 三日とろろ美味しゅうございました
干し柿、もちも美味しゅうございました
敏雄兄、姉上様、おすし美味しゅうございました
勝美兄姉上様、ぶどう酒、リンゴ美味しゅうございました
巌兄姉上様、しそめし、南ばんづけ美味しゅうございました
喜久造兄姉上様、ぶどう液、養命酒美味しゅうございました
又いつも洗濯ありがとうございました
幸造兄姉上様、往復車に便乗させて戴き有難うございました
モンゴいか美味しゅうございました
正男兄姉上様、お気を煩わして大変申し訳ありませんでした
幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん
ひで子ちゃん、良介君、敬久君、みよ子ちゃん
ゆき江ちゃん、光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん
幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君
立派な人になって下さい
父上様母上様、幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません
何卒お許し下さい
気が安まる事なく、御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません
幸吉は父母上様の側で暮らしとうございました

そして、もう一人とともに

2020-11-26

師とともに

2020-11-26
後輩と

盾の会 あれから50年が経ちました。

2020-11-25
三島由紀夫と森田必勝
最期の演説

『お茶漬の味』(1952)

2020-11-20

京都文化博物館フィルムシアター、食べる映画特集。本日19日と22日は『お茶漬の味』(1952)。戦中に小津・野田コンビで書かれ検閲で却下された台本の改稿版。時世にあわせて、パチンコ、競輪、トンカツ、ラーメン、タバコといった風俗描写を盛り込む。信州の田舎育ちの愚直なサラリーマンと東京の山の手育ちの社交的な才女の中年夫妻。黙々と会社通いする夫、そんな夫を愚図扱いして憚らない妻。日常に夫婦の信頼感、絆を感じることもない。そんな日常の麻痺した人間関係とその底流に流れる夫婦の絆を優しい視線でユーモラスに描く。
※上映フィルムに約20分の欠損があります。
#ミニシアター http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film/

『お茶漬の味』
1952(昭和27)年松竹大船作品/96分・モノクロ
製作:山本武 脚本:野田高梧、小津安二郎 監督:小津安二郎 撮影:厚田雄春 美術:浜田辰雄 録音:妹尾芳三郎 照明:高下逸男 現像:林龍次 編集:浜村義康 音楽:斎藤一郎
出演:佐分利信(佐竹茂吉)、木暮実千代(妻・妙子)、鶴田浩二(岡田登)、笠智衆(平山定郎)、淡島千景(雨宮アヤ)、津島恵子(山内節子)、三宅邦子(山内千鶴)、柳永二郎(山内直亮)、十朱久雄(雨宮東一郎)、望月優子(平山しげ)、設楽幸嗣(山内幸二)、小園蓉子(女中・ふみ)、志賀直津子(西銀座の女)、石川欣一(大川社長/特別出演)、上原葉子(黒田高子/同)、美山悦子(女店員)、日夏紀子(同)、北原三枝(女給)、山本多美(女中・よね)、山田英子(給仕)、谷崎純(爺や)、長谷部朋香(見合いの相手)、藤丘昇一(事務員)、長尾敏之助(社長秘書)
山の手育ちの有閑マダム・妙子は、信州で育った夫・茂吉とは生活態度や趣味が合わない。鬱憤ばらしに妙子が友人と小旅行に出かけている間に急な海外出張が決まった茂吉は、そのまま出発した。夫のいない家に戻った妙子は、初めて虚しい思いを味わう。その夜おそく、茂吉が飛行機の故障で戻ってきた。自分の身勝手さを痛感した妙子はこれまでの身勝手さを泣きながら詫びた。そんな妻に夫は、夫婦というのはお茶漬みたいなものだと語るのだった・・・。
本作は従軍していた小津安二郎が除隊した後に野田高梧とともに書き上げたもので、戦中の検閲では却下された本を元にしている。今回の映画化にあたって小津と野田は時世にあわせて設定を変更、パチンコ、競輪、トンカツ、ラーメン、タバコの朝日といった庶民的な風俗描写に加え、戦中版では夫との突然の離反の原因は戦地への応召という設定であったが、作品版では海外出張という設定に変更された。信州の田舎育ちの愚直なサラリーマンと東京の山の手育ちの社交的な才女の中年夫妻。黙々と会社と家を行き来する夫と、そんな夫を愚図扱いして憚らない妻、毎日同じように流れる日常に夫婦の信頼感、絆を感じることもない。そんなどこにでもありそうな中年夫妻の日常という、麻痺した人間関係とその底流に流れる夫婦の絆を小津監督独特の優しい視線でユーモラスに描く。高子役で特別出演している上原葉子(小桜葉子)は上原謙の妻で、加山雄三の母にあたる女優である。

この人(縁の下の力持ち的存在・・・)

平凡パンチという時代

2020-09-16

円谷英二 Facebook永井 由紀夫より

2020-09-12
《 いくら沢山の子供たちを喜ばせても、自分の子供の運動会にさえ出てやれないダメ親父だよ…円谷英二》
ウルトラの生みの親

服部克久

2020-06-11
『音楽の日』の音楽監督として尽力してきた服部克久への感謝を込めて、息子である服部隆之の指揮のもと、彼の代表曲をスペシャルバンドが演奏する。さらに、谷村新司が服部克久が編曲した自身の代表曲「昴 -すばる-」を歌唱する。
 

作編曲家の服部克久(はっとり・かつひさ)さんが11日午前8時42分、心不全のため東京都内の病院で死去した。83歳。父親の服部良一さん、息子の服部隆之さんも作曲家。

谷村新司さんの「昴(すばる)」やさだまさしさんの楽曲の編曲、竹内まりやさんと山下達郎さんのアルバムのストリングス・アレンジ、TBSテレビ「ザ・ベストテン」のテーマ曲などを手がけ、テレビアニメ「手塚治虫の旧約聖書物語」の音楽も担当した

宮本輝

2020-09-11
1966年から1974年まで放映されていた郷土密着型の民謡番組でした 視聴率も高く、司会の宮田輝さんは国民的な人気も高く後に参議院議員も勤められました
https://youtu.be/CNbNqhru0ow  https://youtu.be/39r3hpTFLBE

黒澤明

2020-09-11
TOPへ戻る