本文へ移動

闘いの歴史

データベース

Facebook 闘諍堅固

2021-04-09
とうじょう‐けんご 【闘諍堅固】 〘名〙 仏語。
五種ある堅固のうちの第五。または、五五百年(ごごひゃくねん)の一つ。仏滅後第五の五百年で、諸僧が互に自説の優位を主張し、争うことが多く、邪見のみにて仏法が姿をかくしてしまう時をいう。

「全戦没者追弔法会」の和讃

2021-04-04
Facebookしんらん響流館さん曰く
1987年から「戦没者追弔会」に「全」と仏法の「法」という文字を加えて「全戦没者追弔法会」と名称を改め勤められています。

闘いの記録

東久邇成子さま

2021-04-16

Facebook 永井 由紀夫さん曰く



昭和天皇と良子さまの第一子で、
御結婚前は照宮成子内親王
皇族の東久邇家へお嫁入りされ、
戦後は臣籍降下で平民として苦労に苦労を重ねられ、
5人の幼い子どもを残して35歳の若さでガンで亡くなられたお方です。
ご学友だった酒井美意子さんは
「学習院の錚々たる御家柄のプライドの高い女生徒たちが『このお方には敵わない』と敬愛したプリンセスの中のプリンセス」
「戦後の苦労の中でも輝きを増していった稀有なお方」
と語っています。
生まれた時は臣民はもとより良子さまのお母様までガッカリしましたが、
昭和天皇だけが
「女の子は優しいからいいね」
と仰いました。

· 今日4月15日(木)の築城基地! 対艦ミッション!

2021-04-15
Facebook川平 亨弘さん曰く  対艦ミッション!

· AH-64D アパッチ・ロングボウ

2021-04-15
Facebook渡辺直人さんより

戦艦大和と沖縄突入作戦(Battle of Cape Bohno)

2021-04-14

1945年4月 連合軍の沖縄上陸作戦阻止のため、連合艦隊司令部は、戦艦大和を旗艦とする水上部隊の沖縄突入を決意した。 この動画はこの作戦を時系列で描いたものです。



Midway (2019) The Battle of Midway

2021-04-14

闘いの転機

【零式艦上戦闘機】連合軍が最も恐れた戦闘機「ゼロ戦」

2021-04-18

零式艦上戦闘機(ゼロ戦/零戦)零式艦上戦闘機(通称ゼロ戦)は、三菱重工が設計開発を行った日本海軍の主力戦闘機である。
和14年3月初飛行、翌15年、正式採用を待たず中国(支那)戦線で初陣。
16年12月
の真珠湾攻撃以来、昭和20年8月の終戦までに三菱重工、中島飛行機の両企業により総計1万機以上が生産された。
 
日本国民の総力を注いだこの戦闘機は、西はセイロ
ン島、東はギルバート、ハワイ諸島に至るまで地球のほとんど半分近くを戦域とし連合軍と対峙、あるいは国土防衛に尽くした。

“真珠湾攻撃隊”

2021-04-18
零戦 21型 & 九九艦爆 11型 & 九七式三号艦攻
いざ、真珠湾へ

· 零戦

2021-04-18
Facebook大脇 雅秀さん曰く 素晴らしい機体です。
最強の戦闘機だった頃
零戦21型/二一型: 空のカケラ ライブラリ (lekumo.biz)

零戦二一型(21型)は、
零戦初の量産モデル。
空母搭載を前提とした翼端折畳み構造を追加したほか、着艦フックを装着。
 昭和16年12月、真珠湾攻撃で実戦に参加。
 昭和19年初めまでに三菱740機、
中島が2,821機を生産し、
大戦初期において海軍機動部隊の要となった。 
参考画像は

昭和17年、空母瑞鶴所属、岩本徹三機。
 
零戦21型

【零戦二一型諸表】A6M2-b
発動機/栄一二型 離昇出力/940馬力
上昇力/6000m/7分27秒
最高速度/533km/h 巡航速度/300km/h 
航続距離/2,530km
自重/1,754kg 全備重量/2,410kg 
燃料搭載量/525+330L
全幅/12.00m 全長/9.060m 全高/3.530m
主翼面積/22.438㎡ 翼面荷重/107kg/㎡
兵装/胴体7.7mm機銃×2 翼内20mm機銃×2 
   爆弾60kg×2
生産機数/約3,500機 

風刺、Charlie Chaplin の場合

2021-04-17
Charlie Chaplin - Adenoid Hynkel's Palace - The Great Dictator (1940)

◎米大統領選に共和党トランプ選出

2021-04-15
Facebook 佐々木信雄さん曰く トランプは自己資金だけで選挙戦を闘い、共和党の他候補も含めて、誰よりも少ない資金で指名争いをリードした。
*2016.7.26/ 相模原障害者施設で、大量殺人殺傷事件が起きる。
【21th Century Chronicle 2016(h28)年】
◎米大統領選に共和党トランプ選出
*2016.11.8/ 米大統領選で共和党のトランプ候補が当選する。
 2016年アメリカ合衆国大統領選挙は、2016年11月8日にアメリカ合衆国で実施された。民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプとの対決となったが、多くの世論調査や事前予想を覆しドナルド・トランプが勝利した。
 2015年6月16日、トランプは2016年アメリカ合衆国大統領選挙に共和党から出馬することを表明した。この出馬表明の場で、トランプは隣国メキシコからの悪質な不法移民を非難した。ヒスパニック系住民が増大するなかで、ヒスパニック系の動向に敏感なマスコミは、こぞってトランプ発言に反発する動きを示した。
 出馬表明後の12月、ISILの影響下にあるムスリム系夫妻が、カリフォルニア州サンバーナディーノ郡で銃撃テロを起こすと、トランプ候補は、ムスリムの入国を完全に禁止するよう提案し、イスラム世界から大きな反発を受けた。ヒスパニックやムスリム系住民の反発を買うのは、選挙に不利に働くと思われたにもかかわらず、その後もトランプは問題発言を連発した。
 破天荒なトランプ発言だったが、トランプは共和党の指名候補争いでトップ支持率を保ち続け、あわてた従来からの共和党主流派は、トランプの共和党大統領候補を阻止に動く。またトランプ人気が強くなるにつれて、移民に関する発言に反発した黒人やヒスパニック系がトランプの集会を妨害する動きも頻発した。
 またトランプは、民主党候補者へも、口汚い言動を繰り返して攻撃する。ヒラリー・クリントンには、夫の元大統領ビル・クリントンのかつての性スキャンダルまで持ち出して口撃したり、SNSのTwitterで他の民主党候補に挑発を続けたりと、これまでの大統領候補には有り得ない傍若無人の発言で物議を醸した。
 しかし、民主党の各候補がウォール街などから大口の献金を受ける中で、トランプは自己資金だけで選挙戦を闘い、共和党の他候補も含めて、誰よりも少ない資金で指名争いをリードした。一方で、トランプに対するネガティブ広告には多額の費用が投入され、共和党のテレビCMの半数はトランプ降ろしを狙うものだった。
 また欧米メディアは、一様にトランプに否定的な反応を見せ、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどリベラル大手のみならず、エコノミストやフィナンシャル・タイムズなど経済紙までもがトランプ阻止を訴えた。
 このようなメディアの逆風と、少ない選挙資金で闘いながら、トランプが指名争いの首位を保ってきた逆説的な状況については、既存の主流政治家への不満や、支持者の見識不足と結びつける論調が多いが、それだけでは納得できない「トランプ現象」が現出した。
 トランプは、2016年7月の共和党予備選挙で正式に大統領候補に指名された。民主党候補に指名されたヒラリー・クリントンとの、事実上の一騎打ちとなった大統領選は、圧倒的にヒラリー優勢とされたが、2016年11月8日のアメリカ合衆国大統領選挙一般投票では、トランプ候補が、全米で過半数の270人以上の選挙人を獲得し勝利した。
 2017年1月20日、ドナルド・トランプは第45代アメリカ合衆国大統領に就任した。就任時の年齢は70歳220日、歴代最高齢の大統領となったトランプは、就任演説で「アメリカ第一主義(アメリカ・ファースト)」を掲げた。保護主義や孤立主義的な政策で、自国の利益を最優先とする「アメリカ第一主義」に立つトランプの政治姿勢は、「トランピズム ”Trumpism”」と呼ばれている。
 政治経験がまったく無く、日ごろの言動からは金と女にしか興味がないと揶揄されるようなトランプが、あれよあれよという間に大統領になってしまった。その下品な発言からインテリ層からは毛嫌いされ、黒人やヒスパニックなどマイノリティへの差別的な発言から反発を受けるなど、自ら敵を生み出す言動から、トランプが支持される理由を見つけ出すのは困難を極める。
 支持層は、低学歴の労働者など貧困白人層と原理主義的な福音派などのキリスト教派だと言われるが、その心理的構造は必ずしも解明されていない。このようなかつてなかった現象は、アメリカの文化的深層にまで遡行してみないと、明らかにはならないと思われる。
 以前に、アメリカのサブカルチャーから、その辺を探る試みをしたので、ここにリンクしておく。
(この年の出来事)
*2016.5.9/ 税のがれに利用される国際的金融センターの膨大な取引が記録された「パナマ文書」が、流出し公表される。
*2016.7.26/ 相模原障害者施設で、大量殺人殺傷事件が起きる。
*2016.8.5/ リオデジャネイロオリンピックが開幕する。
TOPへ戻る