本文へ移動

闘いの歴史

闘いの記録

軍靴の足音・・・

2020-10-03
Facebook佐々木信雄さんの投稿
【20th Century Chronicle 1918年(t7)
◎初の本格的政党内閣 政友会原敬首相が誕生
*1918.9.29/ 初の政党内閣、政友会原敬首相が誕生。「平民宰相」と呼ばれる。
 米騒動で寺内内閣が退陣すると、元老たちはもはや官僚内閣では世論の支持を得ることができないと考え、衆議院の第一党である立憲政友会総裁の「原敬」を後継の首相に推薦し、1918(大7)年9月29日、原内閣が成立した。原は爵位をもたず、藩閥政治家でもなく、最初の衆議院に議席をおく内閣総理大臣だったので、平民宰相と呼ばれた。しかも原内閣は、大半の全閣僚が立憲政友会会員からなる本格的「政党内閣」だったので、国民から歓迎された。
 原敬首相は世論の追い風をうけて、指導力を発揮して党内の統制をはかり、教育施設の拡充・交通機関の整備・産業の振興・国防の充実という積極政策を推進した。さらに、1919(大8)年、選挙法を改正、選挙資格を直接国税3円以上にまで広げ、大選挙区制から小選挙区制に改め、翌年の総選挙で立憲政友会は衆議院の圧倒的多数の議席を制した。
 「平民宰相」は原の代名詞ともなって国民から人気を集めたが、実はかつて、爵位授与を何度も得ようと動いた痕跡もある。しかし明治から大正になり時代の風潮も変ると、原自身が「平民政治家」であることを意識するようになり、政友会幹部として自信を深めるにつれて、爵位辞退を一貫して表明するようになったとのことである。
 しかし、1920(大9)年の恐慌によって原内閣の積極政策は行き詰まった。そして、政友会の党勢拡張により、利権をめぐって汚職事件が発生するなど、多数党の腐敗と横暴を非難する声が盛んになり、納税資格を撤廃した「普通選挙」(男性のみ)の実現を要求する運動がしだいに活発になった。
 議会では、護憲運動の闘士 尾崎行雄や犬養毅らが普選実施を政府に迫り、普選実施の主張は野党である憲政会や国民党のスローガンにも取り入れられていった。しかし、原首相と立憲政友会は、すぐに普通選挙を実施するのは時期尚早であるとして反対、社会運動にも冷淡な態度をとったため、原の平民宰相というイメージを損なわれていった。
 1921(大10)年11月4日、原敬は、関西に向かうため東京駅に到着した直後、国鉄の転轍手に襲われ、ほぼ即死する(原敬暗殺事件)。犯人によると、原首相が政商や財閥中心の政治を行い一連の疑獄事件が起きたと考え、普通選挙法に反対したことなど、反動的な政治家と見なしたのが原因だという。
 なお、選挙結果をへた衆議院第一党の党首が内閣総理大臣に指名されるのは、1924(大13)年の憲政会の「加藤高明」内閣からである。実際には選挙結果をみて元老西園寺公望が指名したのであり、憲法で議院内閣制が規定されてはいないが、以降は「憲政の常道」として、慣行的に議院内閣制が行われた。加藤は内閣を組織すると、選挙公約であった「普通選挙法」を成立させた。
(この年の出来事) 
*1918.1.8/ ウィルソン米大統領が、議会で「平和のための14ヵ条」をしめし、第一次大戦の終結を提唱。
*1918.5.1/ ゼネラル・モータース社(GM)がシボレー社を合併、フォード社に対抗してシェアを一気に高める。
*1918.7.17/ 元ロシア皇帝ニコライ2世一家全員が、エカテリンブルグで銃殺される。
*1918.11.3/ キール軍港で水平が反乱を起こす。それをきっかけに、ドイツ各地に労兵協議会成立。続いてドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が退位し、ドイツ革命が成立する。
*1918.11.11/ ドイツ政府が連合国との休戦条約に調印、第一次世界大戦が終わる。

ジミー・ドゥリットル

2020-09-30
日本本土に爆弾落っことして、中国大陸まで飛んでった人だけれど、その後ヨーロッパで第八空軍の司令官やってます。
ロッキードの「高価過ぎる戦闘機」で形作った戦爆連合を「より安価でより優れた戦闘機」で完成させた御仁

75年経ち、建物は風化が進んでいます。

2020-09-30
只今、修復・現況保全中です。
その惨禍は、絶対繰り返してはなりません!

傀儡国家という時代

2020-09-30
満州国皇帝 愛新覚羅溥儀
東京駅ホームにて
君主への拝謁
名代を出迎え

愛新覚羅溥儀と溥傑

2020-09-30
満州国皇帝とその弟君
溥儀
溥傑

闘いの転機

敗戦のつけ

2020-10-19
戦災孤児、この数は120000人を超えました・・・。
貧しいからと言って、人間は腐るものではない。 戦争で親をなくした数十万の子供たちは、その多くが戦後日本の復興の礎となった。むしろその多くは、お互いに寄り添い、肌の温もりを分かち合い、助け合いながら逞しく、人間らしく生き抜いてきた。

鐘の鳴る丘』(かねのなるおか)は、1947年(昭和22年)7月5日から1950年(昭和25年)12月29日までNHKラジオで放送されたラジオドラマ、またそれを原作とした映画菊田一夫作。ラジオドラマの放送回数は790回に及ぶ。1948年(昭和23年)から1949年(昭和24年)には松竹映画化もされている。
 

放送開始のきっかけは、1947年(昭和22年)4月のエドワード・ジョゼフ・フラナガンの来日である。6月にフラナガンが離日した後に、CIEはNHKに対し、フラナガンの精神を踏まえた戦争孤児救済のためのキャンペーンドラマを制作するように指示した。

脚本担当の菊田、音楽担当の古関、巖金四郎をはじめとするNHK東京放送劇団の面々の出演が決定したが、当時はプロの児童劇団もないため、主役となる子役を決めるのに苦労した。ところが、当時練馬区に在住していた巖が、東京都の演劇大会で優勝するくらいに演劇活動が盛んであった練馬区立豊玉第二小学校を紹介したことで、その小学校に在籍する10人前後の児童が出演することになった。当初は土日の週2回の放送だったので、出演者である小学校の児童たちが、教師の引率によって毎週練馬からNHK東京放送会館へ通い、生放送を行っていた。


 

負けました!

2020-10-16
接収、身包み剥がれます。
伊号400潜水艦  Facebook金敷瑞貴さんの投稿より
2020-09-21

花山さんだけが知る東条の最期。
多くの人が犠牲になった悲劇の責任者は、戦争についてこのように語ったといいます。
故・花山信勝さん(カセットテープの声)
「人間の欲望というものは本性であって、国家の成立というようなことも「欲」からなるのだし 、自国の存在だとか、自衛というようなきれいな言葉で言うことも みな国の欲である」

 これは、何を意味する言葉なのか。東条の研究をしている埼玉大学の一ノ瀬俊也教授は、こう説明します。   「東条も戦争に負けた後、“この戦争ってなんで起こったんだろう。自分はその間、何をしていたんだろう”と非常に深く考えたと思います。その中で戦争は人間の欲望によって、起こるものだということを、仏様の道について学ぶ中で悟ったんじゃないかなと思います」(埼玉大学 一ノ瀬俊也 教授)

教戒師 花山信勝師の音声記録

2020-09-21

カセットテープの音: 「いよいよ死に直面したこれらの人たちの気持ちを、子々孫々へ伝えねばならないのです」  穏やかな声で語り続ける男性。一体誰なのでしょうか? 「教誨(かい)師の花山信勝という方」(蓮成寺 青木住職)

 教誨師とは、刑務所などで受刑者に対して精神的なケアなどを行う人のこと。  花山信勝さんは戦後、GHQ管理の下、戦犯者が収容されていた「巣鴨プリズン」で、教誨師を勤めていた僧侶です。

 このテープは、晩年の花山さんが当時の体験を記録として残したものでした。
  故・花山信勝さん(カセットテープの声): 「誰も知っていない東条さんの最後が、どうであったかということの点を申し上げたい」  
花山さんは、太平洋戦争開戦時の首相で、A級戦犯として絞首刑になった東条英機とも面談していたのです。
故・花山信勝さん(カセットテープの声): 「(東条英機は)“巣鴨プリズンに入ってから、初めて人生という問題について考える余裕ができた”と言われたのです。気の毒な人だったなと思います」

 1948年12月、東条らA級戦犯者7人の死刑が執行され、連合国の代表らとともに、唯一の日本人として立ち会ったのです。
「これが初めて(花山さんが) このお寺にみえた時の写真なんですね」(蓮成寺 青木住職)
  青木さんの父親・順正さんと親交のあった花山さんは、処刑に立ち会った約3か月後に蓮成寺を訪問。  講演で、当時の様子を語りました。 「(花山さんの話を聞くために) 人が庭まであふれているんですね。たくさんの身内を亡くした人たちも、日本の指導者にひどい目に遭わされた。その人(東条)がどんな形で亡くなったかというのは関心があったわけですね」(蓮成寺 青木住職)

山口多聞 ミッドウェー海戦において戦死。最終階級は海軍中将 。

2020-09-18
1892年(明治25年)8月17日 - 1942年(昭和17年)6月5日)は、日本の海軍軍人。海兵40期次席 ・海大24期次席 。
空母飛龍です。ミッドウェー海戦において沈没。
TOPへ戻る