本文へ移動

闘いの歴史

闘いの記録

P38

2020-12-27
山本長官機は、こちらから撃墜されました。
P-38 ライトニング(Lockheed P-38 Lightning)は、ロッキード社が開発し、アメリカ陸軍などで運用された三胴設計の双発単座戦闘機です。
1930年代後半、アメリカでは戦略型爆撃機B-17フライングフォートレスの開発が始まっていました。
アメリカ軍はそのような爆撃機に対抗する必要性も同時に認識していた為、迎撃用戦闘機を各メーカーに発注しました。
その際の要求として「最高速度580km/h」「上昇力は高度6500mまで6分以内」等 と言ったものでした。その要求をクリアしたのは、ロッキード社でした。それ以降改良が重ねられ1939年の9月にP-38として正式採用されました。
その時の最高速度は675km/hまで達していました。
 欧州では、戦略爆撃機の主力掩護戦闘機として活躍しました。
だが機体特性が類似するドイツ軍機(Bf109等)には苦戦を強いられました。
1943年6月、イタリア軍に鹵獲され数機のB-17が撃墜された記録があります。
後続であるP-51やP-47に役目を譲っていく事になりますが、終戦まで性能を生かして偵察機や爆撃機として活躍しました。 
太平洋では開戦当初、日本機に対し格闘性能で劣るP-38は辛酸を舐めさせられました。
簡単に撃墜できる事からP-38の名前からとって「ペロハチ(ペロりと喰えるP-38)」と呼ばれてしまいました。
だが、その最高速度を生かした一撃離脱戦法に切り替えると評価は一変。
日本のパイロットからは「双胴の悪魔」と呼ばれるようになり、立場は狩られる側から狩る側へと逆転しました。
1943年4月18日には連合艦隊司令長官・山本五十六搭乗機である一式陸攻を撃墜しています。
 日本軍機撃墜数は約3800機でF6F、F4Uに次ぐ第3位でした。
 しかし当初重視されていた一撃離脱戦法も、実際に使ってみるとそれほど上手くいかない事も分かりました。
P-38の主翼は厚く、速度が上がると(速度による空気の圧縮が進んでいくと)激しい振動を起こすことが明らかになったのです。
また欧州ではFw190のような新型機が登場して性能的に後れを取るようになり、速度では互角でも運動性では単発機に勝てないことが判明しました。
以降はアフリカ方面で戦闘爆撃機として活躍していくようになりました。
同様に日本相手では、速度で上回ったため一撃離脱さえ出来れば有利でしたが、一旦速度や高度を落としてしまえばなす術が無くなってしまいました。
さらに三式戦闘機による一撃離脱にも対策が進みつつありました。
また高高度迎撃機として開発されながらも日独共に自慢の火力で相手をしなければならないほどの重武装の爆撃機は少なかったのです。
そのため、P-38F以降は後部胴体(双胴)内部に爆弾倉を追加し、長距離戦闘爆撃機として主に太平洋で活躍していく事になります。
太平洋戦線では飛行場と目標が離れていることが多く、他の戦闘機では目標までたどり着けなかったからです。
 戦後にアメリカ陸軍のレシプロ戦闘機がP-51改めF-51に統一された後、他の用途に転用されることもなく、海外に展開していたP-38の多くは現地で廃棄処分となり消えていき、1949年までに全機が退役、一部はイタリア空軍に送られ、1956年まで使われていました。
またホンジュラスやドミニカ、中国にも少数機が売却されています。

皇軍航空母艦

2020-12-27
大和型三番艦 信濃
Facebook中村まこさんの投稿です。
--- 航空母艦 信濃 (昭和19年) ---
- 基準排水量 : 62 000 トン
- 満載排水量 : 71 890 トン
- 全長 : 266 m
- 全幅 : 38.9 m
- 吃水 : 10.4 m
- 速力 : 28 ノット
- 兵装 : 40口径12.7cm連装高角砲 x 8基 . 25mm3連装機銃 x 36基 . 25mm単装機銃 x 40基 . 12cm28連装噴進砲 x 12基 
- 搭載機 : 47 - 72機 

帝国海軍航空隊です。

2020-12-25
無念。USSレキシントンのF4F-2戦闘機によって撃墜され、海に墜落する一式陸攻の瞬間。ラバウル沖, ニューブリテン, ビスマルク諸島
“マッチポンプ”と揶揄されましたが・・・

帝国海軍です。

2020-12-25
J2M3 帝国海軍局地戦闘機 雷電21型
米国では検分飛行では、途轍もない性能を発揮したそうです。 燃料の質からして負けていました。

陸軍です。

2020-12-25
大日本帝国陸軍97式戦車チハ

闘いの転機

表に出てきた黒幕、お二方もご紹介いたします。

2020-11-20

闘いをすり抜けた方

2020-11-20
日本船舶振興協会代表

大韓民国のクーデター

2020-11-20
李承晩失脚しました。

【20th Century Chronicle 1960年(s35)】

◎韓国 李承晩大統領失脚(4月革命)
*1960.4.27/ ソウルで李承晩大統領退陣要求デモが行われ、19日には暴動化、27日李承晩大統領は失脚しハワイに亡命。

 1960年3月15日に行われた韓国の第4代大統領選挙で、大規模な不正が行われたと反発した学生や市民が、全国各地で大規模なデモを展開し、当時の韓国大統領李承晩を引きずり下ろすことに成功した。最も大規模なデモが発生した日が4月19日であったことから、「4.19革命」ないし「4月革命」と呼ばれる。
 

 当時、李承晩は84歳と高齢であり、後継問題も視野に入れた選挙となった。1956年の前回大統領選挙では、与党自由党の李承晩大統領に対して、野党民主党の張勉が副大統領に当選するねじれ現象となっており、李承晩は自由党の政権継続を確実にするため、大統領権限の強化して、野党や民衆運動への干渉や弾圧で、独裁的な政権運営をしてきた。
 

 大統領選挙で自由党は、李承晩大統領候補と側近の李起鵬副大統領候補で選挙戦に臨み、一方野党民主党は趙炳玉と張勉を正副大統領候補に立てたが、選挙運動中に趙炳玉が死去し、副大統領選挙が焦点となった。選挙戦は野党の張が優勢なまま選挙戦が進むと、政府与党は官僚機構から御用組織や暴力団まで動員して、徹底した不正選挙を行った。
 

 3月15日の投票日当日、慶尚南道馬山(現昌原市)で、不正選挙告発の街頭デモを起こした市民にたいして、警察が無差別発砲してデモを鎮圧、8名が死亡、50名余が負傷する事件が起こり、さらに後日、催涙弾をぶち込まれた高校生の遺体が見つかると、反政府気運は全国的に高まった(馬山事件/3・15義挙)。
 

 馬山事件をきっかけに各地で学生によるデモが発生し、4月18日には首都ソウル市の高麗大学校の学生約3,500名が市街地をデモ行進し、国会議事堂前で座り込みをした後、午後7時頃に大学に戻り始めていたところへ、警護責任者に指示された暴徒がデモ隊に襲いかかり、学生側に重軽傷者が多数発生した。
 

 翌19日、ソウル市内の各大学生数万名が決起し、多数の市民も参加したデモ隊は大統領官邸である景武台を包囲したが、そのデモ隊に対し警察は無差別発砲を行い多数の死傷者を出した。これに激高した一部のデモ隊は、市内各所の警察官派出所、与党系新聞社などを襲い、同様の暴動は各地方都市に波及した。
 

 全国各地で発生したデモによる犠牲者の数は死者183人・負傷者6,259人にのぼり、これに対し李政権は19日午後5時、ソウル・釜山・大邱・光州の各都市に戒厳令を布告したが、軍は政治的中立を維持、デモ隊鎮圧行動は行わなかった。また、4月21日には国務委員(閣僚)や自由党党務委員が辞表を提出するなど、政権側からも内部崩壊を示し出した。
 

 こうした状況下の4月25日、全国27大学の教授400余名が集結し、大統領と国会議員らの辞任と再選挙の実施を求めて、整然としたデモが行われた。4月26日、学生と市民のデモは数万名に達し、国会議事堂や周辺一帯を埋め尽くした。周辺に説得された李承晩大統領は、やっと下野することを表明、翌27日、李承晩は国会に辞表を提出し、12年間の独裁に幕が下ろされた。
 

(この年の出来事)
*1960.1.4/ ジャン=ポール・サルトルと並び、戦後フランス実存主義の旗手とされたアルベール・カミュが自動車事故死する。
*1960.3.16/ ヌーベルバーグの旗手 ジャン=リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』が公開され、「不条理」な若者のヒーロー像が衝撃を呼ぶ。
*1960.3.28/ 1.5無期限ストに突入していた三井三池炭鉱は、ロックアウト解除をめぐって第1と第2組合で衝突、さらに泥沼化する。
*1960.5.16/ 慶応幼稚舎2年生の男の子が誘拐され、19日に死体で発見される。(正樹ちゃん誘拐事件)
*1960.11.8/ 米大統領選挙で、ジョン・F・ケネディが当選する。

テロです。

2020-11-20
Facebook佐々木信雄さんの投稿

【20th Century Chronicle 1960年(s35)】

◎社会党 浅沼委員長暗殺
*1960.10.12/ 浅沼社会党委員長が、日比谷公会堂での党首演説会で、右翼少年に刺殺される。

 1960(s35)年10月12日、東京都千代田区の日比谷公会堂で、解散・総選挙が行われる情勢のもと、自民・社会・民社の3党党首立会演説会が開かれた。民社党委員長西尾末広の演説が済んだあと、午後3時頃、社会党の浅沼稲次郎委員長が演壇に立ち、「議会主義の擁護」を訴える演説を始めた。会場には右翼団体が多く集まっており、激しい野次を飛ばして会場は異様な雰囲気が立ち込めた。
 

 司会が静粛を求めいったん野次が収まると、それを見計らって浅沼は、自民党の選挙政策についての批判演説を続けた。その時、暴漢が壇上に駆け上り、刃渡り30cmほどの脇差で浅沼の左脇腹を深く突き刺し、浅沼はよろめきながら数歩歩いたのち倒れた。浅沼はただちに病院に運ばれたが、ほぼ即死状態だった。ニュースなどで、事件の生々しい様子の映像が流され、日本中にショックを与えた。

https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi…
 

 取り押さえられた犯人は、17歳の右翼少年山口二矢であった。山口は、赤尾敏率いる右翼団体「大日本愛国党」の青年本部員であったが、この年の5月に脱会している。逮捕後の供述で、赤尾の関与を完全否定し、迷惑を掛けない為に脱会し、一人で実行したと証言している。山口は取調べに対し理路整然と受け答えしていたが、11月2日夜、東京少年鑑別所の単独室で、シーツで首を吊って自殺した。
 

 大日本愛国党関連では、翌1961(36)年2月1日の「嶋中事件(風流夢譚事件)」でも、同党に所属していた17歳の少年小森一孝が、中央公論社社長宅を襲い、社長夫人と家政婦に死傷を負わすテロ事件を起こしている。少年は党に累を及ぼさないため、事件当日に離党届を出して犯行に及んだ。大日本愛国党の党首赤尾敏は、両事件で事情聴取を受けたが、嫌疑不十分で解放されている。
 

(この年の出来事)
*1960.1.4/ ジャン=ポール・サルトルと並び、戦後フランス実存主義の旗手とされたアルベール・カミュが自動車事故死する。
*1960.3.16/ ヌーベルバーグの旗手 ジャン=リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』が公開され、「不条理」な若者のヒーロー像が衝撃を呼ぶ。
*1960.3.28/ 1.5無期限ストに突入していた三井三池炭鉱は、ロックアウト解除をめぐって第1と第2組合で衝突、さらに泥沼化する。
*1960.5.16/ 慶応幼稚舎2年生の男の子が誘拐され、19日に死体で発見される。(正樹ちゃん誘拐事件)
*1960.8.25/ 第17回オリンピック・ローマ大会が開催される。 
*1960.11.8/ 米大統領選挙で、ジョン・F・ケネディが当選する。

『原爆の絵』です。

2020-11-20
Facebook朝日新聞から
被差別部落の被爆描いた「原爆の図」 大阪から東京へ
https://www.asahi.com/articles/ASNCM3C6JNCLPTIL00N.html

広島で被爆した被差別部落の人たちは、避難先で出身地を明かすと差別を受けた、という証言があるそうです。「苦しい人がさらに苦境にある人を傷つける」。現代に通ずる作品です。
TOPへ戻る