本文へ移動

闘いの歴史

政局について

自民総裁選、河野氏33%、石破氏16% 朝日世論調査

2021-09-13
© 朝日新聞社 自民党総裁室の執務机。卓上には「総裁」と書かれた役職を示す札が置かれている=東京・永田町の自民党本部、上田幸一撮影
朝日新聞社 2021/09/12 23:30

朝日新聞社は11、12日に全国世論調査(電話)を実施した。次の首相を事実上選ぶ自民党総裁選が17日に告示されるのを前に、新総裁にだれがふさわしいか聞いたところ、河野太郎行政改革相が33%と最多で、石破茂元幹事長が16%、岸田文雄前政調会長が14%、高市早苗前総務相が8%、野田聖子幹事長代行が3%だった。

 総裁選への立候補を表明、あるいは検討している5氏の名前を挙げ、選んでもらった。「この中にはいない」と答えた人は20%だった。

 支持政党別に見ると、自民支持層では河野氏が42%で、岸田氏19%、石破氏13%、高市氏12%、野田氏1%だった。無党派層では、河野氏28%、石破氏17%、岸田氏11%と続き、高市氏6%、野田氏5%だった。

 次の首相に最も必要なものを4択で選んでもらったところ、「実行力」が圧倒的に多く、64%。「誠実さ」15%、「発信力」10%、「政治信条」7%の順だった。「実行力」を選んだ人のうち38%が河野氏を支持した。

 次の首相は安倍晋三前首相や菅義偉首相の路線を引き継ぐ方がよいかどうか尋ねたところ、「引き継ぐ方がよい」は28%で、「引き継がない方がよい」の58%の方が多かった。

 退陣することになる菅内閣の支持率は30%(前回8月調査は28%)と横ばいだった。ただし、政党支持率を見ると、自民は今回、37%(同32%)。昨年12月調査の38%に次ぐ水準まで回復し、立憲民主の5%(前回6%)との差を広げた。「仮に今、投票するとしたら」として聞いた衆院選比例区投票先は、自民は43%(同35%)。こちらも昨年11月の45%に次ぎ、立憲の11%(同15%)を引き離した。総裁選の動きが自民を押し上げ、立憲を埋没させたとみられる。

〈調査方法〉コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、11、12の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した1042世帯から575人(回答率55%)、携帯は有権者につながった2027件のうち902人(同44%)、計1477人の有効回答を得た。

高市氏でも野田氏でもシラける女の総裁選の闘い 直木賞作家・中島京子、望月衣塑子記者

2021-09-12
© AERA dot. 提供 総裁選に出馬表明した高市氏と模索する野田氏(c)朝日新聞社
2021/09/12 08:00

 ポスト菅をめぐる自民党総裁選(17日告示、29日投開票)は、今後予想される女性の戦いにも注目が集まっている。岸田文雄前政調会長に続き、高市早苗前総務相が正式に出馬表明し、野田聖子幹事長代行は推薦人確保に奔走中と報じられている。「日本初の女性首相誕生か」と前のめりに報じられるが、ちょっと待って、高市総理? 野田総理? 女の総裁選バトルにモノ申す!

*  *  *

「憧れの人は元英首相のサッチャー」

 高市氏は野心を隠すことなく、このように明言してきた。いま総理の椅子に最も近づいている女性かもしれない。

 これまで、自民党の総裁選に出馬した女性はただ一人。小池百合子現東京都知事が2008年に立候補した。そもそも立候補には、国会議員の20人の推薦が必要で、女性にとっては高いハードルだった。今回、高市氏は早々に推薦人確保のメドがたち、世間の人気が高いといわれる河野太郎氏よりも早く正式に立候補を表明。野田氏も意欲を示していることから、注目を浴びている。

 東京新聞の望月衣塑子記者が解説する。

「自民党の若手議員を中心に“菅さんじゃ選挙は勝てない”という空気があった。菅降ろしと連動して“顔”を選ぶにあたって、今の時代、女性を打ち出した方がいいという流れはあった」

 それでいち早く出てきたのが高市氏だったので、望月記者は驚いたという。

「ビックリしたというよりは、がっかりです。同じ女性として応援は……。高市氏は女性の代弁者かというと、女性のお面をかぶった古い男性といいますか、男尊女卑ともとらえられる発言が目立ちますから」

 似たような感想をもつ女性は少なくない。直木賞作家の中島京子さんも指摘する。

「あからさまに男尊女卑的な態度や政策を取り続ける自民党ですら、体面上は、女性候補を出さなければならない時代になったということでしょう。しかし、総裁選は所詮、自民党内の派閥争いでしかない。茶番に近い候補者乱立が予想される中、ことさら“女性”だからと出馬に意味があるように捉えられること自体に違和感を覚えます」

 とはいえ、総裁選の候補者として出る限りは、国政に対する自身の考えや具体的な政策を国民に説明して当たり前。高市氏が出馬会見で打ち出したのが、経済政策「サナエノミクス」で、「3本の矢」として「金融緩和」「緊急時の機動的な財政出動」「大胆な危機管理投資と成長投資」を掲げた。

「サナエノミクス、ですか? ネーミングからしても、有権者をバカにしているのかなぁと感じました」(中島さん)

 高市氏の政策はどこか既視感があるが、サナエノミクスは、安倍晋三前首相が掲げた「アベノミクス」路線を引き継ぐものだからだ。これに対して、望月記者も「安倍政権の上書き」としてこう言う。

「せっかく女性が主導的立場になろうと出てきたのに、女性ならではの視点で練り上げた政策は一切出てこなかった。サナエノミクスは基本、新しいものはなく、安倍さんの政策を踏襲、一部を更新し、ネット民に受けるよう過激化させただけ。」

 高市氏の政策から読み取れるものは結局、「安倍さんへの忖度」(望月記者)だったという。

「安倍崇拝ともいえる状況が、綿々と続いている。高市氏だけではありません。河野氏は、本心としては脱原発だと思いますが、出馬前に安倍氏に会って再稼働しますと約束しました。男も女も安倍氏への過剰な配慮です。その裏には何があるのでしょうか。安倍氏が実質取り仕切る、最大派閥の細田派の票の取り込みは、勝敗をわける鍵なのでしょうが、女性なら空気が変わるかといえば、これではクリーンな政治は望めません」(望月記者)

 一方の野田氏は、まだ正式に出馬表明はしていない。以前から政策の基本方針としては、「自分のことだけでなく、女性や高齢者、障害者をはじめ全ての国民、全ての地方が活躍できる制度を構築する『やさしさ』をもつ」ことを掲げている。障害のある子どもを育てる母親でもあり、野田氏の政治姿勢は自民党内ではリベラル寄りだ。

 望月記者は野田氏をそれなりに評価しているという。

「野田氏は自民党の幹事長代行で、大臣も何度か経験している。与党の動きもわかっている。フランクで話しやすい人柄で、官僚たちにも野田ファンは多いのです。軸が見えないところがあるけれども、理想や理念だけでは政治は動かせないから、官僚のアイデアを入れながら、どのように政治主導していくか。野田氏くらいの女性のベテランが一番いいのだろうなとは思います」(望月記者)

 人柄と政治手腕はある程度評価されている野田氏。ただ、能力や適性があるからといって、総裁選に出られるわけではない。今、野田氏の足を引っ張るのが夫の疑惑だ。出馬も難しいという声も漏れる。

「野田氏イコール夫ではないわけで……。たとえば、夫婦別姓が進んでいるフランスならば、夫がどうであろうが妻は別人格ととらえられるでしょう。個が確立して、認められている社会ならば、野田氏の夫の件も切り離して考えられると思いますが、日本は夫婦が一体に見られてしまう。男性総裁候補者で妻に何か懸念点があるという逆バージョンだったら、ここまで焦点になるかは疑問です。あくまでも、政治家の世界においてですが、日本で生き残るには小池百合子都知事のように独身を貫くしかないのかもしれません」(望月記者)

 背後に安倍氏が見え隠れする高市氏、脛に傷を抱えているような野田氏だが、中島さんは高市総理も野田総理もあり得ないと話す。

「高市さんも野田さんも総理総裁にはならないと思います。高市さんは安倍元首相の極端な思想をそっくり持っている人物なので、“名誉男性”的なポジションなのではないでしょうか。たとえると、性別が女性の“おっさん”。野田さんは自民党内ではリベラルを標榜してきた人ですが、“女性はうそをつく”発言の杉田水脈議員の辞職を求める署名を受け取らなかった。大事なところで腰の引けた態度しかとれなかったのが残念です」(中島さん)

 最後に、高市氏や野田氏以外で、総理の器があると思える女性議員の名前を挙げてもらった。

「女性首相第1号に推すなら、福島瑞穂さん。野党が合意した政策はしっかりしたもので、福島さんなら実現してくれると思うし、この10年の不正をただし、まっとうな政治をやってくれると思います」(中島さん)

 一方、望月記者はこう見る。

「前男女共同参画担当相の橋本聖子さんは、ジェンダー平等を訴える若手の女性起業家や学生らに一目置かれていました。でも、総裁選には名前が出てこないのです。総裁選に出るような女性議員は、自民党内でキワモノ扱いをされている感も否めない。女性として生きてきた実感から、今の日本の社会を変えていかなければならないという志のある人物ではないのです。一般の女性たちの多くが感じるような疑問を政治でなんとか解決したいという人は総裁選には出ない。そこが日本の限界なのかもしれません。今回の総裁選は女性からするとシラケてしまいますね」(望月記者)

 典型的な男社会と言われる政治の世界だが、2人の女性総裁選候補の動きで空気は変わるのか――。(AERAdot.編集部 太田裕子)

四本目の矢は、放たれるのでしょう・・・か?

2021-09-12
なみだ 2021-09-05 22:52:36

野田聖子です。


悔しいとき、悲しいとき、泣かない。

だから、強くて可愛げないヒトだと、思われる。


連日、泣いてます。

国枝選手と一緒に泣いた

女性マラソン選手、泣いた

アスリートの涙に、ほとんどご一緒した


パラ選手たちの背負うさまざまが、涙になる。


なに、ないてんのよ〜


ムスコさんにバカにされても、泣く鉄母。


去る3日

菅総理の不出馬のニュース

ひっそりと、自分の誕生日。

たくさんの愛あるメッセージ、満載の日。


ともだちから、22世紀に生きる 子どもたちのために、頑張ってと、エール!


今年のプレゼントは、ハグ、でした。


パラリンピック、ありがとう!

総裁選“三つどもえ”候補が支持訴え

2021-09-11
テレ朝news 2021/09/11 18:46

総裁選 麻生派「河野か岸田支持を原則」へ

2021-09-11
© NNN 総裁選 麻生派「河野か岸田支持を原則」へ
NNN24 2021/09/11 14:17

自民党の総裁選挙をめぐり、10日、河野ワクチン担当相が立候補を正式に表明。河野氏は自らが所属する麻生派幹部に出馬への理解を得るべく足しげく通ったものの、支持の取り付けには至らず。麻生派は総裁選への対応で派が割れることが確実視されている。

■突然届いた「報告会」のお知らせ 参加議員からは河野氏への注文も

10日午後4時から行われた出馬会見からさかのぼること2時間。河野氏は麻生派議員に対して総裁選への立候補を報告する会合を開催していた。前日夜に、各議員の議員会館にFAXが送られ、多くの議員は当日朝になって報告会の開催を知ったという。

急きょ設定された派閥議員への報告会。その場では河野氏と、会見などでの姿勢や官僚との向き合い方を疑問視する若手議員との間で、こんなやりとりが交わされたという。

麻生派若手議員「『はい次、はい次』という物の言い方は地元でも評判が悪いので、直してほしい」

河野氏「態度や言い方については気をつけたい」

集まった議員からは「派閥で一致して河野氏を支援するべきだ」という意見も聞かれたという報告会。しかし、その場に麻生副総理や甘利税調会長など麻生派幹部らの姿はなかった…。

■報告会の裏で開かれた幹部会合「河野or岸田支持を原則」へ

麻生派議員への報告会と同時刻の財務省。麻生氏のほか、甘利氏や鈴木前総務会長ら派閥幹部の面々がそろっていた。報告会には参加せず、総裁選への対応を協議するため会合を開いていたのだ。そこでは、既に河野氏ではなく岸田氏を支持する意向を示している甘利氏らが、こう切り出したという。

甘利氏「河野氏での一本化はやめてほしい」

これを受けて、幹部会合では、「河野氏or岸田氏支持を原則としつつも、個別の事情でほかの候補者を支援することも容認する」という方針を確認。最終調整を経て、週明け以降に派閥の総会を開き、こうした方針を示す見通しとなった。

麻生派内では、若手や中堅議員を中心に河野氏支持、幹部陣を中心に岸田氏支持に分かれる一方、一部には高市前総務相を支持する保守系の議員もいることから、会合に出席したある派閥幹部は、「実質的には自主投票だろう」とこぼす。

■「1回目は河野でも2回目なら別の人」 決選投票も見据え…

そして、派閥の領袖たる麻生氏。側近議員が「情勢を見ながら悩んでいると思う」と話すなど、いまだ支持する候補を明らかにしていない。ある麻生派幹部は「本当は河野氏を支持したい親心が透けて見える」と麻生氏の心情を推察する。

しかし、その一方で、この幹部は「麻生氏は、1回目の投票は河野だとしても、1回目の投票で決まらず決選投票になるなら、2回目の投票は別の人だろう」とも指摘する。

2012年の総裁選では、1回目の投票では石破氏が安倍氏を上回ったものの、過半数の獲得には至らず、決選投票で安倍氏が「逆転」勝利した経緯もある。

派閥幹部によると、麻生氏本人は総裁選について、こう話しているという。

麻生氏「決選投票も含めた二段構えの対策を考えないと総裁選には勝てない」

3人以上の候補者で争うことが確実となった自民党総裁選。決選投票になった場合、一致結束して動くことはできるのか? 麻生派の動向が注目される。

データベース

Facebook 闘諍堅固

2021-09-14
とうじょうけんご 【闘諍堅固】 〘名〙 仏語。

五種ある堅固のうちの第五。または、五五百年(ごごひゃくねん)の一つ。仏滅後第五の五百年で、諸僧が互に自説の優位を主張し、争うことが多く、邪見のみにて仏法が姿をかくしてしまう時をいう。

上海攻防戦

2021-09-20
1931年9月18日,日軍發動九一八事變,在100天內佔領整個中國東北地區。次年3月1日,日本帝國參謀本部及關東軍在中國東北地區建立一新政權,定名為「滿洲國」。後令大清帝國末代皇帝溥儀登基為滿洲國皇帝。
1937年盧溝橋事變爆發,日軍從盧溝橋進攻平津地區,不久華北淪陷,中日全面開戰。8月13日,中日雙方在上海及周邊地區展開大規模會戰,淞滬會戰爆發。12月13日,南京保衛戰南京失守,侵華日軍主導下發生南京大屠殺,遠東國際軍事法庭統計20萬至30萬人遇難;中國首都遷至重慶,重慶成為中國的戰時首都。
1941年12月8日,日本艦隊突襲太平洋美海軍基地珍珠港,太平洋其他地區日軍亦四出攻擊,美國、英國與日本互相宣戰,中國亦正式對日本宣戰並及德國、義大利。
1943年11月,中、美、英三國元首發表《開羅宣言》,要求日本應將竊取自中國之所有領土(如滿洲、台灣及澎湖群島等)歸還中華民國。1945年7月26日,美、英與中國對日本發出《波茨坦公告》,重申開羅宣言,命日本無條件投降。同年8月14日,日本天皇敕令,保證實行波茨坦公告規定之條件;9月9日,日本中國派遣軍總司令岡村寧次向中國陸軍總司令何應欽投降,中日戰爭告終。

できるかな?

2021-09-15
Facebook 首相官邸さん曰く
<カーボンニュートラル>
昨年10月、2050年カーボンニュートラルを宣言しました。
温暖化への対応は経済の制約ではありません。
従来の発想を転換し、積極的に温暖化対策を行うことで、産業構造や社会経済の変革をもたらし、大きな成長につなげていきます。

米国務長官、下院公聴会でアフガン撤収正当化=共和党から非難噴出

2021-09-14
2021/09/14 10:49
© 時事通信 提供 13日、ワシントンで行われた米下院外交委員会の公聴会で、モニター画面越しに発言するブリンケン国務長官(AFP時事)
アフガン撤退の判断を擁護 米ブリンケン国務長官

アフガン撤退の判断を擁護 米ブリンケン国務長官 (msn.com) 

【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は13日、下院外交委員会の公聴会で、「米国の最も長い戦争を終わらせる時だった」と述べ、バイデン政権が断行したアフガニスタン駐留米軍撤収を正当化した。一方、野党共和党からは、米軍撤収に乗じたイスラム主義組織タリバン復権などを非難する声が噴出。アフガン撤収の政権へのダメージ回復は容易でないことが浮き彫りになった。

 共和党のマッコール下院議員は「私の人生で、タリバンへの無条件降伏を見ることになるとは思わなかった」と政権の対応を指弾。同党のシャビット議員も「不手際な撤収は米国史で最悪の外交惨事」と断じた。

 これに対しブリンケン氏は「最も悲観的な分析でも、米軍がとどまっている間にアフガン政府軍が崩壊すると予測していなかった」と述べ、早期の首都カブール陥落を予測できなかったと弁明。ただ、「われわれは幅広い緊急事態について計画し、訓練していた」と強調し、カブール陥落後の迅速な退避活動を可能にしたと主張した。 

<自由で開かれたインド太平洋の実現>

2021-09-13
Facebook 首相官邸さん曰く
<自由で開かれたインド太平洋の実現>
世界の活力の中心であり、各国の力と力が複雑にせめぎ合う地域でもあるインド太平洋では、法の支配に基づく自由で開かれた秩序の構築が極めて重要です。
米国、ASEAN、豪州、インド、欧州などと協力し、より多くの国・地域と共にその実現に取り組みます。

闘いの記録 (戦争と人間)

グレース・ケリーという人生

2021-09-14
Facebook 永井資久さん曰く
今日はグレース・パトリシア・ケリーの命日らしい。
今日はグレース・パトリシア・ケリーの命日らしい。
(Grace Patricia Kelly、1929年11月12日 - 1982年9月14日)
モナコ大公レーニエ3世妃、アメリカ合衆国の女優。
同時代の女優マリリン・モンローの明るさとセクシーさを前面に出した美貌とは対照的な、気品に満ちたそれが「クール・ビューティー」(cool beauty)と賛美された。人気絶頂の最中、ヨーロッパの君主と結婚し女優業から引退した。1982年9月13日、自らハンドルを握りローバー3500を運転して南仏のロックアジェルの別荘からモナコに戻る途中に脳梗塞を発症。そのまま急カーブの坂道でガードレールに激突し、道路横の崖を40メートルほど転落して自動車は大破した。事故後すぐに病院へ搬送されたが意識が回復しないまま翌日に死亡(52歳)。。。とある。
グレースほど美しい女優はいないと思っている。まさに「クールビューティー」にふさわしい気品と優雅さを兼ね備えた女性だろう。
溢れんばかりの才能と並みはずれた美貌、シンデレラストーリーを地で行く人生を送った。今宵は美酒とともにグレースとの一時を味わおうかw。
グレースに敬意と感謝を込めて。。。。合掌。
(以下ウィキペディアより抜粋)
生い立ち
1929年、ペンシルベニア州フィラデルフィアのアイルランド系カトリックの裕福な家に生まれた。父ジョン・ブレンダン・ケリー(John B. Kelly, Sr.)はスラム育ちの煉瓦職人であったが、上流階級の競技であるボート競技で頭角を現し、ボート関係者の嫌がらせにもめげず、オリンピックボート競技において1920年のアントワープオリンピックで2個の金メダルを獲得し一躍国民的英雄になった。そして1924年のパリオリンピックでも金メダルを1個獲得した。その後、彼は煉瓦製造会社を立ち上げ億万長者になった。母マーガレットはドイツ系で元モデルであり大学講師だった。父方の叔父はピューリッツァー賞を受賞した劇作家のジョージ・ケリー。兄は1956年のメルボルンオリンピックのオリンピックボート競技で銅メダルを獲得したジョン・ブレンダン・ケリー・ジュニア。
少女時代はおとなしく、赤い頬の人前に姿を現すのが苦手な子供で、3人姉妹の中でも真ん中のグレースが1番不器用であったという。その一方、ダンスやピアノを学び、やがて演技に興味を示すようになる。
女優時代
ハイスクール卒業後、家族の反対を押し切り女優を志す。ニューヨークでモデルのアルバイトをしながら演技を学び、1949年に舞台『父』でブロードウェイデビューした。グレース自身は舞台女優を目指していたが、その後、舞台の出演中にハリウッドから誘いがかかり、1951年、22歳で映画に出演しデビュー(『Fourteen Hours』)。この作品を見た製作者のスタンリー・クレイマーが『真昼の決闘』でゲイリー・クーパーの相手役に抜擢した。映画監督アルフレッド・ヒッチコックのお気に入り女優で『ダイヤルMを廻せ!』『裏窓』『泥棒成金』などの作品でヒロインをつとめている。
1954年に『モガンボ』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、1955年には俳優ビング・クロスビーの妻役でシリアスな演技を見せた『喝采』でアカデミー主演女優賞を受賞。
非常に恋多き女性として有名で、ゲイリー・クーパー、クラーク・ゲーブル、レイ・ミランド、ビング・クロスビー、ウィリアム・ホールデン、オレグ・カッシーニ、ジャン=ピエール・オーモンなどの、主に自分より年長の男性と浮名を流した。父親が彼女に冷淡な癖に、異性との交際には異常なほどうるさかったことも、背景にある。
結婚・公妃として
カンヌ国際映画祭で知り合ったモナコ大公レーニエ3世(在位1949年 - 2005年)と結婚。公妃となるため女優業を引退、1956年のミュージカル映画『上流社会』が最後の作品となった。なお、1966年の麻薬撲滅キャンペーン映画『悪のシンフォニー』にはグレース妃として特別出演している。挙式は、カトリックの伝統に沿い、グレースの出身地であるアメリカで行われることも検討されたが、最終的にはモナコで行われることになった。
1956年1月5日、婚約を発表。同年4月18日、モナコ大公宮殿にて法的な結婚式が行われた(The Civil Wedding)。翌4月19日、モナコ大聖堂(サン・ニコラ大聖堂)にて、カトリック式の挙式が行われた(The Cathedral Wedding)。これらの模様は、ヨーロッパ諸国で生中継された。
1982年9月13日、自らハンドルを握りローバー3500を運転して南仏のロックアジェルの別荘からモナコに戻る途中に脳梗塞を発症。そのまま急カーブの坂道でガードレールに激突し、道路横の崖を40メートルほど転落して自動車は大破した。事故後すぐに病院へ搬送されたが意識が回復しないまま翌日に死亡(52歳)。この事故死を受けてモンテ・カルロでは1日全てのカジノの営業を中止して喪に服した。
同乗していた次女のステファニー公女(当時17歳)は軽傷であり、9月26日に退院した。現地報道では、一時情報が錯綜し、ステファニー公女が運転していたとも報道された。真相は不明のままである。
9月18日、モナコ大聖堂にて葬儀が行われ、各国の王族・要人の他、フランク・シナトラらハリウッド俳優も参列した。
逸話
バラ「プランセス・ド・モナコ」(1982年)メイヤン作。彼女に献呈されることになっていたバラ(発表前に他界)。ピンクと白の2色は、モナコの国旗をイメージしている。
1957年に長女の妊娠をマスコミに悟られないよう、カメラを向けられた際、エルメスの鞄「サック・ア・クロワ」で腹を隠した。この事でバッグが有名になり、商品は「ケリーバッグ」と改名された。
ポール・ギャリコの小説『トンデモネズミ大活躍』に献辞があるが、これは、彼女が初めて作った陶製のネズミの置物を題材にした作品の執筆をギャリコに依頼しており、それを受けたもの。
日本文化を愛好し(特に華道をはじめ植物に関するもの)、モナコに日本庭園を造営することを希望していた。死後、レーニエ3世の指示によって、別府保男設計による本格的な日本庭園がつくられた。1994年に開園。庭園内の茶室「雅園」は、フランス語訳すると"Jardin de Grace"すなわち"グレースの庭"の意となる。

天皇ご一家と4宮家存続の構想 政府、女性皇族が継ぐ案を想定

2021-09-14
9/6(月) 6:00配信

秋篠宮家の長女眞子さま(29)の年内結婚、皇籍離脱に絡み、皇族数確保策として天皇ご一家と現存の4宮家を存続させる構想が政府内にあることが分かった。女性皇族が結婚後も皇籍を維持するよう求めた有識者会議の案を基に、天皇陛下の長女愛子さま(19)が天皇ご一家に残り、秋篠宮家の次女佳子さま(26)が秋篠宮家を継ぐことを念頭に置く。女性皇族の結婚後の身分、役割に直結するため、本人の意向に最大限配慮する内容とすることを想定している。関係者が5日、明らかにした

 皇室の「現体制」を保ち、秋篠宮家の長男悠仁さま(15)の即位後も皇室全体で支えられるようにする狙いがある

【三面記事】眞子さま「一時金辞退」でも物価高NY生活は心配ご無用?

2021-09-13
秋篠宮さまからの贈与に制限なし © 日刊ゲンダイDIGITAL あれから4年(代表撮影・JMPA)
日刊ゲンダイDIGITAL 2021/09/13 06:30

秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)が10月にも婚姻届を提出へ、と報じられた。

「皇籍離脱に伴って都内のマンションに移り、渡米の準備を進めるそうです」(宮内庁担当記者)

婚約内定から4年。結婚延期の原因とされる小室さんの母・佳代さんと元婚約者の間の金銭トラブルは未解決のままだ。そのため小室さん親子への批判は、いまだやむことがない。こうした世論を考慮してか、眞子さまは結婚持参金にあたる約1億4000万円の一時金を辞退し、一般の結納にあたる「納采の儀」といった儀式を行わない意向だという。

宮内庁長官は9日の会見で結婚に関するコメントを避けたが、一時金の辞退は、皇室経済法や同施行法を改正しない限り難しいという指摘もある。実際のところどうなのか。一般紙で宮内庁を担当していた皇室ジャーナリストがこう言う。

「一時金は、皇族が独立の際に受け取れる年間の皇族費(支出基準額)の10倍以内を、非課税で受け取るというきまりになっています。そのため、法律を変えなくても倍率を0倍にすれば辞退は可能になります」

■預貯金だって持ち出せる

本来、新婚生活に必要な住居、警備などの費用に充てるために支払われる一時金を辞退して、物価高のニューヨークでの生活は成り立つのか。

「ニューヨークの法律事務所に勤務することになる小室さんの年収は1800万円ほどといわれていますが、生活の基盤づくりに先立つものが必要です。皇族の場合、外部の人との財産授受には制限がありますが、身内への贈与などには制限がありません。ですから、秋篠宮さまから眞子さまに贈与もできますし、眞子さまご自身が自らの蓄えを持ち出すこともできます。一時金がなくても、こうした資金で住宅購入などは可能だと思います」(前出の皇室ジャーナリスト)

眞子さまには皇室経済法に基づき、成人してから現在まで皇族費から毎年900万円ほどが支給されている。そのため、すべて蓄えてあれば1億円近い金額になる。そこまではいかないにしても、預貯金を持ち出せるほか、秋篠宮さまからの資金援助が期待できるとのこと。

さまざまな批判はあるものの、異国で安心して暮らせるだけの資金は十分確保できているはず、というのだが……。

米中枢同時テロから20年となったニューヨークの世界貿易センタービル跡地(ロイター=共同)

2021-09-12
© KYODONEWS 11日、

【海の向こうの三面記事】ヘンリー王子&メーガン妃

2021-09-12
ヘンリー王子&メーガン妃が散々な結果に…英調査会社が王室好感度調査の結果を発表! © 東スポWeb この番組出演が決定打となった(ロイター)
東スポWeb 2021/09/11 17:59

英調査会社「ユーガブ」による英王室メンバーの人気調査で、ヘンリー王子(36)が自身の過去最低を記録し、メーガン妃(40)がそれをさらに下回ったことが分かった。英紙デーリー・メール(電子版)が10日報じた。

調査は英国内で成人を対象に8月27日から3日間実施され、有効回答は1667件だった。その中でヘンリー王子に対し、「非常によい印象」「よい印象」と答えたのは34%。これは前回の43%から9ポイント急落。妻メーガン妃も前回より3ポイント落として26%となった。

ヘンリー王子夫妻の人気が大幅に下落した主な理由について、ユーガブ社は「今年3月に米CBSのオプラ・ウィンフリーとの独占インタビュー番組に出演し、王室をおとしめる発言をしたためだ」と分析した。

この調査結果について、ヘンリー王子を幼少時代から知る元王室担当記者ダンカン・ラーコンベ氏は英誌「クローサー」に、若いころは王室でも一番人気だったヘンリー王子が、「今のこの現実を受け入れるのは本当につらいだろうし、これが彼の怒りにつながりそうだ」と懸念を示した。

メーガン妃についても同氏は「(王室に嫁いだ)当初は歓迎ムードだったが、今や英国民の信頼をなくしてしまい、人気も急降下だ」と同誌に語った。

ちなみに、英王室人気ナンバーワンはエリザベス女王で80%。続いてウィリアム王子の78%とキャサリン妃の75%。チャールズ皇太子は54%でカミラ夫人は43%。ヘンリー王子&メーガン妃より不人気は皇太子の弟アンドルー王子の6%だけだった。

闘いの転機(戦いの前と後)

Messerschmitt Bf 109 E-3

2021-09-20

Original Fw-190A-5 - BMW-801

2021-09-20

AIRPOWER 2016 - Full Messerschmitt Me 262 Flying Display.

2021-09-20
www.flugmuseum-messerschmitt.com Messerschmitt Me 262 Flying Display at the Airpower 2016 in Zeltweg Austria.

「最高の年」が過ぎ去ったとき–航空機の「墓場」

2021-09-18
2018年6月6日 Matthew Gaskill、ゲスト著者
引退したB-52爆撃機

第二次世界大戦の終結から1年余り後の1946年11月、RKOピクチャーズとサミュエルゴールドウィンは、1947年のアカデミー賞で7つのオスカーを受賞した映画「我等の生涯最良の年」を公開しました。


あなたがそれを見たことがないなら、あなたはそうすべきです。知らない人のために、それは3人の帰国した退役軍人と彼らが民間人の生活に戻るのに直面した困難の物語です。俳優の一人、ハロルド・ラッセルはこれまで演技をしたことがありませんでしたが、戦争で両手を失ったホーマー・パリッシュを演じて、オスカー最優秀助演男優賞を受賞しました。

大井はそれを返す:ソ連が1951年にアメリカのF-86セイバージェットを盗んだ方法

2021-09-18

朝鮮戦争中(1950年から1953年)、アメリカとその同盟国は韓国に味方し、ロシアと中国は北朝鮮に味方した。彼らの多くの武器の中で、米国は北米のF-86セイバー(セイバージェットとも呼ばれる)を持ち、北朝鮮はロシアのMIG-15を使用しました。したがって、双方は相手の飛行機について知りたがっていました。ソ連がセイバーを盗むことに決めたのはそのためです。


アメリカは1949年に第1戦闘航空団の第94戦闘飛行隊の飛行隊の一部としてF-86を使用し始めました。彼らのスイープウィングのデザインは、彼らがトランジック速度(時速600 t0 768マイルで音速を超える)を達成することを可能にし、彼らのまっすぐな翼を持つ相手がほこりに咳を残しました。

したがって、彼らはすぐに朝鮮戦争で使用された主な空対空戦闘機になりましたが、F-80やF-84のようなまっすぐな翼を持つジェット機の以前のモデルはまだ使用されていました。これは、ソ連が自分のミコヤン・グレビッチMiG-15ジェット戦闘機でセイバーに応答した1950年11月1日に変更されました。

真宗大谷派の取り組みについて

「全戦没者追弔法会」の和讃

2021-04-04
Facebookしんらん響流館さん曰く
1987年から「戦没者追弔会」に「全」と仏法の「法」という文字を加えて「全戦没者追弔法会」と名称を改め勤められています。

【4/2全戦没者追弔法会】

2021-04-04
Facebookしんらん交流館さん曰く
1987年から「戦没者追弔会」に「全」と仏法の「法」という文字を加えて「全戦没者追弔法会」と名称を改め勤められています。

【春の法要ライブ配信】全戦没者追弔法会(4月2日10時10分~)

2021-04-02

全戦没者追弔法会 戦争でいのちを奪われた方々を憶念し、仏が願われた「兵弋無用(軍隊も武器もいらない)」の教えから、私たちの今を問い直す法要です。
 ◆法要 10時20分~ 
【法要次第】
 出仕
 着座楽 
総礼 
伽陀 稽首天人 
登高座 
表白 
伽陀 万行之中
 御経 仏説阿弥陀経 
伽陀 直入弥陀 
下高座 
総礼 
正信偈 草四句目下(同朋唱和) 
念仏讃 淘五 三重念仏 
和讃 無明長夜の燈炬なり 次第三首 
回向 願以此功徳 
総礼 
恩徳讃 
退出楽 退出
全戦没者追弔法会   表 白
謹んで阿弥陀如来、宗祖親鸞聖人 、ならびに
三世十方の諸仏如来に申し上 げます。
 本日ここに、親しく宗祖親鸞聖人のまえに坐 すことを得て、全戦没者追弔法 会を厳修いたします。このときにあたり、一つには過去の 罪障を懴悔し、二つには現在の遇法を慶喜び、三つには将来に同朋社会の顕現を期したいと存じます。 
第一に、過去の罪障を懴悔するとは、われらの宗門が、先の悲惨な侵略戦争 に自ら荷担し、それを「聖戦」と呼び、「まったくおおせにてなきことをも、 おおせとのみもうす」罪を犯したことであります。 実に、五逆謗法の咎逃れがたく、今更あらため 全戦没者の悲しみを 憶念し、ここに真宗大谷派が無批判に戦争に荷担した罪を表明し、過去の罪障を懴悔いた します。
 第二に、現在の遇法を慶喜ぶとは、そのわれらの罪障にも拘らず、如来の本 願はその罪を私たちに知らしめ、罪に向き合い、平和への道を歩ましめるので あります。
 第三に、同朋社会の顕現を期すとは、本願念仏の教法に生きる者は「四海の 内みな兄弟とするなり」という浄土の 荘厳功徳をこの身に受け、死者と生者が 一つに出会い、国家や民族の境を超えた「同朋社会」の顕現に 向 む かって 生 い きる 者 もの となるのであります。 われら 真宗門徒、ここに 非戦平和の誓いを 表 白し、ひとえに、この身とこの世の無明の闇を 照らす仏の教えに随い、ともに生きあえる世界 への道を歩まんことを誓うものであります。 

   二〇二一年四月二日  釋修如

仏が願われた「兵弋無用(軍隊も武器もいらない)」の教え

2021-08-15
Facebook 阪下 大介さん曰く

2020 年度全戦没者追弔法会 記念講演

2021-04-02
2020 年度全戦没者追弔法会

・趣旨 日常に潜む戦争 ―不安と恐怖の中で―

 私たちの宗門は、かつて侵略戦争を「聖戦」と呼び、仏法の名のもとに多くの人々を戦 場へと送り出しました。戦争で命奪われたすべての人々、遺族のみならず、アジア諸国、 とりわけ中国、朝鮮半島の人々に、計り知れない苦痛と悲しみを強いてきました。戦争の 歴史が明らかにされる中で、私たちは被害者であると同時に、加害者としての歴史も問わ れてきたのです。だからこそ、なぜ戦争が起きるのか、社会はなぜ戦争に向かったのかと いうことを、全戦没者の悲しみの歴史に学び、戦争をくり返してきた人間の過ちを見つめ、 未来に伝えていくことを大切にしています。 この法会において、私たちは、戦争で命奪われたすべての人々の願いに耳を澄まし、日 常に潜む戦争の影を見つめ、戦争の無残さ、それを生み出す人間の深い闇を、心に刻みた いと思います。そのことにより、「国 こく 豊 ぶ ⺠安 みんあん 兵戈 ひょうが 無用 む よ う (国豊 ゆた かに⺠安 やす し。兵戈 ひょうが 用 もち いるこ となし。)」(『仏説無量寿経』)という、仏の大悲によって真実の豊かさと安らぎが与えら れるところに、兵士も武器も必要がないという教えが、具体的な現実の課題をとおして知 らされます。 いま世界は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に震撼しています。国内においても 感染終息の目途が立たず、命を守るために感染を防ぐ努力は大切です。しかしながら、看 過してはならないのは、感染することにより世間から冷たい眼を向けられるのではないか と恐れる私たちの心や世間の風潮です。その恐れやメディアの報道などによって、私たち の心は追いつめられ、増大した不安から大衆の動向に身をゆだねることで、かりそめの安 心を得ているのではないでしょうか。 国家による戦争と、ウイルスという公衆衛生の問題は、本来、質が異なります。しかし、 不安の高まりからくる過剰な同調圧力は、戦時下と似通ったものを感じずにはいられませ ん。私たちは、不安から逃れるために、その場の空気や力関係に従うことで自分の身を守 ろうとします。そのような意識が、家族のため、みんなのため、やがては国のためにと、 「自発的に」命令に従い、「正義」の名のもとに凄惨な戦争へと向かっていったのです。 私たちは、厳しい状況の中で、⼾惑い揺れ動く心や、追いつめられて呻 うめ きをあげる一人 ひとりの小さな悲しみこそ大切にしていきたいと思います。それにより、「一切 いっさい 恐懼 く く 爲作 い さ 大安 だいあん (一切の恐懼 く く に、ために大安 だいあん を作 な さん。)」(『仏説無量寿経』)という仏の願いに応え てまいります。 このたびの法会が、非戦・平和への歩みを共につなぐ場となることを心より願います。
講師:真城 義麿氏(真宗大谷学園専務理事・元大谷高校校⻑)
TOPへ戻る