本文へ移動

闘いの歴史

闘いの記録

昭和20年9月、皇居。空襲の被害を受けているようだ

2021-02-28
Facebook永井由紀夫さんより
明治宮殿が焼け打ちています。
現在の皇居、反対方向からです。

本日は、2月26日です。

2021-02-26
「酒は自腹で!」 Facebook Tetsuzo Mukaiさんより 



「酒は自腹で!」
85年前の今日、東京は雪景色。1939年2月26日早朝、1400人の若い将校が首相官邸や警視庁を襲い、高橋是清首相を殺害、4日間国会を占拠した。「2.26事件」である。この三年前に自由主義的な刑法論を説いた京都大学の滝川教授が休職処分に追いやられる。世は学問の自由への弾圧が強まり、暗黒の時代に突入していく。戦後滝川教授は復職して京都大学総長になった。そして学生たちに向かって話す。「酒を飲むのはよろしい。しかし、それは自分の銭で飲むことが絶対条件」。当時造船疑獄で政界は揺れていた。いつの時代も節度は大切だ。
85年前の今日、東京は雪景色。1939年2月26日早朝・・・

昭和20年10月、東京の空襲跡に立ち並ぶバラック。畑も見える。

2021-02-25
Facebook永井由紀夫さんより

松平容保

2021-02-24
松平容保
この写真は京都守護職時代(27~32歳、満年齢)の肖像写真で、彼が着用している陣羽織の生地は、初めて参内した時に孝明天皇から賜った「緋の衣」であり、これを陣羽織に仕立てたものです。
 孝明天皇から「緋の衣」を賜ったのは文久3年(1863)1月ですので、容保28歳(満年齢)の時です。彼は翌年(1864年)に京都守護職を免ぜられています(同年復帰。1867年に辞職)。
 この陣羽織を着用して馬揃え(軍事教練)の指揮に当たったといいます。また天覧の馬揃えが行われたのは文久3年(1863年)です。この写真は28~32歳の間に撮られたものでしょうが、あるいは天覧の馬揃え(28歳)の時に撮られたものかも?。
 容保は孝明天皇を敬愛し、孝明天皇も彼に何通もの御宸翰(ごしんかん、天皇の直筆)を与えています。

両雄

2021-02-21
さよなら 北の湖~栄光の足跡~
あの人に 千代の富士

闘いの転機

ヤルタ会談

2020-09-17
『Get Back! 40's / 1945年(s20)』 (硫黄島陥落) ○2.4 ヤルタ会談 / Fルーズベルト(米)・チャーチル(英)・スターリン(ソ)。

玉砕

2020-09-16
中部太平洋方面艦隊司令長官南雲中将は、第43師団長斎藤中将、第31軍参謀長井桁少将らの合同司令部指揮官と共に自決
6月15日アメリカ軍は、上陸支援艦の支援射撃の下に、島南部の海岸から上陸作戦を実行した。日本軍は奮戦したものの、その結末は悲惨なものとなった。当初、楽勝すると安閑としていた大本営は、6月17日未明の日本軍総攻撃の失敗の報に接し、あわてて増援を派遣しようとするがままならず、近海でのマリアナ沖海戦では海軍力を壊滅的に失っており、サイパン奪回作戦の断念が決定された。6月24日には、サイパンは実質的に放棄が決定され、守備隊と残された住民の運命が決する事となった。
 サイパン最大の市街地ガラパンが占領されると、陸海軍合同司令部は島北部へ退却を続けつつ、7月7日をもって全軍で玉砕突撃とする事を決めた。そして7月7日、中部太平洋方面艦隊司令長官南雲中将は、第43師団長斎藤中将、第31軍参謀長井桁少将らの合同司令部指揮官と共に自決すると、残された日本兵士は、米軍が「バンザイ突撃」と名付けた白兵突撃が行われた。

山下奉文

2020-10-09
Facebook佐々木信雄さんの投稿
1942.2.15 [シンガポール] 日本軍が英領シンガポールを占領する。
 前年12月、英国への宣戦布告前にマレー作戦を開始していた日本軍は、1942年1月末には英領のマレー半島を占領、2月始めにはシンガポールを目指した。シンガポールには、大英帝国アジア支配の拠点として、東南アジア最大の植民地軍と最強といわれた要塞がおかれていた。
 前年末の「マレー沖海戦」では、英国海軍が切り札として出撃させた戦艦プリンス・オブ・ウェールズなどが撃沈されており、制海制空権は日本軍が優勢であった。さらにマレー半島を占領されてしまった英国軍は、残されたシンガポールにこもって防衛戦に徹するしかなくなっていた。兵力人員は拮抗していたが、勢いと装備にまさった日本軍は、シンガポール市街をほぼ包囲し降伏を迫った。2月15日、日本軍に最終防衛線を突破された敵将「アーサー・パーシバル」中将は、13万の残存兵と共に降伏、これは英国史上最大規模の降伏であった。
 この時、降伏交渉の席で対面したのがマレーの虎と呼ばれた猛将「山下奉文」中将であり、敵将パーシバル中将に対して、机を叩きながら「イエスかノーか」と降伏を迫ったという逸話が報道され、一躍有名になった。実際には、通訳を交えたまどろっこしいやり取りのなか、「降伏する意思があるかどうかをまず伝えて欲しい」という冷静に言った趣旨を、通訳がうまく伝えられないことに苛立って放った言葉であったという。
*山下/パーシバル会談 https://www.youtube.com/watch?v=5WL2sMh2ufI
 シンガポール占領時には「シンガポール華僑粛清事件」というものが引き起こされる。シンガポールには華僑が多く住み、日本軍はシンガポールの華僑が抗日運動の中心になっていると考え、山下奉文軍司令官は、軍の作戦を妨げるおそれのある華僑「抗日分子」を掃討することを指示した。作戦の詳細については軍参謀長鈴木宗作中将、軍参謀辻政信中佐が指示し、辻参謀が作戦の監督役とされた。
 シンガポール在住の成人男子華僑は全員集められ、抗日分子かどうか選別されたが、その選別は困難なうえに期日を定められていたため、かなり雑になった。ここでも、辻参謀が現場を訪れて「シンガポールの人口を半分にするつもりでやれ」と檄を飛ばすなどしたため、期日に終了させるために員数合わせ的な処刑も行われたという。
 山下奉文は、その後、敗色濃厚なマニラ防衛指揮官として派遣され、終戦後、戦犯とされマニラでの軍事裁判で死刑判決を受ける。その罪状は、この「シンガポール華僑粛清事件」とマニラ市街戦中に起きた「マニラ大虐殺」の指揮官としてのもので、現地で絞首刑を執行される。シンガポールの現場で処刑をあおってまわった辻政信は、終戦時にはインドシナから中国に潜伏して、戦犯を免れた。

牟田口廉也

2020-09-18
日本の陸軍軍人。陸士22期・陸大29期。最終階級は陸軍中将。盧溝橋事件や、太平洋戦争開戦時のマレー作戦や同戦争中のインパール作戦において部隊を指揮した。
自分のせいではなく、部下の無能さのせい
牟田口廉也は、終戦直前に予備役中将として陸軍予科士官学校長に補され、同年8月に内地で敗戦を迎えた。A級戦犯に指名されるも不起訴になり、別の下級シンガポール軍事法廷に送致されて有罪とされるも、2年で釈放されている。戦後しばらくは公の場に顔を出さず反省の意を示していたが、ほとぼりが冷めると、戦時中と同様に「自分のせいではなく、部下の無能さのせい」と自説を繰り返したという。
 結果的に負け戦の将だったため、敵兵や現地住民を殺したり残虐行為をはたらく機会が少なかったのが幸いし、敵国やGHQの手で戦犯として問われた罪は軽かった。しかしながら、下級参謀だった辻正信などと同様、多数の日本人兵士を死地に追いやった罪は、ついに日本国民自身の手で問われることはなかった。
【牟田口司令官の作戦指導の実像】
牟田口司令官が考案した補給不足打開作戦は、牛・山羊などの「駄牛中隊」を編成し、必要に応じてそれを食料に転用する「ジンギスカン作戦」というものであったが、牛や山羊は急流渡河時に多くが流され、さらに行く手を阻むジャングルや急峻な山地で、兵士の口に入る前にほとんどが失われた。そして人力で運ぶしかなくなった重砲・重火器は、行く手の険しい地形に阻まれるなど、前線で敵軍と向かい合う前に、ほとんどの戦闘力を消耗している始末だった。

廣島大本営

2020-09-15
Facebook英霊の本日の出来事9l
 
明治27年9月15日の本日、廣島に大本營を設置致しました。
明治27年に勃發した日清戰爭の戰爭指揮のために廣島縣廣島市の廣島城(現中区基町)内に設置された、大日本帝國軍の最高統帥機關である大本營である。
「概要」
大本營は明治26年5月19日に勅令第52號戰時大本營條例によって法制化された制度であり、日清戰爭において初めて設置された。
このときの大本營は明治27年6月5日に、東京の参謀本部内に設置され、同年8月1日に皇居内に移った。
その後、當時東京を起点とする鐵道網の西端であったこと(廣島駅)、また大型船が運用出来る港(宇品港(現・廣島港))が有ったことで、前線に向かう兵站基地となった廣島市に移ることとなった。
明治27年9月13日に大本營が宮中からこの地に移転し、2日後の9月15日には戰爭指揮のために明治天皇が移った。
このため、行宮の役割も果たした。
明治天皇は日清講和條約(下関條約)調印後の明治28年5月30日までの227日間この地で指揮を執った後、東京に還幸した。
大本營はその後も臺灣の統治機構整備など戰後処理のために廣島に留まり、明治29年4月1日に大本營解散の詔勅によって解散した。
この時期、明治27年10月に招集された第7回帝國議會は廣島の廣島臨時仮議事堂で開會された(議事堂は西練兵場内に建設された)。
國の立法・行政・軍事の最高機關が一時的とはいえ廣島市に集積したことで、廣島市は臨時の首都の機能を担った。
これは明治維新以降、首都機能が東京から離れた唯一の事例である。
「略歴」
1894年(明治27年) 8月1日 - 宣戰布告
9月8日 - 明治天皇は参謀総長有栖川宮熾仁親王の奉請を受け、廣島に大本營進駐を發令。
9月13日 - 明治天皇皇居を出門し名古屋宿泊、翌日神戸宿泊。
9月15日 - 明治天皇廣島大本營入り。
9月22日 - 帝國議會開催詔書公布。
10月2日 - 明治天皇宇品港出發、呉港(呉鎮守府)行幸、同日大本營へ。
10月5日 – 廣島市および安芸郡宇品を臨戰地と定め戒厳令宣告。
10月18日 - 第7回帝國議會開會、4日間會期。
11月17日 - 嘉仁皇太子親王(後の大正天皇)廣島行啓。同月15日東京を出發しこの日に到着、大本營や第5師團、呉鎮守府などを行啓し、同月25日還啓。
12月9日 - 臨時内閣出張所を大手町三好旅館に開設。
1895年(明治28年) 1月2日 - 参謀総長有栖川宮熾仁親王は病氣静養のため舞子別邸へ向かう。
1月15日 - 有栖川宮熾仁親王薨去。
2月1日 - 加古町廣島縣廰舎にて清との第一次講和會議。
清側の委任状不備のため翌日交渉拒絶。
3月19日 - 昭憲皇太后廣島行啓。同月17日皇居を出門しこの日に到着、皇太后御座所に入る。
4月17日 - 下関條約締結。
4月21日 - 明治天皇詔書公布、日清戰爭終結。
4月26日 - 昭憲皇太后廣島出發。
4月27日 - 大本營を京都に移す。明治天皇廣島出發。
1896年(明治29年) 4月1日 - 大本營解散。
1926年(大正15年) - 國の史跡(舊史跡)指定。
1928年(昭和3年) - 一般開放。
1945年(昭和20年) - 廣島市への原子爆弾投下により壊滅。
「大本營」
元々この地には本丸御殿があったが火災により全焼、明治10年跡地に廣島鎮臺司令部として建設されたものである。
1888年(明治21年)第5師團發足以降はその司令部として使われていた。
そして、大本營として用いられた。
洋風建築の木造2階建て、廣島城本丸におかれた。
1階に大臣室や侍従職室、2階に御座所・御召替所・侍従長室・軍議室などがあり、御座所は執務室と寝室を兼ね、近くに剣璽が置かれた。
明治天皇はほぼここに留まって深夜まで政務を行い、質素な生活をしていたと伝えられている。
この戰爭中に見せた「精力的な活動」「質素な生活」つまり「聖徳」は明治後期における天皇神格化の中で重要なイメージ戰略として用いられており、例えば當時普通の古びた備品を使う様は戰前の教科書に描かれている。
後に明治天皇は當時のことを詠んでいる。
「たむろして よなよな見てし 廣島の 月はその夜に かはらざるらむ」
明治29年大本營解散後は第5師團管理の下「大本營址」は文化財として保護され、史蹟名勝天然紀念物保存法施行により「史蹟明治二十七八年戰役廣島大本營」として大正15年に國の史跡(旧史跡)に指定された。
昭和3年から廣島城天守の一般開放が始まり、あわせて名所として公開された。
昭和20年)8月6日、廣島市への原子爆弾投下により建物は全て崩壊した(爆心地から約900メートル)。
現在では、建物の基礎および礎石と、一部文字が消された碑石が残っているのみとなっている。
「昭憲皇太后御座所」
廣島城天守から真南、大本營から西南西方向に位置した。
元々は第5師團監査部の建物で、大本營設置後はその事務所として使われていた。
當初は明治28年3月13日昭憲皇太后廣島行啓で進められていたが都合により延期、同年3月19日皇后行啓した際に御座所として用いられた。
この地で皇后も精力的に慰問を行っていたことが伝えられる。
これも現在は基礎石のみが残る。
桜の池
本丸内にあり大本營から東南東方向に位置する。
明治31年廣島軍用水道布設の際に造られた池で、牛田水源地(現牛田浄水場)から神田橋水道橋を通って京橋川を渡り城内へ上水道が引き込まれた時に一緒に整備された。
大正14年に「桜の池」と命名。
現在はコンクリートで覆われた形状は残っているが、水は入れられていない。
大本營跡の南側は元々は前庭にあたり、車周りの植え込みの一つだったクロガネモチは被爆にも耐えた被爆樹木として現在も生息している。
當時御座所にあった金屏風は大本營解散後もそのまま置かれていた。
戰中に青崎國民學校(現廣島市立青崎小學校)に疎開させていたため被爆による消失から免れ、現在は廣島縣立文書館が所蔵している
従者は市中心部の旅館に宿泊している。
最も多いのが大本營に近い大手町。
これは帝國議會開催中の議員も同様で、市内のみならず周辺町村、現在の廣島市域全域で宿泊した。
彼ら宿泊所を提供した市民は後に、天覧の栄誉を受けている。
嘉仁皇太子親王行啓の際には憲兵本部が宿泊所にあてられた。
(ウィキペディア参照。)
TOPへ戻る