本文へ移動

闘いの歴史

政局について

総裁選の特設サイトがオープンしました

2021-09-17

河野候補

2021-09-18

岸田候補

2021-09-18

高市候補

2021-09-18

野田候補

2021-09-18

データベース

Facebook 闘諍堅固

2021-09-14
とうじょうけんご 【闘諍堅固】 〘名〙 仏語。

五種ある堅固のうちの第五。または、五五百年(ごごひゃくねん)の一つ。仏滅後第五の五百年で、諸僧が互に自説の優位を主張し、争うことが多く、邪見のみにて仏法が姿をかくしてしまう時をいう。

できるかな?

2021-09-15
Facebook 首相官邸さん曰く
<カーボンニュートラル>
昨年10月、2050年カーボンニュートラルを宣言しました。
温暖化への対応は経済の制約ではありません。
従来の発想を転換し、積極的に温暖化対策を行うことで、産業構造や社会経済の変革をもたらし、大きな成長につなげていきます。

米国務長官、下院公聴会でアフガン撤収正当化=共和党から非難噴出

2021-09-14
2021/09/14 10:49
© 時事通信 提供 13日、ワシントンで行われた米下院外交委員会の公聴会で、モニター画面越しに発言するブリンケン国務長官(AFP時事)
アフガン撤退の判断を擁護 米ブリンケン国務長官

アフガン撤退の判断を擁護 米ブリンケン国務長官 (msn.com) 

【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は13日、下院外交委員会の公聴会で、「米国の最も長い戦争を終わらせる時だった」と述べ、バイデン政権が断行したアフガニスタン駐留米軍撤収を正当化した。一方、野党共和党からは、米軍撤収に乗じたイスラム主義組織タリバン復権などを非難する声が噴出。アフガン撤収の政権へのダメージ回復は容易でないことが浮き彫りになった。

 共和党のマッコール下院議員は「私の人生で、タリバンへの無条件降伏を見ることになるとは思わなかった」と政権の対応を指弾。同党のシャビット議員も「不手際な撤収は米国史で最悪の外交惨事」と断じた。

 これに対しブリンケン氏は「最も悲観的な分析でも、米軍がとどまっている間にアフガン政府軍が崩壊すると予測していなかった」と述べ、早期の首都カブール陥落を予測できなかったと弁明。ただ、「われわれは幅広い緊急事態について計画し、訓練していた」と強調し、カブール陥落後の迅速な退避活動を可能にしたと主張した。 

<自由で開かれたインド太平洋の実現>

2021-09-13
Facebook 首相官邸さん曰く
<自由で開かれたインド太平洋の実現>
世界の活力の中心であり、各国の力と力が複雑にせめぎ合う地域でもあるインド太平洋では、法の支配に基づく自由で開かれた秩序の構築が極めて重要です。
米国、ASEAN、豪州、インド、欧州などと協力し、より多くの国・地域と共にその実現に取り組みます。

米中枢同時テロ、20年の鎮魂 犠牲3千人「涙は乾かない」

2021-09-12
© KYODONEWS 米中枢同時テロから20年の11日、追悼式典で国歌が流れ、胸に手を当てるバイデン米大統領夫妻(前列中央)ら。同左端からクリントン元大統領夫妻、オバマ元大統領夫妻=ニューヨーク(ゲッティ=共同)
共同通信社 2021/09/11 23:48

【ニューヨーク共同】2001年9月の米中枢同時テロから20年の11日、イスラム過激派がハイジャック機で突入したニューヨークの世界貿易センタービル跡地で追悼式典が開かれた。バイデン大統領は遺族の言葉に耳を傾け、日本人24人を含む2977人の犠牲者を悼んだ。10日のビデオ演説で米国には「復活する力」があると強調、犠牲者を思い「涙は乾かない」としながら、国民に結束を呼び掛けた。

 米国は20年間の「テロとの戦い」で、同時テロを首謀した国際テロ組織アルカイダや、過激派組織「イスラム国」(IS)を弱体化させたが、イスラム諸国の不正や貧困などテロの根は絶てなかった。

闘いの記録 (戦争と人間)

Metamorphosis of Princess Diana

2021-07-13
Today would have been Princess Diana's 57th birthday.

王室、戴冠式といえば・・・、

2020-06-03
エリザベス女王 戴冠式

詳細

国王ジョ-ジ6世の死去に伴って即位したエリザベス女王の戴冠式が6月2日、ウェストミンスター寺院で行われた。
この模様はイギリス国内だけでなく世界各国に当時の最新メディアであるテレビで伝えられた。
エリザベス女王は、以来、半世紀以上にわたって女王の座にあり、諸外国を訪問している。
1975(昭和50)年には日本を訪問し、昭和天皇主催の晩さん会に出席したほか、NHKを訪れて大河ドラマの収録を見学した。

· 昭和天皇ご夫婦と上皇さま。

2021-07-29
Facebook 石山 裕子さん曰く、将棋対決微笑ましいですね。

反戦と言わずに、反戦を語る・・・。

2021-07-23

夢中になれるものを届ける。

2021-07-23

闘いの転機(戦いの前と後)

「最高の年」が過ぎ去ったとき–航空機の「墓場」

2021-09-18
2018年6月6日 Matthew Gaskill、ゲスト著者
引退したB-52爆撃機

第二次世界大戦の終結から1年余り後の1946年11月、RKOピクチャーズとサミュエルゴールドウィンは、1947年のアカデミー賞で7つのオスカーを受賞した映画「我等の生涯最良の年」を公開しました。


あなたがそれを見たことがないなら、あなたはそうすべきです。知らない人のために、それは3人の帰国した退役軍人と彼らが民間人の生活に戻るのに直面した困難の物語です。俳優の一人、ハロルド・ラッセルはこれまで演技をしたことがありませんでしたが、戦争で両手を失ったホーマー・パリッシュを演じて、オスカー最優秀助演男優賞を受賞しました。

大井はそれを返す:ソ連が1951年にアメリカのF-86セイバージェットを盗んだ方法

2021-09-18

朝鮮戦争中(1950年から1953年)、アメリカとその同盟国は韓国に味方し、ロシアと中国は北朝鮮に味方した。彼らの多くの武器の中で、米国は北米のF-86セイバー(セイバージェットとも呼ばれる)を持ち、北朝鮮はロシアのMIG-15を使用しました。したがって、双方は相手の飛行機について知りたがっていました。ソ連がセイバーを盗むことに決めたのはそのためです。


アメリカは1949年に第1戦闘航空団の第94戦闘飛行隊の飛行隊の一部としてF-86を使用し始めました。彼らのスイープウィングのデザインは、彼らがトランジック速度(時速600 t0 768マイルで音速を超える)を達成することを可能にし、彼らのまっすぐな翼を持つ相手がほこりに咳を残しました。

したがって、彼らはすぐに朝鮮戦争で使用された主な空対空戦闘機になりましたが、F-80やF-84のようなまっすぐな翼を持つジェット機の以前のモデルはまだ使用されていました。これは、ソ連が自分のミコヤン・グレビッチMiG-15ジェット戦闘機でセイバーに応答した1950年11月1日に変更されました。

ドイツ空軍自滅ミッション:ボーデンプラッテ作戦 – 1945年1月1日

2021-09-17
2018年4月6日コリン・フレイザー、ゲスト著者

ドイツ空軍にとって、第二次世界大戦は1945年1月1日に終わり、同盟国の空中優位に対する最後の必死の試みで終わりました。この日の後、西部と東部の戦線がベルリンに崩壊したため、ドイツの空は次の数ヶ月ですぐに失われました。


ボーデンプラッテ作戦は、アルデンヌ攻勢、またはバルジの戦い(1944年12月16日-1945年1月25日)を支持して連合軍の空軍力を損なうように設計されましたが、悪い冬の天候は最初の利用可能な日、1月1日まで操作を押し戻しました。

ボーデンプラッテ作戦のような効果的で大量の空爆のために天候が十分に改善された頃には、アルデンヌ攻勢は西側連合国によって停滞していました。そこで、このドイツ空軍の攻撃はノースウィンド作戦を支援するために変更されました。

この巨大な潜水艦工場は、

2021-09-17
2018年1月7日シャハン・ラッセル、ゲスト著者

エーリッヒ・フリードリヒ・マイケル・ラックナーは、前世紀の最も影響力のあるエンジニアの一人と考えられています。彼は革新的なタイプのコンクリート構造を開発し、世界中の多くのプロジェクトを担当しました。彼の遺産は、インロス・ラックナーAG建設会社、エリック・ラックナー財団、エリック・ラックナー賞に残っています。


しかし、Lacknerは名声を得る別の主張を持っています。彼はドイツのバレンティン潜水艦工場の現場の監督エンジニアでした。大規模な施設では、わずか20ヶ月で10,000人から12,000人の奴隷労働者が建設されました。これらの労働者は母国から連れて行かれ、現場で働くことを余儀なくされました。何千人もの人々が過大暴露、栄養失調、要約処刑で死亡したが、決して完了しなかった。

建設は1943年にレクムのブレーメン郊外のヴェーザー川沿いに始まりました。ナチスはすでにフランスのブレストにはるかに大きなUボート基地を持っていましたが、工場ではありませんでした。戦争に勝つためには、ドイツはイギリスを取り出す必要があった - アメリカ人が戦争に入るまで海上で唯一の脅威。

浅間山荘事件(1972.2)の機動隊員のヘルメット 日本軍の90式鉄兜なんですね。

2021-09-17
Facebook 鈴木真人さん曰く

真宗大谷派の取り組みについて

「全戦没者追弔法会」の和讃

2021-04-04
Facebookしんらん響流館さん曰く
1987年から「戦没者追弔会」に「全」と仏法の「法」という文字を加えて「全戦没者追弔法会」と名称を改め勤められています。

【4/2全戦没者追弔法会】

2021-04-04
Facebookしんらん交流館さん曰く
1987年から「戦没者追弔会」に「全」と仏法の「法」という文字を加えて「全戦没者追弔法会」と名称を改め勤められています。

【春の法要ライブ配信】全戦没者追弔法会(4月2日10時10分~)

2021-04-02

全戦没者追弔法会 戦争でいのちを奪われた方々を憶念し、仏が願われた「兵弋無用(軍隊も武器もいらない)」の教えから、私たちの今を問い直す法要です。
 ◆法要 10時20分~ 
【法要次第】
 出仕
 着座楽 
総礼 
伽陀 稽首天人 
登高座 
表白 
伽陀 万行之中
 御経 仏説阿弥陀経 
伽陀 直入弥陀 
下高座 
総礼 
正信偈 草四句目下(同朋唱和) 
念仏讃 淘五 三重念仏 
和讃 無明長夜の燈炬なり 次第三首 
回向 願以此功徳 
総礼 
恩徳讃 
退出楽 退出
全戦没者追弔法会   表 白
謹んで阿弥陀如来、宗祖親鸞聖人 、ならびに
三世十方の諸仏如来に申し上 げます。
 本日ここに、親しく宗祖親鸞聖人のまえに坐 すことを得て、全戦没者追弔法 会を厳修いたします。このときにあたり、一つには過去の 罪障を懴悔し、二つには現在の遇法を慶喜び、三つには将来に同朋社会の顕現を期したいと存じます。 
第一に、過去の罪障を懴悔するとは、われらの宗門が、先の悲惨な侵略戦争 に自ら荷担し、それを「聖戦」と呼び、「まったくおおせにてなきことをも、 おおせとのみもうす」罪を犯したことであります。 実に、五逆謗法の咎逃れがたく、今更あらため 全戦没者の悲しみを 憶念し、ここに真宗大谷派が無批判に戦争に荷担した罪を表明し、過去の罪障を懴悔いた します。
 第二に、現在の遇法を慶喜ぶとは、そのわれらの罪障にも拘らず、如来の本 願はその罪を私たちに知らしめ、罪に向き合い、平和への道を歩ましめるので あります。
 第三に、同朋社会の顕現を期すとは、本願念仏の教法に生きる者は「四海の 内みな兄弟とするなり」という浄土の 荘厳功徳をこの身に受け、死者と生者が 一つに出会い、国家や民族の境を超えた「同朋社会」の顕現に 向 む かって 生 い きる 者 もの となるのであります。 われら 真宗門徒、ここに 非戦平和の誓いを 表 白し、ひとえに、この身とこの世の無明の闇を 照らす仏の教えに随い、ともに生きあえる世界 への道を歩まんことを誓うものであります。 

   二〇二一年四月二日  釋修如

仏が願われた「兵弋無用(軍隊も武器もいらない)」の教え

2021-08-15
Facebook 阪下 大介さん曰く

2020 年度全戦没者追弔法会 記念講演

2021-04-02
2020 年度全戦没者追弔法会

・趣旨 日常に潜む戦争 ―不安と恐怖の中で―

 私たちの宗門は、かつて侵略戦争を「聖戦」と呼び、仏法の名のもとに多くの人々を戦 場へと送り出しました。戦争で命奪われたすべての人々、遺族のみならず、アジア諸国、 とりわけ中国、朝鮮半島の人々に、計り知れない苦痛と悲しみを強いてきました。戦争の 歴史が明らかにされる中で、私たちは被害者であると同時に、加害者としての歴史も問わ れてきたのです。だからこそ、なぜ戦争が起きるのか、社会はなぜ戦争に向かったのかと いうことを、全戦没者の悲しみの歴史に学び、戦争をくり返してきた人間の過ちを見つめ、 未来に伝えていくことを大切にしています。 この法会において、私たちは、戦争で命奪われたすべての人々の願いに耳を澄まし、日 常に潜む戦争の影を見つめ、戦争の無残さ、それを生み出す人間の深い闇を、心に刻みた いと思います。そのことにより、「国 こく 豊 ぶ ⺠安 みんあん 兵戈 ひょうが 無用 む よ う (国豊 ゆた かに⺠安 やす し。兵戈 ひょうが 用 もち いるこ となし。)」(『仏説無量寿経』)という、仏の大悲によって真実の豊かさと安らぎが与えら れるところに、兵士も武器も必要がないという教えが、具体的な現実の課題をとおして知 らされます。 いま世界は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に震撼しています。国内においても 感染終息の目途が立たず、命を守るために感染を防ぐ努力は大切です。しかしながら、看 過してはならないのは、感染することにより世間から冷たい眼を向けられるのではないか と恐れる私たちの心や世間の風潮です。その恐れやメディアの報道などによって、私たち の心は追いつめられ、増大した不安から大衆の動向に身をゆだねることで、かりそめの安 心を得ているのではないでしょうか。 国家による戦争と、ウイルスという公衆衛生の問題は、本来、質が異なります。しかし、 不安の高まりからくる過剰な同調圧力は、戦時下と似通ったものを感じずにはいられませ ん。私たちは、不安から逃れるために、その場の空気や力関係に従うことで自分の身を守 ろうとします。そのような意識が、家族のため、みんなのため、やがては国のためにと、 「自発的に」命令に従い、「正義」の名のもとに凄惨な戦争へと向かっていったのです。 私たちは、厳しい状況の中で、⼾惑い揺れ動く心や、追いつめられて呻 うめ きをあげる一人 ひとりの小さな悲しみこそ大切にしていきたいと思います。それにより、「一切 いっさい 恐懼 く く 爲作 い さ 大安 だいあん (一切の恐懼 く く に、ために大安 だいあん を作 な さん。)」(『仏説無量寿経』)という仏の願いに応え てまいります。 このたびの法会が、非戦・平和への歩みを共につなぐ場となることを心より願います。
講師:真城 義麿氏(真宗大谷学園専務理事・元大谷高校校⻑)
TOPへ戻る