本文へ移動

Facebook 美味しいもの & エトセトラ

【 Face book 美味しいもの 】管理人は、釋 大仁、当山住職です。

Facebook グルメ紀行

2020-05-07
たまには、おしいしものでも、いかがですか?

Facebook 今日の茶菓

2020-04-24
住職のアップしたページ、甘味等の情報サイトです。

Facebook 酒ということ

2020-04-24
住職のアップしたページ、左党情報がいっぱいです。

Facebook 自粛 食生活部会

2020-05-07
コロナ対策の自粛が続く中、一番の関心事は、食?

味の歳時記

2020-05-15
旬の味覚と行事食の記事

【 Facebookエトセトラ 】管理人は、釋 大仁、当山住職です。

傳統

2020-09-07
いろんなジャンル・分野で、永~く続いている事
2020年歌会始です。

逸品の世界

2020-09-07
いろんな分野の逸品が集合です。

思い出の鉄路

2021-02-01

駅の今昔物語

2021-02-01

Facebook鉄の友

2021-02-20
当代は、古くからの鉄友てす。

美味求真

日田は山紫水明の地です。 それは『原酒をはぐくむ酒の杜』。

2021-02-20
深い自然がもたらす澄んだ空気と清らかな 水の恵みを受けて、ここに新たな考えに基づく 「いいちこ日田蒸留所」を設けました。
また君に恋してる 坂本冬美
https://youtu.be/j4tKh0SAedc

【オリジナルはこちら】
ビリー・バンバン / また君に恋してる(ビリー・バンバン ヴァージョン) - YouTube
2010年の話題の大ヒット曲、オリジナル楽曲!
1988年から続く、ビリー・バンバンの三和酒類株式会社"いいちこ"CMソング。 

#30_渡辺雄一郎​(Nabeno-Ism)

2021-02-16


(OA:2019/12/28,2020/01/18) 
今回、三石寛太(髙嶋政宏)が訪れたのは、江戸の食文化が色濃く残る街・浅草。 日本風情漂うこの街に、フレンチの巨匠たちから薫陶を受け、王道を歩んできた一人のシェフがいる。
レストラン・ナベノイズムの渡辺雄一郎だ。
彼はかつて、フレンチの神様ジョエル・ロブションの店を、9年連続でミシュラン三ツ星に導いた。 2016年に独立後も、2年連続で二ツ星を獲得。 世界の名店を渡り歩き、王道のフレンチと日本の風土を融合させる男・渡辺雄一郎が今回挑戦した未来に遺すべき作品とは? 


2016年 7月7日 東京浅草駒形 隅田川ほとりにて レストラン Nabeno-Ismナベノ-イズムを開業






大きな影響を与えた母、辻静雄氏、ジョエル・ロブション氏

ドンペリと隈研吾の融合

2021-02-06

〈ドン ペリニヨン〉の5代目醸造最高責任者だったリシャール・ジョフロワが生み出した日本酒ブランド〈IWA〉。その初のリリースである《IWA 5》を注目すべき理由は、ブレンドという画期的な手法だけでなく、ボトルデザインをマーク・ニューソンが手掛け、〈IWA〉が生まれる酒蔵〈白岩〉を建築家・隈研吾が設計するなど、日本酒の世界に新しい風を吹き込んでいるからだ。

・隈研吾が酒蔵を設計、ボトルデザインはマーク・ニューソン。 

〈IWA〉が生まれる酒蔵〈白岩〉を建築家・隈研吾が設計

WAKAZE

2021-02-06
https://www.wakaze-sake.com/ja/products/classic?gclid=CjwKCAiA9vOABhBfEiwATCi7GNZQSzljISrctuOEXZSRb5dh_gLqXHCVTg_7M3Ftuo-zPZQ9_IM_ERoCgA8QAvD_BwE


パリ近郊で醸造したSAKE「ザ・クラシック」は、フランスワインのビオ酵母とイル・ド・フランスエリアの硬水を使用して醸造されています。ミネラルをたっぷり含んだこの水は、通常のSAKEとは一線を画した複雑な味わいを生み出します。ミネラルを豊富に含んだこの水は、発酵工程をより複雑にするため、造り手の腕が試され、非常に精密な酒造りが求められます。

パリのSUSHI

2021-02-06
1982年福岡県生まれ。憧れがあり、小学生の時点ですでに料理の世界に入ることを決意。高校卒業後すぐに福岡の鮨屋で修業を始め、技術よりも大切な人間力を磨くため、10年間同店に勤務。途中、日本の外では和食がどのように思われているのかという探究心に駆られ、アムステルダムに一時的に場所を移す。そのときにできた縁を辿り、最終的にはフランス・パリに拠点を置き、ときにはフランス料理店での修業も経験し、海外という制約があるからこその鮨を自ら開発し、ミシュラン・ガイドの一つ星を得るに至る。消費者が成長し、いよいよ海外で「本物」の和食が求められる時代に突入した今、第一線の現場で伝道師としての役割を担っている花田氏に、海外で日本の鮨職人が戦うことの意味をうかがった。
TOPへ戻る