本文へ移動

闘いの歴史

データベース

Facebook 闘諍堅固

2021-04-09
とうじょう‐けんご 【闘諍堅固】 〘名〙 仏語。
五種ある堅固のうちの第五。または、五五百年(ごごひゃくねん)の一つ。仏滅後第五の五百年で、諸僧が互に自説の優位を主張し、争うことが多く、邪見のみにて仏法が姿をかくしてしまう時をいう。

「全戦没者追弔法会」の和讃

2021-04-04
Facebookしんらん響流館さん曰く
1987年から「戦没者追弔会」に「全」と仏法の「法」という文字を加えて「全戦没者追弔法会」と名称を改め勤められています。

闘いの記録

東久邇成子さま

2021-04-16

Facebook 永井 由紀夫さん曰く



昭和天皇と良子さまの第一子で、
御結婚前は照宮成子内親王
皇族の東久邇家へお嫁入りされ、
戦後は臣籍降下で平民として苦労に苦労を重ねられ、
5人の幼い子どもを残して35歳の若さでガンで亡くなられたお方です。
ご学友だった酒井美意子さんは
「学習院の錚々たる御家柄のプライドの高い女生徒たちが『このお方には敵わない』と敬愛したプリンセスの中のプリンセス」
「戦後の苦労の中でも輝きを増していった稀有なお方」
と語っています。
生まれた時は臣民はもとより良子さまのお母様までガッカリしましたが、
昭和天皇だけが
「女の子は優しいからいいね」
と仰いました。

· 今日4月15日(木)の築城基地! 対艦ミッション!

2021-04-15
Facebook川平 亨弘さん曰く  対艦ミッション!

· AH-64D アパッチ・ロングボウ

2021-04-15
Facebook渡辺直人さんより

戦艦大和と沖縄突入作戦(Battle of Cape Bohno)

2021-04-14

1945年4月 連合軍の沖縄上陸作戦阻止のため、連合艦隊司令部は、戦艦大和を旗艦とする水上部隊の沖縄突入を決意した。 この動画はこの作戦を時系列で描いたものです。



Midway (2019) The Battle of Midway

2021-04-14

闘いの転機

遺された者

2020-11-26
川端、石原、三輪
その日の現場
その現場周辺には、様々な人物がやって来ていた。  
 ある鑑識課員は、総監室へ通じる廊下の中程に、呆然とたたずむ石原慎太郎を目撃している。
「ひとり、ぼうっと立っているんだよ。
 あれは、裕次郎じゃない、慎太郎だったよ。
 総監室に入ることもできずに、そこにぽつんと立っているしかできなかったんだろう」
 さらに鑑識作業中には、階下の玄関ホールのあたりから、男性の叫び声が総監室まで聞こえてきたという。
 川端康成だった。
 事件が報じられて駆けつけたのだろう。
 とにかく、なにかを叫んでいたという。

狭山事件ということ

2020-11-24
部落差別ということ
Facebook佐々木信雄さんの投稿
【20th Century Chronicle 1963年(s38)】
◎狭山女子高生殺人事件
*1963.51/ 埼玉県狭山市で女子高校生が誘拐殺害され、被差別部落出身の青年が逮捕される。(狭山事件)
 1963(s38)年5月1日に埼玉県狭山市で、高校1年生中田善枝(16)が帰宅せず、その夕刻には身代金を要求する脅迫状が届いた。警察は誘拐事件と断定し、翌2日夜、身代金受け渡し場所に多数の警察官を配備したが、現れた犯人を取り逃がしてしまう。3日には大掛かりな山狩り捜査を開始し、4日の朝、農道に埋められている被害者少女の死体が発見された。
 埼玉県警は165名からなる特別捜査本部を発足させ、狭山市内の被差別部落の重点捜査で、5月23日、同部落の石川一雄(24)を傷害や暴行や窃盗などの容疑で別件逮捕する。勾留中に女子高校生殺しの容疑で厳しい追及で自白を引き出し、強盗殺人・死体遺棄などで起訴。1964(s39)年3月、浦和地裁は半年の審理で死刑判決を下した。
 石川被告は控訴し、同年9月、東京高裁での控訴審で被告は、自白は警察の誘導によるものとし犯行を全面的に否認、弁護団は自白と客観的事実との不一致を指摘した。1974(s49)年10月、東京高裁は原判決を破棄し、無期懲役の有罪判決を下した。被告による上告は1977(s52)年8月最高裁により却下され、無期懲役が確定した。
 しかし石川一雄が被差別部落の出身であることから、本事件は部落差別との関係を問われ、部落解放同盟や部落解放同盟全国連合会などの部落解放運動団体や、中核派・革労協・社青同解放派などの新左翼党派や、一般市民団体などが、部落差別による冤罪事件として、支援活動を展開した。
 弁護団はただちに東京高裁に再審を請求、棄却決定に対し最高裁に特別抗告を行うが、1985年5月棄却された。その後も第2次、第3次と再審請求を行っているが、その間の1994(h6)年12月、石川服役囚は31年7ヵ月ぶりに仮出獄している。
(この年の出来事)
*1962.3.31/ 東京都台東区で4歳の村越吉展ちゃんが誘拐され、7月に容疑者が犯行を自供し、遺体が見つかる。 
*1962.6.5/ 関西電力の黒部川第4発電所ダムが完成する。
*1963.7.16/ 名神高速道路が、日本最初の高速道路として、栗東IC - 尼崎ICの間で開通する。
*1962.9.5/ 東京の地下鉄銀座線京橋駅で時限爆弾が爆発、「草加次郎」の犯行とされる。 
*1962.11.9/ 横浜市鶴見区の東海道本線で、列車の2重衝突事故が起こり、死者161人を出す大惨事となる。(鶴見事故)
*1962.11.9/ 福岡大牟田市の三井三池炭鉱で、炭塵爆発が起こり死者458人を出す。

安保賛成 何が何でもやりぬきます!

2020-11-20
◎日米新安保条約(60年安保) *1960.1.19/ ワシントンで「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」が締結される。
*1960.5.19/ 19日、社会党議員を強制排除して始まった衆議院本会議は、20日午前零時過ぎに、自民党単独で新安保条約を衆議院可決。

安保の今と昔

2020-11-20
Facebook佐々木信雄さんの投稿

 1951(s26)年のサンフランシスコ講和条約の成立(日本主権回復)と同時に、吉田首相が単独で署名した旧日米安保条約は、日本に片務的で臨時的なものであった。日本の主権回復とともに駐留軍が撤退するため、日本の軍事的空白を防ぐために、引き続き米軍の駐留を認める必要があった。ただしそれは、米国の「駐留権」を認めるという形で、日本の防衛や駐留自体は、もっぱら米国の都合次第という条約であった。
 

 岸信介は、1957(s32)年2月、病に倒れた石橋湛山首相の後継に指名され、石橋内閣を引き継ぐと、1958(s33)年5月の総選挙で政権としての信任を得て、第2次岸内閣を組閣する。選挙を経て自身を得た岸首相は、アジア重視の自主外交を進めながら、一方で対米尊重の基本枠は譲らず、日米安保条約の改定に向けて、着々と条件を整えていった。
 

安保反対!

2020-11-20
Facebook佐々木信雄さんの投稿

【20th Century Chronicle 1960年(s35)】

◎日米新安保条約(60年安保)
*1960.1.19/ ワシントンで「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」が締結される。
*1960.5.19/ 19日、社会党議員を強制排除して始まった衆議院本会議は、20日午前零時過ぎに、自民党単独で新安保条約を衆議院可決。
*1960.6.10/ アイゼンハワー大統領来日の事前打ち合わせに来たハガチー大統領補佐官は、羽田空港でデモ隊に包囲され、米軍ヘリコプターで脱出。
*1960.6.15/ 安保阻止実力行使に全国で580万人(主催者側発表)が参加、全学連主流派が国会構内に突入、警官隊と衝突し東大生樺美智子が死亡する。
*1960.6.19/ 33万人のデモ隊が国会を包囲するなか、午前零時、新安保条約が自然成立する。
 

 1960(s35)年6月15日、安保阻止最大のデモで、全学連主流派が国会に突入し、防衛する警察機動隊・右翼団体・暴力団等と衝突、この混乱のさ中で東大生樺美智子が圧死する事故が起った。その数日後の6月19日、安保条約は参議院の議決のないまま自然成立する。10万規模のデモを官邸から見下ろした岸首相は「となりの後楽園球場には平和な民衆が5万と居る」とつぶやいたとか。
 

 1951(s26)年のサンフランシスコ講和条約の成立(日本主権回復)と同時に、吉田首相が単独で署名した旧日米安保条約は、日本に片務的で臨時的なものであった。日本の主権回復とともに駐留軍が撤退するため、日本の軍事的空白を防ぐために、引き続き米軍の駐留を認める必要があった。ただしそれは、米国の「駐留権」を認めるという形で、日本の防衛や駐留自体は、もっぱら米国の都合次第という条約であった。
 

 岸信介は、1957(s32)年2月、病に倒れた石橋湛山首相の後継に指名され、石橋内閣を引き継ぐと、1958(s33)年5月の総選挙で政権としての信任を得て、第2次岸内閣を組閣する。選挙を経て自身を得た岸首相は、アジア重視の自主外交を進めながら、一方で対米尊重の基本枠は譲らず、日米安保条約の改定に向けて、着々と条件を整えていった。
 

 1960(s35)年1月に、岸首相以下全権団が訪米し、アイゼンハワー大統領と合意し、1月19日、新安保条約の調印にこぎつけた。ワシントンで「新安保条約」に署名するが、その発効には国会の承認が必要であり、岸訪米団が帰国してから、本格的な反対運動が起こる。
 

 新条約の承認を巡る国会審議では、安保廃棄を掲げる日本社会党が徹底抵抗の姿勢を示し紛糾した。また国会外では、社会党や共産党が指導する労働者団体だけでなく、社会党や共産党の既存革新政党を批判する急進派学生らにより、「共産主義者同盟(ブント)」が結成され、ブントの主導する「全日本学生自治会総連合(全学連)」主流派が、総力を上げて反安保闘争を展開した。
 

 1960(s35)年5月19日、衆議院日米安全保障条約等特別委員会で新条約案が強行採決され、続いて5月20日未明に衆議院本会議を通過した。委員会採決では、自民党は座り込みをする社会党議員を排除するため、右翼などから屈強な男たちを動員し、警官隊と共に社会党議員を追い出しての採決であった。本会議は、翌20日に日付が変わったころ、自民党議員だけで議決された。
 

 この強行採決の模様がテレビニュース等で流されると、一般市民の間にも反対の運動が高まり、国会議事堂の周囲は連日デモ隊で取り囲まれた。参議院での議決が為されない場合、新安保が自然承認される6月19日には、アイゼンハワー大統領訪日が予定されており、6月10日にその日程調整に来日したハガチー大統領報道官は、羽田空港を出たところでデモ隊に包囲され、アメリカ海兵隊のヘリコプターで救出されるという事件が発生した。(ハガチー事件)
 

 過激な全学連は国会突入戦術を推進していたが、社会党は傘下の組合の時限ストやデモを組織したが、全学連の強硬路線には表面的な立場を取り、共産党は「極左冒険主義の全学連(トロツキスト)」と批判した。一方、当のブント全学連は、既成政党の穏健デモを「お焼香デモ」と非難した。
 

 そして6月15日、安保改定阻止国民会議の呼びかけで、全国各地で560万人が集い、各地で大規模な集会やデモが実施された。国会前でも、暴力団と右翼団体がデモ隊を襲撃して多くの負傷者を出すなどするなか、全学連主流派が指揮するデモ隊が国会内に突入、機動隊と激しく衝突する。そのさなかで、デモに参加していた東京大学学生の樺美智子が圧死した。
 

 新安保条約は、衆議院議決1ヵ月後の6月19日、参議院の議決がないままに自然成立した。またアイゼンハワーの来日は延期(実質上の中止)となった。そして岸内閣は、混乱の責任をとる形で、新安保条約の批准書交換の日である6月23日、総辞職を表明した。これらにより、安保反対運動は急速に沈静してゆく。
 

(この年の出来事)
*1960.1.4/ ジャン=ポール・サルトルと並び、戦後フランス実存主義の旗手とされたアルベール・カミュが自動車事故死する。
*1960.3.16/ ヌーベルバーグの旗手 ジャン=リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』が公開され、「不条理」な若者のヒーロー像が衝撃を呼ぶ。
*1960.3.28/ 1.5無期限ストに突入していた三井三池炭鉱は、ロックアウト解除をめぐって第1と第2組合で衝突、さらに泥沼化する。
*1960.5.16/ 慶応幼稚舎2年生の男の子が誘拐され、19日に死体で発見される。(正樹ちゃん誘拐事件)
*1960.11.8/ 米大統領選挙で、ジョン・F・ケネディが当選する。

TOPへ戻る