本文へ移動

闘いの歴史

闘いの記録

FacebookMatthew Copp 三菱ゼロのリベットと塗装スキームの細部が好きです.

2021-01-24

オスプレイのコックピットから輸送機(4万5千リットルの燃料を運搬可能なタンカー)を望む。

2021-01-23
Facebook在日米海兵隊 この後、オスプレイは空中給油を受けました。

アメリカ空軍の戦略爆撃機。

2021-01-22
左からB-2、B-52、B-1。
新型戦略爆撃機として開発中の「レイダーズ」です。

B-52の前に後ろに、代わる者なし。

2021-01-22
B-52(上)と飛行するB-1B(中)とB-2(下)共にB-52を完全に置き換えるには至らなかった。

(Stratofortress:成層圏の要塞)。

2021-01-22
B-52 ストラトフォートレス(Boeing B-52 Stratofortress )は、ボーイング社が開発しアメリカ空軍が運用している戦略爆撃機。
ティンカー空軍基地より飛び立つB-52H-175-BW 61-0036号機 (2014年12月9日撮影)
爆弾を投下するB-52D(1960年代)

初参戦となったのはベトナム戦争である。

1965年2月7日、リンドン・ジョンソン大統領はアメリカ軍将校殺害の報復として解放戦線勢力圏と同時に、トンキン湾事件報復を口実として首都・ハノイ市などの北ベトナム中枢への爆撃(北爆)を命令。いわゆる「フレイミング・ダート作戦」で、3月からは本格的な北爆である「ローリング・サンダー作戦」が開始された。

B-52は、グアム島や当時アメリカ統治下の沖縄本島のアメリカ軍基地から、北ベトナムまで長距離飛。絨毯爆撃を行って帰還した。参加したのは主に通常爆弾を大量に搭載可能に改造したD型で、100発以上の無誘導爆弾を満載して連日出撃した。

闘いの転機

軍人にして、ノーベル平和賞受賞者

2020-12-31
ジョージ・C・マーシャル元米陸軍元帥
Facebook都築清高さんの投稿


本日は軍人でノーベル平和賞を受賞した稀有な、ジョージ・C・マーシャル元米陸軍元帥の誕生日。米軍人としては珍しく陸軍士官学校(ウェストポイント)以外の出身者としては異例の出世をした人物。一次大戦時は大佐に任官されていたが、上層部の低い評価によって終結後に少佐へと降格されるも、二次大戦勃発の1939年までには時勢に恵まれ陸軍少将へと昇進。時の大統領ルーズベルトによって陸軍参謀総長に指名。ただし、少将では参謀総長には就けない為、戦時階級として大将へ一挙に昇進。これまでの対日戦略の担当から、東西両戦線によって疲弊したナチスドイツを壊滅させるための欧州侵攻作戦の計画を指導。(映画「プライベート・ライアン」の一部で、マーシャル将軍(本人ではないが)の登場シーンがある) 戦後は軍を辞し、政治畑を歩む。国務長官、国防長官を歴任。欧州復興計画(マーシャル・プラン)の立案・実行の功績で、1953年ノーベル平和賞受賞。6年後の1959年、ワシントンD.C.にて死去。享年78歳

それは、ウォターゲートビルから始まった。

2020-12-19
大統領辞任
Facebook佐々木信雄さんの投稿
【20th Century Chronicle 1974年(s49)】
◎ウォーターゲート事件 ニクソン米大統領辞任
*1974.8.8/ ウォーターゲート事件で、ニクソン米大統領が辞任を発表。9日、フォード副大統領が第38代大統領に就任する。
 1972年に発覚した「ウォーターゲート事件」は、その後驚くべき展開をみせる。セックス・スキャンダルなどものともしないアメリカ政界も、盗聴・侵入・もみ消し・司法妨害・証拠隠滅など、ありとあらゆる権力側の裏工作が露顕し、最高権力者 ニクソン大統領までもが深く関わっている事実と証拠が表面化した。
 具体的には、ワシントンのウォーターゲートビルの民主党本部への侵入事件が発端だが、ニクソン大統領が薄汚い言葉で、もみ消し工作などを直接指示するテープが提出されると、大統領への信頼は地に落ちてもはや辞任するしかなかった。
 そもそもこの時のニクソンは、ベトナム戦争の収拾、ドル防衛作の発表、中国との電撃的国交締結など、圧倒的な人気を誇っており、選挙でも民主党など目じゃない状況だった。たいした情報もない民主党本部に、えざわざ工作員を侵入させる必要などまったく無かったわけである。
 そこにはCIAとFBIの主導権争いなど、さまざまな流れがあり、本来の目的もまったく別のところにあったとの情報もある。ニクソン辞任の後、副大統領のフォードが就任したが、もはや政権運営できる背景は無くなってしまった。「強いアメリカ」の復活は、ロナルド・レーガンの登場を待つしかなかった。
(この年の出来事)
*1974.1.31/ 日本赤軍とPFLPのゲリラがシンガポールにあるシェルの製油所を爆破、2.6には別のゲリラがクウェートの日本大使館を占拠、日本政府が要求を受け入れ用意した脱出機で、南イエメン経由で逃亡する。
*1974.8.15/ 韓国の光復節記念式典で、朴大統領が狙撃され、夫人が死亡する。
*1974.10.8/ 佐藤栄作前首相が、ノーベル平和賞を受賞。

戦後の日中関係について

2020-12-18
Facebook佐々木信雄さんの投稿
【20th Century Chronicle 1972年(s47)】
◎日中国交回復
*1972.9.29/ 田中首相が中国を訪問、日中共同声明が調印され両国の国交が回復する。
 7月に成立した田中内閣は、「日本列島改造論」を掲げて、さらに高度成長を推進する方針を採った。外交では、二度にわたるニクソンショックへの対応が急務であった。ニクソンが頭越しに米中関係修復をしてしまったので、急遽田中角栄首相も中国へ飛ぶことになり、「日中共同声明」を発表、半世紀ぶりに日中は国交を回復することになった。
 米はベトナム戦争の後始末、中国は文化大革命の国内混乱を収拾するする必要があった。晩年の毛沢東に代って周恩来首相が実質を仕切るようになり、米・日との関係を修復、その後を訒小平が引き継いで、現実路線のもと経済復興を進めることになる。しかしそこには、二度にわたる「天安門事件」という転回点があったことは忘れてはならない。
 日中国交回復の「おみやげ」として、2頭のパンダが贈られてきた。ランラン・カンカンと名付けられていたパンダは、上野動物園で公開され連日長蛇の列ができることとなった。
(この年の出来事)
*1972.2.27/ ニクソン米大統領が中国を訪問し、米中共同声明(上海コミュニケ)を発表する。
*1972.3.21/ 奈良明日香村高松塚古墳で極彩色壁画が発見される。 
*1972.4.16/ ノーベル賞作家川端康成が、神奈川県逗子の仕事場でガス自殺する。
*1972.6.17/ 米ワシントンの民主党本部に、盗聴器を仕掛けようと侵入した5人が逮捕され、その後の捜査で「ウォーターゲート事件」へと発展する。
*1972.8.26/ 第20回オリンピック・ミュンヘン大会が開催される(~9.11)。会期中の9月5日、パレスチナゲリラによってイスラエル選手が殺害される。
*1972.11.5/ 中国から贈られたパンダ2頭が、東京上野動物園で初公開される。

ここは減り下って、韓日首脳会談

2020-11-29
戦後処理ということについて
Facebook佐々木信雄さんの投稿

20th Century Chronicle 1965年(s40)】

◎日韓基本条約調印 国交正常化へ
*1965.6.22/ 日韓両国外相が、日韓基本条約および関係4協定に調印する。
*1965.8.14/ 韓国与党の民主共和党が、単独で日韓条約批准案を可決。
25日、学生約1万人がデモ 行進を行い、軍隊と衝突する。

*1965.12.11/ 参議院本会議で、自民・民社2党が日韓条約を強行採決する。

 1965(s40)年6月22日、佐藤栄作内閣は韓国の朴正煕大統領との間で、「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約(日韓基本条約)」を締結した。
この条約により、両国の外交関係の樹立、過去の韓国併合条約などの失効などが確定し、日本は韓国を「朝鮮半島唯一の政権」であると認めた。
そして日本は、無償3億ドル、有償2億ドルの経済援助を行うことを約束し、それを以て賠償問題は終わったとした。

国軍の礎

2020-11-28
Facebook英霊の本日の出来事の投稿

明治5年11月28日の本日、徴兵の詔書が渙發されました。

明治5年2月に山縣有朋が陸軍大輔となり、11月に山縣の徴兵論が採用されて「全國徴兵の詔」が發せられました。

徴兵の詔書
「朕惟ルニ古昔郡縣ノ制全國ノ丁壮ヲ募リ軍團ヲ設ケ以テ國家ヲ保護ス固ヨリ兵農ノ分ナシ中世以降兵権武門ニ帰シ兵農始テ分レ遂ニ封建ノ治ヲ成ス戊辰ノ一新ハ実ニ千有余年来ノ一大変革ナリ此際ニ當リ海陸兵制モ亦時ニ従ヒ宜ヲ制セサルヘカラス今本邦古昔ノ制ニ基キ海外各國ノ式ヲ斟酌シ全國募兵ノ法ヲ設ケ國家保護ノ基ヲ立ント欲ス汝百官有司厚ク朕カ意ヲ體シ普ク之ヲ全國ニ告諭セヨ
明治五年壬申十一月二十八日」

徴兵告諭
「我 朝上古ノ制海内挙テ兵ナラサルハナシ、有事ノ日、天子之カ元帥トナリ丁壮兵役ニ堪ユル者ヲ募リ以テ不服ヲ征ス。
役ヲ解キ家ニ帰レハ農タリ工タリ又商賣タリ、固ヨリ後世ノ双刀ヲ帯ヒ武士ト称シ抗顔坐食シ、甚シキニ至テハ人ヲ殺シ官其罪ヲ問ハサル者ノ如キニ非ス。
抑、神武天皇珍彦ヲ以テ葛城ノ國造トナセシヨリ爾後、軍團ヲ設ケ衛士防人ノ制ヲ定メ神亀天平ノ際ニ至リ六府二鎮ノ設ケ始テ備ル。
保元平治以後、朝綱頽弛兵権終ニ武門ノ手ニ墜チ、國ハ封建ノ勢ヲ為シ人ハ兵農ノ別ヲ為ス。
降テ後世ニ至リ、名分全ク泯没シ、其弊勝テ言フ可カラス。
然ルニ太政維新列藩版図ヲ奉還シ辛未ノ歳ニ及ヒ、遠ク郡縣ノ古ニ復ス。
世襲坐食ノ士ハ其禄ヲ減ジ刀剣ヲ脱スルヲ許シ四民漸ク自由ノ権ヲ得セシメントス。
是レ上下ヲ平均シ人権ヲ斉一ニスル道ニシテ、則チ兵農ヲ合一ニスル基ナリ。
是ニ於テ士ハ従前ノ士ニ非ス民ハ従前ノ民ニアラス均シク皇國一般ノ民ニシテ國ニ報スルノ道モ固ヨリ其別ナカルヘシ。
凡ソ天地ノ間、一事一物トシテ税アラサルハナシ以テ國用ニ允ツ。
然ラハ則チ人タルモノ固ョリ心力ヲ尽シ國ニ報ヒサルヘカラス。
西人之ヲ称シテ、血税ト云フ。
其生血ヲ以テ國ニ報スルノ謂ナリ、且ツ國家ニ災害アレハ、人々其災害ノ一分ヲ受サルヲ得ス。
是故ニ人々心力ヲ尽シ國家ノ災害ヲ防クハ則チ自己ノ災害ヲ防クノ基タルヲ知ルヘシ。
苟モ國アレハ則チ兵備アリ、兵備アレハ則チ人々其役ニ就カサルヲ得ス。
是ニ由テ之ヲ観レハ、民兵ノ法タル固ヨリ天然ノ理ニシテ、偶然作意法ニ非ス。
然而シテ其制ノ如キハ、古今ヲ斟酌シ時ト宜ヲ制セサルヘカラス。
西洋諸國数百年来研究実践以テ兵制ヲ定ム故ヲ以テ、其法、極メテ精密ナリ。
然レトモ政體地理ノ異ナル悉ク之ヲ用フ可カラス。
故ニ今其長スル所ヲ取リ、古昔ノ軍制ヲ補ヒ、海陸二軍ヲ備ヘ全國四民男児二十歳ニ至ル者ハ尽ク兵籍ニ編入シ、以テ緩急ノ用ニ備フヘシ。
郷長里正厚ク此 御趣意ヲ奉シ徴兵令ニ依リ民庶ヲ説諭シ、國家保護ノ大本ヲ知ラシムヘキモノ也
明治五年壬申十一月二十八日 」

TOPへ戻る