本文へ移動

ちょっといい話

データベース

真宗聖典検索 Web site

2020-04-22
東本願寺出版発行の『真宗聖典』(初版)に収載されている聖教の本文の検索を行うことができます。
このサイトは、宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃事業の一つとして聖教編纂室にて取り組み、開設したサイトです。東本願寺出版発行の『真宗聖典』(初版)に収載されている聖教の本文の検索を行うことができます。使用方法については、このサイトについてをご覧ください。

https://shinshuseiten.higashihonganji.or.jp/

Facebook 大谷派における学事の潮流

2020-05-05

真宗聖典(S_JIS 版)検索システム--- 生まれた意義と生きる喜びを見つけよう! ---

2020-04-22
真宗聖典(S_JIS 版 msearch)検索エンジン
  • リンクフリーです。真宗聖典各ページへの直接リンクは、
    http://www5.synapse.ne.jp/syoukakuji/seiten/ページ数.htmlでOKです。
    直接、ページを見たい方は、検索エンジンにページ数を入力して下さい。

     http://cgi5.synapse.ne.jp/~syoukakuji/cgi-bin/perlsearch/perlsearch.cgi

 

『浄土真宗聖典』オンライン検索 浄土真宗聖典・検索システム | 原典版

2020-04-22
http://j-soken.jp/kensaku2.html

聖典電子研究会

2020-04-22
http://seiten.icho.gr.jp/

今、私達に出来る事

手続きについて

2020-04-21
現金10万円一律給付 対象や手続きは

Facebook 新型コロナウイルス感染症情報センター

2020-05-16
Facebook コロナ情報ページ

関西でも宣言解除

2020-05-23
京都新聞 社説

社説:京都も宣言解除 油断せず冷静に行動を

  京都、大阪、兵庫の近畿3府県に発令されていた新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が解除された。
  基本的対処方針で定められた解除基準の新規感染者数が抑えられ、医療提供体制やモニタリング体制も十分だと政府が判断した。
  安倍晋三首相が宣言の対象地域を全都道府県に拡大したのは4月16日。それから1カ月余り、京都のまちからもすっかりにぎわいが消えた。
解除は、感染拡大や医療崩壊を防ぐために多くの府民が休業や外出自粛などに真摯(しんし)に取り組んだ結果であり、朗報には違いない。
  だがウイルスが消滅したわけではなく、対策は長期化を覚悟する必要がある。安易に以前の生活に戻るのではなく、第2波、第3波への備えも強固にしなくてはならない。
  踏まえておきたいのは、このウイルスについて不明な点がまだ多いということだ。国内感染者数の実態すらはっきりしない。
  爆発的に感染が広がった欧米などと比べると抑えられているように見えるが、理由は分からない。
  政府が実情把握を急ぐべきなのは言うまでもない。そうした中で私たちに求められるのは過剰な楽観や悲観ではなく、まずは冷静な行動だろう。
  「新しい生活様式」も参考にしながら、密閉・密集・密接の「3密」を避ける取り組みを続ける必要がある。「正しく恐れる」ということを改めて思い起こしたい。     政府の宣言解除を受け、京都府はライブハウスなどの施設を除き、休業要請を解除することを決めた。独自の緩和基準を設けて今月16日から一部解除していた。
   政府は軽症者が療養する民間宿泊施設の借り上げなど医療体制強化に取り組んだ。授業再開に向けた環境整備など大学と学生の支援にも乗り出している。
 ただ観光や雇用といった面で、さまざまな困難が顕在化するのはむしろこれからだ。実情に応じて取り組みを柔軟に見直し、必要な対策を追加することが欠かせない。
 休業要請とともに中小企業に20万円、個人事業主に10万円を給付する支援策を打ち出したが、大阪府や東京都の支援とは金額的に大きな差がある。
 政府に対する緊急提言として、全国知事会は自治体向けの臨時交付金を最低でも総額3兆円とするよう増額を求めている。こうした動きとも歩調を合わせ、財源確保に努めるべきだ。

油断について

2020-05-14

中野博美先生(京都府城陽市 医療法人 啓信会 理事長)のお話

2020-05-14
コロナ禍から学んだこと

さて、
コロナ感染症新規患者数が減少して、
これからどうする?の中期戦略を備える時期になったとき、
改めて国民1人1人が感染症対策を復習してみましょう。

みんな気がついている、
この冬のインフルエンザ患者数が
例年の1/3以下になった事実を思い出しましょう。
コロナ感染症の脅威から、
感染防止のための習慣を
キチンとするようになったことが影響したと考えられています。
分かったことが2つ有ります。
1つは、
感染防止習慣を徹底すると効果があると言うことです。
もう1つは、
これまでは
みんな手を洗っていなかったと言うことですねえ。

これからは、
コロナに付いてはもちろん、
それ以外の感染症に対しても効果を出せる
清潔習慣を実践することが大切です!!!

コロナ情報について

今日のコロナ

2020-04-14

新型コロナウイルス国内感染の状況

日本国内において現在確定している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を厚生労働省の報道発表資料からビジュアル化した。

制作:荻原 和樹(東洋経済オンライン編集部)



https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/?fbclid=IwAR1FxWbpTtlFGyVQeh5hVjsezpNrKCBc3xAh3Vg4E1zntrYEd1xJx2eTybU

チャートで見る日本の感染状況 新型コロナウイルス

2020-04-16
日本の感染状況

薬剤師・伊東大輝くんの提案

2020-04-19

【アルコールがないとダメなのか?】
「アルコール(消毒剤)がないとダメ」と思う方がいらっしゃるのではないかと思うことがあった為、簡単にまとめます。
不明な点は僕まで問い合わせて頂いても結構です。
(医療・食品業界以外の会社やご家庭を想定しています。)

【手洗いすれば消毒剤不要】1)
手洗いこそ最強!面倒くさがらずに手を洗え!
ちゃんと爪や指の間までしっかり洗え!3)
(アルコール消毒する時も爪や指の間まで擦り込みましょう)

殺菌ハンドソープとかじゃなくても普通の固形石鹸でよいです。
よって、家庭内にてアルコール消毒が必要なシーンはあまり無いと考えます。実際に我が家では手洗いだけでアルコール消毒は行ってないです。

【消毒剤が必要な場面とは?】
●多くの人と関わる仕事●外回りの仕事 等
→その度に手洗いができない場面はアルコールによる消毒を。
●多くの人が触れる箇所
→石鹸で洗えない所は、次亜塩素酸ナトリウムまたはアルコール、または掃除用品等による消毒を!1)2)

【アルコールはワンプッシュ押し切り】
製剤によっても異なりますが、だいたいワンプッシュ押し切ると丁度よい量が出てきます。細かくツープッシュよりワンプッシュ押し切りの方がよい可能性が高いです。しっかり爪や指の間まで擦り込みましょう。

【参考になるページ】
1)厚生労働省・経済産業省「手を洗いましょうポスター」
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/0327_poster.pdf
家庭用漂白剤による次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方も書いている。
2)北里大学「医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化効果について」
https://www.kitasato.ac.jp/jp/albums/abm.php…(SARS-CoV-2)不活化効果について.pdf
除菌スプレーや家庭用の掃除用品の消毒効果を検討している。
3)厚生労働省「手洗い方法のポスター」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf
意外と雑に洗ってないですか?この機会に見直しましょう。

文責:伊東大輝・薬剤師(伊東薬局)

真宗大谷派の指針

2020-04-17
法要(葬儀・法事等)における新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けての宗派指針

2020年4月17日更新

法要(葬儀・法事等)における新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けての宗派指針

このたび、法要(葬儀・法事等)における新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けての宗派指針を取り纏めましたので、感染拡大防止に向けてご門徒や有縁の皆さまと十分にご相談いただき、下記のとおり対応くださるようお願いいたします。


1 法要前には必ず、手洗い・手指の消毒を厳守ください。
  また、参列者にも同様に手洗い・手指の消毒を徹底いただくよう依頼ください。
2 常に咳エチケットを心掛けるとともに、勤行・読経の際にもマスクを着用ください。
  また、参列者にも同様にマスクの着用を徹底いただくよう依頼ください。
3 感染リスクを減らすため、3つの「密」を避けてください。
 ① 「密閉空間」を避けるために、できるだけ換気をしてください。
 ② 「密集場所」を避けるために、参列者にできるだけ間隔をあけて着席するよう促してください。また、お焼香も間隔をあけるよう配慮ください。
 ③ 「密接場面」を避けるために、間近での会話や対面による会話を可能な限り、避けてください。※法話は一定の距離(2メートル以上)をあけてください。
4 法要終了後のお斎(会食)は控えてください。
5 37.5℃以上の発熱や体調の優れない方には、法要への参列を控えていただくよう依頼ください。
6 新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方の通夜・葬儀等を執り行うにあたっては、
  国の方針(※厚生労働省が示す「新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)令和2年4月15日時点版、3.遺体等を取り扱う方へ」等)を踏まえた上で
  医療機関や葬祭場とも連携をし、感染防止のための衛生対策に努めてください。
7 日常的な自己管理を徹底し、感染症の媒介者とならないように留意ください。
8 新型コロナウイルス感染症への対処法を正しく理解し実行することで、
  差別や風評被害が広がらないように努めてください。

コロナに思う♯14 田中耕一氏 02年ノーベル化学賞 島津製作所

2020-05-11
https://youtu.be/VCoT2RE_IHI

仰せを蒙りて

Facebook 大谷派における学事の潮流

2020-05-05

『香月院語録』 法蔵館

2020-05-05
大谷派の教学は、学寮での宗学をその源流とします。
https://jodo-shinshu.info/2020/02/27/21913/
香月院深励師似影(永臨寺所蔵)

「本当の生命(いのち)は形があっても形がないのである」  曽我量深 

2020-05-12
形のない本当の生命(いのち)が見えないから、私たちは亡くなった大切な人の行方をさがし続ける。
  • 「本当の生命(いのち)は形があっても形がないのである」  曽我量深 

例えば、冬になると木の葉が落ちるが、それは木が枯れたからではなく一時的に樹の生命が地に埋もれているので、春になればまた芽をふくのである。形のない生命が形をとっていく。象徴である。生命あるものは全く象徴である。生命は作られるのではなく、生まれてくるのである。

(中略) 

作るというのは無から有を作るのであり、生むというのは生まれるべきものがあって生まれてくるのである。生むのは自然法爾に生まれる。それが象徴の世界である。この象徴の世界は誠に広い世界である。この世界を一如平等の世界、理屈のない世界という。

曽我量深『真実の救済』(文明堂発行)

 

 


 

形のない本当の生命(いのち)が見えないから、私たちは亡くなった大切な人の行方をさがし続ける。亡くなった大切な人の本当の生命(いのち)は間違いなく今も生き生きと生きていていて下さるのに、形しか見えない私たちには本当のいのちが見えない。

その本当のいのちばかりの世界が「浄土」と呼ばれる一如平等の世界であって、亡くなった大切な人も、この私も、この浄土に生かされて生きている。

どこまでも理屈の欲しいわたしだが、浄土が見えないわたしの暗さこそがそのままわたしを照らし出してくれている浄土の光を教え続けてくれる。

 


 

  

ちかひのやうは、無上仏にならしめんと誓ひたまへるなり。

無上仏と申すは、かたちもなくまします。かたちもましまさぬゆゑに、自然とは申すなり。 かたちましますとしめすときには、無上涅槃とは申さず。かたちもましまさぬ やうをしらせんとて、はじめて弥陀仏と申すとぞ、ききならひて候ふ。

 弥陀仏は自然のやうをしらせん料なり。この道理をこころえつるのちには、この自然のことはつねに沙汰すべきにはあらざるなり。

つねに自然を沙汰せば、義なきを義とすといふことは、なほ義のあるになるべし。これは仏智の不思議にてあるなるべし。

 正嘉二年十二月十四日

 愚禿親鸞八十六歳

学ぶということ

2020-05-21

634
学というものは、「解ゲ」に関する学と「行ギョウ」に関する学と二つ、善導は立てたわけです。
これはやはり「知る」ということの学だけでは学は尽くされないのです。
実行するという、実践の学というところにやはり人間の構造がある。
人間が人間になるために学というものが出てくるのでしょう。
人間を完成するという意味が学ということになるのでしょう。
それについていろいろ善導は非常に大事なことを言っているわけです。

635
解を学するという場合には、一切を我々は学することが出来、また学さなければならないと。
一切です。
どれをこれをではない。
一切を学するということが要求されるし、また必要であると。
けれども行の場合はそうはいかないと。
これは有縁の法に藉(よ)れと。
縁のある法に藉れという具合に言うのです。
知るという場合は自分に反対するものでも知る必要があると。
自分に合うものではない。
自分に合わないものでも知るためには必要であると。

636
仏教を学ぶ場合に、仏教に反対する思想もあるだろうと。
「知る」というならばそれも知る必要があると。
こういうようにやっていくのが解学というものでしょう。
けれども行の場合はそうではない。
「知ったこと」と「知った自分」とがどうなるかと。
その知ったことで自分は救われるのか、救われないのかと。

637
解学のほうは救われようが救われまいが関係なしに知っていかなければならない。
行の学は、知るということは私にとって、自己にとって、どういう問題かと。
知るのは自己を超えるのです。
けれども自己ということが問題になってくるというと、きみのやった学問はきみ自身にとってはどういう意味をもつかと。
そういうような具合になってくる。

638
知られたものによって、知るもの自身が解決されていく。
もっと広い言葉でいえば、救われていくと。
「救い」というのは自己に関係する。
「知る」のは救いとは関係ない。
けれども、自己の存在がそれによって解決されていく、救われていくというようなことになると、やはりそこに「行」という字が出てくるのでしょう。
行学と。

639
行の学、それは一切ではないのです。
縁の有る法に藉(よ)れと言ってあります。
非常に大事な言葉です。
有縁という言葉が出てきます。
人間の構造が知と行の二つで完成する。
人間の構造に基づいて人間を完成していくということが、解・行、この二つで表わされるのです。

大乗、そして方便

2020-05-21

631
真実ばかりあるのは仏教では小乗仏教というのです。
大乗には方便がある。
方便回向ということがある。
大乗仏教の大という字は方便から出てくるのです。
大乗教学というのは方便教学です。
それが非常に大きな特色ではないかね。
小乗は方便がないのです。
小乗は真実しかないから小乗なのです。

632
方便か無いというと真理が痩せ細ってしまうのです。
真実から方便を生み出して、その方便によって真実を成就すると。
そういうときに真実が広がってくるのです。
方便という思想が大乗仏教だと思うのです。
巧方便回向と。
その方便というものを最も純粋な形で示したのが回向です。
巧方便というのは善巧方便回向です。
善巧方便の働きが回向です。

 

 

 

 


633
『願生偈』のうしろのほうに五念門というものが述べてあるのです。
智慧、慈悲、方便というようなことがあるのです。
智慧と慈悲と方便です。
普通は智慧と慈悲で終わってしまうのでしょう。
あらゆる教学は智慧と慈悲です。
その智慧と慈悲とにもう一つ、方便というものを加えて、智慧、慈悲、方便と。
これが『浄土論』というものの非常に大事な点ではないかと思います。
普通は慈悲と方便とは一つにして智慧と慈悲で二つだと。
こういうのが普通の考え方です。
そうではないのです。
三門に分けてくるのです。

お釈迦様の話

釈尊の生涯と教え

2020-04-19
https://youtu.be/EvjMcWZGzQg?list=PLERGeJGfknBQ5l6kTs05lLYDa_4FGOlAF
中村元 - ブッダの生涯 【HD】
https://youtu.be/NWZtkxP3eGg
仏教の本質 哲学者「中村元」

釈尊のお説法

2020-04-07

五戒について

2020-04-25
今月のことば 平成18年8月のことば

今月のことば

4月のことば
実るほど頭を垂れる稲穂かな

4月は学校では入学の、会社では入社の季節です。入学される皆さん、入社される新入社員の皆さんは、新しい世界でいろいろなことを学び、吸収し、成長していく自分や、新しいことにチャレンジする自分への期待と希望に胸をふくらませていらっしゃるのではないでしょうか。これから進まれる新たな環境のなか、皆さんが日々試行錯誤し努力しながら、一歩一歩着実に成長していかれますことを心より念じております。

 

さて今月は、新たな一歩を踏み出される皆さんが今後さまざまなことを学び、経験されていくうえでご参考になればと思い、「人間の知恵」と「仏の知恵」について考えてみたいと思います。

 

まず人間の知恵とはなんでしょうか。広辞苑によると知恵とは、「物事の理を悟り、適切に処理する能力」とあります。人間の知恵には、生きるための知恵、仕事をスムーズに進めるための知恵、成績や結果を出すための知恵などさまざまな知恵があると思いますが、その知恵を得るために私たちは多くの知識を覚え、理解し、学問を深め、教養を身につけようと頑張ります。つまり自らが「賢くなろう」と努力するわけです。

 

これに対し、仏の知恵とは、仏の方から私たちに働きかけ、さまざまなことに執着し、他者と比べて優劣を気にし、他人を妬み嫉む自分の姿に気づかせ、目覚めさせてくれます。この働きを仏教では光と表し、仏の知恵の光に照らされ、私たちは今まで見えなかったことを見えるように、気づかなかったことに気づかされ、目覚めさせていただきます。つまり煩悩まみれの自分の姿に気づき、ただ頭が下がるようになります。

 

このように人間は自ら賢くなるように努力し、知恵をつけようと頑張るのですが、ついてきた知恵を誇り、自分の力で生きていけると思うようになると横柄になります。また、自分の言うことが正しく、自分は善人であると思い込んでしまいます。自分の力で生きていると思っているので、仏の働きに見向きもせず、自分の姿を正しく見ることができなくなり、おのずと頭が上がってしまいます。

 

「実ほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉を皆さん一度はお聞きになられたことがあるのではないでしょうか。この言葉の意味は、「故事・俗信 ことわざ大辞典(小学館)」によりますと、「稲の穂は実が入ると重くなって垂れ下がってくる。学問や徳行が深まるにつれ、その人柄や行為がかえって謙虚になることのたとえ」とあります。頑張って身につけた知識、学問、教養が本当に深まり、身についてくると、おのずと人格も形成され、周囲に対し「お陰様で」と謙虚になり、思いやりの心を持って接することができるようになります。この「深まり」こそが仏の知恵の働きかけであり、「実ほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉は、すぐ思い上がり、自惚れてしまう私たちに、そうした自分の姿になってないか問いかけてくれる言葉ではないでしょうか。

 

近年、自らの知恵を頼み、高圧的になったり、自分の意見以外は間違っていると固執する人が増え、人間関係や社会がギスギスすることが多くなってきたように感じます。「お陰様で」というこれまで大事にしてきたことが薄れてきたようにも感じてしまいます。これから入学される皆さん、入社される新入社員の皆さんには、知識を覚え、理解し、学問を深め、教養を身につけるプロセスの中で、頭が上がりがちな自分の姿に気づかせてくれる仏の働き(知恵)に素直に耳を傾ける心がけを持っていただきたいと思います。そうした心がけを持って日々精一杯努力することで、皆さんの人生がより実りあるものになるのではと思うのですがいかがでしょうか。(宗教部)

 

https://gakuen.koka.ac.jp/archives/571
 

光華の心

本学園では校訓「真実心」に込められた願いを「光華の心」と表しています。
「光華の心」とは「向上心」「潤いの心」「感謝の心」の3つの心です。
本学で学ぶ全ての方々が「光華の心」の実践者として、常に「向上心」を持って自己を精一杯生き、自我に捉われることなく、
他者をあたたかく思いやる「潤いの心」と、他力により生かされていることへの「感謝の心」を忘れず、他者と共生できる女性、
即ち、社会を照らす「光」となり、社会を潤す「華」となる女性に育って欲しいと願っています。

Facebook 仏教美術の世界 仏像・伽藍の逸品等の情報ページです。

2020-04-26
https://www.facebook.com/groups/766265100476717/

ブッダは80歳の時最後の旅に出た。

2020-05-04
https://youtu.be/7WXzEe8xQvo  その旅でいかに老いを受け入れ、病に耐え、死を迎えたのか。作家の五木寛之が道程をたどる。
http://kintaku3.blog.fc2.com/blog-entry-160.html

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

チャップリン『独裁者』の演説

2020-05-20
https://youtu.be/40OfHEPnH6U
I'm sorry.  I don't want to be an emperor.  That's not my business.  I don't want to rule or conquer anyone.  I should like to help everyone if possible.  Jew, Gentile, black men, white.
(申し訳ない。私は皇帝になりたくはない。それは私の務めではない。私は誰も支配したり征服したりしたくないのだ。できることなら全ての人を助けたいのだ。ユダヤ人も,ユダヤ人以外の人々も,黒人も,白人も。)

We all want to help one another.  Human beings are like that.  We want to live by each other's happiness, not by each other's misery.  We don't want to hate and despise one another.  In this world there's room for everyone and the good earth is rich, and can provide for everyone.  The way of life can be free and beautiful. 
(私たちは皆,お互い助け合いたいのだ。人間というのはそういうものなのだ。私たちはお互いの不幸によってではなく,お互いの幸福によって生きたいきたいのだ。お互いを憎んだり見下したりしたくないのだ。この世界では全ての人に機会が与えられ,肥沃な地は豊かであり,全ての人を養ってくれる。生き方は自由で美しいものになりうるのだ。)

But we have lost the way.  Greed has poisoned men's souls, has barricaded the world with hate, has goose-stepped us into misery and bloodshed.  We have developed speed, but we have shut ourselves in.  Machinery that gives abundance has left us in want.  Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind.  We think too much and feel too little.
(しかし私たちはその生き方を失ってしまった。貪欲さが人間の魂を汚し,世界を憎しみで囲い込み,私たちをグースステップ式行進*で歩かせて悲惨な殺戮状態へと追い込んだ。私たちは速さを発達させたが,自らを閉じ込めてしまった。豊かさを与えてくれる機会は私たちを欠乏状態にさせた。私たちの知識は私たちを冷笑的にさせ,私たちの賢さは私たちを無常で不親切にさせた。私たちはあまりにもものを考えすぎるようになり,ものを感じなくなっている。)
*グースステップ式行進:第二次世界大戦中のドイツ兵の行進に見られた,膝を曲げず脚を高く上げる行進の仕方

More than machinery we need humanity.  More than cleverness we need kindness and gentleness.  Without these qualities, life will be violent and all will be lost.  The aeroplane and the radio have brought us closer together.  The very nature of these inventions cries out for the goodness in men, cries out for universal brotherhood for the unity of us all.
(機械以上に私たちが必要なのは人間性だ。賢さ以上に私たちが必要なのは優しさだ。これらの資質がなければ,生きることは暴力的になり,すべてが失われるだろう。飛行機やラジオは私たちをより近づけた。これらの発明品のまさにその性質が,人間の善良さを大いに必要とし,私たち全ての団結のための世界的な兄弟愛を必要としている。)

Even now my voice is reaching millions throughout the world, millions of despairing men, women and children ― victims of a system that makes men torture and imprison innocent people.
(今も私の声は世界中の多くの人々に届いている。絶望しかけている男性にも,女性にも,幼き子どもたちにも。人間に苦しみを与え無実の人々を収監する体制の犠牲者たちに。)
To those who can hear me, I say, "Do not despair.  The misery that is now upon us is but the passing of greed, the bitterness of men who fear the way of human progress, the hate of men will pass and dictators die.  And the power they took from the people will return to the people.  And so long as men die, liberty will never perish"
(私の声が聞こえている人々に私は言う。「絶望するな」と。今,私たちにのしかかっている不幸はつかの間の貪欲さ,すなわち,人間の進歩の道のりを恐れる人々の敵意に過ぎないのだ。人間の憎しみは通り過ぎ,独裁者は死ぬ。そして独裁者が人々から奪った権力は人々のもとに帰るのだ。そして人に寿命がある限り[独裁者は死ぬのだから],自由は決して消えない。)

Soldiers, don't give yourself to brutes ― men who despise you, enslave you, who regiment your lives, tell you what to do, what to think and what to feel, who drill you, diet you, treat you like cattle, use you as cannon fodder.
(兵士たちよ,あの人でなしの連中に自らを譲り渡すな。奴らは諸君を軽蔑し,奴隷にし,諸君の暮らしを統制し,諸君が何をすべきか,何を考えるべきか,何を感じるべきかを教え,諸君をしごき,諸君の食い扶持を減らし,諸君を家畜のように扱い,諸君を大砲の餌食として利用しているのだ。)

Don't give yourselves to these unnatural men!  Machine men with machine minds and machine hearts!  You are not machines!  You are not cattle!  You are men!  You have a love of humanity in your hearts.  You don't hate.  Only the unloved hate the unloved and the unnatural.  Soldiers, don't fight for slavery.  Fight for liberty!!
(あの残酷な連中に自らを譲り渡すな!機械の頭と機械の心を持った機械の奴らに!諸君は機械ではない!諸君は家畜ではない!諸君は人間なのだ!諸君の心の中には人類愛がある。諸君は憎むことはない。愛されぬ者だけが愛されぬ者と残酷な者を憎むのだ。兵士たちよ,隷属を求めて戦うな!自由のために戦うのだ!)


In the seventeenth chapter of St. Luke it is written: "The kingdom of God is within man."  Not one man, nor a group of men, but in all men!  In you!  You, the people have the power!  The power to create machines.  The power to create happiness.  You, the people have the power to make this life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.  Then in the name of democracy, let us use that power.  Let us all unite!!!!
(ルカの福音書第17章にはこう書かれている。「神の国は人のうちにあり」と。一人の人間でもなく,集団でもなく,すべての人間の中に!諸君の中に!諸君には力がある!機械を生み出す力が。幸福を生み出す力が。諸君,人民がこの世を自由で美しいものにする力を持っているのだ。この世を素晴らしき冒険にする力を!そして民主主義の名のもとに,その力を使おう。団結しよう!)

 Let us fight for a new world.  A decent world, that will give men a chance to work, that will give you the future and old age a security.  By the promise of these things, brutes have risen to power.  But they lie.  They do not fulfill that promise.  They never will.  Dictators free themselves, but they enslave the people.
(新しい世界のために戦おう。人に働く機会を与え,諸君に未来を,老人に安心を与えるまっとうな世界のために。こうしたものを約束することで,残酷な連中は権力の座に上り詰めた。しかし彼らは嘘をついている。彼らはその約束を果たしてはくれない。これからも決して果たすことはないだろう。

Now let us fight to fulfill that promise.  Let us fight to free the world to do away with national barriers, to do away with greed, with hate and intolerance.  Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men's happiness.  Soldiers, in the name of democracy, let us all unite!!!!!
(今,その約束を果たすために戦おう。世界を解放するために戦おう。国境を廃止し,貪欲さをなくし,憎しみと不寛容をなくすために。理性の世界を求めて戦おう。科学と進歩がすべての人間の幸福につながるような世界を。兵士たちよ,民主主義の名のもとに団結しよう!)

サラエボ事件、第一次大戦の火種

2020-05-20
Facebook 佐々木信雄さんの投稿

【20世紀の記憶 1914(T3)年】
 

(サラエボ事件)
*6.28/サラエボ オーストリア皇太子夫妻、暗殺される! 大戦の「引き金」をひいた銃声2発。(「サラエボ事件」)
 

 1914年6月28日、「オーストリア=ハンガリー帝国」の皇太子フランツ・フェルディナントとその妻ゾフィーが、「サラエボ」(当時オーストリア領、現ボスニア・ヘルツェゴビナ)を視察中、セルビア人青年によって暗殺された。
 

 ボスニア・ヘルツェゴビナは、オーストリア・ハンガリー帝国に併合されたが、隣国の「セルビア」はかつての領土の回復を目指しており、これに呼応するように、ボスニア内のセルビア人住民にも、オーストリア支配への反発が高まっていた。そんな中、オーストリア皇位継承者フェルディナント大公夫妻がサラエボを訪れることになり、セルビア系の民族主義的な青年グループが暗殺を企てたのだった。
 

 バルカン半島は、古くから諸民族、諸宗教が入り乱れてモザイク状になった複雑な地域で、「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれた。古代以来のローマ・ラテン系、ギリシャ系に加えて、ゲルマン系、スラブ系が、それぞれさらに細かに分岐した民族に分れて定住し、さらに中世以来「オスマントルコ帝国」が支配し、トルコ人が流れ込んでいた。

 諸民族に重なるようにして、宗教もローマカトリック、ギリシャ正教、ロシア正教、そこへイスラム教が加わり、さらにそれが諸流派に分かれて浸透している。それらの複雑な地域を、オスマン大帝国が束ねる形で支配していたが、その勢力が衰えるに従い、地域内には民族主義が高まり、一部民族は独立を勝ち得ていった。
 

 抗争する諸民族の後には、オスマン帝国の再生を目指す汎トルコ主義のトルコ、汎スラブ主義で南下を目指すロシア、そして西方から拡張をはかるオーストリア=ハンガリー帝国など大国が控えており、それらの力が大きな緊張状態を引き起こしていた。そんな中で、「露土戦争」や三次にわたる「バルカン戦争」などの紛争が頻発し、各国の国境線は頻繁に書き換えられる。そのような一触即発の「火薬庫」でサラエボ事件が火を噴いた。
 

 オーストリア=ハンガリー帝国政府は、セルビア政府に対して宣戦を布告し、これをきっかけとして第一次世界大戦に発展することになる。当時のヨーロッパ列強は複雑な同盟・対立関係の中にあったため、サラエボ事件を契機に、各国の軍部は敵国の侵略に備え総動員を発令した。各国政府は開戦を避けるため力を尽くしたが、戦争の連鎖的発動を止めることができず、瞬く間に世界大戦へと発展した。
 

 サラエボは、東欧共産圏の崩壊と連動して、第二次大戦後に成立した「ユーゴスラビア連邦」が解体される過程でも、深刻な内戦に見舞われた。旧ユーゴスラビアは、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナなどが、ユーゴの中心であったセルビア共和国から分離する独立戦争という形で内戦となった。
 

 中でもセルビア寄りに位置するボスニア・ヘルツェゴビナは、最も大変な内戦を経ることになる。ボスニア・ヘルツェゴビナは1992年に独立を宣言するが、時の住民約430万人のうち、44%がボシュニャク人(ムスリム人)、33%がセルビア人、17%がクロアチア人と、異なる民族が混在していた。独立を推進するボシュニャク人(ムスリム人)とクロアチア人に対して、1/3を占めるセルビア人は、セルビアに戻って合体することを主張し、「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」と呼ばれた内戦となる。
 

 「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」の悲惨を題材とした映画は、数多く創られた。中でも、ボスニアの女性監督ヤスミラ・ジュバニッチによって描かれた『サラエボの花(2006)』は、最も悲しく,最も悲惨で,そして最も美しい作品と称され、ベルリン国際映画祭金熊賞などいくつもの賞を獲得している。
https://ja.wikipedia.org/…/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%8…
 

〇この年の出来事
*8.15/パナマ 大西洋から太平洋へ、基線が通り抜けた。苦難30年、パナマ運河開通。
*8.23/日 日本、ドイツに対して宣戦布告。
*10.14/南洋諸島 日本軍、ドイツ領南洋諸島を占領し、同盟国イギリスと「山分け」する。
*11.1/日 少年雑誌『少年倶楽部』創刊。発行元は「大日本雄弁会講談社」
*12.18/日 帝都交通の要「東京駅」が開業、ヨーロッパ風の赤煉瓦3階建て。
 

*ブログで読む>https://naniuji.hatenablog.com/entry/20170509

池江璃花子、ウィッグを外した姿を初公開「小さな希望になれば」

2020-05-18

早慶戦の始まり

2020-05-18
それは、一通の挑戦状から始まった!

今日に続く「早慶戦」は、1903(明治36)年、早稲田大学野球部が慶應義塾野球部に「挑戦状」を送り、11月21日に慶應の三田綱町運動場で対戦したことに始まっている。11対9で敗れはしたものの、1888(明治21)年創部の由緒を持つ慶應野球部に対し、創部わずか2年の早大野球部がこれを僅差まで追い込んだことは、予想外の善戦であった。翌年6月には、早慶両校は国内最強と目されていた第一高等学校(現東京大学教養学部)野球部を相次いで破り、すでに1904年秋の「早慶戦」は、プロ野球がまだ誕生していなかった当時に、野球界における頂上対決と位置づけられていた。

加えて、20世紀初頭には「慶應義塾及び専門学校〔早稲田大学の前身〕は首都の二大私立学校として、其名尤(もっと)も高し」(『中央公論』1902年4月1日号)と評されたように、早慶両校は南北に対峙(たいじ)するライバル同士として優劣を比較されるようになっていた。その両校野球部がチームを組んで対戦し、勝敗を決する「早慶戦」は、両校の学生たちにとって単なるスポーツの試合ではなく、名誉を賭した両校自体の決戦のように感じられ、異常なほどの熱気を呼び起こすようになったのである。


https://www.waseda.jp/inst/weekly/column/2018/05/18/43718/?fbclid=IwAR3LeTi2SshbAAthfVsJ0LsNNlb02GAfJ9AHrPBG20TsKzEWd_9-YR7_GYo

辛亥革命 覇の王朝から民の国家へ

2020-05-17
Facebook 佐々木信雄さんの投稿

【20世紀の記憶 1912(M45/T1)年】-1
 

(辛亥革命)
*1.1/中国 孫文が南京に入り「中華民国」の成立を宣言。2.12には、清朝最後の皇帝・宣統帝溥儀(7歳)が退位し、清王朝が消滅した。(辛亥革命)
 

 1911年10月「武昌蜂起」に始まった反清朝の暴動が全国に広がり、それが「辛亥革命」(中国暦"辛亥”)に発展した。当時アメリカにいた孫文は、急ぎ中国に帰ると南京に入り、1912年1月1日「中華民国」の成立を宣言し、各地区代表らの選挙により、孫文が臨時大総統となった。
 

 北洋軍閥を率い実力を誇示する袁世凱は、清国の要職について権益を拡張していたが、辛亥革命が起ると、革命軍に協力して清朝打倒に動いた。決定的な軍事力を持たない孫文らの革命勢力は、宣統帝の退位と引き換えに袁世凱の大総統就任を約束した。ここに清朝最後の皇帝 宣統帝溥儀は退位し、中華民国共和政府に権限が委譲された。
 

 しかし革命政府は独自で中国全土を統治する力に欠け、袁世凱は北京に首都を移すとともに、独裁的な政権運営を行った。孫文ら革命派は、袁世凱軍閥支配から実権を奪い返すべく、1913年第二革命、1915年第三革命を起こすがいずれも失敗し、袁世凱の病死とともに、中国は軍閥割拠の混乱期となっていく。
 

 辛亥革命で成立した「中華民国」であるが、当初孫文らが目指した国民主権の国家とは成り得ず、真に近代的な国民国家ともなることができなかった。内政では軍閥の抗争が続き、外部からは帝国主義列強の支配に脅かされ、社会には封建社会の残滓が継続し続けた。
 

 第一次世界大戦後の中国ナショナリズムの高揚をうけて、孫文は「中国国民党」を結成、さらに新興勢力の中国共産党との間で国共合作を成立させるなど、1924年からは「国民革命」を唱えたが、及ばず1925年死去する。
 

 「革命尚未成功、同志仍須努力 (革命なお未だ成功せず、同志よって須く努力すべし)」との遺言を残したが、後継者争いが錯綜し国民党の勢力は衰えた。やがて孫文の後継の地位を受けた蒋介石が、北伐を為し遂げ北京政府を奪回した時には、孫文の理想は消え失せており、蒋介石国民党は、もはや軍閥の一つと変わりなくなっていた。
 

 孫文は少年時にハワイに渡り、香港・マカオなど西欧列強の支配地で医師となった。日清戦争終了時には、武装蜂起を企てるも頓挫し、日本に亡命する。さらにアメリカ経由イギリスに渡り、主として海外で革命活動をすることになる。武昌蜂起が起きて、辛亥革命が始まった時もアメリカに滞在中で、急遽中国に帰って中華民国の設立にこぎつけた。
 

 孫文にとって、辛亥革命は二つの意味を持っていた。清朝は満州族の征服王朝であり、本来の漢民族がその支配を奪回するという「ナショナリズム」がその一面であり、もう一つは、独裁的な皇帝と封建制的な官僚支配から、近代的国民国家を樹立する「国民革命」という側面であった。清朝打倒には成功したが、真の国民国家には時期が成熟していなかったということか。
 

 孫文の思想と人格は革命各派に支持され臨時大総統となるも、中国国内に実質的な基盤を持てなかったため、軍事力と地盤をもつ袁世凱など軍閥と妥協するしかなかった。つまるところ孫文は、レーニンのような「革命家」ではなく、スターリンのような「独裁政治家」にも成り得なかった。戦後、中国共産党を率いて「中華人民共和国」を成立させた毛沢東が、それを実現させることになる。
 

 なお、清朝最後の皇帝 宣統帝溥儀の生涯は、映画『ラストエンペラー』で描かれた。
 

〇この年の出来事
*1.17/南極 英国スコット隊、南極点に到達するも、帰路に遭難。アムンゼン隊に先を越され、失意のうちの悲劇となった。
*3.1/日本 憲法学者美濃部達吉が『憲法講話』で、「天皇機関説」を発表。天皇機関説論争が始まる。
*6.29/スウェーデン 第5回オリンピック・ストックホルム大会開催、日本は初出場。
*7.3/日本 大阪天王寺に新歓楽街「新世界」が完成。当時日本一を誇る高さ75mの「通天閣」がシンボルに。
 

*ブログで読む>https://naniuji.hatenablog.com/entry/20170428

袁世凱

ちょっと気になる歌・唄

Face book 時代 唄

2020-04-22
https://www.facebook.com/groups/426829040985103/
今のカバー写真 レ・ガールズです。

「帰らんちゃよか」

2020-05-22
https://youtu.be/DWfHs12pkzY

「アカシヤの雨がやむとき」

2020-05-18
https://youtu.be/ttyL7DcfcJM?t=4

古関裕而の楽曲、それは、この曲から始まった。

2020-05-15
https://youtu.be/fMBHIZU9x28 『ビッグショー古関裕而』

Superfiy 「フレア」

2020-05-16
https://youtu.be/0vJrBbcsfac

ちょっと気になる絵

Facebook 傳燈

2020-04-27
10.年20年ではない、永い永い歴史を経て今日まで伝わったものについて
2020(令和2)年の歌会始

Facebook 逸品の世界

2020-04-26
いろいろな分野の逸品を、お楽しみください。
大木の亰人形

大河ドラマアーカイブス

2020-05-22

路線変更です。

2020-05-14
ロマンから義理と人情の世界、そして・・・。
健さんの世界へ

巨匠の時代

2020-05-14
世界のクロサワです。

【Face bookのページ】 味覚嗜好について

味覚嗜好のページ

『ヒタスタイル』5月号 テイクアウト特集。

2020-05-06
ここから始まりました。
中々よいです!

『ヒタスタイル』5月号 テイクアウト特集。

2020-05-06
イタメシは、いかがですか?
日田やきそばも、テイクアウト可です!

大分県日田市、テイクアウト特集です。

2020-05-06
『ヒタスタイル』5月号 「今できる、あんなことこんなこと100」  そして、このテイクアウト特集。
穴井 優さんからの提案です。

大分県日田市のテイクアウト特集  『ヒタスタイル』5月号

2020-05-06
スイーツは、いかがですか?
プレゼンターは、穴井優さんです!

今が旬です。

2020-05-16
長崎県茂木の枇杷
宮﨑県都城のマンゴーです。
TOPへ戻る